社会情報入門

  • 「情弱」と言う言葉があるが、莫大すぎる情報の中で知っている事よりも知らない事の方が多くなっている。そんな状況の中、情報に向き合おうとした時に複雑すぎる情報の世界に圧倒されてしまう。
  • あらゆる人が常に
  • あらゆる世代のネット/メディア・リテラシー。
  • イノベーターが新しい何かに取り組むとき
  • いろんな人が、一人でいる時にでも連絡を取りたい状況
  • インターネットが使えない環境にいる人に使える環境を作る
  • インターネットに不慣れなお年寄りが、AIを通して、サービスを利用したり、疑問を解決する
  • インターネットを通しての教育が進んでいる
  • インターネットを利用した授業や、携帯で出席を撮る授業もあるため、通信制限が来ていると使いづらい
  • インフルエンザなどの感染症や骨折などによる入院などによって、授業を受けたくても受けられない人々が必要としている。
  • これからの社会に関わる全員が、加速する情報化社会の中で、正しい情報を汲み取る為のネットリテラシーを十分に養成が必要である。
  • これからの社会に関わる全員が、加速する情報化社会の中で、正しい情報を汲み取る為のネットリテラシーを十分に養成が必要である。
  • これからの社会は日本国内にとどまらず海外に目を向けられる人間が必要
  • これまでの技術だと治らない病気やケガをしてしまった人などが治すために必要としている
  • スペイン語
  • スマホ
  • スマホやパソコンを使って課題に取り組む生徒が、Wi-fiを必要としている
  • スマホを持っていない人が貧しい状況で救いを求めている
  • スマホ利用者が正確な情報を手軽に入手したい
  • たくさんの人が知りたいときに必要としてる
  • タクシーを使うかバスを使うか悩んでいる人。特に急いでいる人。
  • だれもが、現金を持たない状況
  • テスト前や、宿題を片付けたい学生が勉強出来るスペースを求める際
  • トイレに行きたくなった人が、快適に用を足すため
  • トイレに行く人が、用を足すとき、快適かつ効率的に洋式トイレを探す状況
  • ネットを使う人が情報を得たいと思う時
  • ネットを授業や宿題などで使う機会が多い学生が,どこにおいてもwifiを必要としている。
  • ネット通販、各種契約の締結、お店の予約、保険などの手続きなど
  • ネット利用者が、四六時中必要としている
  • バス通学する人がバスの運行状況をみたい
  • ふと買い物したくなった時や盗難を考えて大金を持ち歩きたくない人
  • プロジェクトなどを立ち上げる人たちが、議論の可視化や内省の深化を求めるとき
  • ペットや保健所が里親を必要としている
  • ほとんどの人が日常的に
  • ほぼ全ての国民が、場所を問わず手軽に情報を得たいという状況や事物の申請がネット限定になっている状況で必要となっている。
  • ミールカードを利用している学生が500円の中で献立を考えるとき
  • みんなが誰かしらとつながっていたい状況
  • みんなが便利に暮らせる
  • メディアの視聴者が、より多くの情報を必要とする状況
  • やむを得ず授業を出れなかった、あるいは授業には出たが授業内では理解しきれず、教授に質問しに行く生徒
  • やむを得ない事情で学校に行けず講義に参加できなくなった生徒
  • より正確な情報をすばやく手に入れたい
  • より多くの留学生が商大に来てもらえるようにより正確に商大の魅力や学べることを知ってもらう必要がある。
  • レスポンで出席やアンケートをとったり生徒同士が授業中にアクティブラーニングをするときに必要である。通信制限がかかっているときなどにインターネット環境がないと不便である。
  • 運動する場所、習慣、食事管理
  • 運動部に所属していない大学生、新学校の生徒、社会人
  • 遠く離れた人同士が、物理的にはすぐ連絡を取り合えない状況に必要としている。
  • 我が大学は大型の単科大学であり、昼夜間コースが設けられている。またクラス制も存在せず、多くの学生が気軽に交流する場が存在していない。
  • 会社、個人が時間やお金の削減、新しいものの制作
  • 会社や家で忙しいとき
  • 会社や学校等でもコンピュータや情報処理能力が必要とされている
  • 海外などでパソコンが使えるためにネット環境が必要とされている
  • 海外の企業とのスムーズな交流や連携
  • 皆がわからないことを調べたり、連絡を取り合ったりする時
  • 外国語を学ぶ学生が、発音を習得する状況
  • 格差のない状況
  • 格差のない状況
  • 学校に通えない人が家でも授業を受けられる
  • 学校に来ることのできない子供がオンライン上で授業を受けることができたり、教師も事前に映像授業を撮っておくことで、都合があり授業ができない日にも対応できたりするなど、教育に関わる場面において、教育をする側、受ける側の両方がこの技術を必要としている。
  • 学食でごはんを買う学生側と学食を提供する側の効率よく会計を済ますという状況で必要。
  • 学生、小さなこども、会社員といった全ての年代の人が社会で生きる時、学ぶ時に必要としている。
  • 学生が、インターネットを用いて学習を初めとした様々な調べ物をするのに必要とされる。
  • 学生が、お昼時に必要としている。
  • 学生が、わざわざ掲示板の場所に行かなくても学内のあらゆる情報を必要としている
  • 学生が、家にいないときにもインターネットを快適に使うためにWi-Fiを必要としている
  • 学生が、学校の電子掲示板をどこにいても確認できることが必要とされる。
  • 学生が、休講情報や教室変更の情報をネット上などで正しく得ることを必要としている。
  • 学生が、就職活動時にグループワークや面接を受ける状況で必要としている。
  • 学生が、病気や怪我等で大学へ確認しに行くことのできない状況。
  • 学生が、勉強できるスペースを探す際
  • 学生がJRの運休などやむを得ない理由で学校に来れない時
  • 学生がPCを使うときに使用する
  • 学生がインターネットを通して簡単に海外の学生とコミュニケーションをとれることで、語学力の発展につなげることができる
  • 学生がすぐに学務情報を手に入れる必要性
  • 学生がプレゼンテーションや発表を行うとき
  • 学生が何らかの理由で掲示板が見れない時に、見れなかった責任は全て自分になってしまう状況
  • 学生が何らかの理由で掲示板が見れない時に、見れなかった責任は全て自分になってしまう状況
  • 学生が荷物の負担軽減や、効率化を図る
  • 学生が学校で使うもの(研究資料として使う海外の本、健スポで使う体育用品)などを購入する状況。
  • 学生が学校教育において必要としている。
  • 学生が学校生活を送るとき
  • 学生が学食のメニューを選ぶとき。
  • 学生が学食を利用するときに人が多すぎて席に座れない。中途半端な空席が目立っている。
  • 学生が技術を利用したより良い講義を必要としている。
  • 学生が次の講義室の場所を覚えていない状況
  • 学生が授業の合間に時間を潰すときや睡眠不足のときに必要としている。
  • 学生が暑すぎて本業である学問に専念できず、エアコン設備を必要としている
  • 学生が情報を得たいとき
  • 学生が大学生活における情報を得る状況
  • 学生が通学で使い、大人も通勤で利用する
  • 学生が日々の学習や部活で忙しい状況。
  • 学生が部活や講義の時間によって毎日違う時間の公共交通機関を使う状況
  • 学生たちは大学に関する全ての情報を手持ちの端末を通して知りたいと思っている
  • 学生は事前にスマートフォンで食堂の座席の空き状況をチェックして混雑を避けたいと考えている。
  • 学生も教授が出席を取る場面
  • 学生本人たちの「自分たちがごみを排出しているという」意識づけに必要
  • 観光客が道に迷っていたりして、コミュニケーションをとる必要がある状況
  • 企業や現在の労働者たち、またこれから社会に出ていく世代。
  • 企業や組織がインターネットを使って広報やPRをしなければならない。
  • 休み時間が短い生徒たちが時間を無駄にすることなくトイレに行く
  • 急勾配の坂や車通りの多い道は物理的にも精神的にも通行しにくい
  • 教育の場における、情報技術の利便性が向上されているような状況
  • 教育者が講義や校務等を行う時
  • 教員やリーダーとされる人々が多くの人数の意見などを一度に集める状況
  • 空きコマで居場所のない大学生が座る場所を必要とする
  • 兄弟が複数人いる人、私立に希望学科があるのに行けない人
  • 携帯の契約において、ギガが少ない人が自宅ではないところでも使用できるフリーWi-Fiを必要としている
  • 現金を持ち歩かなくて良い
  • 現金を持ち歩かなくて良い
  • 個人が特定されるような情報を発信できないようにする必要性がある
  • 孤立しがちな高齢者が誰かの助けを必要としているとき
  • 後輩が、学科所属を決めた際にお金がかからないため、後輩が必要とする
  • 語学を学習している時に、ネイティブに添削してもらいたいと思うとき
  • 語彙力や発想力、コミュニケーション能力は読書を通じて向上させることができる。この能力は、学生(特に大学生)にとって特に求められるものであろう。
  • 交通の便が悪い冬に、大学で行われている授業風景をインターネット上でライブ配信する
  • 公共交通機関を使う人が、混み合う朝や夕方にどれだけの人がどの時間に乗っているか知りたい時
  • 講義で長時間端末を使用した時などのスマートフォンの充電やパソコンの充電
  • 講義室が分かり、さらにどこの席がどのくらい空いているかの確認ができると便利。
  • 講義室が満席のとき他の教室で授業をうけたい
  • 高校生が商大のことを知りたいとき
  • 高齢ドライバーを持つ家族が、運転を辞めるよう説得する状況で必要としている。
  • 高齢者が、快適な暮らしを求めている状況
  • 高齢者が、日常で必要としている。
  • 高齢者だけでなく、ベビーカーを押す人や車椅子の人
  • 高齢者の運転事故が多いので、より早い決断での免許証の返還が必要
  • 高齢者やインターネット環境のない人たちが大学が発信するイベントなどの情報を手に入れにくい。
  • 今はまだ、実感が少ないかもしれない、これからの時代を生きるすべての人々にとって必要なもの。近い将来さらなる普及は確実になる。
  • 今までテレビや、雑誌や新聞などの紙媒体から情報などを得ていた人達が、そのような媒体が電子機器などに代用されてきていて電子機器を使わずには生活できない状況。
  • 今生きている人全員
  • 混みすぎて時間がかかる
  • 最新技術がどんどん生まれる中、それらの利便性やリスクがよくわからないとき
  • 山奥や、混雑地域で使用する時の、接続困難な状況
  • 仕事や学びの時間と休息の時間のバランスが取れていない人は人生における効率性が悪いため、生活サイクルの調整が必要。
  • 子供から大人までが使えるようになる
  • "私が(友達が)友達(私)とケンカして謝りたいとき 私(あなた)がお世話になった人(住所はわからない)に感謝を述べたいとき"
  • 時間が限られている学生が短時間で昼食を済ませたいとき
  • 時代の発展についていけてないひとが最新技術に詳しく、管理ができるひとが必要になると考えられる
  • 自転車で通勤、通学する人もしくレジャーを楽しむ人が都市部に自転車を止める時
  • "自転車を利用して通学する学生が多いという状況で、学生自身やその保護者らがより安全に自転車で通学できることを必要としている。 "
  • 自分の持ってないものを学内の他者が提供できる場合
  • "社会に生きる人々に 待ち時間が発生している状況"
  • 社会に生きる人が、日常的に情報を必要としている
  • 車の所有者が、駐車するときに必要としている
  • 若者
  • 若者が、より早く情報を入手したがっている状況
  • 若年層が手軽に政治や選挙の情報を入手できる環境、また、手軽に投票出来る方法、少ない人口であることを考慮した政治に意見を反映させる権利を必要としている。
  • 若年層が手軽に政治や選挙の情報を入手できる環境、また、手軽に投票出来る方法、少ない人口であることを考慮した政治に意見を反映させる権利を必要としている。
  • 受験生の受験
  • 受験勉強で忙しい受験生や大学生
  • 出席や、先生がすぐに生徒の考えを知るため。
  • "女性が母子家庭で子供を育てる時など、経済困難に陥った時に必要となる。 (大学を出ていると収入が増えるため)"
  • 商大で学食を食べる人が会計する時の列に並んでいるとき
  • 商大の掲示板に掲示されている教科ごとの情報をわざわざ掲示板まで行かずに確認したい
  • 商大の札通生が、帰りのJRが停止した時に近くの泊まれる宿情報を必要としている
  • 商大の生徒たちが先生からの授業の情報や大学生活においての情報を必要としている。
  • 商大への進学を考えている人たちが、商大での授業や生活での生の情報を必要としている
  • 商大生(特に札通生)が、バスとJRを使ってでもなるべく短時間で登下校したいと感じている状況で必要。
  • 商大生が、休講や講義に関する情報をネットで確認できることを必要としている
  • 商大生が、空きコマの時間を過ごせる場所を探している
  • 商大生が空き講に時間を潰せる場所、席を必要としている。
  • 商大生が大学に行かずとも自宅もしくは大学外の場所ですぐに確認したい状況。
  • 商大生に着目すると、大学〜小樽駅間でバスを利用する人が多いため大変混雑している場合が多い。そこで、現在OUCナビ内で提供されているバス時刻表に加え、自分が乗る予定の時間のバスを事前に選択しておくことで混雑をあらかじめ出来る限り予想し、また、乗り切れないと判断された場合にはバスの台数を増やして運行できるようにする。
  • 商大生や小樽市民以外の人が、小樽や商大ってどんな所なんだろう?と気になった時
  • 将来、ごみの処分によりお金がかかる、環境に負担がかかる
  • 小樽市が、若年人口の引き入れを必要としている。
  • 小樽市民及び商大生が小樽市内のイベントを知りたい状況(バス運行情報、翔楽舞披露スケジュールなど)
  • 小樽商科大学の学生が、わずかな休み時間で三号館の掲示板が混雑してほとんど見れない状況。
  • 小樽商科大学の学生が、情報の発信者から直接聞けない状況で、いつでもどこでも手軽に情報を手に入れたいという面で必要としている。
  • 小樽商科大学の学生がやむを得ず掲示板を見れない状況
  • 小樽商科大学の学生が空き講の際に使える部屋が無い、又は実習室の空き状況が行ってみないとわからない為それを解決するモノを必要としている
  • 小樽商科大学の生徒がデジタルサイネージや掲示板の情報が知りたい
  • 小樽商科大学は坂の上に立っている、階増築や工事を繰り返していて構内がとても複雑になっている、などの理由から、講義室や研究室の位置の把握が厄介である。
  • 小樽商大に来ている留学生がもっと日本の学生と関わる必要がある
  • 小樽商大の学生や、外国人観光客が宿を探す。
  • 小樽商大の食堂を利用する学生
  • 小樽商大生がタクシーに乗る時
  • 乗りたい人が運行状況を知りたい
  • 乗りたい人が運行状況を知りたい
  • "情報の真偽を判断し、場合に応じて最適な形にすること。 すべての人が、仕事や生活上で利用したい情報に直面した状況で必要としている。"
  • 情報を正しく使う必要がある。
  • 情報を利用する者が情報を入手するような状況
  • 情報弱者が災害時に情報を必要としている
  • 職場や私生活でも様々な場所で様々な人が必要としている。
  • 食堂で席が足りなくて学生が困っている。
  • 新生活を始めて色々な地域から引っ越してきた学生が体調を崩したときにどの病院に行けばいいのかわからないので病院情報を学校のサイトに載せること
  • 新入生、下級生が、教科書を安価で必要とする状況
  • 新入生が次の教室を調べる状況
  • 人々がそれぞれネット環境を設備し、理解することが必要
  • 人々は確実な情報を素早く手に入れることを必要としている
  • 人が退屈さを感じたとき
  • 人を緊急で探しているとき
  • 人間がすぐに連絡したいとき
  • 人間が他人と連絡を取ったり、調べたりするとき
  • 人間が地球上で生活する上で生き延びるのに必要
  • 人間の知能を超えるのだから、ほとんどの人、特にこれから長い人生を生きる若い人は人工知能についてきちんと知る必要がある。興味がなくても。今どのくらいの能力なのか、これからどこまで能力が発達するのか。
  • 人工知能の能力では補えない、創造力が必要である。
  • 世界にでて、何かしらのことをしたい人が英語を習得すること。
  • 世界各国の人が英語でコミュニケーションを取る能力を必要としている
  • 世界中の人、何かに困った時など
  • 生活していくのが苦しいような状況の人
  • 生徒が、どこのトイレが混んでいないかという情報を授業前やテストが始まる短い休憩時間の前に必要。
  • 生徒が課題などの授業の連絡を確認する
  • 生徒が自分のスマホのバッテリーが無くなってしまったとき
  • 生徒が商大以外の授業を受けたい時
  • 生徒が食堂やラウンジ、コンピューター室をスムーズに使いたいという状況
  • 生徒が病気等の理由で学校に来られない状況
  • 生徒と先生方との交流や各分野における知識などを必要としている
  • 先輩の少ない一年生が、大学生活でわからないことがあったとき
  • 選挙権を新たに得た若者
  • 選択に困った人が占いでその選択を決めたりする
  • 全ての人が、分からないことがある時に必要としている
  • 全ての人がインターネットで繋がる環境
  • 全ての人が情報を得る時
  • 全員がお金を支払う場面で必要になる
  • 全世界が環境保護を必要としている
  • 全世界の企業が世界進出するときのプレゼンや会議をスムーズに進めるときに
  • 壮年期の後半の人から中年層の社会人
  • 早く正確に正しい情報を得る必要がある
  • 足腰の弱い人が、階段や坂を登る時に
  • 速くどこからでも情報を得られるという点で、インターネットは必要である。
  • 他地域の学校と合同で活動することが注目されている。
  • 多くの企業が、英語力のある人材を必要としている。
  • 多くの人がより便利に効率よく暮らすために必要としている。
  • 多くの人が良い通信環境を必要としている
  • 打ち上げなどが終わって深夜に家に帰る学生(特に女子)が、より安全に帰れる道を探したい状況
  • 打ち上げなどが終わって深夜に家に帰る学生(特に女子)が、より安全に帰れる道を探したい状況
  • 大学が、スマートフォンを利用して授業を進める
  • 大学では、大学生活を支える学内SNSを利用することが注目されている。
  • 大学ではタブレットを導入している大学が増えている。
  • 大学では英語力を高める教育が求められている
  • 大学で講義を受けるために席を探す時
  • 大学において、学内パソコンから他大学の学生や異なる文化を持つ人とのディスカッション授業を取り入れることが注目されている
  • 大学においては、より快適な学習環境をデザインすることが求められている
  • 大学のカリキュラムの関係上空きコマが多く眠いと言っている人が多い
  • 大学の食堂において、レジが混雑している状況。
  • 大学の図書館に直接行って本を探さないと本を借りられないし、返却日も自己管理
  • 大学の生徒
  • "大学の生徒が空きこまを過ごすときに 空いている場所を示すものが必要"
  • 大学の大きな講義室ではすべての照明をつけると多量の電気を消費することになるため、大学側では講義中以外の電気使用を控えるよう呼びかけている
  • 大学生が、食堂が混雑してる状況でより効率的なシステムを必要としている
  • 大学生がレポートのために必要としていたり、サラリーマンが営業先の情報を得るために必要としたりする
  • 大学生が学食での効率性
  • 大学生が授業で使ったり、出席を撮ったり、課題を提出したりする状況。
  • 大学生が大学に来る時
  • 大学生のコミュニケーション能力低下の改善が就職活動の際に必要とされる。
  • 大学生は校内のWi-Fiを快適に利用したい
  • 大学生等が課題や授業以外のすべきことの優先順位をつけたいとき
  • 大学内の最新情報をスマートフォンで知りたい学生
  • 大人が日々の生活で必要としている
  • 宅配業者が、高層階まで人の手で荷物を運ぶのは時間がかかってしまう。
  • 樽商では10月まで図書館を利用できず、学生が空きコマを有効に使う環境が必要。
  • 樽商生が学校生活を送る中の多くの状況。
  • 誰もが、情報を手に入れたり、情報を他の誰かに伝える時に必要
  • 誰もがスムーズに何かを購入するのに必要。
  • 誰もがパソコンやスマートフォンを通じてインターネットを利用する必要性
  • 誰もがパソコンやスマートフォンを通じてインターネットを利用する必要性
  • 地球温暖化という背景の中で、全人類が必要としている
  • 地方から出てくる人が仕事や大学に行くのに交通機関を利用する
  • 地方から都市域に来る人が通学の時に必要とする
  • 中学では、表現や踊りを通した交流を通して、仲間とのコミュニケーションを豊かにすることを重視する。
  • 著しく高齢化が進んでいる時代で、医者でさえも定期的な診療などで必要と感じている
  • 長い傘を持参しても使わない状況
  • 通勤や通学をする人々がバスがどの場所にいてどのくらい遅れているのかをリアルタイムで知れる必要がある。
  • 低血圧低血糖で朝起きれない人が第二外国語の単位を取りにくいという状況
  • 特に、小樽商科大学では道外から受験をする生徒も少なくないため、実際にオープンキャンパスに来れない生徒も多くいる。
  • 特にアイドルやテレビ番組などのサブカルチャーファン同士がネット上で意見を交換し合うにはスラングなどを含め言語的知識を持つことが重要である
  • 特に若者が、調べものをしたり誰かとコミュニケーションをとったりするために必要としている。
  • 特に食べ物の口コミ情報は食べたいものを決める際に役立つ。
  • 特に新卒採用とともにキャリア採用も積極的に展開されている
  • 特に大学では、講義を録画し学生向けにネット上で公開することが注目されている。
  • 特に農業、病院、福祉、日常でも人工知能が少しずつ取り入れられている。
  • 日々疲れている人たちに必要
  • 日本では食料の大量投棄が問題となっている。一度食の重要性を認識することで投棄を防ぎ資源の無駄を減らすことで、より効率的な社会を目指す事ができる。
  • 入学前の学生が大学生活をイメージできる。
  • 買い手が商品の評価・レビューを必要としている
  • 必要なものは構内地図。まだ大学になれてない一年生にとって、急な教室変更はとても混乱し彼らは手早く見れる地図を必要としている。また、サークル等の活動でプロジェクターを使用する学生が、使用不可な出力端子があるためにプロジェクターを利用できないこと等の問題に困っているので、教室それぞれの設備を把握できるシステムを必要としている。
  • 病気などで体の一部を無くした人にその人にあった型のものをつくれる
  • 病気等の事情で学校への通学が困難な学生が、大学に行かなくても自宅から講義を受けることができる。
  • 不治の病に侵された患者が、安楽死を選択する状況
  • "夫婦や親と子 特に、交流の機会が少ない単身赴任の家庭など 会話の機会が少なく、日々のお互いの情報を深く知れていない状況"
  • 腹を空かせた小樽商大生が学食の入り口で求めているサービス
  • 物事を効率よく人々が速く進めるとき
  • 忙しい商大の学生が自らのスケジュールなどををより簡単に把握するために学業、アルバイト、サークルの予定や出費・収入などをまとめられる管理系アプリが必要
  • 忙しくて身の回りのことを手作業でする時間がない人
  • "本学の学生で、制限により受けたい授業を受けられない者、 提携大学をはじめとした他大学の講義を受けてみたい者。(留学の参考になるか)"
  • 末期がんや不治の病に侵されている人が死にたいと苦しんでいる状況
  • 夜勉強している時などわからないところをすぐに知りたい人
  • 様々な正誤入り乱れた情報から正しい情報を得る必要がある
  • 様々な媒体から情報を得ながら学業に取り組む大学生にとって、情報及びそのためのシステムはその正確さと具体性、そして便利性がこれまで以上に求められている。
  • 例えば、病気で体の一部が動かない人や、妊婦さん、障がいがあり体が不自由な人が日常生活の中で必要としている。
  • 例えば企業のグローバル展開の際に現地でのマーケティングが必要になるが、その際にも現地の人々と話すためにも、担当者の語学能力は必要になる。

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2019-2020年度生(12期)
大芦恭平神部葵
近藤太雄清水美里
中村可怜福山活起
福家祐紀船越天彩
南山衣里山下伽月
坂本涼太土屋彩夏
2018-2019年度生(不在)
SEA-NA代表取締役
平賀直輝横山莉花
住吉実祈室橋和哉
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝