社会情報入門

  • " 参考文献"
  • "・インターバルタイマー ・心理的時間 ・うつ病、統合失調症と心理的時間との関連 ・緑が多いと心理的時間は短くなる ・騒音により心理的時間は長くなる ・心理状態により時間の感じ方が変化"
  • "・掲示板をつかう ・manaba"
  • 「よく生きる」とはどういうことか : 21世紀の人間の理想と人工知能との共存
  • 『manaba』には掲示板があり、学生の書き込みが可能である。また『OUC Navi β 』は「緑丘会による就職支援」の中で学生の質問を募集している。そして『地域交流サークル たるっぽ』という現実空間で学生間の交流を目指すサークルも活動している。
  • 13歳未満が自転車に乗る際のヘルメットの義務化やイヤホンをしながらの運転の禁止
  • 1回1回検索をかける
  • 〇間割アプリ∋罎離好吋献紂璽訥△簓當未離好吋献紂璽襯▲廛雖manabaやoucナビなどづ纏匏納板
  • 24時間いつでもオンライン教師が対応
  • 2部屋同時に授業をする
  • 3号館2階の掲示板や電子掲示板で情報を確認する。
  • 4人で相乗りし1人200円払う
  • 5ちゃんねる、ヤフー知恵袋、各大学情報サイト等での質問
  • CSCLやLIS、CMSなどによる教材の提供やレポート提出、小テスト機能のほかに、学生と教職員がコミュニケーションをとれる機能がある
  • e-Learningシステムを取り入れ、講義ビデオや教材スライドと共にデジタルインクにより講義行程を再現する取り組みが行われている。
  • ES細胞から網膜を生成させることができた
  • Hola!
  • HPでの学校紹介
  • https://ci.nii.ac.jp/naid/110009821260/
  • ICカードでスムーズに乗り降りできる
  • ICカードの導入
  • ICカードへのチャージ
  • iPhoneの開発
  • ITインフラ
  • LINE、Googleなど
  • LINE、twitterなど
  • LINEニュース等公式サイトやアカウントから速報・ニュースを発信する、Twitterで現地の情報を素早く拡散する
  • manaba
  • manaba、OUC Navi βの開設
  • manabaでは商大生向けの講義の情報などを一方的に発信されていた
  • OUC navi
  • OUC Navi β
  • OUC NAVI、掲示
  • OUC Naviでの一部の情報の共有。
  • OUC Naviでは、商大に関する情報をまとめることによって、学生は必要な情報を素早く入手することができた
  • OUC Naviに休講情報を記載している
  • OUCnaviに休講情報などが載っている
  • OUCNaviに次にある講義と講義室が書いてある。
  • OUCナビ
  • oucナビで休講情報やバスの時刻表を見れるようにしたこと。
  • responアプリ
  • responでの出席確認
  • siri
  • SNS、メールの発達
  • SNSとネットニュースの活用
  • SNSのようなネットワークコミュニティを作ってきた
  • snsを使って小樽のことを発信していく
  • SNSを多用している
  • SNSを用いた情報発信
  • TOEIC TOEFL 参考文献・危機に立つ日本の英語教育
  • TwitterやFacebookなどで若者に向けた情報発信など。
  • TwitterやLINEなどのSNS
  • Twitter等のSNSで伝える
  • Webカレンダー、就活におけるスケジュール管理ソフト(提案)
  • Wi-Fiを設置している
  • WiFi?の設置。
  • Wikipediaや他のまとめサイトなどがあり、色々な情報を選択出来たりする
  • WRF-3DVARを用いたリアルタイムGPS可降水量の同化実験
  • アクティブラーニングの実験的導入
  • あまりに多量な口コミの中から自分の食の気分に合わせてお店を探してくれるWebサイトの考案などがある。
  • インターネット・アンケートを利用した医学研究
  • インターネットや雑誌等にカフェの情報を掲載
  • インターネットや雑誌等に情報を掲載する
  • インターネットを用いた大学間連携による遠隔授業
  • インターネットを利用したアンケート
  • エレベーターの設置
  • おかずとご飯、丼物、麺類の3つの列に分かれて並び、自分の順番が来たら何を食べたいかを伝える。
  • おさがりやアプリ
  • お年寄りや高校生や大学生などへのパソコン教室など
  • お年寄りや高校生や大学生などへのパソコン教室など
  • カーナビゲーションシステムや、災害時における安全安心情報によるGPSでの人の確認
  • キャッシュレス化を進めるためにQRコードを用いた決済などが登場している
  • キャッシュレス化を進めるためにQRコードを用いた決済などが登場している
  • クイックシートなど早く食べる人だけの席が用意されている
  • クレジットカード
  • クレジットカードやJRのKitakaなど
  • グローカルマネジメント副専攻プログラム、言語センター
  • グローカルラウンジの横の掲示板にプリントが貼ってある。
  • グローカルラウンジや情報総合センターの利用。
  • グローカルラウンジを設置する
  • ごく一部の場所で電子掲示板で伝えてくれるところもあるが、ほとんどの場所でそれらの情報は入ってこない。
  • "コミュニケーション能力育成のためのスピーチ演習カリキュラムの開発 留学生と日本人学生の異文化コミュニケーション能力育成を目指した協働学習授業の提案"
  • ゴミを減らすための教育、リサイクル率は世界一
  • ゴミ箱を数種類用意してなるべく分別するようにしていた。
  • サークル活動など
  • スマートフォン、タブレット、パソコンを用いて授業を行う。
  • スマートフォン、タブレットの普及とWi−Fiスポットの設置
  • スマートフォンに内蔵されたマイクや加速度センサを利用し、個人の歩行動作や環境音から、混雑状況をリアルタイムで推定する。
  • スマホができた
  • スマホの音声アプリ(Siri、google)、掃除ロボット、ペッパー君
  • スマホの開発
  • スマホの地図アプリのように、gpsにより携帯端末を所持している者の位置情報をリアルタイムで読み取り、案内していく方法等。
  • スロープをつけたり、乗ったら自動で坂の上まで運んでくれる電動の椅子など。
  • ゼミやサークル、自分で質問に行ったりなど
  • センサーで感知する
  • タブレットなどの貸し出し
  • タブレット端末を活用して授業・講義を行う
  • ツイッターやインスタグラムなどのSNSの普及
  • "データベース上での処理の推進 https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_action_common_download&item_id=20817&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1"
  • デジタルサイネージやoucナビやmanabaなど
  • デジタルサイネージや掲示板を使った方法
  • デジタルサイネージを用いた広告
  • デジタルサイネージを利用したもの
  • トイレの改築により和式トイレと洋式トイレを交換する
  • ない。バスの時刻表は掲載されているが、タクシーの並び具合についてはまだ何も掲載されていない。
  • ネット、テレビ、ラジオで伝える
  • ネットバンキングなど
  • ネットリテラシーに対する教育講義や多くの世代の目に入るテレビニュースによるネットに対する注意喚起など。
  • ネットリテラシーを育てようという取り組み
  • ネット求人など
  • バスや駅前のタクシー
  • パソコンを利用する授業を導入している大学が多く、学内にWi-Fiを設置している
  • バリアフリーなどで段差を減らしている
  • バリアフリー化
  • パンフレットやWebサイト
  • フリーWi-Fiの設置
  • "プログラミングを使用して、航空機での 空室、空席確認するシステムが作られた。"
  • ペッパー君
  • ポスター掲示による啓発
  • ボランティア活動や募金など(赤い羽根、NPO、商大なら小樽笑店とか)
  • マングローブを植える
  • メディアリテラシーを鍛える
  • ランプの色や点滅で利用状況を確認できる
  • 安楽死を認める判決、法律
  • 異なる講義室間での合同講義などが行われている。
  • 医療現場に最新技術やAIを導入
  • 一部の教室にはコンセントが設置されている
  • 運動不足によって健康被害が出た人の改善のための取り組み
  • 映像や音声を他の教室で流す
  • 英語のE-leaning
  • 音声ソフトを用いた自己学習
  • 仮眠室を導入している企業がある
  • 何か事件などが起こればすぐにネットで知ることができる
  • 家への配達、コンビニへの配達、駅のロッカーへの配達など。
  • 海外の学生とのコミュニケーションの手段として留学などのカリキュラムがある
  • 海外留学制度
  • 階段での乗り降りの推奨
  • 外国語版小樽観光パンフレット
  • 各新聞社でデジタル版を作っている
  • 各地に公共の体育館があったり、スポーツジムがあったりする。
  • 学校でより正確な文法、より正確な和訳を求める授業が行われてきた。
  • 学校のホームページを使う
  • 学校の授業で教えている
  • 学校教育の中でメディアリテラシーについて触れている
  • 学校内にある掲示板での連絡
  • 学生が所有する学生証にICカードの機能を備え、会計にかかる時間を削減した。
  • 学生なんでも相談室など
  • 学生証に電子マネー機能を付ける
  • 学内のWi-fi設置
  • 学内のデジタルサイネージ、掲示板で情報を確認する。
  • 学内の無線LAN設置
  • 学内掲示板システムの更新/福田大賀、井上靖久、岡田正
  • 学内掲示板システムの更新/福田大賀、井上靖久、岡田正
  • 学内無線
  • 簡単に操作できるスマートフォンなど
  • 企業などによるIT講習会
  • 企業の人材採用の変化、職業資格の効用をどうとらえるか
  • 既にルーターは設置してある
  • 期日前投票、不在者投票、在外選挙、マニフェストの提示、SNSを利用した選挙活動など。
  • 期日前投票、不在者投票、在外選挙、マニフェストの提示、SNSを利用した選挙活動など。
  • 機密性を確保するために、パスワードを付けたり、情報の大切さを認知してもらうために公演などを開いたりしている。
  • 技術科学大学において、カリキュラムの不整合を修正するためにeラーニングを取り入れた。
  • 吸収源の利用、洪水対策としてダムの作成
  • 強度は弱いが学校のWi-Fiはある
  • 教科書のような本の教材のみならずインターネットを使ったパソコンやスマホの教材によりどこでもできるようになってきた。
  • 教科書の電子書籍化
  • 近年、インターネット上の掲示板やチャットを用いたディスカッションが随所で行われている
  • 空いているスペースに駐車場を作る
  • 空調の取り付け。校内を自然豊かにする。実際に体験できる施設を校内に設置する(理科実験施設など)
  • 掲示板にて張り出したり、OUCナビで休講情報などを提供している。
  • 掲示板に表示
  • 掲示板やOUC Navi
  • 携帯のようなもので自動通訳、グーグル通訳
  • 検索してもなかったです
  • 交通機関が高齢者に対して割引や増便などの対応をしている。
  • 講義で使用した資料をネットにアップする
  • 講義のインターネット配信など
  • 講義室と自宅をインターネットを介して繋ぐことで、事情により通学できない生徒が自宅からでも映像を通して講義を受けられる。
  • 講師、板書をカメラで録画し、公開する。
  • 高齢者の自立的移動を可能にさせるAI
  • 国連気候変動枠組条約や、COP3
  • 今はルンバなどの自動掃除機や、中身を理解している冷蔵庫などがあるが、将来は既にある人間の神経信号に働きかけるスーツがより普及していくと思われる。
  • 今までは、サークル内などのLINEなどでやり取りされてた
  • 今まではチラシを配ったりポスターを貼ったりして宣伝していた。
  • 座席の上方から距離センサーを出し、奥行き画像から在席を検知する。
  • 最低賃金の上げ
  • 札幌駅近くの地下に駐輪場が設置された。
  • 札幌市交通局などが30分以上の遅れがある場合バスの遅延をお知らせする
  • 産業技術大学院大学における全授業配信システムの開発。
  • 支払いはICカード、種類別の受け渡し口
  • 私立大学独自の給付型奨学金
  • 紙で掲示するのではなく、電光掲示板を利用する取り組みがある
  • 事前に知る方法はなく、時間によって飲食できる座席が増える。
  • 自主返還
  • 自分で調べる
  • 自分達で空いている席を探す
  • 自由に使えるスペースを一か所ずつ回ってスペースが空いているかを確認する
  • 実際に小樽商科大学のオープンキャンパスをVRで体験できるアプリケーションがリリースされている。
  • 社会保障制度
  • 車椅子の人の生体情報を分析して、精神的な乗り心地を調べ、乗り心地の良い道路環境を整える
  • 手紙のやりとりをオンラインで完結するサービスはありませんでした。
  • 手書きのものが多かった
  • 授業のネット配信
  • 授業の資料はmanabaから見ることができ、教授の所に直接行ったり、メールをしたりして質問できる
  • "住所を特定できるブログ掲載写真の現状調査 アイデンティティ管理の現状と今後"
  • 従来では自社サイトやブログなどといったもので紹介している。
  • 初等教育にパソコンの授業が取り入れられたり、情報に対する向き合い方を考えるといったカリキュラムが組み込まれてきた。
  • 女子大の設置や男女共学制の実施によって、女性が高等教育を受ける機会を広げた
  • 商大の様々な情報を掲載しているサイトを作り、情報化している。創造力については、各講義で学生自身がよく考えるレポート提出などがある。
  • 小学校から英語の授業がある
  • 小学校から英語を勉強させる
  • 小学校でのタブレットの配布
  • 小学生に対しては個人に合わせた対応をすることで運動意欲を上げていた
  • 小樽駅から大学まで直のバスが作られた
  • 小樽駅と商大を結ぶバスの時刻表は、多くの学生の役に立ってきた。
  • 小樽市内では空き家の売り手借り手のニーズに応えた空き家空地バンク制度がある。
  • 小樽商科大学では、学務情報やシラバス、課題などたくさんのことがインターネット上にある。サークル会館の予約状況も知ることができる。
  • 小樽商科大学で使える無料のwifiがある。
  • 小樽笑点のボランティア活動
  • 少人数のグループを作り、課題解決や調査を行う。
  • 省電力化
  • 情報機器の普及に努めること
  • 情報技術の活用によって、授業内容をわかりやすくしたり、生徒の興味関心を惹きつけたりし、よりよい理解と表現を得ることができる。
  • 職業の機械化、対話式、介護式ロボットの生産
  • 食べてすぐ帰る人のための席が設置されている
  • 食堂での行列に並ぶ退屈さを軽減するためのリズム音楽共創システム
  • 新聞を読む。
  • 人員カットをして、機会を増やしている
  • 図書館を利用する、食堂や大学会館、グローカルラウンジを利用する。
  • "生ごみ処理機などで処理された生ごみ処理物を、一定量で食品や野菜と交換する制度を設け収集し、大量化することで堆肥などに利用する取り組み。 「家庭系食品廃棄物リサイクルにおける生ごみ処理物交換制度の現状と課題」弘大農生報No.20より"
  • "生協のカード(商大)  キャッシュカード デビットカード 人体に埋め込むICチップ ICカード"
  • 生徒と先生のインターネットを使った問題作成、回答に加え、学生間で問題作成、回答も可能になっているもの。
  • 占いがどれくらい信じられているかの調査
  • 洗濯機、掃除機の自動化
  • 全員同じ賃金にする社会主義政策など
  • 全国の小・中・高等学校において、「朝読書」というものを取り入れてきた。
  • 総合科目bでは、講義の中で学生自身が小樽の魅力について、「おたるくらし」というFacebookページに掲載する。
  • 総務省はインターネット教育についての指導案を公開しており、実際に小学校や中学校では、そうした授業を行うことがある。
  • 総務省はインターネット教育についての指導案を公開しており、実際に小学校や中学校では、そうした授業を行うことがある。
  • 多目的ホールを代わりに食堂として使っている。
  • 体育でのダンス授業 ダンス必修化に対するアンケート
  • 対象までの最適なルートを音声でナビゲーションするもの
  • 対象までの最適なルートを音声でナビゲーションするもの
  • 大学での通信教育
  • 大学にWi-fiを設置している
  • 大学によって様々
  • 大学会館があるし、空きコマの教室は空いている
  • 大学会館入口付近でのメニューの掲示
  • 大学図書館のホームページから蔵書の検索ができる
  • 大学内で講義などの情報が掲示板に張り出されている。
  • 大手IT企業でのビッグデータ収集・解析、人工知能について大学や民間企業で研究、講義
  • 知識をつける膨大な時間をカットするためお互いに母国語で話し翻訳を通じて交流するチャットシステムが取り組まれている。
  • 地域が開催するパソコン教室
  • 地図はpdfファイルの形でダウンロードできる。
  • 地方まで本数自体は少なくてもバスを出す
  • 昼寝の推奨によって仕事の効率を高める試み。
  • 朝のバスの本数を少し多めにする
  • 聴講生
  • 通えない人は補修をうける
  • 通信制の高等学校でのe-Learning
  • 定期テストなどを延期する
  • 電子カルテシステムの導入等
  • 電子掲示板での実習室の空き状況の表示 大学会館の解放
  • 電波塔や、5Gなどの開発
  • 電話より便利に使えた
  • 徳島大学の「キャンパスSNS」
  • 日本の英語の授業や海外留学
  • 日本語学習者のための添削システム
  • 入り口で食券を買ってお客さんがカウンターに来る前に用意するシステム
  • 認知症の人をアシストする。
  • 売り手による都合のいい点だけを述べた広告
  • 美術、道徳、倫理などのあまり重要視されていない周辺科目として教育カリキュラムに組み込まれている。
  • 病院で患者がどれくらい食べたかを測るための取り組み
  • 風力発電における効率化。風向きが異なるにもかかわらず、常に羽の向きが固定されており効率的とは言えなかったものの、風向きをセンサーで読み取り、最も効率よく発電できるように羽の向きを調節できるようになった。
  • 物事をより速く正確に行うもの
  • 物理空間と仮想空間とが融合した環境でアプリケーションが提供されてる
  • "物理的な距離が縮まったように感じる取り組み SyncLamp?SyncTrash?など"
  • "米国ではミシガン大学が図書館内の仮眠室に6つのベッドを設置し、30分間利用できるシステムを導入。 日本では関西学院大学に女性の教職員・学生向けに仮眠室がある。 小樽商科大学では休憩できるような場所が少ないと思う。

"

  • 本州(特に東京、大阪、京都などの観光地)ではバスの現在地や遅れ情報がアプリやバス停の表示で確認できるサービスはすでに提供されているが、予約制の観光バスを除いて、事前に混雑が予想できるシステムは普及していない。
  • 名古屋文理大学で少人数クラスで、twitterを使い、議論をしたり、質問に答えたりした。
  • 名古屋文理大学において生徒95人にiPadを無償配布した。
  • 木を植えるなど緑を増やす
  • 優先順位に応じて運行
  • 優先順位に応じて運行
  • 来年の夏までに全小中学校にエアコンを設置しようという試みがある
  • 履修人数が多い授業などは、サイトに資料をアップして誰でも見やすいようにしたり、free wifiやVPNなども設備していること
  • 里親探しをするペットショップがある
  • 留学生センター、資料配布
  • 列を仕切る
  • 列整理をしてできるだけ円滑にしたり、学生証やミールカードで支払いすることで、時間短縮をした
  • 和式トイレと洋式トイレの交換、トイレの改築

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2019-2020年度生(12期)
大芦恭平神部葵
近藤太雄清水美里
中村可怜福山活起
福家祐紀船越天彩
南山衣里山下伽月
坂本涼太土屋彩夏
2018-2019年度生(不在)
SEA-NA代表取締役
平賀直輝横山莉花
住吉実祈室橋和哉
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝