社会情報入門・夜間主

  • (小樽商科大学を例に挙げると)栄養価の点数がレシートに表示されるだけであまり目に付きづらい、注文する際に逐一計算するのは手間がかかるといった問題が挙げられる。
  • (小樽商科大学を例に挙げると)点数はレシートに印刷されるだけで目に付きづらい。また、注文する際に逐一計算するのはいささか手間である。
  • 5号館の4階や、BL教室やなど離れているところでは、接続が安定していない。
  • "https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&lr=&as_sdt=0%2C5&q=大学英語教育%E3%80%80取り組み&btnG=#d=gs_qabs&p=&u=%23p%3DqSzYqKxXq1UJ 出席、小テスト等を携帯端末で実施することによって講義の効率は上がり、また教師が英語で質問しその質問に対する回答を録音して学生同士で吟味し理解を深める。これらの点に関しては良いと思うが、結局効率や既存の講義内容の理解が深まるだけであり、肝心の実用的な英語を学ぶという点に関しては何の向上も見込めないと感じる。"
  • "Moodleでは学習状況の表示が大学の講義として管理しやすい状態になっておらず、また、生徒同士の交流ができない点 https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/index.php?action=pages_view_main&active_action=repository_action_common_download&item_id=9960&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1&page_id=13&block_id=8"
  • SNSは容易に情報を発信できるため、自らが過剰な情報公開を行ってしまう可能性もある。
  • いつ更新したか分からないので、見逃す可能性があった。
  • この研究の問題点は、個人情報を扱うという点、ユーザにとって本当に欲しい情報が載っていない可能性もあるという点である。
  • "コンテンツを利用するに相応しくない人間を排除することが出来ない。 フィルターをくぐり抜けられる方法がある。"
  • しかし、それらを使用するにはやはり「それら」が必要となる。細かな硬貨、嵩張る紙幣が1つにまとめられているとは言え、クレジットカードを使用するにはそのクレジットカードを、商品券を利用するならばその商品券を所持していなければならない。電子マネーでもやはり、スマートフォンという実態あるものを手にしていなければならない。
  • しかし、フィルタリングの利用の有無が判明した被害児童のうち、84.2%が契約当時から利用していなかった。契約当時からフィルタリングを利用していない被害児童において、保護者の58.6%がその理由を「特に理由はない」と回答しており、関心の低さがみられた。
  • しかし、熱中症になった場合の対処の方法であったため、直接熱中症患者を減らす解決策ではなかった。
  • しかしmanabaではなく自身のホームページから情報の確認を求められたり、メールでの提出も未だ使われているため学生が混乱する要因となりうる。
  • "すでに多くの地域で教養科目の単位互換や共同学部の設置などの大学間の連携が進んでおり、中央教育審議会では「1法人に複数大学を置く利点がわからない」との意見が出ている。 引用https://blogs.yahoo.co.jp/hattor123inakjima/35159964.html"
  • どこのどんな人か全く分からないと会うのが怖いと感じる人が多い。安全性の確証が薄い。
  • バイオメトリクスは、まだまだ認証精度が甘い部分が多い。類似の生体情報の識別や、環境変化や雑音による誤差、病気など体のコンディションによる変化など、様々な障害によって認証精度が落ちる。
  • バランスガイドを見るが、自分の食生活に活かそうという気にならない。
  • 運転してる人を取り締まってるようじゃ遅い
  • 英語を学ぶ上で重要な音声学、音韻論、形態論などが小中高生には教えられておらず、入試のための英語教育になっている点。
  • "海外留学のための奨学金制度では、経済的支援が少ない。 また、海外へ長期間いく不安や自分の語力に不安がある。"
  • 学校教育のみでは不十分。年齢制限もyes/noのみだとすり抜けられる。
  • 学生の自主性があってもその習熟度が唐突しない可能性や、習熟度が到達していても自主性がない場合など学生一人一人にあった指導がなされるのかという問題点や、クラス編成による学生間の衝突などが起こる可能性があるという問題点。
  • 機械に頼り無人であることで、窃盗などの犯罪が起こる可能性がある。
  • 結局は、ラインのトークと変わらない。
  • 現行の行いは録画を用いたものや、一対一、良くて数人規模でしかない。
  • 交友関係のある大学と話し合って、契約を結ばなければ、インターネットを介して外国の学生と交流できなかった。その為、実現には時間がかかった。
  • 高齢者自身の負担軽減や生活の質の向上に繋がらない
  • 今回の北海道地震の際の様な、停電が起こった場合に情報を得られないことがあるという点。
  • 時間かかる
  • 手間がかかる。
  • 従来の取り組みでは、例えばツイッターにおいては事務的な連絡が多く、その中でも学外者に向けられているものなのか学内者に向けられているものかが区別しにくいものもあったと思われる。また、YouTube?においても、誰に何をアピールしようとしているのかが、一見するとわかりにくいものもあったように思われる。
  • 従来より収入が取れないものがある。それに、YouTube?の動画配信をしているが知名度が低く再生回数が低い
  • "消費者にとっては負担がかかる。 購買などで食べ物などを買う時にほんの少しお金が高くなる。"
  • 情報の更新に遅れがあったり、学生一人ひとりの欲しい情報を手に入れにくい。
  • "浄水処理施設を建てる際に広い敷地面積が必要とされる。 高度な管理技術が必要であり、専門技術者が常駐する。凝集沈殿のための薬品を常時注入する必要がある。原水汚濁がひどいとトリハロメタンなど発がん性物質が生成する。 膜の種類により塩分も除去できるので、海水から飲料水を得ることができる。維持管理に高度な技術を要しない。"
  • 人が多いと結局暑い
  • 生体情報の意識的、無意識的な流出
  • 先のシステムは端末そのものが邪魔に感じることが多く、更に他人の他社への評価を気にしてしまうと正当な評価ができないという問題点がある。小樽商科大学のmanabaのシステムも不正な出席の容認は他の学生に不信感を抱かせ、不適切な授業評価は学生の学習意欲を下げる。
  • 先生が疲れてしまう
  • 卒業する事に必要な単位を取る際、授業に集中することが必須である。しかしその時に居眠りをする人が多い。そしてその根本の問題点であるの居眠りを予防する施策を考えていなかった。
  • 多くのリストラ者が出て生活が安定しない人が出た。
  • 対象の学生全員にタブレット端末を配布するという点で、莫大な費用がかかる。
  • 大学に入学する条件に、インターネットが使えるデバイスを所有しているということは入っていないのに、学習にインターネット環境が不可欠なのは不平等である。
  • 投票の場所は増えたが、どのように投票所に向かわせるのか、またどこに投票すべきなのかという問題に対しても取り組みが必要ではないだろうか。
  • 同じものに対する情報でも書き手によって個人差が生まれたり、ウソの情報が広がってしまう可能性がある。
  • 特定の場所での利用できるのが多いものや、年齢制限、契約が難しいなどといったことがあり、実際に利用する場面は少ないと思われる。
  • 日本人の新しいものに対する忌避感
  • 日本人の新しいものへの忌避感
  • 費用が高く、それは日常的なものではなく、特別な行事(結婚式、コンサート)などのときにその取り組みが使用されている。日常的に使われる取り組みが必要である。
  • 米国、欧州では公道を使用したサービス業における自動運転の実証実験が積極的に行われているが、日本では、道交法の改正などが進んでいない影響もあり、公道での実証実験が積極的に行われていない。
  • 米国や欧州諸国では、自動運転の市場化に向けた道交法の改正や、自動車メーカーのみならずIT企業による実証実験や、自動運転を用いたサービスの実証実験が活発化している中、日本では公道での実証実験やIT企業の参入、道交法改正などの実績があまり見受けられない。
  • 利用者が少ない。仮に利用者が多くても、自分から声をかけるきっかけがない。また、スタッフの人件費もかかる。
  • 留学制度には人数制限があったり、全ての人が等しく実際に海外に行ってその土地の空気に触れることはできない。

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝