社会情報入門・夜間主

  • キャッシュレスにすることで、私たちが普段国内の買い物をするときはもちろん、海外も、わざわざ現金を日本円からドルなどに変えなくても買い物がしやすくなる。LCCやグローバル化が進んでいる中で、こういった状況はとても便利である。
  • この背景により、コミュニケーション力に自信の無い人達やただただ生活をしている人達は人との出会い(関わり)の場が昔に比べ限られている。したがって、人と関われる機会に触れることができるものが必要とされる。
  • サークルに入らない学生や、サークル以外に友人が欲しい学生が、特に新入生の時に必要としている。
  • シンプルに水が飲みたい人、調理に水が必要な人、洗濯がしたい人、お風呂に入りたい人、掃除がしたい人、トイレがしたい人など様々な状況で必要とされている。
  • そこで問題となっているのは、熱中症患者の増加である。熱中症、救急搬送は過去最多の7万1,266人で、死者は138人に上った。北海道も例外ではなく、暑さに不慣れな道民も少なくない。本校、小樽商科大学では冷房があまり効かず、暑さに辟易した生徒も少なくないと考える。熱中症患者を出さないためにも、適切な温度を保つ必要がある。
  • そのような趨勢の中で、小樽商科大学の教育内容や独自性をインターネットを通じて広く発信し、国内の受験生のみならず、海外から留学してくる学生にも知ってもらうことがますます重要になってきている。
  • とりわけ、大学においては、語学力とグローバルな広い視点が求められいるが、語学力にという点では、これからは中高生から求められている。
  • ネット利用者全体に、ネット社会でのマナーやモラルの再認識、正しい利用方法の理解が必要とされている
  • 遠隔地におり、講義、オープンキャンパス等に容易に参加することができない人。もしくはより、時間を有効に利用したい人。そして、不慮の事故や病気などで入院してしまっている人。
  • 学習する側も教える側もレポートの管理などをインターネット上ですることで、手間が省ける。
  • 学生が、今後社会に出てリーダーとなってく上で柔軟な発想が必要。
  • 学生がより快適かつ清潔な学生生活を過ごすのに必要
  • 学生が自分自身で時間割を組み、大学の講義を受講している状況で本当に自分に合った講義なのかを知る必要性がある。
  • 学生に経営統合のメリットを示す必要がある。距離の離れた大学間で講義内容の理解状況に差が出ないような履修方法の展開が必要である。
  • 企業や官民などで人のコストを削減する用途で必要とされている
  • 企業や官民などに人のコストを削減する用途で必要としている
  • 教育者側の資料を作る時間や全員に配布するためにコピーする手間や資源、時間などを省くことができる。また、学生側は紙媒体ではなくデータで保管や処理ができるため、まとめやすく管理も楽。
  • 現在では、高速道路上での渋滞時や駐車における際に、自動車がある程度の制御を行う事は可能であるが、自動車が全ての操作を行うという事は、法律上まだ不可能であり、技術面でも開発途中である。自動車での長距離を必要としている人々にとって、自動運転技術の普及は合わせて必要とされている。
  • "現在小樽商科大学では学生証に搭載されるチャージ機能の悪用や、部活単位に与えられる倉庫や個人のロッカーなどに保管していた用具や貴重品が盗まれる事件が起こっている。しかし、自己管理の徹底以外に具体的な解決策は明示されていない。 この問題の解決には、バイオメトリクス認証が役立つ。具体的には、購買、講義室、体育館や正門への導入である。この導入により、毎日駐在する警備員の人件費の削減、学生証の悪用や盗難の事件の解決にも繋がる。またこのシステムの導入は、定期試験やセンター試験の公正な受験にも役立つ。"
  • 高齢者のみの世帯や、高齢者の一人暮らし
  • 国が国債の返済、社会保障の充実、教育、子育ての充実などにあてるために必要としている。
  • 罪種別にみると、「児童ポルノ」が570人(31.4%)、「児童買春」が447人(24.7%)となっている。精神的、肉体的にも未熟な青少年をSNS被害から守る手立てが必要となっている。
  • 失われていく職業者たちがAIの発達に合わせた職業を見出していく必要があるべきだと考える
  • 出来ないことを自身以外の人にやってもらいたいと求めている人がいる。私はここで自分で髪の毛を結う事や化粧を出来ない人がそんなロボットを求めていると考える。
  • 商大生が空きコマや講義などの時に、スマートフォンやパソコンで調べ物をする際に、良いWiFi?環境があって欲しい。
  • 小樽商科大学では、小樽駅から大学キャンパスまでの区間を路線バスが運行されているが、ここに自動運転技術を組み込めば、バス会社の人件費削減や、将来的には交通費の減額などが期待される。
  • 小樽商科大学でも交換留学や短期留学などの制度はあるが、1部の人しか留学していないと考えらている。留学したくてもできない人、または留学に興味があるが勇気がなくなかなか進めない人などが、情報の活用により留学や海外についての知識を深めることが注目されている。
  • 小樽商科大学においては、特に昼の時間帯に食堂が混雑するので、その混雑を防ぐための解決策が求められている。
  • 小樽商科大学を目指している学生は、大学入試の情報を早く知る必要がある。在学生はは、休講情報などの情報を早く知る必要がある。
  • 情報弱者と呼ばれる人々と高度な技術を持つ人々の間で、更なる情報格差が拡大してしまいつつある状況で情報技術の普及を必要としている。
  • 人々が、飲酒運転などの不慮の事故に巻き込まれないため、必要。
  • 世界中の人々が、災害時での情報を得たい状況で必要としている。
  • 正確な情報を見分ける知識や技術
  • 生徒が時期に合わせて快適に生活する状況
  • 全ての大学生のためには改善する必要がある。
  • 大学が発信する情報も、正確かつ明確であることが求められる。
  • 大学では留学や留学生との交流の場において実用的に使える英語が必要とされている
  • 大学において、新入生や就活生、また新しいことを始めようとしている学生が、これから自分がやりたいと思っていることに対して、大学内にこれまでに似たような経験をした人や同じ思いを持つ人を探したいとき。現在存在するSNSや自分の人脈だけで簡単にそのような人を探すには困難な情報量(学生数)であるため。
  • 大学においても、レポートの提出方法は多種多様である。manabaからword文書で提出する講義もあれば、紙で提出を求められる講義もある。そのためどの講義がどの方法で提出を求めているのかの管理が必要となっている。
  • "大学の生協では学生が食事を軽視しがち、栄養が偏っているといったことが話題になっている(生協職員の方の話より)。 食事は生活の上で非常に重要であり、独り暮らしをする人が増加する大学の時期にこそ正しい食生活が重要になる。"
  • 大学教育において学生の主体的な学習の必要性が重要視されいている中で学生の興味関心を高めることは重要である。そしてより質の高い授業を提供するためにも関係ない無駄な時間の削減をすることや授業の正しい評価を得ることは必要である。
  • 大学生(特に独り暮らし)の栄養が偏りがちという話題が多く上る(小樽商科大学生協職員の方のお話より)。
  • 大学生などの学生達が授業中に眠くなったとき目がさめるものを必要としてる
  • 投票率が低いと、組織票の割合が高くなってしまう。すると組織に有利な法律等が多く作られてしまう恐れがある。投票率の高い高齢者にも同じことがいえる。
  • 特に、会社などでは目まぐるしく情報が飛び交う中で、必要な情報をより効率よく収集し、情報を活かした新しい提案をしなくてはならない。
  • 特に、企業は新しく自分たちの企業に必要な人材を選ぶ際にグローバルな人材を必要としている。
  • 特に、若者を中心に、SNSが情報収集源として必要とされている。
  • 特に、大学では、食堂での食事の栄養バランスをレシート見ることで確認する取り組みが注目されている。
  • 特に、大学では留学生なども多く、より英語を身近に感じることができるが、直接話せる機会は少ない。
  • 特に大学では、休講情報や成績など様々な情報が、インターネット上で取り扱われるようになってきている
  • 特に低年齢向けのネットリテラシー教育が必要。ネット利用は低年齢層にも広がっている。
  • 日常的なヘルスケアを必要とする他人。また、その意識が高い人はこの端末によってより精密な情報が必要となってくる
  • 利点としては、現金を持ち歩く必要が無く、また支払いの際に紙幣や硬貨を数える手間が省け、時間短縮に繋がるということが挙げられる。これらは老若男女、誰にとっても都合が良い。時間に追われる労働者、お金を落としてしまう心配のある子ども、指先の動きが鈍くなってしまった高齢者、幅広い人々に利便性を感じてもらえるはずだ。

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝