社会情報入門・夜間主

  • AIが発達していき徐々に人間の仕事が失われていくであろう時代
  • AIなどのテクノロジーが生活に影響をもたらす時代
  • AIなどのテクノロジーが生活に影響をもたらす時代なのでチャットボットのようなAIなどへのテクノロジーへの順応が必要とされる
  • SNSの浸透により、情報手段やコミュニティの形態が変化している。
  • いま、学生のほとんどが、スマートフォンを所持し、いつでもSNSを利用できる時代だ。しかし、小樽商科大学の学生間のつながりが多いかといえば多くない。学生間で繋がりを増やし柔軟な発想を交換する場所が必要だ。
  • スマートフォンの普及により、スマートフォンひとつで様々なこと(通話、メール、インターネット検索、支払い等)がこなせる時代
  • スマートフォンの普及により、誰でも大量の情報を入手、発信できる時代
  • スマートフォンの普及はもちろん、情報機器の進歩により、教育とインターネットは密接な関係にある。
  • スマホ・SNSの普及でリアルな人間関係の構築を苦手とする学生が多くなっている。
  • スマホが普及している。そして大学進学率が50%を超えている。
  • たくさんの情報が溢れており、自分にとって必要な情報を容易に見つけることが難しいという時代。
  • ネットの普及により、誰でも沢山の情報を得ることができる時代
  • 近年、AIの技術の発展に注目が集まり、amazonのEchoなどの例のように様々な分野で活躍が期待される。
  • 近年、インターネットの普及により、情報が溢れかえっており、情報を効率よく収集する必要がある。
  • 近年、ウェアラブル端末の開発、普及も広まりつつあり、ヘルスケアなど個人的な行動が記録出来るようになっている
  • "近年、グローバル化により、異文化交流のため、多くの大学では短期留学や交換留学などが行われている。 "
  • 近年、英語が話せることが一般化している。そのため、インターネットを使って、留学生と学生がより交流できる機会をつくるべき。
  • 近年、機械化の進行とともにあらゆる面で効率性が重視されるようになった。
  • 近年、若い世代の食生活に関する課題が多い。
  • 近年、情報通信機器の普及が急速に進み、職場や教育の場でもタブレット端末が利用されるようになっている
  • 近年、日本の大学の講義で学ぶ英語は実用的では無いと言われている。
  • 現金で支払うことが少なくなっている、キャッシュレス化の社会になりつつある。
  • 現在、バイオメトリクス認証という生体認証システムが急速に普及している。同時に、スマートフォン等の携帯端末にも応用され、私達の身近なものになっている。
  • 現在、青少年のスマートフォンなどの所有・利用状況の増加に伴い、LINE、TwitterなどのSNSが普及している。しかし、SNSによる犯罪の被害も増加している。警察庁によると、平成29年度は青少年のSNS被害は1,813人と5年連続で増加しており、過去最多となった。
  • 現在の社会は、情報技術が飛躍的に発達している時代である。同時に、その技術を使いこなす事が出来る者と使いこなす事が出来ない者との間で情報格差の広がりを見せている時代でもある。
  • 現在寝不足な若者が増えている
  • 高齢化社会になり、高齢者の生活に情報技術を応用する必要性が高まっている
  • 今はロボットなどが普及し、人が自分で掃除や料理をしなくてもいい状況をつくりだすことができるようになっている。よりロボットなどができるようになることが増えていく時代である。
  • 今日、世界中で自動運転技術の開発が進む中、自家用車のみならず、トラックやバスなど、自動車を利用したサービス業においても、自動運転を取り入れる必要性が増している。
  • 今日、世界中で自動車の自動運転技術の発達が進んでいる中、日本でもその技術を普及させようという動きが強まり、自動運転レベル3以上を日本の公道で普及させる必要性が出てきている。
  • 今日、世界中で店頭での支払い方法においてキャッシュレス化が進んでいる。
  • 最近、日本では異常気象が多発している。今年7月には西日本を中心に豪雨に見舞われ、季節外れの台風が北海道を襲った。特に、全国各地で気温が上昇し、埼玉の熊谷、岐阜の美濃、金山では気温歴代最高記録のトップ3を塗り替えた。
  • 災害の多い時代
  • 財政難
  • 財政難である
  • 昨今、IT技術の進歩や、スマートフォンなどの情報機器の普及に伴い、人々が、ますます多くの情報にインターネットを通じてアクセスできるようになっている。加えて、特に最近では、多くの人がツイッターなどのSNSを利用し、情報の送受信を行うようになってきている。
  • 小学生から大人まで誰でも手軽に情報ネットワークに関わることが出来る時代
  • 消費税がどんどん引き上げされていく時代
  • 情報の殆どがネットワーク上で管理されているが、情報によっては紙媒体で管理されていることもある。
  • 情報を早く得る必要がある時代
  • 情報化社会
  • 情報技術が身近なところまで発達し、あらゆる情報が、スマートフォンにより手に入れることができるようになった。
  • 世界全体でグローバル化が進行している時代なので
  • 世界中で15カ国のみしか水道水が飲めない時代
  • 世間にVR(virtual reality)という言葉が浸透し、一般に認識される様になった。遠くの事柄を自宅などで解決できるようになってきている。その中で学業に於いてもその様なことが求められてきている。
  • 選挙での投票率が低く、特に若者の投票率はその中でも特に低い水準にとどまっている。小樽商科大学も若者の集まりであるため、無視出来ない問題である。
  • 多くの人が容易にネットを使えることにより、昔に比べ人と関わらなくてもある程度個人だけで問題解決や生活していくことができる。
  • 大学での学習でもインターネットが不可欠な時代
  • "大学の経営難が叫ばれる時代 国立大学の小樽商科大(小樽市)、帯広畜産大(帯広市)、北見工業大(北見市)が29日、2022年4月をめどに運営法人の統合をめざすことで合意書を締結した。"
  • 大学食堂では長い間、学生の健康についての取り組みがなされてきた。
  • 大学生の食事が偏りがちになっている。
  • 大学生の留年問題がいまだに改善されていない。
  • 様々な点において、戦後に比べて発展した時代だ。AI技術の発展、車の自動停止など、人間たちの生活は、便利になった。だがしかし、いまだに、飲酒運転などでの死亡事故は絶えない。

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝