社会情報入門・夜間主

  • 「上級生が新入生に時間割の組み方を教える」みたいな行事をやっている。もしくは自分でシラバスを見ながら時間割を組む。分からないことがあったら教務課へ。
  • "「談話室・フリースペース」が挙げられている.そ の説明によると,「学生が自由に過ごしたり学生同士が話したりすることができるような、 居場所となるスペースを設けるのが望まし」22)く,「安全の保持のためにスタッフの目が届 く場所に設け、テーブル等の必要な備品の他、学生向けの書籍を備えておく https://www.narasaho-c.ac.jp/college_info/mso9ur0000004ip1-att/a1519804876669.pdf"
  • https://nagoya-wu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1591&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
  • https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&as_sdt=0%2C5&q=チャットボット&btnG=#d=gs_qabs&p=&u=%23p%3Dz6EngC2Bc_oJ
  • "https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&lr=&as_sdt=0%2C5&q=大学英語教育%E3%80%80取り組み&btnG=#d=gs_qabs&p=&u=%23p%3DqSzYqKxXq1UJ 携帯端末を用いて英語の講義で行われる出席、小テスト等を行った取り組み"
  • "iPadを学生全員に配布し、授業中に利用。授業資料は全てデータ化。 また、アプリそのものの開発を行ったりもしている。"
  • "Meetupというアプリ https://ja.m.wikipedia.org/wiki/Meetup 同じ趣味を持つ地域の人たちと人事性別年齢関係なく出会える "
  • Moodleの開発、利用https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/index.php?action=pages_view_main&active_action=repository_action_common_download&item_id=9960&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1&page_id=13&block_id=8
  • SNS上で流通する情報は、その情報源である個人間の関係、あるいはコミュニケーション過程が明示化されることによって、信頼性が高いものであるとされている。
  • Sounding Boardシステム(参考:もう一つの教育評価-状況ない評価の活用に向けて-、加藤浩)情報端末を駆使しその場での学生による評価をする。また、実際に学内ではmanabaを用いた出席の確認、期末の授業評価アンケートが行われている。
  • オンラインを利用した映像授業等は多くの場で見られる。また、学業ではないが、企業に於いてロボットや、ネットを介した会議、業務体型なども見られる。
  • お茶の水女子大でのパソコン貸出 参考 http://133.65.151.33/ocha/bitstream/10083/52931/1/09+p.84-89.pdf
  • キャッシュレスと聞いて、まず多くの人が思い浮かぶものがクレジットカードであると思う。しかし最近では電子マネーが広く普及してきている他、身近なものでは図書カードや商品券などと、多様なバリエーションが存在する。
  • クロスチェックなど
  • セルフレジや、センサーが購入物を感知して料金を自動的に計算し支払うシステム
  • バイオメトリクス認証は、特に金融機関のATMや入出国管理の電子パスポートにおける本人認証など,社会インフラに広く利用され始めている。
  • メールでの提出ではなく、manabaからの提出が出来るようになり、レポート提出においてメールアドレスの管理をする必要は無くなった。
  • ラインを利用した講義
  • ラジオやテレビなどのマスメディアを通して情報を得ていた。
  • ロボットではなく、人間が髪の毛を結う事や化粧をやってあげる取り組みがある。
  • "英語に早い時期から慣れ親しみ、積極的にコミュニケーションを図ろうとするとする姿勢を育成することや、大学入試に4技能を採用すること〜 学習指導要領における英語4技能再考 行森まさみ 表現学, 10-17. 2018"
  • 夏に図書館の窓を開けて風通しを良くする
  • "海外留学・研修、海外留学プログラム、交換留学などがある。その中でも、海外留学を支援するための奨学金制度などがある。 http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/19133/1/0101100401.pdf"
  • 各自動車メーカーが自動運転技術を開発するに当たり、市場化時期に関する方針が発表されたり、実証実験が行われている。[内閣官房IT総合戦略室「自動走行の実戦に向けた取組」より]
  • 学校の情報の授業による教育。アプリ、サイト、携帯会社からの年齢制限。
  • 学生向けのサイトを作り、そこで大学に関する情報を検索できるようにしている。
  • 企業の要求に答えるため、学生は留学制度を利用するなどをして様々な国の文化を知ろうとする取り組みを行ってきた。
  • 携帯電話には、有害なサイトへのアクセスを禁止するなどのフィルタリング機能が備わっている。
  • 経営統合についての会見では、北見のスポーツ研究と帯広の機能性食品研究を組み合わせてアスリート支援食品を開発し、マーケティングを小樽が行う―などのプランが示されたが具体例な実現方法は提示されていない。
  • 個人情報に基づく時事情報提供システムの構築の研究が既にされており、情報収集の効率化を図る手段として,コンピュータから自発的に有益な時事情報を提供することが考えられている。そのため,この研究ではWebを用いてニュース記事を収集し,ユーザにとって最も有益であると考えられる時事情報を提示するシステムを提案しており、提案システムは,個人情報に基づき語の連想を行うことで,柔軟に時事情報を提供する.個人情報として,年齢・職業・出身地などの一般項目や,嗜好情報などの様々な観点の情報を用いるとされていた。
  • "後述の参考文献(1)にもあるように、大学によっては栄養価の明示、分かりやすくするための点数化といった取り組みがある。 (1)lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp"
  • "後述の参考文献(1)や小樽商科大学ではメニュー毎の栄養価を点数化するなどといった取り組みをしている。 (1)lib.sugiyama-u.repo.nii.ac.jp"
  • 交友関係のある外国の大学と話し合って、契約を結び、インターネットで交流をとっていた。
  • 高齢者でも使いやすい携帯電話など
  • 在学生にはOUCナビで休講情報などの情報を更新していた。商大を目指す学生には、公式HPで情報を発信していた。
  • 産業革命時代も多くのリストラ者出たが、人類はそれを乗り越えてきた。例えば機関車の駅員など。
  • 初めのメガネ型からウォッチ型、更には衣服型までより他人に知られないような作りになり更に個人の情報を得られるようになっている
  • 商大では商大生飲みが使用できる学内WiFi?を設置している。
  • "消費税率を5%から8%に引きあげた。 さらに一部の物は8%から10%に引き上げることが決められた。"
  • 浄水処理、粗ろ過法・緩速ろ過法、凝集沈殿・急速ろ過法、膜ろ過法
  • 食堂で各メニューの栄養バランスの表示をしている。http://www.nankyudai.ac.jp/library/pdf/38A113-121.pdf
  • "親や責任者の任意で、利用するコンテンツを狭められる。 フィルターの解除や追加さえも任意で行える"
  • 先生からの注意。
  • 先生が怒ったりする
  • 総務省の投票環境向上に向けた取組事例集ではより多くの投票所、期日前投票所の設置がされていた。
  • 大学のSNSアカウントを作成し、ネットワークを介して,教員,SA(学生アシスタント),授業の受講者だけでなく卒業生などからも授業やサークル活動その他課外活動などの体験談が書き込まれて共有され、多くの新入生をはじめ学生の情報収集・情報交換に利用された。ー名古屋文理大学『SNSの教育利用とソーシャルラーニング』より
  • 大学改革支援や授業料などの収入
  • 道路交通法の厳罰化
  • 熱中症対策のポスターによる注意喚起があった。
  • 米国や欧州をはじめとする先進諸国では、自動運転車によるピザの宅配や、ゴミ収集、配車サービスやシャトルバスなどのサービス業における自動運転車の市場化を目指し、様々な実証実験が行われている。[内閣官房IT総合戦略室「自動走行の実現に向けた取組」より]
  • 例えば、札幌駅で使えるスクエアカードだが、最初はポイントカードが普及していた。しかし、世界がキャッシュレスの社会になっていき、日本もその波に乗ろうと、キャッシュレス化が進んできている。
  • 例えば従来の取り組みの中で、小樽商科大学の公式YouTube?チャンネルが開設されている。しかし、チャンネルが登録されたのが2018年6月25日であるにもかかわらず、筆者が閲覧した2018年10月23日時点において、チャンネル登録者数は50人ととても少なく、動画再生回数もチャンネル全体で7477回となっている。また、公式ツイッターも2011年5月に開設されているが2018年10月23日現在のフォロワー数は1417人である。

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝