社会情報入門・夜間主

  • "1000万円・1〜2年 各SNSの情報流通基盤に注意書きをし、意識改革に繋げるために要する経費と時間。"
  • "100年かけて全て国へ水が送られるよう開通させる。 総工事費用は約500兆円で何とかさせる!"
  • 100万円
  • 1週間ほど、エアコン代・設置する業者への依頼料
  • 1年、300万ほど。
  • "1年をかけて、計画、実行 費用は0円"
  • 1年半、約1000万
  • 3ヶ月、300万
  • 3ヶ月、300万程度
  • 3ヶ月、500万円
  • 3年、5000万
  • 500万 3ヶ月
  • "5年があれば、基盤を完成できそう。 さらに、1年かけて基盤を実用可能までにしあげる。 1000万から5000万の間が費用と仮定する。"
  • 6ヵ月 1000万円
  • 7ヶ月ほど 200万
  • 7ヶ月ほど、200万
  • AIは発達し続けてるから20年もすれば、コンビニの店員はいなくなると考えられる。お金も莫大な料金になると考える
  • manabaによるアンケート機能を使うので経費、時間はかからない。
  • アプリケーションの開発に約300万円、半年から一年
  • "アプリケーションの用意なので設置や電気代の問題は無いと思われる。 い"
  • アプリやSNSの開発にどのくらいの時間とお金がかかるかがわからないです。
  • アプリ開発のための試験期間などを含め約1年半、アプリ開発費用は約580万円
  • "ある一定の間隔で情報を発信していかなければ、多くの情報が溢れるインターネットの中で情報が埋もれてしまうと考えられるため、広告を行うための人員が必要であると思われ、そのための人件費が必要である。しかし、小樽商科大学は小規模な大学であるため、広告のみを担当する職員を雇用することは事実上困難であると思われる。そうであるがゆえに、より現実的な一つの方法としては、例えばマーケティングの実践的学習の一環として、小樽商科大学を外部に向けてPRすることを学生が教員の指導のもと 行うという方法が考えられる。場合によっては、それ自体が小樽商科大学独自の教育になることも考えられる。"
  • お金はどのようなタブレットを用いるかにより変動。時間はそんなに要さない。しかし、アプリなどの開発もしなければならない。
  • カメラ1台につき年間30万円程度で導入できる。まず実験段階として、体育館、購買、正門に導入することを考えると設置費用で約100万円。24時間監視するとなると電気代も365日分発生する。メンテナンスも毎年実施が必要のため、年間150万円程度を見積る。
  • "コンテンツ内での発言を理解し、分別し、有害なユーザーをはじき出すためのシステム。 法律を追加。 10年あっても足りないだろうし、1000万では絶対に足りません"
  • サービスをホームページで作成する場合、制作に必要な時間は1〜2カ月程と思われる。業者に委託すると仮定すれば相手との相談でコストが決まる。ソウトウェアの為、設置や電気代の問題は無いと思われる。
  • ソフトの開発費用のみ。
  • ハードウェアとソフトウェアの開発、設置は実現可能な範囲だと考えられる。近年は感情に関するAIの研究も盛んであるため既存のソフトウェアの利用も考慮にいれれば、導入も短期で可能である。しかし初期投資に高額な資金が必要なのと同時に実際の効果を実感するためにはかなり長い期間の運用を前提とする。
  • パソコンと一緒に使うHMD(VRヘッドセット)\50.000〜/台https://vr-blogs.com/vr-type
  • "フィルタリング機能説明用のビラとして、「B5サイズ・光沢紙・片面カラー」を100万部印刷するとして、約136万円。ビラのデザインと印刷で約1ヶ月程度の時間を要する。 アプリの開発に約300万円、アプリメンテナンス費用として一年間で300万円。 開発に1年程度の時間を要する。"
  • "仮想世界のエンジンは数多くのものが既にあるため、制作期間は1ヶ月もあればできそう? 費用も50万〜100万もあればできるのではないか。このあたりの経費計算はあまり分からないです。"
  • 開発に2〜3年、全ての費用合わせて500万〜1000万円
  • 開発にかかる時間や費用はそう簡単な数字では無い筈だ。しかし、国内でもこの先広く注目され、導入が進むであろう技術を一足先にこの大学で取り入れることは、現在社会科学を学ぶ若い学生たちにとって極めて貴重な機会になるのは間違いない。
  • 開発には、OUCナビなど基礎があるので、1ヶ月ほどあればできると考える。必要経費は、約100万円程度でできると考える。
  • "開発の期間は半年ほど。 アプリ開発の費用は平均300万程度らしいので300万円。"
  • 開発の時間とお金は1つのロボットを製作するものと同様にかかるはずである。またロボットでは人よりもお金がかかると考えられるならば、人間を使うという方法もまた考えられる。
  • 開発時間は半年程度でVRやGoPro?を使用し、アプリとして開発することを目指す。実際に現地のところに行くと想定し、予算は100万以上とする。
  • 開発時間や必要経費は専門家の意見等を聞かないと分からないが1年を要さないでできるだろう。
  • 各家庭発電機本体の値段5万〜20万程度、太陽光発電機は約200万と高額であり、電気代の元を取るには10年程かかるものが多く、その間にかかるメンテナンス料なども加わる。
  • 既存の技術を流用したとしても、実験、設置、人員、電気代などはかなり掛かるであろうことは予想される。
  • 技術自体は既存のもので実現可能だが、地域コミュニティの連携などを考慮すると開発に必要な時間は大きいと思われる。
  • 個人的な情報が主なので、完全に扱えるようになるのは早くても2.3年先かもしれません
  • 後期の英語の講義を研究期間とし、ALT複数名を雇用する人件費がかかる。
  • 今あるシステムを活用するだけなので追加の費用は考えない
  • 私はその分野は詳しく無いので、本当に予測でしかないですが、5年あればできるのではないかと。
  • 主に生徒の情報を記録するためのデータベース作成し、学内にあるコンピューターで用いることを考えているため費用としては800万円前後、時間としては4ヶ月程と考えています。まずデータベースの開発を2〜3週間ほど、試験運用を複数回行うため2ヶ月前後、最後に試験結果を元に調整を行うための1ヶ月と考えています。
  • "上の人と相談し、会議をとおさなければならないため、とても時間がかかると思われる。 また、費用もかさむ。"
  • 人々に関心を持たせ、大学が運営するという独自性の強い企画を考えなければならないがチャンネルはすでにあるため1ヶ月以内なら始められる
  • 東京都では、東京オリンピックの開催される2020年を一つの標準とし、自動運転の市場化を目指していることから、小樽市における自動運転の本格実用化は2030年以降になるとみられる。また、東京都の今年度の関連予算が約8400万円であったことなどから、小樽市での自動運転の実用にかかる費用はおよそ1億円程度であるとみられる。
  • 独自のアプリケーションを作ったり、今あるサイトと連携させたりする必要があるが、6ヶ月以内、50万円以内に収まる。
  • "日本の自動車メーカーの多くは、2020年に開催される東京オリンピックに標準を合わせ、市場化を目指し開発、実験を重ねていることから、本格的な市場化は2020年以降、普及は2025年〜2030年頃になると言うことができる。 費用については、東京都が2018年度、自動運転技術開発のサポートとして約8400万円を予算に計上したことから、2020年の市場化に重点を置いた場合、都心での必要経費は2〜3億円に上る見込みである。"
  • 半年以内に商大の食堂と購買の食品の栄養バランスをデータ化し、成人の一日あたりに必要な栄養をもデータ化する。食堂と購買の食品全てを購入し、試食して、選ぶ際のおすすめポイントとしてコメントを付け加える。そのため食費として10万。アプリまたはサイト開発費用として10万で合計20万円。

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝