社会情報入門

  • 2020年の東京オリンピックが近づき、外国人選手や旅行者を手助けできる人材が必要とされている。
  • AIが導入されている企業のもとで働く人々、将来的にはほとんどの人。将来のことを考えると、現在小学生や中学生の人たちの教育も変えていかなければならない。
  • AIなどのロボットが活用される時
  • CDが全く売れなくなり、ネット配信による楽曲販売が主流となった状況で、ミュージシャンや作曲家は、十分な利益を獲得するための新たな方法を探っていく必要がある。
  • ITを使いこなせない人が情報格差によって金銭的、地位的に不利な状況にある
  • oucでもe learningを推進しているように、大学などで、授業はパソコンでやり宿題はスマートフォンでやる講義もある
  • SNSで意見を言う機会が増えたり他人の意見を聞く機会も増える中で炎上したりさせたりする可能性が高くなっている
  • SNSを活用した大学の教育支援が注目されている。
  • アカウントなどが乗っ取られる状況を防止する為に個人情報は極力晒さないようにし、パスワード管理をしっかり行う必要性がある。
  • ありとあらゆる情報を吟味する能力
  • アルバイトで忙しかったり、一人暮らしをしている大学生は、生活習慣病のような健康状態が好ましくない状況にある。
  • ある情報を必要とする個人すべてがそれにあたる。授業の発表や単に調べもの、報道番組のニュースの取材など様々である。
  • いまや肥満、高血圧、動脈硬化、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、痛風など成人病といわれる多くの疾患と食事との関係が強い関心をよんでいる
  • インターネットがほぼ完全に普及しきったいまだからこそ大学内において情報を求めている人に対して必要に応じた情報をいち早く届けられる
  • インターネットが発達し、様々な情報が飛び交う状況の中、働く大人が有利に会社を経営していくうえで必要なネット社会の知識
  • インターネットにかかわる、かかわりうる全ての人が、インターネット上のコミュニケーションで必要としている。
  • インターネットをうまく利用すること
  • インターネットを活用することで、例えば小樽商科大学の場合なら札幌に居住する学生のような、通えなくはないが通学に多少難儀する地域に住む学生も、自宅に居ながらにして在籍する大学の講義が受講できるかもしれない。
  • インターネットを通して、大学の講義において混雑具合を予測することが注目されている。
  • インターネットを利用する人が、情報を取捨選択し、正しい情報とそうではない情報とを見極める能力が必要。
  • おそらくほとんどの人が、大学生活をおくることにおいて必要としている
  • お年寄りや主婦などの時間とゆとりがない人が家にいても物を手に入れることを必要として入る時代
  • かなりの精密さを求める手術が必要な患者
  • グローバル化が進む世界の中で、我々日本の学生は確固たる英語のスペックを期待されるようになった。そこで、一人一人にあった問題を数多く解いてもらうため、インターネットを用いた学習が注目されている。
  • ケータイや、インターネットが使えなくなった時に情報が会得できなくなっているため、常に見れるものがひつようである。
  • ゲームのプレーヤーが1人でプレーする際に、圧勝することなく互角の勝負ができることで、満足するために必要である。
  • ゲームをする上で、よりリアルさを求めたプレイヤーに必要とされている。
  • これからを担う世代のネットリテラシー
  • サッカーにおいて説明すると、その試合に関係している人々が、今のシーンは反則だったのかどうかを審議したいときに必要とされる
  • しかし、下校の際に自分が持ち込んだ傘をそのままにし、いつまでも持ち帰らない生徒が一定数存在するため、学校側はその処理に追われている。そのため、毎年のように傘が捨てられている。
  • しばしば、大学内でネットワークを使ってコミュニケーションをとることが煩わしいと感じる学生もいる。
  • スマートフォンやタブレット、人工知能などの発展により、毎日のように目まぐるしく情報が行き交っている。多くの情報を活用していく場合において、どの情報が正しいのか、また正しくないのかを見極める力が、私たちは必要とされている。
  • スマートフォンや携帯電話を持つ人が、会いたい人や長らく連絡していない人と話をしたい状況。
  • スマホの1ヶ月で使えるデータ量は決まっているので、wifiは必要不可欠である。
  • スマホの利用者なら誰でもどこでも繋がりやすい環境が必要
  • スマホを使って勉強や出席確認をする
  • それを使うことによる授業の効率化、
  • たくさんの情報が拡散している時代で、情報を受け取る側の人々が、人を説得する状況や、説明する状況で必要としている。
  • テレビ会議システムなどを使うことで、海外の学生と英語でコミュニケーションし、より実践的な英語学習を行えるようにする。
  • どの人にも当てはまることだが、高度な情報化社会となりつつある現代において正確な情報を得ることは社会を生き抜く上でとても重要な要素となっている。
  • ネットでの情報のやり取り
  • ネットなどを使う人々
  • ネットなどを使用する人々が、正しい情報を見つける必要性がある
  • ネットに疎い人たちが大事な情報を得る場面
  • ネットを通じて簡単に出席を取れるので、出席の情報を取りまとめる学務課の人は楽になる。小テストで提出された回答を瞬時に確認できたり、何分間かかったか、などがよくわかるため、教授に必要とされている。
  • パソコンやスマートフォンの操作や、インターネットの利用方法、情報の正誤を見極めることが得意でない高齢者
  • ビジネスで英語を使う際、確実に意思疎通を図るために、英語の理解力のある人が必要で、大学の講義でも文法の授業を採用することが必要である。
  • ビジネスマンが高い語学力を必要とする
  • ブラウザ上で解答できる環境があることで、学生は容易に練習問題にチャレンジできる。
  • ブローカーが株価を調べるとか
  • ほぼ全員がいつでも、どこでも例えば家で大学の休講確認、電車でネットニュースなど、多くの場面で情報を必要としている。
  • ホログラムを使って学習の進めることが注目されている
  • メディアリテラシー
  • メディアリテラシーを身につけたい学生が、インターネットで誤った情報を鵜呑みにしないための教育を受ける時
  • もっとネットやAIに関する情報を発信し、人々に知識を浸透させる必要がある。または、実際に使ってもらう。
  • より多くのコミュニケーションを必要としている学生と教員がより円滑に意見を交わすため。
  • 移動する手間や時間を短縮し、より簡単に他者とコミュニケーションをとること。
  • 医療・介護の現場で人手が足りないため専用ロボットの開発が必要
  • 一人〜複数人で食堂でご飯を食べるとき、席とりが難しい状況
  • 栄養管理に気を配る学生が学生食堂を利用する際、食品の原産地やアレルギーについての情報が欲しい時
  • 英語力を求める企業が増え、就職をするものは英語を話せる必要がある。
  • 遠いところに住んでいる人やまだ会ったことのない見知らぬ人とチャット機能で連絡するときや買いに行くまでに時間やお金が少ないときにネット上で買い物をするときなど
  • 何か知りたいことが出てきたときに情報が必要になる
  • 何らかの事情で大学に通うことができなくても、インターネットを活用することにより、どこにいても講義を受講することができる。
  • 夏や冬、商大生はエアコンや暖房の調節を必要としている。
  • 我々は社会に出る上で、グローバルかつ国内でも世界でも目立っている都市や地域や産業以外にも注目していけるような視点や考え方も備えておきたい。
  • 我々一般市民が社会に進出するにあたって必要としている。
  • 介護の手が不足している日本において効率のよい安否確認ができる方法が必要である。
  • 介護を必要とする高齢者が適切な介護を受けれていない
  • 介護士が過酷な労働を強いられているため、介護ロボットが必要
  • 介護者が楽に介護をするため、また、被介護者が人に多くを頼らずに生活するため。
  • 会社が世界に進出するときや、海外の企業と交渉するとき
  • 会社員なら資料データ、学生なら研究に必要なデータを瞬時に手にしたい。
  • 海外の人が日本と取引する際に必要としている。
  • 皆が時間が無くて困っているこんな時代なので、空き時間は有効活用しなければならない。小樽商科大学には多くの札通生が通っているが、彼らがその日に出された休講情報を知るためにはわざわざ教務課のホームページを確認しなければならない。よって、気づけなかった場合は時間を無駄にしてしまうことになる。札通生も、樽住みも、休講を知らずに登校してしまった人は多い。よって、学生に休講情報を知らせる画期的なシステムが必要だと考える。
  • 皆が日常生活において必要とする
  • 各分野の知の拠点である大学が中心となって産学で連携していくことが,国内外の企業,あるいは大学同士で協力することが求められている。
  • "学期が始まって初めての授業の教室を知らない学生が必要とする。 方向感覚が良くない学生が教室を探すとき必要とする。 学期が始まり、急によく調べてない授業のオリエンを受けたくなった学生。"
  • 学校での英語の授業や仕事で、英語で書かれた書類に触れる際、各々の人々が認識のズレがないように正しく理解する必要がある。
  • 学校で授業をより効率的に行うこと
  • 学校にいるひとが、情報を共有するために必要とされている
  • 学校の授業でグループ学習等をする際に集まって直接話さなくてもLINE等のSNSを使っていつでも話すことが出来る
  • 学校の生徒が自分に有益な情報を取捨選択できるようにするため。
  • 学校教育の中で教員が授業で情報機器を取り入れることが必要
  • 学習システムや、学校に関する情報のデジタル化が広がり、大学側と生徒は情報を相互に交換するため、スマートフォンから情報を手にいれることを必要としている
  • 学生、社会人が課題や研究するとき
  • 学生が、一度受けた講義をもう一度受講したい時
  • 学生が、学外で教室変更や休講などの情報を確認したいとき。
  • 学生が、学習の時にネットで正しく情報を収集、活用することが必要となっている
  • 学生が、学内や学外で被災した場合に、スマホで安否確認や緊急地震速報の内容を確認する時に必要。
  • "学生が、自己分析する際に必要となる。 教師が、授業の質を高める際に必要となる。"
  • 学生が、授業を受ける場で
  • 学生が、全文検索し、キーワードから関連項目を探し出せる。
  • 学生がどうしても講義に来られないときや、受講人数の過多などによって座席や講義資料を確保できない・教授の声がよく聞こえないなどといった、満足に講義を受けられないことの解消・解決が必要とされている。
  • 学生がホームページで、情報を正しく得ようとしている状況。
  • 学生がもっとたくさんの情報を知りたいし、教授ももっとたくさんの学生に情報を教えたいと思うとき。
  • 学生がより外国語学習に意欲的に取り組めるために必要。
  • 学生がより簡素で伝わりやすい情報を求めている。
  • 学生がより良い学習効果を求める時に必要とされ、学外の人が本校を知るきっかけになる
  • 学生がより良い生活を送るために、情報化推進プログラムを発展している。
  • 学生が起業したり、何らかの法人を設立したいと思い立った時などに、メンバーを集めるために必要。一般的なSNS上では、学校名を公開することは安全ではないが、小樽商科大学の学生のみが利用するSNSがあれば、目的に沿った人材を素早く見つけることができる。
  • 学生が語学の意味、訳や、専門的な知識を調べる時に必要。
  • 学生が自主学習を行う際に学習の効率を上げる際に必要とされる。
  • 学生が自主的に求めるという状況
  • 学生が授業中に必要としている
  • 学生が授業中や、レポートなどの課題を取り組む状況
  • 学生が先生の評価の仕方を気にせずに、自分たちのやりたいことを学べる
  • 学生が普段必要としている
  • 学生が便利さを求めて、ノートなどのかさばるものよりも小さくて軽いスマートフォンの利用を授業で必要としている。
  • 学生が有効な学習をする状況で
  • 学生においてはその場で知りたい情報をその時に知ることができ、授業にとってはデータの収集や小テストなどをその場で執り行うことができる。
  • 学生に対し、新聞などの活字を読むように促す傾向が増加している。
  • 学生の帰宅時に突然悪天候になった日、バスには乗り切れない人が多い。タクシーを呼ぶ手間を面倒くさがり、夜暗い中で傘をさすと、道路を渡る時などに危険。
  • 学生の居場所がなかなかない
  • 学生の勉強の効果を高めるために必要になってくる
  • 学生は授業時間外でも繰り返し同じテキストを学習し、先生は大人数に一度で個人にあったレベルの授業を提供できる
  • 学生は情報を手に入れるために、狭いスペースに大人数が集まることになることになり大変混雑するため必要である。
  • 学生は大学側が提供する情報や機会を十分に得られていないことも多いため、個人個人に合った情報を提供するアプリなどがあると便利である。
  • 学生は沢山の蔵書がある大学図書館の本を家でも読めるような設備を必要とする
  • 学生ももちろんだが、教師の方も授業の効率化を図る上で必要としている
  • 学生や教師など様々な人が今この瞬間に必要としている
  • 学生や施設を利用する人が、忙しい中早く作業に取り掛かろうとしている状況で必要としている。
  • 学生や社会人が大人数で情報を共有する必要があるような状況
  • 学内の多くの生徒、職員がほぼ毎日の昼
  • 学内の連絡をスムーズに
  • 簡単なレジや、ネットショッピングでのおススメなど
  • 企業がロボットやAIなどの発達によって単純作業の必要がなくなっている状況。
  • 企業が顧客のデータを集めるとき
  • 企業が新技術を使いこなせる人材を必要としている
  • 机がなくて、教科書を開きにくい環境でも勉強ができたり、スキマ時間を活用しやすくなる
  • 技術面での指導員が足りない大学で講義内にVRを導入し、教育可能性を広げる。
  • 教育の分野において教師が生徒たちに宿題や連絡などを伝える際にインターネットを用いる場面が多くなってきている。
  • 教育現場でも積極的にネットを利用した授業の形態が必要とされている
  • 教育面では僻地に住んでいる、不登校、貧困、など様々な理由で整った教育が受けられていない子供達が、医療面では都市から離れた所に住んでいて最新の医療システムで治療を受けられない人達が必要としている。
  • 教員、学生ともに多忙さが増している。そのような中で、小樽までの通学時間は貴重な時間であり、もし短縮できたのならばより有効に自分のため、また社会のために時間を使うことができる。
  • 教科書を紙ではなく、IPad等のデジタル機器に内蔵させる動きが注目されている。
  • 教師や生徒がより手軽に、生の声が聞ける、アンケートなどで必要とされている。
  • 教室が狭くスクリーンや音響も充実していない小樽商科大学において、各学生の持つ電子機器に画面を投影したり、教授の話す声をリアルタイムにマイクを通して伝えることで、教室数とその広さによる履修制限の多さや授業の受けにくさを緩和させる必要性がある。
  • 教授が研究などで忙しい時に、急な質問対応をしなくてはいけない状況
  • 教授が効率良く出席を取るために使っている。
  • 玉石混交の情報の中から正しい情報を見つけ出す必要がある
  • 近年の外国人観光客の増加や、2020年に東京オリンピックも開催されることから、英語が主なコミュニケーション手段となりつつあるため、学生に対する英語教育が注目されている。
  • 経営者が人件費削減のために必要としていたり、一般人が自由時間を得るため
  • 経営者が人力不足の状況でAIを利用する必要がある。
  • 建物を初めて訪れた人が、マップには表示されない屋内をどのように歩けば目的地にたどり着くのか知りたいときに必要とされる。
  • 雇用者が人手を探している
  • 後期高齢者の親を持つ子供が、在宅介護のために働けなくなる状況、もしくは老々介護の状況で、代わりに介護をしてくれる人を必要としている。
  • 語学に力を入れている本学は新たな取り組みを始めるべきである。
  • 交通障害で大学に来られなくなってしまった学生、1科目しか授業が無い日に通学に往復3時間以上かけなければいけない学生(主に札通生)
  • 公共交通機関などの学生が通学の際利用しているものの現在の状況
  • 効率よく物事を進め、問題点を常に改善していく状況で必要とされている。
  • 行きたい大学があっても通う事が厳しい人でもインターネットを通して講義を受けられる。
  • 講義において、聴覚障害者の学生、またふつうの学生が授業の内容を全て聞き取れ、理解する必要がある
  • 講師が講義の内容や課題などをネット上で取り扱うとき
  • 高校までとは違い全員に同じ紙を配ることが困難な大学という環境で、例えば奨学金についての書類の提出期限など、重要な情報を見逃すこと無く得たい人
  • 高等学校・大学等で、海外交流・留学が盛んに行われている
  • "高齢者が介護を必要としている。 若年者の年金支払いなどの負担が増えている。"
  • 高齢者が災害時、給水や食料提供を受けるため
  • 高齢者が増加しているため
  • 高齢者が日常生活で必要
  • 高齢者が日常生活や年金の面で若者の助けを必要としている
  • 高齢者の孤独死を防ぐために用いられたり、高齢者の生活のサポートや、脳の衰えを防ぐために日常会話の相手として必要とされている
  • 国民全体が日々の活動で必要としている。
  • 今までスマホしか使ってこなかった高校上がりの大学1年生が、パソコンやスマホ、タブレットをどのように効果的に使い分ければ良いか分からずにいるため、レポート作成など様々な場面で使い分けや連携方法を知りたがっている。例えば連携方法で言えば、自宅PCから学内PCにデータを持ち運ぼうとUSBメモリを使う学生が、USBメモリを自宅に置いてきてしまった際1から書き直すなどの処置を行っている。GoogleKeep?を用いれば、そのような必要はなくなる。
  • 災害が起こったときに、大学がどのようにそれに対処して、どのように学生に情報を伝達するのか、というのを確立する必要がある。
  • 在学生や教員がアクセスの面で必要としている
  • 仕事をする上で会社が必要としている
  • 子供から大人まで、学生から社会人まであらゆる人が、ごく普通の生活を営んでいる状況。
  • 子供を産んだ母親が仕事に復帰するための保育園
  • 市場がたくさんある社会で商業に精通する人材を必要としている。
  • 私たちが、何かを知りたいと思った時に必要
  • 私たち大学生は勉強する等のスマートフォンが必要のない作業をするときにスマートフォンを手放さなければならない
  • 私達が情報を得る際に、その情報が根拠に基づいたものであるかを判断するとき。
  • 紙媒体を持ち歩きたくない人や耳の不自由な人、海外の文献を探している人など。
  • 視聴覚障害者が情報化社会に参入していくときに必要としている。大学内の図書館をそのような人が使うときなどである。
  • 社会で必要なことを学ぶために無駄な時間は極力なくすことが好ましい
  • 社会は創造力のある人材を必要としている。
  • 社会や企業がスキルを持った学生を必要としている
  • 社会人が公式な場での発言や話す相手によって言葉を使いわける能力
  • 若者が、ネットリテラシーを
  • 若者がインターネットの普及する状況で沢山の情報を必要としている。、
  • 若者と高齢者が簡単に素早く連絡を取りたい時に必要としている
  • "若者や多くの社会人が現代の情報を知るために必要としている。 例えば、商大生は商大のホームページから時間割やシラバスを見たり、講義の小テストやアンケートに回答するためにマナバを開くためにネットを必要としている。"
  • 主に教育施設で、情報端末による学習の効率化や活性化がより一層求められている。
  • 主に若い人がしらばものをする状況
  • 主に主婦が家事をするときに時間を有効活用できるよう、また楽をできるように必要とされている。
  • 主に大学生が、人数の多い授業を受ける前に、どの席が既に埋まっているのかを確認したいという状況。
  • 主力として働ける人が多くの会社や企業で必要とされている。
  • 受験生が受験する大学を選択する際に必要となる。
  • 受験生が大学に志望理由書や願書を提出するとき。
  • 受験生や在校生、または留学生が、素早く情報を手に入れられるようにする
  • 受講者が自分のペースに合わせ情報を整理できることが必要とされている。
  • 授業でもよりインターネット環境を生かした授業をする
  • 授業中、教える教員や学生たちが、スムーズに授業を進め、学生たちが授業に真面目に取り組む上で必要である。
  • 授業中の私語は他の学生の学習への妨害行為である。
  • 出欠確認を紙や携帯端末を使う事なく、正確に調査することができる。
  • 出席を手軽かつ確実に管理しなければいけない状況
  • 商業で、外国人とコミュニケーションを取る能力
  • 商大に来た人
  • 商大の学生が、大学の様々な情報をその場で知りたいときに、専用のアプリがあれば便利だと思う。
  • 商大生がお昼を食べるとき、待機列や席が混んでいて、食事を始めるまでに時間がかかってしまうため、急いでいるときや空腹時などはフラストレーションがたまってしまう。
  • 商大生が休講情報を知るときに必要
  • 商大生が授業いつどんな時でも受けれるようにする
  • 商大生が図書館前とグローカルルーム前の掲示板を見逃しやすい
  • 将来、どんな仕事をしたいのか不明確な学生
  • 将来の若い人たちの税金負担が大きくなる
  • 小学校にまでインターネットの授業が普及していたり、大学でもネットを通じて課題提出や出席確認、授業管理がされている。
  • 小樽市が地震で観光客が減った中で観光客を必要としている
  • 小樽商科大学hq、冬になると交通機関が止まり学校に行けないということがあるらしいく、授業を受けれないことがある。このような生徒も授業を受けたいと思うはずだ。
  • 小樽商科大学では教師、学務の方々が学生個々の出席を必要としている。
  • "小樽商科大学の学生、教員の方のみが参加する総合情報交換、交流するサイト、もしくはアプリ その内容としては、学内に存在する各講義、サークル等の様々な事柄の記事(作成、編集はサイト会員の自由、その記事の最低限の適切はの判断は運営が行う)を設け、そこに自由コメント欄を設置、雑談掲示板の設置、学内外、サークルイベントの広告、告知コーナーの設置等を考えている。 上の背景の通り、今はあらゆる情報がインターネット上で得られ、それは各人の生の声も含まれる。そのことは学生生活上で、知己の先輩、後輩、教員の方との交流でしか得られなかった学内の情報もインターネット上では、より幅広い学生、教員の方から得られる。そのことは非常に大きなメリットと言える。例えば、小樽商科大学では、講義の履修は、自分の興味のある分野であるなら、その講義の単位の取得難易度に関わらず履修するよう推奨しているが、インターネット上でなら、講義の情報をシラバス、オリエンテーションのみならず、以前に実際その講義を受けた学生の感想等より生きた情報を手軽に得ることが出来る。それは自分の興味のある講義の選定に大きく役に立つと思われる 。 交流の面では、学生が学生生活に関する感想、意見などを気軽に投稿、閲覧出来る環境があることはモラルが整っているのであれば非常に良いことだと思う。同じ組織に属する人々の活動、感情の似通い、差異を知ることは、自分の視野を広げたり、不安を共有したり、現状の打破の足がかりになると思うのだ。同組織の人々が何でも言い合える環境は希少で、存在すべきであると考える。"
  • 小樽商科大学の学生が毎日
  • 小樽商科大学の学生は食堂のシステムが効率化され昼休みに混まなくなることを必要としている
  • 小樽商科大学の生徒が、わざわざ担当の先生の所に行かずに、宿題の提出や確認などをその場ですることができる。
  • 小樽商科大学は国公立大学の中でも運営交付金が非常に少なく、生き残るために北見工業大学、帯広畜産大学と連携することが決定した。
  • 小樽商科大学を志望しているが、立地面からオープンキャンパスや進学説明会に参加できない。また、北海道という立地上、すごくやりたいことと合致しているのに小樽商科大学の存在を知らない学生もいる。
  • 小樽商科大学生が、より自分の考えを深めるため、多くの情報を必要としている。
  • 小樽商大でも登下校にタクシーを相乗りで利用する学生が多い。しかし特に下校時は相乗りする相手が見つかりにくく、タクシーを利用したくてもしにくいことがある。そこで、同じ時間帯に相乗りを希望する人同士をマッチングできるシステムに需要があると考えた。
  • 小樽商大を目指す受験生、さらには在学生に対して、惹き付ける魅力を増やし、長年に渡って存続させることができる大学が必要だ
  • 小樽商大生が就職し、社会に出る前に、PCスキルを他の人より身に付けることが必要。
  • 少しでも負担を軽減することで学生の効率的な学習を促すことが必要である。
  • 上記した通りであるとすれば、これからの時代を生きる人全員が、働くというよりは幸福を得る、人生を豊かにするという状況で必要としてくるであろう。
  • 上記の背景があるにも関わらず、小樽商科大学では履修制限というものがある。(他大学でもある。)教室のキャパシティに応じて制限され、抽選で履修可能かどうかが決まる。そのため、興味はないが単位取得のためとりあえず抽選に参加する人が多く、本当に学びたい人が学べないという状況が起きている。
  • 場所と時に関係なく本学学生が本学のあらゆる最新の情報を得られることが必要としている。
  • 情報が溢れている中で自分に最適な情報を集める必要性がある。
  • 情報の交換などが私たちにとってスマホなどでやることが必要となっている。
  • 情報はいつでも、だれでも、どこでも必要とされている。
  • 情報を守るための技術
  • 情報を探している人が知識が足りなかったり、自論の裏付けの証拠にするために必要とする。
  • 情報を得ようとするすべての人が、情報を集めるたびに取捨選択が必要である。
  • 情報を得る人が本当に欲しい情報を探しているとき
  • 情報扱う人々(全世界の人々)が情報の真偽を確かめるために情報そのものの信憑性が必要である。
  • 職人さんなどが、物をより多く作り出すことが必要な状況
  • 食堂・購買が混雑しやすいので、利用者のネット注文により混雑解消出来るのではないか
  • 食堂で食事をする学生、職員など
  • 新入生等、まだ大学に慣れていない人やシステムを理解していない人が、知りたい情報がある時
  • 真面目に受けたい人が用事などを済ませてから教室来た人が、物だけ置いて席取りしている所が多いため空いている席を探すのに一苦労する。
  • 身近なスマートフォンを活用し、更なる学習を促進を図るべく方法が必要であると考える。
  • 身体の不自由な方、初めて来る方などが町の様々な施設を利用するとき。
  • 身体的理由などにより通学できない者だけでなく、JRの運行停止や教室の席取りが出来ずに困っている生徒にも教室外授業を受けさせる
  • 人々が生活していくうえで必要
  • 人々はAIに対する理解と有用な活用法方を必要としている
  • 人の多い大教室での授業では教師がずっと話していて、話を聞かずにただ出席しているだけの学生が多くなってしまう。
  • 人件費が浮きコストパフォーマンスが良くなることで注目されている
  • 人口減少は北海道を含めた日本全体の問題であり、人口が減れば日本の未来が暗くなるのは明らかだ。よって日本人全員が必要としている。
  • 人手不足の企業や、人件費削減を目指す気
  • 図書館スタッフが100万冊を超える図書館資料を管理するために必要とされている。
  • 図書館の利用者が素早く的確に自分に必要な情報にあった本を見つける時に必要となる。
  • 世の中にいる勉強したいという意欲がある人間
  • 世界には飢餓で苦しむ人が多いにも関わらず、まだ食べられる食品を捨てている。これを解決することが直接、飢餓で苦しむ人を助けることにはならないが解決するべき問題である。
  • 世界中の人々が貿易や国際交流を行うとき
  • 世間の人々が変わらなければならない状況
  • 世代を問わず、学習の意欲のある人間が必要としている。
  • 正しい情報だけを得る能力
  • 正しい情報と誤ったデマ情報を見分けて正しい判断を下すこと
  • 正しい情報の取捨選択
  • 正確な情報を知りたい時
  • 生徒が、受講者が定員を超えてしまっている授業をとりたい状況。
  • 生徒が、冬に寒い校舎で必要としている
  • 生徒がJRの遅延などにより、学校で授業を受けられないとき、研究などの他の活動が忙しいときに必要。
  • 生徒が授業を受ける際に携帯端末等で事前に空いている席を確認出来ることを必要としている。
  • 生徒にとって、実際に話し合いながら意見を交流するアクティブラーニングが大事ではないか。プレゼンテーションなど情報と意見を組み合わせるような授業が必要なのではないか。
  • 先生が学祭に情報を提供する状況
  • 先生が簡単に出席管理する時
  • 先日の胆振東部地震のような緊急時に停電や断水の情報、公共交通機関の情報が必要になる。
  • 専門的な授業を学び始めたばかりの大学1年生が、より深く理解しようとする際に、あまりにも世の中の情報が多すぎるため、どこから学んでいけば井ノ川からなくなる状況。
  • 前述した背景があり、情報とはおよそ考えうる全ての人々に必要であり、高齢者にも簡単に情報を与えられる世の中にしていくする必要。そして若い学生たちが自己を発信することによって社会の発展が見込まれる。
  • 全ての国民が無駄を省き、効率良くすることが必要
  • 全ての人が、インターネットを利用して情報を得ようとするとき。
  • 全ての人が、何かを調べようとする状況で、正しい情報を選ぶ必要性。
  • 全ての人が常に持ち歩く媒体としてスマートフォンを持ち、どの場面・どの時間でも様々な活動に使う。
  • 全員が常に必要としている
  • 全員が多くの様々な情報を即座に得ることができる状況
  • 全世界の人々が色々なツールを通して情報を得ることができる
  • 全世界の人が常に
  • 他の大学と同じ講義が受けられたり、またその生徒同士が議論を交わせるような通信技術が必要である。
  • 多くの人が何かしらの状況で必要としている。例えば、連絡、検索など
  • 多くの方が正確な情報の取捨選択をせまられている。小樽商大では、成績表示の際、もっと詳細なデータがしめされることで正確な情報判断ができるようになると思われる。
  • 体の不自由な人や大学の立地の理由により天候不順、体調不良で学校に来れなくても授業を見たり、聴いたりしたい時
  • 大学が、その成果や取り組みを発信することが必要となる
  • 大学が、従来の対面授業だけではなく遠隔授業を行う際に注目されている。
  • 大学でSNSのアカウントを作成し運用することで多くの学生及び受験生や地域の方々と簡単に情報を共有できるようになる。
  • 大学では、インターネットを使った英語学習が注目されている。
  • 大学では、パソコンを使った授業が増えている
  • 大学では、遠方から通うために講義に間に合っても座席が取れない学生が出てきてしまうという、学習環境に不公平性が出てきている状況がある。
  • 大学では、学生がインターネットを利用して課題の提出や出欠、遠隔で講義を受けたり、テストすることができる。
  • 大学では、出席管理もインターネットでのデータ化が進んでおり、学生の動向の管理効率化ぎ求められている。
  • 大学では、普段使用している食堂や図書館、講義室などの混雑度をインターネット上や電光掲示板で知らせる機能を取り入れることへの関心が示されている。
  • 大学ではこれまでの能動的な学習ではなく、ディベートやディスカッションのように自らが主体となって参加することが求められている。
  • 大学でも授業に興味を持たず、スマホをいじっている学生もいる。大学側はそれを解決しなければならない。
  • 大学で必要な情報が散らばっていて得るのが大変(マナバを使ったり使わなかったり統一されていない
  • 大学などの学校で、教師が学生の表情からその人の感情を知ることによって、より学生に寄り添った授業ができるようになる。
  • 大学において、公正を保つため出席状況を明確にすることが重要とされている
  • 大学において、情報の利用方法や意欲を育てるための授業形式が注目される
  • 大学においてインターネットを通じて、大学の講義を受講する取り組みが注目されつつある。
  • 大学においても、YouTube?を効果的に用いることによってより良い講義が行えると考えた。
  • 大学にて講義の説明を情報機器を通じてより具体的に学生に教えられるようになることが注目されている
  • 大学には沢山の外国語の授業や留学生と交流できる科目が設けられているが、実際のところ日常的に外国語を使用する機会は極めて少なく、結果として学習のモチベーションも上がらない。
  • 大学に進学した生徒が今まで学んできたことよりも、さらに高次で実践的な学びをすること。
  • 大学に入学したはいいものの、自らの学びたいことを学べずやる気を失ってしまっている生徒。
  • 大学の学生は課外活動等を含め荷物が多い
  • 大学の間にもっと多くの生徒がもっとたくさん「海外」に触れる機会を作ること
  • 大学の講義で小テストなどを行う場合、インターネットを利用した方が学生にとっても便利であり、教授にとっても、そのテストなどの採点にかかる時間を短縮することができる。また、課題もスマートフォンで提出することができれば、忙しい大学生にとって時間を有効活用することができる。そのため、時間のない大学生や教授が講義の効率を上げる場合に必要となる。
  • 大学の講義を映像化することで、いつでもどこでも学べることが注目されている。
  • 大学の授業出席の観点でいえば、教授が膨大な量を紙を管理、チェックする手間を省くために必要としている。
  • 大学の生徒が、学校以外のところで勉強していて授業でわからないことがあったときに、インターネットで疑問を解決できるようにする。
  • 大学や企業などの大きな団体がインターネットを通じて視野を広げたグローバルな取り組みを必要としている。
  • 大学や高校だけでなく、中学校や小学校までもがタブレットを利用した授業を取り入れている。
  • 大学より遠隔地に住む人
  • 大学進学を考えている人が、大学を選ぶ際に必要としている
  • 大学生、特に新入生にとってそのような機能はよりシンプルであることが望ましい。
  • 大学生が、大学生活の中で経験すべきボランティアなどの活動をしづらい状況の中必要としていて、普段の連絡や課題、欲をいえば授業もスマホなどで済ますことができるように出来れば時間が生まれ色々な経験ができると思う。
  • 大学生がいつどこにいてもスマートフォンから休講など講義に関わる情報を自動的に得られるようにすることで、掲示板に掲示しておくよりも、情報を見逃したりすることを防ぐことができる。
  • 大学生が日常の一部としてスマートフォンを使用している状況で、大学での授業とスマートフォンの関係性をより深くしたい。
  • 大学生にとっては、よりスマホを活用した情報収集、講義を行うことが必要。
  • 大学生のうちから海外の文化について理解する必要がある。
  • 大学生の就職活動時のインターネット利用を授業の動機づけとして活用する。
  • 大学生特に新入生が情報に惑わされることなく、履修登録などができる
  • 大学選択をする際、高校生が多くの大学の情報を得るには有料のパンフレットや直接大学に訪れるなど限られた手段しか持たない。そのため、現代においてはネットの意見や評判を重要視するようになっている。しかし、それらの情報は大学に関係の無い人々も記入することができ偏りがある。これは進路選択を行う学生だけでなく、大学にとっても問題だ。この解決のため、より気軽に正確な、生きた意見を高校生に届けられるシステムを提案する。
  • 大学内の情報、例えば授業に関すること、JRの運行状況、個人の成績管理、時事など情報が溢れかえっている現代だからこそ自分に必要な情報を探し見つけることが重要である。
  • 誰もが正しく情報を必要なだけ得ることが出来る必要性
  • 知識を身に付けたい人がインターネットなどを通じて必要としている
  • 地方の大学同士で統合が進められることで、学生や教授の移動は困難なため、インターネットを使った遠隔授業が考えられている。
  • 直接海外に行けない人たち、特にそのような人たちは大学に多くいると思われますが、全国の学校の教育プログラムとして通信制度で海外のことや語学を学ぼうとする姿勢が少し見られるようになってきた。
  • 通学中や学内にいる時でも気になることがあれば、すぐに調べて解決することできるが、検索能力の差異により得られる情報量が変わってくる。
  • 電子機器を使えない人たちに情報を伝える、あるいはそのような人たちを電子機器を使えるようにする
  • 電波の弱いとこに住んでる方、電波の弱いとこに一時的にいかないと行けない方、海外から来た観光客など
  • 冬季間、学生が必要としている
  • 頭の柔らかい人間が、国家間の取引において合理的かつ互いの文化を尊重した判断を下すために必要とされている
  • 働く人が仕事をするために必要としている
  • 道や場所など何か分からないことがある人が案内、解答してほしい状況。
  • 特に、eラーニングによる授業が注目されている。
  • 特に、ここ小樽商科大学では、インターネットを通じて様々な教育、情報を学生に提供することが注目されている。
  • 特に、なかなか頻繁に大学に行けるような状態の生徒に対して非常に有用である。
  • 特に、学校では全ての授業の内容を1つの機器でまとめることができ、より効率的であるため、また学生が能動的に授業に参加するために授業にスマホなどのタブレット端末などを取り入れることが注目されている。
  • 特に、学校などの教育現場で、情報機器を用いた授業・講義が行われつつある。
  • "特に、学生の学習の弊害になっている また歩きスマホ(自転車含む)やコミュニケーション能力の低下も同様"
  • 特に、携帯ショップでは、AIにより接客が行われることが注目されている。
  • 特に、高校生や大学生の間ではLINEやTwitter、Instagramの利用が活発であるため、学生へのアンケートや、受験生へのPRのためにSNSを用いる大学も増えてきている。
  • 特に、自動運転自動車が事故を起こした場合に責任はどこにあるのかが議論されている。
  • 特に、若いうちの食生活は、その後の人生や健康に直接影響を及ぼすことから、大学生への「食育」を通じた食生活の改善は非常に重要なことである。
  • 特に、小学校や中学校では、ICT教育や教科書の内容をタブレットに収めたデジタル教科書の導入が注目されている。
  • 特に、小学校等ではiPadを通して行う通信型授業が注目されている
  • 特に、小樽商科大学などの小規模な大学は図書館も小規模であり、蔵書がどうしても少なくなってしまう。しかし、電子書籍に切り替えた場合、保管に場所をとらず、管理も簡単になるため、これまでより多くの本を取り扱うことができる。
  • 特に、小樽商科大学において考えるとresponはまさしくその一例であろう。
  • 特に、大学では、e-learningを通じて学生の英語能力を向上させ、グローバルな人材の育成を目指している。
  • 特に、大学では、インターネットを利用して、より快適な授業環境を提供することが目指されている。
  • 特に、大学では、英語の学習において情報を用いた学習方法を取り入れることが注目されている。
  • 特に、大学では、学生がスマートフォンやパソコンから大学の情報を取得している。
  • 特に、大学ではあらゆる授業、講義でインターネットを使う場面がある。しかし、本大学にはWi-Fiが届かない教室がある。
  • 特に、大学ではインターネット中継を使って、より多くの生徒に授業をすることが注目されている。
  • 特に、大学では講義中にスマートフォンやタブレットを活用することが必要とされている。
  • 特に、大学では授業の出席確認をするために導入することが注目されている。
  • 特に、大学では情報端末を利用した語学学習が注目されている。
  • 特に、大学は、食堂での会計のスムーズ化を図るためにICカードを導入している。
  • 特に、文字のやりとりだけで直接話すのが苦手になっている。
  • 特に若者がインターネットを利用する際
  • 特に将来の夢や目的がないまま大学進学を目指す学生が多い。
  • 特に情報に触れる機会の多い大学生はもっと情報について学ぶ必要がある。
  • 特に深夜帯の労働は人にとって厳しいものだが、人工知能を持つ機械がその代わりを担える。
  • 特に大学では、インターネットやスマートフォンのアプリを使って英語の勉強をしている。英語の情報をより手軽に得ることが出来る。
  • 特に大学では、学生証にとどまらず他の形でのICチップ用いて購買することが必要とされる可能性がある
  • 特に大学では、多くの情報の中から自分の履修している授業に必要な情報だけを取り出す必要性がある。
  • 特に大学では、様々な人に情報を発信する必要がある
  • 特に大学生は、コンビニ弁当ばかりを食べることによる栄養の偏りが心配されている。
  • 特に本大学では、OUC Navi βを活用しており、学生にとって有益な情報を公開している。
  • 特に本大学では、生徒が大学で授業を受けるにあたり紙媒体以外での構内移動により役立つシステム作りが求められている。
  • 日常生活ではもちろん、授業などでビデオ通話を通して道外の人の講演や本場の英語などを学ぶときにも必要
  • 日本が世界から置いていかれる
  • 日本の学生の外国語の力を伸ばす必要性
  • 日本の社会発展と経済発展をさせるためにはアメリカなどを見習っていかなければならない
  • 日本人が多様な人、文化と共存する上で英語能力の向上が必要
  • 日本人の学生が外国人の学生と異文化交流をしようとする際に必要としている
  • "日本人学生は世界を視野に入れたビジネスマンになる必要がある(考え方の多様化が期待される)、留学生も同様の理由と日常的な日本語の教育が必要である。 OUCのHP参照"
  • 入院などの理由により、長期間通学できなくなったときに、新しい情報技術を駆使して、病院や家などどこにいても、全ての人が授業に参加できる仕組みを整えることが望まれている。
  • 入試を受ける受験生がもっといろんな情報を知りたがっていたり、会社が普段どういった勉強をしているのかを知ることができる。
  • 年齢によるスマートフォンの利用によってデジタルデバイドが生じてしまう
  • 買い物に出かけるのが億劫な人がインターネットショッピングを利用することが増えている
  • 発展してる国の人がいつでも使う
  • 被災者が災害発生時における正確な情報を必要としている。
  • 必要な情報を必要な分だけ短時間で求めている人が必要としている
  • 病人など安定した気温が必要な人たちが存在する。
  • 不特定多数の大衆は溢れかえる情報に惑わされ誤った判断をしてしまうので取捨選択する能力が必要。
  • 富裕層が、更なる儲けのために必要としている。
  • 普段からインターネットを使っている人がパスワードをまとめて安全に管理できることを必要としている
  • 普段の学内での講義と、インターネットを用いた遠隔講義を併用することで、学習効率を高める。
  • 歩きスマホ、車に乗りながらスマホに対する対策が必要
  • 忙しい時や手間や時間を省くために多くの人が仕事などの場面で必要としている
  • 本だけでは小樽商科大学の図書館のスペースにも限りがあるため、あらゆる分野の情報を必要としている学生のために、 電子書籍を大学で購入し端末を図書館にいくつか置く。
  • 未来を担う大学生がデジタル化を進んで活用する必要がある。学生全員がiPadを持つ。
  • 友達が多く交友関係が広い俗にいう「陽キャラ」に対して、友達が少なく孤独を強いられる「陰キャラ」の人が集団行動を強いられる状況で必要とする。
  • 幼児や小学校での教育にタブレット端末を使うことが注目されている。
  • 様々な教育機関において、どこにいてもオンラインで授業・講義を受けられるという点で注目されている。
  • 様々な状況な学生がいる、働きながら学ぶ学生、遠くから通う学生
  • 様々な人が情報収集のために必要としている
  • 洋楽好きの人が、曲の歌詞の意味がわかること。
  • 留学生がケータイを使うためにWi-Fiを利用する
  • 両替するのが難しい個人店などが、紙幣と硬貨が不足している中で必要とする。
  • 例えば、介護施設や老人ホームで、職員の負担を減らした際に、お年寄りの相手となってくれる人がほしい時
  • 例えば、業績が軌道に乗り出して海外へと事業を拡大しようと考えているベンチャー企業が、世の中に出回っている情報ではなく進出する地域の特色などを把握するとき(なお、日本での事業が忙しく視察に行く暇がないという条件の下で)あとは、ネイティブの人から英語を学びたいと考えているが費用面の問題からスクールや留学を断念せざるを得ない学生など。
  • 例えばあるアイドルの情報を知りたいがためにSNSを活用する人間は、より多くのそのアイドルに関する情報を知りたいであろうと考えられるので、その人には必要だろうと言える
  • 例えば怪我をした時、冷やすべきなのか温めるべきなのか。どのような怪我で救急車は呼ぶべきか否か。怪我をしただけでもこれほど、いやこれ以上の疑問が浮かぶことだろう。このように正しい情報を提示するための情報の活用が求められている。
  • 例えば受験の際、受験生がその学校の過去問を入手する際に過去問題集を購入しなければ調べることができないという点でネットからも過去問をダウンロード出来るようにすることが必要とされている。
  • 例えば入学したばかりの校舎の広い大学に着いたときなど、初めて訪れる場所では教室の場所をまだ覚えていない新入生が道に迷ってしまうことがある。そうした困難を防ぐために必要とされる。
  • 漏洩しては困る情報を抱えてる人たちがたくさんいる。

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝