社会情報入門

  • " インターネットを利用せずに過去の経験のみで動こうとする現場主義"
  • " プリペイドシステム導入の副次的な効果として,食堂に おける昼食時間帯の混雑解消がある.これまで食堂では, 昼食時間帯に利用者が集中することから,料金支払い時の 混雑が問題となっていた.プリペイドシステムの導入によ り多くの利用者がプリペイド決済を利用するようになった ため,一人当たりの決済時間が短縮され混雑が緩和された. 引用元: 土屋雅稔 中村純哉 (2015) 豊橋技術科学大学における身分証のICカード化"
  • 電子書籍など設置している図書館もある
  • ・大学における実運用のための講義自動アーカイブシステムの開発
  • "”文法指導による大学初級レベル学習者の英語コミュニケーション能力養成の効果” 大学の必須単位に語学教育を組み込む"
  • "”保育科学生の文章表現能力低下の原因と対応” 筆者 佐藤 達全  筆者が実施する大学授業での取り組み  )莉気亮業終了時に宿題として400字の課題を課す。 15回の課題文の内容は大きく二種類に分けられる。一つは自分と 向きあうための課題で「希望を実現するために努力していること」「自分の弱点とその克服法」「私の長所」「実習で感動 したこと」等である。もう一つは保育者として必要な社会の問題に目を向けるための課題で「少子化のマイナス面とプラス面」「男女平等」「夫婦共働き」「高齢化社会の問題」等である。    3慇犬麓,僚気亮業で課題を提出する。それを授業担当者である筆者が読んで、訂正すべき 部分があれば赤ペンでチェックして次の週に返却する。学生はチェックされた部分を自宅で 訂正して指示された日に再提出する。 つ正する必要のない課題文には赤ペンで○をつけて返却する。 15回の課題がすべて提出されないと単位の認定は行わない。"
  • (東北を中心とした)道外での進学説明会やホームページでの案内及び東京や青森での試験会場設置
  • PlaceEngine?:実世界集合地に基づくWi-Fi位置情報基盤」では、屋内にいてもその場所を特定しやすくなったことを報告していた。
  • 「ご近所ナビ」と呼ばれるアプリがある。これは、ユーザーの情報を対象との距離順に表示し、さらにGoogleマップと連携することでナビゲーションを行うものである。
  • 「学食パス」という元から持っていた交通ICカードを用いてかいけいをすませるほうほう。
  • 「大学生のソーシャルサポートネットワークの測定に関する一研究」という調査が挙げられる。
  • 『大学生の食生活改善の取組』(北海道教育大学)で大学生の食生活への関心が示されている。
  • "<論文>学生食堂メニューにおける栄養成分表示と栄養情報提供の効果 https://ci.nii.ac.jp/naid/110000037611/"
  • ".札鵐機爾鮖藩僂靴董店外から混雑状況を確認することで客の集中を防ぎ、混雑緩和する。 ICカードを利用し、待機時間を短くする ぼっち席の設置"
  • 2003年度に開設された早稲田大学人間科学部eスクールでインターネットを活用して大学から離れたキャンパスや自宅で遠隔授業を行っている。
  • 2011年より小学生の英語必修化が始まった。
  • 2年次の一部授業のみ希望提出が可能。
  • "AIによってできることを電子化すること "
  • AIによる対話機能
  • AIの活用
  • CDや楽曲データの販売等、聴き手に音源を届けるだけの方法を軸として、利益を得ようとしていた。
  • CMなどでの注意呼びかけ
  • e ラーニングを活用した工学教育環境の構築という実験論文がありました。また、MOOCと呼ばれ、複数の大学が出している無料のオンライン講義がありました。
  • e- learningの拡張。参考文献平田祐基(2016)「ブレンディッド@ ラーニングの現場から」『言語センター広報 language studies』
  • e-Learning
  • e-Learningによる大学通信教育課程の実践。
  • e-learningのTOEICの対策テキストによる英語学習(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jade/1/1/1_KJ00008770140/_pdf/-char/ja 田口純「英語学習におけるe-learning教材の活用」,『リメディアル教育研究』,第1巻,第1号,p61-67,2006)やWeb上で行える小テスト(http://www.code.ouj.ac.jp/media/pdf1-1/No.1-05tokusyuu04.pdf 穗屋下茂,「学部教育における e ラーニングの利用と評価」,『メディア教育研究』,第1巻,第1号,p31-43,2004)等がある。
  • e-learningやmanabaなど、インターネットを用いて教授が自ら問題を作成することができ、さらに自動採点も行える学習システムがある。
  • Eコマースでの商品の販売や小売店等の配達サービス
  • eラーニング、アクティブラーニング
  • "Eラーニングなどで遠隔授業を受けることが出来る。

https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&as_sdt=0%2C5&q=インターネット+授業&btnG=#d=gs_qabs&p=&u=%23p%3DmSCllkkgmd4J"

  • Google scholarには載っていなかったが、小樽商科大学では一部の授業でresponを使用して出席を取っている。
  • Google( Scholar)から始める文献の集め方
  • google検索、Webサイト閲覧、インタビュー、直接質問に行く、辞書・書籍・新聞紙などの紙媒体の活用。
  • Google検索やYahoo!などの検索エンジン
  • google翻訳、weblioによる翻訳
  • "http://open.shonan.bunkyo.ac.jp/~hatakama/zemi/seimiya.pdf ICカード型とネットワーク型の電子マネーが存在していた"
  • "https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&as_sdt=0%2C5&q=e-Learning&btnG=&lr=lang_en%7Clang_ja ドリル式になっており、合格パーセンテージを超えないと次の学習に進むことが出来ない。"
  • ICTを活用した反転授業の導入
  • "Insights on GrabTaxi?: An Alternative Ride Service in Thailand (Pajaree Ackaradejruangsri)

※タクシー予約のアプリケーションで東南アジアを中心に拡大中"

  • iPhoneの改良
  • IT講習を開講して高齢者に受けてもらう
  • "LINEやツイッターなどのツール 出席を取れる"
  • manaba
  • manaba、デジタルサイネージ
  • manaba、レスポン、eラーニング
  • manabaなど
  • manabaの個別指導で先生に質問できる。
  • manabaの導入
  • manabaやeラーニングの活用
  • manabaやoucnaviなど(文献と呼ばれるものが見つかりませんでした)
  • MARCによる図書資料の管理。IDによる貸出、返却。OPACによる蔵書検索。
  • "OUC Nabi βで休講情報、商大くんブログで学内情報の確認が可能。 他大学では関西学院大学の『大学教務システム利用に向けたスマートフォンアプリケーションの技術開発(芝辻裕太、渡辺翔大、内田啓太郎、西谷滋人、片寄晴弘 )』がある。"
  • Ouc Navi
  • OUC Navi βでは時間割や休講情報を公開するだけでなく、就職支援や現在のニュースなども掲載している。
  • oucナビ、図書室前のスクリーン
  • OUCナビを作る
  • PBLによる情報リテラシー教育
  • respon manabaの使用
  • Skypeのような外国人との異文化コミュニケーションを手軽に体験できるツールを授業に取り入れることが検討・研究された。
  • "SNSを用いた大学特有の問題の解決、また、京都外大での実践。 参考文献:村上、岩崎「大学におけるSNSを活用した教育改善の支援」"
  • SNS等での呼びかけ
  • SOMを利用し、画像全体から表情の特徴を見つける研究が行われた。
  • TOEIC スコア取得を1年次から目標を持って学習できるようにするために、e-Learning科目(英語1D)が開講されていること。
  • TOEICなどの英語系試験を社員採用の際に重視しだすようになっている
  • Twitterなど嘘の情報が多く紛れている場所の情報は迂闊に信じないようにしている。(情報推薦、情報フィルタリングのためのユーザプロファイリング技術)
  • TwitterやAmazonといったアプリの利用
  • Twitterを例として挙げるとデマツイートを流したユーザとそのツイートにリツイートしたユーザの特徴や傾向を知るため、IDからランダムサンプリングしそのユーザの過去のツイート履歴などを調べ上げる。その後、ユーザをいくつかのグループに分け、特徴ごとに細分化を図る。
  • VRを用いて指導者なしでピアノ演奏を練習すること。
  • Wi-Fiの電波は障害物や他の電子機器の電波に干渉されるため、ルータを置く場所を考慮してきた。
  • アクティブラーニング
  • "アクティブラーニングを取り入れている大学も多い。 ※参考文献:亀倉正彦 - NUCB journal of economics and information …, 2015 - isyoichi.up.seesaa.net"
  • アメリカでは、すでに全国で3000館以上の図書館で電子化が行われている。
  • あらゆるもののオートメーション化
  • ある大学ではe-learningとしてビデオ配信を行なっており、単位も認められる仕組みを作っていた。
  • いくつかの検索問題を提示し、インターネットの情報探索機能を用いて回答させ、違いをはかる。
  • インターネット(twitterなども含む)でリアルタイムに情報を発信
  • インターネットで検索
  • インターネットで調べる
  • インターネットの会社などがたちあがった。
  • インターネットの拡大、スマートフォンの普及
  • インターネットを利用した調査
  • インターネット検索、アプリ使用による遠隔での会話、情報提供、勉強教材など
  • うまく検索できませんでした。検索してみようとしたのですがなぜか弾かれました。
  • エアコンや、暖房器具などの使用。
  • "オリエンテーションやシラバスによる授業内容の公開 学生による鬼仏表"
  • オンライン授業
  • お知らせ事はデジタルサイネージに掲載されている。
  • カードにすることにとどまらず、体内式のICチップが開発されている
  • かつてはカリキュラムの一環としてではなく、補助教材として活用されていた
  • がローカルラウンジの設置
  • クラウド上に論文をあげて誰でも読めるようにしているものがある
  • グループでのコンサマトリ・コミュニケーションを実現するメーリングリストシステムで、メールの配送先を限定する研究
  • この学校で言えばマナバやキャンパススクエアやレスポン
  • この講義(社会情報入門)でも行われている、講義の遠隔配信
  • "これからの日本を担う子どもたちを大学進学させようとする教育方針を掲げる。 矢野眞和, 濱中淳子 - 教育社会学研究, 2006 - jstage.jst.go.jp 大澤真平 - 教育福祉研究, 2015 - eprints.lib.hokudai.ac.jp"
  • これまで授業中の学生の私語への対応は教員による口頭注意が主流である。
  • サテライトを札幌に設けているが 特に移転についての取り組みは見られませんでした。
  • さらなるA Iの発展
  • さらなる介護施設の設立
  • しかし、情報の講義の受講の有無と一般的ではないネット用語の知識とは関連がないという調査結果があった。
  • スマートデバイスを利用した参加型授業の実践
  • スマートフォンやタブレットなどを教育の現場に取り入れ、出欠確認やアンケート、履修登録などの情報操作を手軽にできるシステムを作り上げた。
  • スマホ
  • スマホの普及により、Twitterでの情報拡散が行われるようになった。
  • スライドを使って、授業をするという取り組み。
  • スロープ、エレベーター、ユニバーサルデザインの導入、多言語表示、案内所など
  • セルフレジ、siri
  • センサーで高齢者の動きを感知できる人工知能が開発されたり、体を支える機器、言葉を理解できる人形が開発されたりしている
  • "そのための取り組みとして、平成15年度から高等学校の新課程において「情報」という科目が設けられた。 参考文献 野村卓志 原田茂治 高校新課程を経た学生に対する情報リテラシー教育 静岡文化芸術大学研究紀要 第8巻 1-4ページ 2008/03/31"
  • ソフトバンクの店舗ではペッパーくんが案内している。
  • ダイジェスト(情報をコンパクトにまとめたもの)を作りナビゲートする。それ電子ニュースを媒介に用いたもので、ダイジェストの自動生成能力を持つ。
  • タブレットを活用した授業の実施。
  • タブレット端末での仕事や学習、人工知能を用いたロボットの活用など
  • ツイッターなどのSNSやホームページを用いて誤った情報がデマであることを呼びかけている
  • デイサービスセンターなどの福祉施設を増やす
  • デジタルアーカイブの実践
  • デジタルサイネージ
  • デジタルサイネージなどの設置
  • "デジタル化された講義を生徒が任意に時間に任意の部分だけ受講可能となり、自宅からのアクセスができる。

https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_action_common_download&item_id=12527&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1"

  • デジタル教科書が正式な教科書と同様に使えるよう認める改正学校教育法が成立した。指導者用デジタル教科書はすでに小中学校の50%以上で使われており、電子黒板とタブレットを使った授業が行われている。算数では図形を画面に映して見やすくし、英語の文章を読み上げる声が録音されていて、聞き取りの練習や読む練習の手本に使っている。
  • デジタル教科書と呼ばれる教材を利用する学校がある
  • テストの座席などはインターネットで見ることが出来た。
  • "テレビ、ニュース、雑誌などで取り上げられている程度。 仕事に追われる中流階級にはまだ疎いものとされている感覚がある。"
  • とある学校では傘のレンタルシステムを利用した結果、傘の廃棄量が減り、年間約2tのCO2削減につながった。
  • どの情報が信用できるかは、自分自身の判断や電子署名があることが信頼できる証拠として扱われていた。
  • なるべくインプレー(サッカーのプレイ時間)が長くなるように色々な反則が導入されてきた。
  • ネイティブ講師によるプレゼン演習
  • ネットスーパー、eコマース
  • ネットで検索すること
  • ネット講義
  • ネット上には、ouc naviや商大のホームページなどがあるが、アプリは未だ作られていない。
  • パーソナルコンピュータによる遠隔授業
  • "バーチャルリアリティ技術を応用した精密工学 参考文献:バーチャルリアリティ技術による匠の技の伝承と人材育成

綿貫啓一 精密工学会誌 72 (1), 46-51, 2006"

  • ハーバード大学では大学の授業をYouTube?で公開している。
  • "はこだて未来大学の「スマートシティはこだてプロジェクト」 ・参考文献https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&as_sdt=0%2C5&q=savs+はこだて未来大学&btnG=#d=gs_qabs&p=&u=%23p%3Dz7q6X2-7WWoJ"
  • パスワードの設定
  • パスワード管理アプリなど
  • パスワード等によるセキュリティ対策
  • パソコンスクールに通い、勉強する
  • パソコンのスクリーンに教授が資料を映しての講義が行われている
  • パソコン通信ネットワークの学校教育での利用と課題
  • ひつじのひつじくん、KIROBO mini、cortana
  • ひとつのメディアに限定した情報収集を避けるように注意喚起をしている。
  • フィルタリングなどの利用制限をかける。情報の仕分けを行う。
  • フェイクニュースへの対処の方法の公演
  • フランスでは通学できなくても授業の様子が分かったり、クラスメイトと会話を楽しむことができるロボ学生というロボットを使った取り組みが行われている。
  • ホームページ
  • ホームページや、新聞等で公開する
  • ホームページを開設した。
  • ホテルや病院など様々な施設にペッパー君が置かれている
  • マーティン・フォード「ロボットの脅威」ロボットにはできないような新たな職を見つけたり、創り出したりする
  • マイクロ社がホロレンズを開発し、部屋の中でホログラムを映し出すことが可能になった
  • マイナンバー制度
  • まずはWikipediaなどの誰もが自由に匿名で書けるサイトの情報を使わない。
  • マナバ、レスポン
  • マナバがある
  • マナバやキャンパススクエア、OUCナビの三つも使う必要がある
  • メール
  • メール、LINE、DM
  • メディアリテラシーについての意識調査。
  • メディアリテラシーを鍛える。内容としては複数のサイトを調べ共通項を見つけたり、著者名が書かれているものなど。また根本的なものとして本に頼る、という手段もある。
  • ユーザーの地域に関連した情報を発信する
  • ユーチューブや、インスタグラム、そういったインターネットを活かして人々が新しい情報をどんどん発信した。
  • ユビキタスコンピューティング環境において、学習者個人個人にあった形RTRPL(right time and right place learning)で適応的に日常的な学びを支援する取り組み。(参考文献 情報処理学会論文誌 45 (10), 2354-2363, 2004)
  • よびかけ
  • らくらくホンなどの高齢者向けのスマホ
  • "リアルタイム完全自動乗り合いシステム「コンビニクル」 http://www.jpz.co.jp/odb/convinicle.html"
  • レスポンスアナライザによるリアルタイムフィードバック
  • レスポンや、マナバによるレポート・出席
  • レスポンややmanaba
  • レポート等でWikipediaを参考資料として認められない。
  • ロボットの見栄えを良くするため装飾に手間をかける
  • わからない単語があった場合にその意味を表示してくれる辞書機能や、翻訳機能を持った電子書籍がある。
  • 安易に情報を信用しないために小中学生からのインターネットの危険性に関する教育
  • 囲碁で、AIは名人を超えられるかというものが1952年から行われていた。
  • 異なる暖房方法を採用した居室の温熱環境評価に関する研究
  • 飲食店の注文はスタッフが行うなどサービスのすべてを人間が行なっていた
  • 映画館では専用の機械でチケットを購入することで座席の指定をして、指定された席、空席を反映する。
  • 映画館の座席予約における空席の場所を確認するシステム。
  • 英語1Dでのreally English がありました。
  • 英語教育に力を入れる
  • 炎上を類型別に分け決着までのプロセスを考察したもの
  • 遠隔授業を通常の授業に近づけるために、教授者と学習者の視線を一致させようとしている。
  • 遠隔地でのライブ授業
  • 音声認識システムで字幕が付けられるようになった
  • 何らかの理由で学校に来れない生徒にインターネットを通じて受講させる
  • 加賀美 常美代氏の教育的介入は異文化理解態度などのような効果があるか、など
  • 家族割などの子どもへの勧誘
  • 過去問を夏以降に販売し、それを購入してもらうこと。
  • 外国人労働者
  • 外国人労働者を受け入れたり、高齢者にリハビリを促す
  • 街中では観光客を対象とした無料Wi-Fiが設置されていて、様々な商業施設や学習施設では学習・様々な活動を行えるようにWi-Fiが設置されている。
  • 各学校でインターネットマナーやネットリテラシー向上の取り組みがある
  • 各市町村で人口流出、減少問題を解決するための工夫が成されている。特に成果をあげた市町村の一つにニセコ町がある。ニセコ町はスキーリゾートの街として外国人客が増加し、この状況にビジネスチャンスを見つける移住者が増加している。そして起業と雇用の場が生まれている。ー『地方消滅』増田寛也著
  • 学期末に実施される授業アンケート、期末試験などの点数開示や答案返却(一部授業)
  • 学校などの授業
  • 学校にパソコン室があり、生徒がそのパソコンを使うことでの授業
  • 学校の教育においてソフトウェアの活用を中心に導入した。
  • 学校教育で行われている遠隔授業、医療現場では電子カルテや遠隔医療による治療。
  • 学習段階、目標に合わせた効果的な授業。オンライン授業。
  • 学生がスマホ等の機器を使う参加型の講義
  • 学生に身近な学生食堂において、メニューの栄養成分表示をしたり、栄養情報のポスターやパンフレットを作成し配布する例があった。【田上敬子、池田睦子(2008).「大学食堂を活用した学生への食育の実施とその効果」】
  • 学生のレスポンスがスクリーン上に表示されるようになって、一方的ではなく対話的な授業ができる。
  • 学生支援課からの安否確認メール。安否確認/一斉通報サービス。東海大学の清水キャンパスにある防災システム。
  • 学内で使えるwifiの整備。
  • 学内にWiFi?を設置する
  • 学内メール利用の推進、しかし主だった取り組みは無し。
  • 学年が始まるときもらった時間割と教室が書いてる紙を見て教室を探した。
  • 株式会社SEA-NAがOUCナビを運営
  • 患者の移動や食事をサポートするものがある
  • 企業が留学生を採用する
  • 企業によるオープン・ネットワーク上で自由に様々な個人や組織とコミュニケーションを図り, 代行受注や共同販売, リクエスト受注の提供に見られるマッチング・ビジネスといったビジネスモデルの展開。
  • 企業内SNS の実践
  • "基礎韓国語の電子教科書が開発された。音声機能、録音機能、日本語表示機能、手書き入力が組み込まれている点が従来教科書との大きな違いである。これを用いた授業が2011年度文系学部の第2外国語科目として「韓国語・朝鮮語コミュニケーション」を受講する学生全員(19名)を対象に行った。 参考文献 金 義鎭、鈴木 庸洋、金 惠鎭「タブレットPCを用いた基礎韓国語の電子教科書の実践活用に関する考察」"
  • 機械学習
  • 京都外国語大学でSNSを運用し、SNSを活用した教育実践や教育改善の取り組みについて考察した。日記やコミュニティの機能を利用することによって支援の対象を中心から大学全体へと範囲を拡大できるとしている。
  • "京都大学と米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校を結ぶ遠隔授業プロジェクト。 参考文献 UCLAとの遠隔講義プロジェクトTIDEにおけるシステム構築"
  • 教育におけるビッグデータ活用
  • 教育による情報活用方法、正しく情報を利用するために生徒に授業を通して教える。
  • 教育機関で英語を初めとした語学教育を行う。
  • 教室には暖房を設置する
  • "教室内でのスマートフォンの圏外化 授業限定のアクセスポイントによる接続 http://www.interaction-ipsj.org/archives/paper2013/data/Interaction2013/interactive/data/pdf/1EXB-34.pdf"
  • 教授者と学習者の視線が一致する一斉講義における遠隔教育の研究
  • 業務内容やスケジュールをグループ内で共有する協調作業支援システム
  • 近畿大学附属高等学校では新入生1048名がiPadを購入し、反転授業を実施している。
  • 近年日本でも小学校での英語の授業の必修化など、英語教育の推進が見られてきた。
  • 金沢大学の導入科目「新聞から学ぶ」
  • 掲示板
  • 掲示板での掲示や、紙媒体による配布
  • 携帯電話で食事の写真を撮ることで栄養管理ができるシステムの開発
  • 携帯電話やスマートフォンによる授業の出席管理や課題提出を行うシステムが開発され、小樽商科大学でも実際に導入されている。
  • 経営学教育へのアクティブ・ラーニング手法の導入 間嶋崇, 橋田洋一郎, 植竹朋文, 専修大学 2016
  • 繋がりにくい地域でも電波が届くようにする取り組み
  • 健やか親子 21
  • 検索ツールの増加 キーワードの理解
  • 権威がある人や社会的地位が高い人の書き込みは信憑性がある
  • 現に今までにもmanabaやCampus Squareを使って様々な情報、教育が生徒に提供されてきた。
  • 現代における情報検索の技法の提案、またはサポートするシステムの構築
  • 現役世代が支払った保険料を仕送りのように高齢者などの年金給付に充てる
  • 個人が気をつけるという取り組みしかない
  • 呼び出しやお知らせ等の情報のデジタルサイネージへの掲示
  • 公式なものにマークをつける
  • 公式ホームページなどで拡散
  • 口頭による確認、紙媒体での確認、携帯電話での確認、学生証に内蔵された磁気の読み取りによる確認
  • 口頭確認、紙による出席票
  • 講演は直々に講師の人を商大に呼んで講演していた
  • 講義でスマホを活用し、リアルタイムでアンケートや感想を収集していた。
  • 講義のスライドをリアルタイムで手元の端末に写し、キャプチャ画像へ手書き入力できるシステムの開発
  • 講義を自動で撮影・保存し、後に学生がそれを見れるようにするシステム
  • 講義中にアンケートをとるなど、リアルタイムで学生の意見を共有する
  • 講義中に話していたような、知りたいことを機械に話せばその情報を得られる双方向案内デジタルサイネージ(https://jsai.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_action_common_download&item_id=8228&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1)や、複数のコンテンツが表示されている場合に複数人が同時に異なるコンテンツを閲覧できるよう、モバイル端末を用いてデジタルサイネージ上のポインタを操作して必要な情報を選び自分の画面で詳細を閲覧できる仕組み(https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=112731&item_no=1&page_id=13&block_id=8)など
  • 高校などの教育現場におけるタブレットの導入
  • 合宿なとで同じ環境に身をおき、会話することなど。
  • 黒板やレジュメなどを用いた普通の授業
  • 今までに、講師の映像とPowerPoint?を用いたVOD型の講義が行われている。
  • 今までにもAIを搭載したロボットによる手術が行われることもあったが失敗して障害が残ってしまった例もある
  • "今までに遠隔授業を行うといった取り組みがある。 参考文献:https://core.ac.uk/download/pdf/46882638.pdf#page=21"
  • 今までの取り組みには、大学のホームページによる休講の情報公開、キャンパススクエアによる成績の確認がある。
  • "今までは調べものなどは著書を通読することや紙の辞書で調べたりすることで情報を得ており、データの入手や小テストなどは口頭で行われたり、紙に印刷などして行われていた。 参考文献:モバイル機器の変遷から情報教育機器としての iPadを考察する/本田一彦"
  • 災害などの際に情報を簡単に伝えるための話し合いが開かれた
  • 災害時の緊急避難所や配給所における社会的弱者である乳児などに対する紙おむつや粉ミルクなどの支給
  • 参考文献(大学生のスマートフォン依存,社会的ネットワークと孤独感の関係,及びそれらに対する個人特性の影響)
  • 参考文献「SNSを利用した日本語作文授業の試み−対面教育及び遠隔教育を統合した授業」より、対面授業と遠隔授業を併用することで、学習効果が高まったことが分かった。
  • 山口大学がtoeicの準備に使っている。
  • 山口大学の生協食堂にて、そこの利用から大学生の食生活について研究している
  • 子供のスマートフォン依存を抑制する画面ロックアプリケーションによって利用者の6割程度のスマートフォン利用時間が減少した(https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=142544&item_no=1&page_id=13&block_id=8
  • 指静脈認証による出席管理システムを新潟国際情報大学で運用したもの https://nuis.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2590&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1
  • 紙を媒体にしたアンケート、課題提出。
  • 児童を務めている会社で預かれる民間のシステム
  • 自動運転の取り組み自体は1975年から始まっている。須田義大、青木啓二の「自動運転技術の開発動向と技術課題」に記載されている表では、レベル2の時点では制御自体は制御システムが行うものの、外部環境認識責任は人間にあることから最終的な責任は人間にあるとしているが、レベル3になると外部環境認識責任も制御システムにあるので最終的な責任は制御システムということになる。
  • 自動受け答えのAIを大学の入り口に設置
  • 自分で手を加えたsnsを授業で使うなど。
  • "自立移動型環境モニタリングロボットが開発され、移動しながら建物などの問題がないか観察し、調べることで人間の仕事を減らし効率化が図られてきた。 参考文献 「ロボットシステムのサステナビリティ」 中坊嘉宏 (2018)"
  • 質問力育成(問いのある教育 琉球大学 道田 泰司 )
  • 主にクラウド型教育支援システムであるmanaba上で、授業で使用したレジュメや、レポートを公開している。
  • 手紙ではなく、電子メールや電話が普及してきた
  • 授業などで講義をする
  • 就職活動の指導の一環として、自分でネットから情報を手に入れて活用させる。
  • 就職相談や各職業のセミナー(公務員・自衛隊など)
  • 従来のGPSは、屋外にいるときの目的地までの道順などは分かるが、建物内の経路までは分からないものである。https://scholar.google.co.jp/scholar?start=10&q=GPS%E6%A9%9F%E8%83%BD&hl=ja&as_sdt=0,5#d=gs_qabs&p=&u=%23p%3D-v8Zmmo1t3QJ
  • 従来のインターネットを活用した小樽商科大学の取り組みとしては、同大学の教務のツイッター、OUCナビなどがある。OUCナビは、どの講義がどこの教室で行われるかや、バイト情報、お役立ち情報、就職活動支援など多くの情報を発信している
  • 従来の出席管理の方法としては少数の授業の場合点呼式チェックという出席管理方法、大人数クラスの場合記述式出席チェックという方法がある。[文献:呉靭, 葛崎偉 多人数情報処理教育講義における出席管理について (教科教育・教材研究・教育方法)]
  • 従来の日本では教師が教壇に立ち、授業をして生徒がそれを聞くという授業内容であった
  • 従来は、紙媒体で手書きの願書を郵便で送り、それを人が一枚一枚確認するという作業が行われている。
  • 従来は、小学生〜高校生を対象にプログラミングの授業を取り入れたり、詐欺などの注意喚起のセミナーを行ったりしていた。
  • 出席番号などでの指定席にしている
  • 商大においてmanaba上で連絡事項の確認やアンケート、レポートなどの提出をするようになってきている。
  • "小学校では嫌いなものも頑張って食べるように教育された。 賞味期限と消費期限のしっかりとした区別。 残り物を活用するなど。"
  • 小学校の図工の授業やグループワークなどの発想力やコミュニケーション能力を鍛える授業。
  • 小学校担任の基礎英語運用能力の向上
  • 小学校中学年から英語教育を取り入れ、興味関心を持たせる。留学する学生に対して補助金を出す。外国人学生との積極的な交流を促す講義。
  • "小規模ながら大学間、または大学内で遠隔授業は実施されている。 参考文献:http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/old_chukyo/old_daigaku_index/toushin/1315878.htm"
  • 小樽商科大学では、OUC NAVIという、授業の休講情報やバスの時刻表等私たちに必要な情報をまとめてのせているサイトがある。
  • 小樽商科大学では、responやmanabaを用いている。
  • 小樽商科大学ではデジタルサイネージなどによる積極的な情報配信、manabaなどによって大学との距離が近くなった
  • 小樽商科大学のeラーニングシステムや、campus square など
  • 小樽商科大学の休講情報を確認するには、学内にある休講情報の掲示板を確認するか、小樽商科大学の教務課のホームページから確認するかどちらかのみであった。
  • 小樽商科大学は、2018年7月からYouTube?とInstagramの公式アカウントを開設し、学生の大学生活の様子や、卒業生、部・サークルへのインタビュー動画などを掲載している。(http://www.otaru-uc.ac.jp/shoudai-kun/2018/07/20180726-sns.html)
  • 小樽商科大学も含めた多くの大学で、講義資料の配布や閲覧、授業アンケートなどをスマートフォンから行なっている。
  • 小樽商科大学付属の図書館2階に設置されてる液晶ビジョンに次に発車する時刻が載っている
  • 小樽商大では、TOEICの授業でeラーニングが用いられている。
  • 小中高生への小冊子の配布や訪問講義
  • 少ないメニューでやりくりしていた期間限定のメニューを出していた
  • 情報リテラシーを身につける
  • 情報を時系列に解析しデータを蓄積していた。
  • 情報技術の劇的な進展によって、世の中は情報化社会へと変化し、情報教育が施されるようになったが、当初は一般情報処理教育ということでコンピュータによるプログラミング教育が主流であった。
  • 情報技術を用いたeラーニングを使って学習を行う取り組みなどが見られている。
  • 情報源は複数から収集する。
  • 情報公開制度などの多くの情報の透明化。
  • 食洗機などある程度進歩してきた(冷蔵庫、洗濯機が生産されてきた)中で、より便利になるために画期的で創造的な製品をつくる取り組みが見られる、
  • "新製品を学生と共に開発した事例がある。 日本企業のイノベーションと成長性 井上寛康〈file:///C:/Users/Hodaka/AppData?/Local/Packages/Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe/TempState?/Downloads/KJ00007675962%20(3).pdf〉"
  • 身体不自由な者の学業選択の多様化
  • 進学塾では、動画などを用いた通信制授業などが行われてきた
  • 人と共存し、ペットのように触れ合うことで楽しさや安らぎを与えてくれることを目的として作られた、アザラシ型ロボットのパロ
  • 人の動向の管理においては、鉄道駅などの混雑状況を防犯カメラを用いて可視化するものがある
  • 人を中心とする仕事をやる。
  • 人工知能が東京大学に入学できるのかという研究。
  • 人工知能を搭載された家電がその家に住む人間の生活を観察し、その人々に合った生活支援をする。
  • 図書館で一般のウェヴページを、視覚障害者に利用しやすく作ることで一般人と同じ情報を得られるようにしている。(一般のウェヴページはグラフィックモードで作成するのに対し、視覚障害者用ページはテキストモードで作成することで、画面を読み上げやすくしている)
  • 図書館に掲示をする(紙で)
  • 図書館前に授業の情報を出したりデジタルサイネージに様々な情報が出ている
  • 図書館前のデジタルサイネージ
  • 性格分析による職業適性を用いたキャリア開発。https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&as_sdt=0%2C5&q=適正+性格+職業&btnG=#d=gs_qabs&p=&u=%23p%3D4r9iAQ8yppkJ
  • "政府が推進しているIT講習 参考文献:IT シニアが社会を変える デジタルデバイドの克服を目指して(佐藤和文)"
  • 正しく情報を得るための携帯の使い方セミナーや、スマホなどの機器の発達。
  • 青山学院大学社会情報学部における iPhone の導入
  • 席取り混雑回避システムの為の人数計測手法の検討,2014,石川
  • 赤外線人感センサと赤外線距離センサを用いて閉塞空間の人検知を行い、空席情報や混雑度を知らせる取り組み。
  • "先進的な企業(特に海外)では、他国にいる社員たちと会議をするためにskypeを用いたりしている。近年では、英語学習者を対象とした英語の映像教材(youtube)などが登場してきてはいるが、基本的に発信者が一方的に情報を流しているのであって、留学や英会話スクールで体験できるような双方向的なコミュニケーションとは程遠い "
  • 全て手作業で行い、人と人との考えが関わりあって、物を作り出していた。
  • 早稲田大学の大学における情報の利活用のための ステークホルダーとその活用戦略
  • 装着型ロボットの開発が進められ、実用化された
  • 卒業生インタビューや部活動紹介などの動画があった。
  • 他の地域に出張して体験型の公開講座を行う
  • 多くの人に様々な情報を教えるために、他大学の教授を小樽商科大学に招いて講義を開いているものがある。
  • 対面授業、従来型の遠隔授業、視線一致型の遠隔授業の3つの授業での、理解度を共分散構造分析を用いて比較していた。
  • 大学で試験的にiPadを学生に無償提供する大学があった。
  • "大学のHP、オープンキャンパス、SNS、相談会、パンフレットによる情報提供。私が提案するものは形としてはyahoo知恵袋に近い。 https://nyushi.otaru-uc.ac.jp/examination/guideline/ "
  • 大学のものづくりプロジェクト
  • "大学の経営統合はあまり例がなく、まだ研究が進んでいない。しかし、授業を中継するシステムについては研究がすでに進んでおり、高校と大学や離れた地域間での中継授業活用については論文も発表されている。

加藤直樹,村瀬康一郎,森田政裕,中馬悟朗(1999)“テレビ会議システムを利用した遠隔共同授業モデル”教育情報研究,Vol.15,No.3,pp.35-42 ライブストリーム配信による授業場面の中継実験とその教材としての評価 益子 典文, 曽根 直人, 渡邉 公規, 佐古 秀一 "

  • 大学の講義でデータの正しい読み取り方を学ぶ
  • 大学生が勉強しない理由を突き止める
  • 大学生の英語学習における動機付けモデルの検討
  • "第3者に推測されにくいパスードを設定する パスワードを複数のサービスで使い回さない"
  • 樽商でも、学内インターネットシステムを活用したり、e-learningなど学習にインターネットを利用する取り組みが行われている。また、他校では、海外の教材をインターネットを通じて使用するなどグローバルな取り組みもしている。
  • 誰でも留学しやすい制度
  • "誰もが使用するインターネットを通じてアンケートを実施。参考文献日本公衆衛生雑誌 53 (1), 40-50, 2006 "
  • 単純キーワード入力方式や多重時間差キーワード入力方式、またはマークカードを使用の上、二進数で表記させるという方法がある
  • 中学校からの英語教育
  • 中学校理科の授業におけるタブレットPCの活用。今までPCで行われてきたマルチメディア教育の一部をタブレットを活用したものに置き換える。
  • 著名な大学がMOOCで講義を誰でも無料で視聴できるように公開している。
  • 超音波レーダーと電灯線通信を用いた高齢者用移動確認システムjstage.jst.go.jp
  • 超音波を用いた第二言語発音指導(超音波を用いた調音の指導と研究 より)
  • 直接、教官と映像および音声接続を行い、1対1のコミュニケーションをとりながら遠隔授業を行う
  • 通信課程や衛星予備校などのような、キャンパスや校舎への通学が不要な大学や学校も存在する。
  • 通信制の高校や大学
  • 通信制大学など
  • 電光掲示板で連絡事項や、ケータイでの安否確認
  • 電光掲示板に連絡事項を記載する
  • 電子辞書の普及
  • 電子書籍は本当に紙媒体の代替となるのか、電子書籍の読み上げは自然か。
  • 東大や京大、慶應大学など実際の講義が映像化されている
  • 東北学院大学で実施されているKNOPPIX Edu システム 学生に良好な学習環境を提供、かつ教師の負担を減らすために、学習を情報演習にシフトさせ、主にITに関連することを学習するシステム。(「KNOPPIX Eduを用いた工業教育改善に関する研究」 志子田 有光、熊谷 正郎、石川 雅美、小野 孝、千葉 大作、須崎 有康)
  • 動画内の字幕での表記や、CDに付いてくる歌詞カード
  • 同じ授業を時間をずらして朝から晩まで繰り返す。個人のレベルに合わせられない。
  • 特にない
  • 特別養護老人ホームなどの施設への入居やショートステイする場合、月額の食費・居住費が、所得に応じて減額・免除される「特定入居者介護サービス費」という制度が実施されている。
  • 苫小牧工業高等専門学校では、テレビ会議システムを導入し、ニュージーランドの提携校と接続した。
  • 日本語、英語のみならず、あらゆる言語、それ以外の授業にも取り入れられている
  • 年金制度改革
  • 年号の変更
  • 年配者が使いやすいようなスマートフォンが作られている
  • 必要な情報を明確にしめす。小樽商大にはないと思われる。
  • 物をあらかじめ机の上に置いておく
  • 文化として、小樽駅から商大に至るまでをタクシーで通学する際、その場で居合わせた4人でタクシーに相乗りするというものがある。
  • 文部科学省ではプロジェクトチームを立ち上げ、子どもたちの情報モラルを考えるキャンペーンに取り組んでいる。
  • "文法の学習を軽んじて、コミュニケーションを英語で取ることに囚われた授業

参考文献 http://www. mext. go. jp/b_menu/houdou/15/03/f_03033101. html [2003, September 1], 2003"

  • 平成25年10月から12月の間にある幼稚園において、実証講座を通してタブレット端末の活用の可能性について調べた。また、タイ王国で2012年度より全国の初等教育1年生にタブレットPCを無料配布している。
  • 米国では, 9 割を超える公共図書館が図書館向けにデジタルコンテンツを配信するベンダーと契約し, 図書館利用者へ電子書籍を貸出している. 電子書籍の利用は年々増加しており, いまや電子書籍の貸出は図書館にとって定番のサービスとなった.
  • 別教室で通信授業を行ったことはあった
  • 防犯カメラを使用し、渋滞の存在を確かめるため、群衆の人数計測を行う。(https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejias/124/10/124_10_1060/_pdf)
  • 北海道大学で、反転授業というものがある。
  • 北海道内の7つの国公立大学で、単位互換協定が締結され、各大学に設置された双方向遠隔授業システムにより他の大学の授業が配信可能となった。
  • 本学ではOUCナビで休講情報が確認でき、manabaでは教員から学生への連絡や学生からレポートの提出ができる。また、履修登録はcampus square上で行われる。
  • "本学ではこれまで、公式にアカウントを作成し、主に広報媒体としてYouTube?を利用してきた。 しかし、2003年にマサチューセッツ工科大学がサイトを立ち上げ、本格的に公開を開始したオープンコースウェア(以下OCW)を目的としたような活用は為されていない。(参考文献 オープンコースウェア/大学の講義アーカイブ https://www.jstage.jst.go.jp/article/jkg/60/11/60_KJ00006714671/_pdf)"
  • 本大学では、e-Learningが導入されている。
  • 本大学においてはresponというアプリによって携帯端末で出席確認が行われている
  • 無料wifiを設置するなど、ギガを増やす
  • 名古屋大学の例をみると、自衛消防組織と災害対策本部、防災訓練と防災教育、安否確認、帰宅困難やけが人の対応、留学生対応などで、対処法をそれぞれ考えている。また、建物、物品、システム等の整備も行っている。
  • 猛暑の日、極寒の日のみエアコンや暖房をつける。
  • 目立っているように、英語教育に力を入れておりグローカルを重要視したような教育方針をとっている。
  • 訳のサイトやまとめサイトなど。
  • 予備校などで、よくある質問を答える質問対応システム
  • 幼児教育や学校教育などの教育現場でタブレット端末を取り入れていく
  • 様々な介助ロボットが開発され、特に入浴介助においては10年以上前であっても老人ホームではかなり普及していた。
  • "様々な海外留学の研修プログラムがあるが、短期留学の内容はホームステイ、姉妹校との交流、留学と同じく学校で短期間滞在等多岐に渡る。 https://core.ac.uk/download/pdf/70367939.pdf"
  • 用意した教材をスクリーンに投影したり、学生のディスプレイ上のブラウザに同期表示する。
  • 履修者が多い講義では教室を分けたり、別の教室での中継で見れたりすることもある
  • 留学生用のWi-Fiを商大生とは別に用意する。
  • 例えば、長崎大学では、大学生の食生活の改善のために食育プログラムを講義として取り入れる取り組みが見られた。
  • 例をあげると、とある四年制の専門学校では、web授業が行われている。

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝