社会情報入門

  • " 動画に適用させる開発には時間がかかるが、SOMはコンピュータで利用できるので時間や費用はあまりかからない。"
  • "※1ヶ月のパソコン電気代=125円、1ヶ月の照明代=60円とする。

(TOEIC模試 3000円×200人=60万円)+(e-learningテキスト 2500円×100人=25万円)+(市販のTOEIC対策テキスト 2000円×100人=20万円)+(TOEIC費用 6000円×200人=120万円)+(100人のパソコンの電気代3ヶ月分 100×125円×3=37500円)+(200人の照明代3ヶ月分 200×60円×3=36000円)=232万3500円 の費用がかかると予想される。期間は1月26日のTOEIC IPテストまでの3ヶ月強+テストから3週間後のオンライン結果発表までの約4ヶ月間である。"

  • 1,000万円
  • 1〜2ヶ月くらいで10万円以内
  • 1〜2年、数百万円かかる?(商大内の小規模ネットワークゆえ時間と経費は抑えられるのではないか?)
  • 1000万
  • 1000万から億単位での資金が必要となる
  • 1000万ほど
  • 1000万以上
  • 1000万円で4〜6月くらい
  • 1000万円はかからないような気がします。
  • 1000万円以内。
  • 1000万円程度(有線LAN+無線LAN)6ヶ月程度 情報収集は長ければ長いほど良い
  • 100億円
  • 100万
  • 100万円
  • 10年、500万
  • 10年。お金は計り知れない。
  • 10年ほど
  • 10年単位、億単位
  • 10分程度で無料
  • 10万円くらい
  • 15回の授業で約150万円程度
  • 160教室で遠隔映像授業が行えることがわかったので、あとは履修制限がかかりそうな講義は160教室で行えば良い。時間はかからず、必要経費はメンテナンス、電気代程度。
  • 1か月ほど。1000万?
  • 1ヶ月あれば設置できると思う。撮影用のビデオとマイク、パソコンなどを合わせて500万円あればできるだろう。
  • 1ヶ月ぐらいと紙用の代金100万円ぐらい
  • 1ヶ月で200万円程度
  • 1億円
  • "ヽこ阿ら人材を派遣する費用、日本に来てくれる外国人を探す時間。(募集から実際に日本に来てくれるまでで6か月、費用は500万円) ⇔嘘悗魑遡害修垢襪燭瓩諒篏金500万円"
  • 1週間あればできると思います。
  • 1週間と2千円
  • 1台1000円〜5000円で、仮に5000円のものを200ヵ所に取り付け、設置費を含めて30万円前後と見積もる。設置期間は多く見積もり4ヶ月。
  • "1台10万で六ヶ所としてその他諸々込みで100万は目安になる 設置そのものは数日でできる"
  • 1台あたりでいうと現段階では設置に100万円の費用がかかるそうなので、安価で量産できるまでの試行錯誤の段階で1000万以上の経費はかかりそうだと思う。
  • "1日の半分以上は使うと思う。 お金の費用は人それぞれ。"
  • 1年
  • 1年、1000万円
  • 1年、100万円
  • 1年、ほぼお金はかからない(既にアプリケーションは存在し、それを使用するだけなので)
  • 1年くらいで実現してほしい
  • 1年以内、情報についての教育が出来る教師の育成や、iPadなどの端末の費用を考えると、何百億と必要になる。
  • 1年程度
  • 2.3年。一億円
  • 2〜5年
  • 2000万(くらいあれば足りると思う)
  • 2050年までに現在かかっている英語教育資金の2倍ほど。単純に英語教育の機会を2倍にするため人件費がかかるから。
  • 20年くらい(技術の進歩に期待して…)/ 1年につき1000億円
  • 2ヶ月、500万円
  • 2ヶ月ずつ準備期間、呼びかけなしの来店数、呼びかけ後の来店数の調査を行う。お金はそれほどかからないと予想する。
  • 2年、1000万円
  • "2年くらい 1台100万円だとして、必要経費含めて300万円ほど"
  • 2年とちょっと、ざっと5億
  • 300万三か月
  • 3か月と15万ぐらいでしょうか。ごめんなさい分かりません適当です。
  • 3ヶ月。100万円。
  • 3年〜5年、1000万円
  • "4〜5年 100万円くらい?"
  • 4〜5年かかると計算すると費用は50000000円くらいになると考えられる
  • 4ヶ月、50万円
  • 4ヶ月で800万円
  • 4年 5億
  • 500〜1000万円
  • 500万円
  • 500万円 3ヶ月
  • 500万円くらい?
  • 500万円程度
  • 50万ほど
  • 50万円ほど、6ヶ月以内
  • 50万円程度(ビデオカメラの購入費)
  • 5ヶ月500万円
  • 5年、500万円
  • 5年と1000万円はかかる
  • 5万、半年
  • 6ヶ月 400万円
  • 6ヶ月・100万円程度
  • 6ヶ月以上 200万以上
  • 7年間、数十億
  • 800万円
  • 800万円、2〜3ヶ月
  • 8年 10億
  • AIが会話の長さ、声の大きさを判断することは現代の技術により既に可能である。一方、悪口を会話から学習出来出来るようなソフトの開発が必要である。また、AIの設置、陰湿な嫌がらせを行うための器具の設置が必要である。以上のことから1000万円以内、6カ月以内に実施するのは難しいように思えるが、各種機能を検討して不必要なところを省けば上記の条件を満たすことは可能であると思われる。
  • ALTを雇う人件費やスピーキング用の機器などの費用
  • https://jokapi.jp/column/app_cost-2/より、1000万円以上であり、時間は調べてもわからなかったのですが一ヶ月以内と推測しました。
  • iPadは1台3万〜4万ほどする。他のタブレットでも1台2万弱。
  • manabaのシステムを変えるならば多くの時間とお金がかかり、メンテナンスの間の期間にmanabaが使えないという問題がある。紙の出席票を教室の人数分配るならば、すぐに取り組むことができるが、受講する学生が多いほど配布に時間がかかり、毎回多くの印刷を必要とするため、印刷代がかかってしまう。
  • "manabaの機能拡張として行うとして、システム自体は1年以内で作れないだろうか。そこから試験使用してデバックにもう1年以内? システムの拡張にいくらかかるかはわからないが、7桁以内では収まると思いたい。 "
  • manabaを利用し、教師陣の教科書等が存在する為著作権等の問題はさほど問題でない
  • "manaba上に席表を作り学生のGPAをキャンパススクエアと共有するやり方なら比較的ローコストで行けそうか不明(それでも10万はかかってしまうだろうか) 既存の物のサーバー維持費とかメンテナンス費用はいくらくらいなんでしょうか"
  • MARCやOPACの性能改善のために300万円程度のお金と、改善のための研究期間として2ヶ月くらいかかると思います。
  • Skypeのような既存のシステムを活用することによって、システムを開発する経費、時間は省略できる。また、今の時代は多くの学生がスマートフォンを持っているので、大学側が用意するべき機器の数も少なく抑えられ、費用も安く済むと考えられる。
  • "VR→時間は開発、準備に1年 必要経費は30万円(カメラなどその他機材、広告費、電気代など) SNS→時間、お金ともにかからない"
  • VR編集の相場が100万程度なので、その3倍を見て300万ほど。3ヶ月から半年程度。
  • Wi-Fiを様々な場所に設置する設置費と設置完了するまでの時間、充電するときの電気代など1000万円以内には押さえたい所。
  • YouTube?には無料で動画を載せることができるので、現在複数の教室において同時中継で授業を行う際に使用しているカメラを用いれば新たにお金をかけることなく、明日からでも実現可能である。
  • "アイデアを出すための時間 多くの種類を作るための材料費がかかる"
  • アカウントを作るのは長くても3日ほどで出来ると思う。情報を学生に向けて発信する人の人件費、発信するためのスマートフォンまたはパソコン代ぐらいしかかからないと思う。
  • アプリケーションに関しては費用がかからないと考え、3ヶ月で700万
  • アプリケーションの作成にどのくらいの金額と時間がかかるかはよくわからないが、一から作り直すわけではなく、新たなプログラムを組み込むだけなので、通常のアプリケーション作成よりは時間がかからないと思う。
  • アプリケーションの用意、通信体制の整備など。半年未満には利用できると思われる。
  • アプリの開発費用4〜500万、開発期間は約4か月。
  • "アプリを一から作るとなると、平均して3ヶ月〜4ヶ月、長くて1年かかると言われている。学生の力だけで作るとなると、それよりももっと多くの時間がかかってしまうかもしれない。 費用もかなりかかり、50万〜100万円ほどかかることが予想される。"
  • アプリを開発するのに2ヶ月そこから取り入れるのにもう3ヶ月ほどの時間が必要と考えられます。予算は300万ぐらい見積もっておきます。
  • "アプリ開発(400万) 維持費(200万?)

合計600〜900万?

開発期間(4ヶ月) 試行期間(1ヶ月半) 最終検討(半月) 6ヶ月"

  • アプリ開発に1年くらいかかる。企業に依頼すれば100万円くらい?
  • アプリ開発費用で、約400万円の出費、そして3カ月程の制作期間が見込まれる。(出典:http://appcooking.jp/app-development-costs/ 2018/10/22閲覧)そこにメンテナンス費用・維持費が重なるため600万円ほどの経費が必要となる。
  • アプリ開発費用は500万円、メンテナンス費用100万円など
  • アプリ形式であるため、開発費は物理的なものを作るよりも安く上がると思う。学生の意見を取り入れつつ、定期的なブラッシュアップやアップデートを行なっていく必要がある為、優秀なエンジニアが数人必要になると思われる。
  • アプリ制作になるため、物質的なものをつくるよりはコストはかからない。そしていままでのサービスをより使いやすくするものなので、1からシステムを構築するほど時間もかからず、アプリを少ない機能でも早期に出して後からアップデートすることもできる。
  • アンケートとしては小樽商科大学また他大学での取り組みの調査等の費用があげられる。私が考えるには、小樽商科大学のデメリットとして大学の立地の悪さがあげられるので札幌に分校を作る、また情報活用としての面を生かすとするならば、自宅でも受講可能にするようなシステムを作る(pcで授業が受けられるなど)費用があげられる。
  • インシュリンポンプに改良を加えて使用するため、開発の時間はそこまでかからない、かつ、既存の装置を利用するため経費削減も可能
  • インターネットシステム自体のお金として、仕組みを作るだけならさほどかからないと考える。かかる時間もその学校や企業ごとに違うだろうが、意識であろう。
  • インターネットでの受講を可能とするシステムの構築やその維持費、その授業形態の周知など、具体的な数値として表すことは難しいが、手間や予算は相当にかかるものと思われる。
  • "インターンは1ヶ月で学生の宿泊費と会社のインターンにかかる費用で一度に取る人数を10人とすると予想で一回あたり400万 日本語学習の期間を仮に2年とするとき、1期にかかる時間が2年で1期あたりの人数を30人とすると 費用は学費と教師の給料、場所代教材費を考えて750万円"
  • "エレベーター設置なら・・・ 時間:2〜3年 費用:設置に2億円    維持に年120万円(2基)"
  • エンジニア雇うために1000万をかける
  • おそらく3、4年、費用は億単位
  • おそらく50万円程度
  • かなりの時間がかかると想定する
  • カメラ自体は数万から数十万円程度で確保できると思われるがその映像から人を認識するソフトを開発するとなると途方もない時間と経費が予想される。外部の機関と連携することが必要と思われる。
  • "この案を実現するには、担当教員が、高等学校ではどの程度の学習がなされているのかを調べ、新たにシラバスを作成する必要がある。所要時間としてはおおよそ2〜3ヶ月を推定する。 また、費用はほぼかからないと考えられるため、実現は十分に可能である。"
  • "この技術を適用するためにはストリームマイニングシステムの適用に関する経費に加えて、利用が検索するための機器が5台程度必要になり、電気代もかかるが1000万以内になる見込み。 時間は開発が未だ発展段階のため半年で適用するのは難しい見込み。"
  • サイト、アプリの雛形の作成にはデザインの試行錯誤、初の試みであることを含め、2ヶ月程、お金は場合によっては専門会社に外注する可能性があり、その会社によりまちまち。いわゆるWikipediaに近い形式をとるので、荒れ、不要な記事編集の規制、フォーマットの維持、学内外イベントの広告募り等に運営人員が数十人必要かつ、異常があった際のメンテナンスは定期、不定期に必要である。そのアプリ、もしくはサイトを盛り上げるのはあくまで学生なので、気軽な書き込みの雰囲気、そのサイトの有意義性の認知のため、そのサイト自体の広告が必要、時間はそれの作成してる間の期間、完成し、実装してから一月程、それのお金は広告の印刷代などかかるだろう。
  • サイト作成費と開発時間
  • "シーズン毎に分析するなら一年。 しかし流行により需要は常に変化するので常にデータを取り続ける必要がある。"
  • システムを開発するためには3~4年かかるのではないかと思う。人件費等含めて必要経費は5000万円ほど。
  • システムを作る人の人件費
  • システムを整備する期間(3か月くらい)、スクリーン代・電気代・メンテナンスで500万くらい
  • システムを変えていくのは簡単では無いので10~20年ほどかかると思う。
  • "システム構築や周知に3年ほど "
  • シミュレーションをするために三ヶ月程度、大学の設備で不十分なところを補う経費におよそ500万円はかかると思われる。
  • すぐに全ての蔵書を電子化することは難しいので、徐々に電子化する。良く借りられる主要な蔵書は半年以内。全国の大学で1つのネットワークを構築すれば、経費はカットできる。詳しい数字は不明。
  • すでにある技術を組み合わせるので実現は可能であろうが、物自体の値段が高くなり、常に稼働させる必要性があるために電気代が多くかかると考える。
  • すべての教室で使えるようになるまでは3か月ほどの時間がかかり、設置までに500万円とメンテナンスや電気代等の諸経費を含めて合計800万円ほどかかるのではないかと考える。
  • "スマートフォンのアプリで行えるようにしたいので、アプリ開発に3ヶ月くらい、講師募集で1ヶ月くらい 必要経費は1000万円くらい"
  • スマホ上のモラルの低さを改善するのに長い時間が必要だと思う。
  • そういったことに詳しい講師を雇うの人件費など。
  • そこまで時間もお金もかからないと思われる。
  • その内容専門の教授を呼ぶための費用お時間がかかるだろう。
  • ソフトウエアの開発と普及に1年ほどかかり、金額は50万円程だと考える。
  • それほどかからない。
  • タイムラインは不正な質問がないように常時監視されている必要があり、かつサーバーの管理も必要なため、大学内で管理・運営できなければ外部にそれを委託する費用がかかる。また回答者への報酬も先ほど提示したような方法のように用意する必要がある。
  • タブレット代や壊れた場合の修理代それに導入するには多くの時間が必要
  • タブレット端末1台約10000円×約500名=500万円
  • "チャージ機3台設置するとして機種代金、電気代、メンテナンス代など含めておよそ300万円 "
  • ツール開発に3年、開発費に1億円
  • データの入力、システム作りに半年くらいかかると思う。ただ多くの学生に認知されるまでには1年以上かかる可能性がある。費用はアプリの開発費、宣伝費、メンテナンス費等含めて100万以下に抑えられると思う。
  • "デジタルサイネージ:300万円(1台約100万円×3台) 維持費:15万円(1台約5万円×3台) コンテンツ、ホームページ制作:約5万円 小計 約320万円 期間は1ヶ月〜2ヶ月ほど要する"
  • デジタルサイネージに掲載するときの形式をそのまま流用できれば1ヶ月程度でできそうです。
  • パソコンに使う電気代などのみ。
  • ビデオカメラ等の機材代金として20万円ほど。
  • ビデオ教材等を見るためのタブレット用に数百万円と、大勢の学生がインターネット回線を同時に使用するので、十分な帯域を整備するためにまた数百万円。それらを整えるのに半年程時間がかかるかもしれない。
  • ひとつの講義の開講にどの程度の費用が必要になるかは不明である。
  • プリントに移行するだけなので、時間はかからないと思う。1枚片面印刷(モノクロ)する場合、最低でも3円以上かかる。カラーの場合、6円〜10円以上かかる。
  • プログラミングはティーチングマンに開発を任せるのではなく、小樽商科大学独自で行いたいと考えている。講義室に設置するのではなく、省スペース化するために、なるべく画面の大きさを考慮した上で最小化、軽量化し、場所移動を可能したい。バッテリーの使用方法などを改善して経費を抑えたいと考えている。
  • プログラムするお金
  • プロジェクトの内容にもよるが半年を目処にして情報機器の設置・メンテナンスで500万円がかかると予想される。
  • ホームページ全体をチェックするのに2時間くらい、費用は人件費分かかると予想する。
  • ホームページ内に専用のフォームを設立するための時間がかかるだけで、それに関する費用はほとんどかからないと予測できる。
  • "まずはその機関作り、またその情報の正しさを見極めるソフトウェア作り、ハードウェアなどを含めたら莫大な時間と資金がいる。 これも問題点である。"
  • "みんながどの情報がほしいか集めるための期間約二か月? それを一つにまとめるための期間約二か月? お金は全くの想像で200〜300万あればできる?"
  • メールアドレスと履修情報は既に揃っていると思うので、後は休講情報を入力すると履修情報と照らし合わせてメールを送ってくれるシステムがあれば良いと思います。エンジニアでもなんでもない私にはどれくらいの開発時間が掛かるかも経費がかかるのかも分かりません。少し調べてみましたが、ソフトウェア開発などの依頼は六万円くらいから出来るようだったので、それくらいで可能なのかもしれません。
  • メールやmanabaをそのまま使うのならば、コストはほぼゼロで、時間も教務課に委任しているものを各教授に任せるだけなのでそんなにかからない。しかし、新しい機能を作るとなると150万ほどのコストと半年から1年の時間は必要だ。
  • メディアリテラシーを身につけるのにお金はかからないし、ケータイのギガ数のことを考えて2000円ぐらい
  • "モニタ、カメラ、PC等の機器の準備、設置 通信システムの構築 提携先の決定と連携 予算は1000万円、半年以内の実現を目指す。"
  • ユーチューブなどの動画サイトを利用するにしても、ビデオカメラの設置、人材の確保に時間とお金がかかる。また、簡単に利用できるようにするためにログインなどの手間をいかに省くか情報技術が必要か。
  • リサイクルの可能な傘の開発費、及び(リサイクル可能な傘の単価-ビニール傘の単価)x生徒の人数 その他傘の維持費など 学校が自ら行うのには費用がかかりすぎるかもしれない。
  • ルータの購入にはさほど時間はかからない。経費は15万程度。
  • レイアウトを、整える時間と、1000万円程で優秀なエンジニアを雇うお金
  • ロボットの開発のほかに、施設でのモニター調査などで、5年間、1億5千万円必要
  • 依頼する業者にもよるが、大体相場でみると経費は20~40万円で納期は約30日程度になると考えられる
  • 維持費、電気代、設置代などを考えると5000万くらいかかるかと思います。
  • 育児・教育支援を確立させられるだけのお金と時間、そして出産・育児の意思と安心感が高まるだけの時間。
  • 一つ3万として、一つの学校300人いるとして900万。時間はそこまでかからないだろう。日本に小学校が2万校あるとして1800億もかかる
  • 一回につき30分
  • 一年、100万
  • "運用のためには1年程度の準備期間が必要だと思われる。 教員の仕事量が増えるため、給与を上げる必要がある。"
  • 映像を撮ってアップロードするだけなので、その設備にかかる費用のみ
  • 英語や第二外国語に近い立場にするためには、法律で定めるのが最も効率的である。それの制定、施行で時間は月、または年単位で時間がかかるだろう。またその分の金額と、教員の育成、全ての大学にその講義を設置し、指針などを定めるのに莫大な金が必要になる。
  • 億単位と年単位
  • 音声やデジタル系なら、技術があれば短時間で製作可能。店に置くようなロボットなら最低でも30万、より良品なら100万は超えを予想する。
  • 仮説を立て実験をしてから実施までの時間。タブレット端末にかかる費用。
  • 何億~何十億という莫大な金額かと思われます。
  • 課題もスマートフォンを通じて出すことが出来るのでお金はかからず、教師側に課題作成のための時間がかかる。
  • 介護ロボットは非常に高価であり、購入するとなると数十万円〜数百万円、レンタルですら数十万円かかるというのが現状である。経済産業省は、2030年に約2,600億円の市場規模を目指しており、安価で作れる介護ロボットを大量に導入して、日本の介護の現状を変えようとしている。
  • 解答に曖昧さがある場合に対応できるようにするための時間が必要になる。
  • 海外のあらゆる場所とケーブルを繋げインターネットで交流を図り、通訳なども介していきたいのでので3か月の時間と600万円くらいかかる見込み。
  • 開発に1年、試験、改善に半年かかる。コンピュータは約100万円、その他500万円ほど。
  • "開発に必要な時間としては半年程 必要経費は200万程"
  • 開発に約一年、経費は1000万程度
  • "開発の時間(ほぼなし) 人件費(時給)"
  • 開発の時間に関しては技術が発展する限り半永続的に続くと思う。機械の導入費や電気代、メンテナンスにかかるお金が必要。
  • 開発の時間は、少なくとも3年はかかると思う。必要経費も相当かかると予測される。
  • "開発の時間は1ヶ月 必要経費は設置費0円、開発費10万円、メンテナンス費5万円、電気代3万円、ハードウェア代15万円"
  • 開発の時間はあまりかからないと思うが費用としては数百から数千万円
  • 開発の時間は永遠に続きます。完成はないと思うので、ただ検索エンジンを開発するには数百億円の資金が必要になります。しかし、最近は広告を多く出しそこから資金をまかなうのが主流になっているようです。
  • 開発を企業に委託する費用がかかる。記録は今までもやっているので、グラフ化するだけであればそれほど時間も半年はかからず、費用もかからないと考える。しかし、健康アドバイスまで反映するのであればより複雑であり費用がかさみそう。メニューのアップデートもあり、1000万を切るのは難しくなりそう。
  • 開発期間は質問の募集などが3ヶ月〜半年でアプリの作成も含めると1年以上はかかると考える。キャラクターが必要などの観点からゲームに近いと考えると必要経費の相場は300〜1000万円程度であるが、小樽商科大学が割ける予算やサーバを置く敷地、ネット環境を考えるとなんとなくではあるが難しいように感じる。しかし、これはそもそも一つの大学の規模で行っても需要は低いはずだ。複数大学による共同制作であれば可能性はある。今回のテーマである小樽商科大学の情報の活用という観点から言うのであればサービスの試験運用としてこの大学を設定した方が現実的だろう。
  • 開発後の実験や点検等で時間とお金が沢山必要。
  • 開発時間は1年 お金は100億
  • "開発費500万(企画1年、開発1年、実行まで2年)、維持費100万/年 詳しくは専門ではないのでわかりません"
  • 各教室、または各教授に配布するタブレット分の料金。そのタブレットを用意するだけの時間。
  • 各教室ごとにロッカーを設置する場合は場所と手間がかかり過ぎてしまうので、学内にある程度の広さのスペース設ける必要がある。充電器の機能付きロッカーは立てた後も電気代がかかってしまうため、ロッカー建設費500万とのちの電気代500万という形で見積もりを立てる。
  • 学期分(約5ヶ月)、800万円
  • "学校にいる間スマホを預けるロッカーの様な設備費用、特別法や条例制定に付随する費用。 学校では保護者の意見も取り入れる必要がある場合もあるので1年以上はかかる見込み"
  • 学生が興味を持つアプリを作り、それを定着させるのに少なくとも3ヶ月程度。お金はiPadは購入してもらうとして、開発と設置に500万円程度と考える。
  • 学生にスキルを身につけるための授業を行うためには数千万円規模でかかる(施設や機器の設置、電気代など)
  • "学生授業については既存のパワーポイントなどを利用すればよいため費用はかからないが、準備の時間はかかる また遠隔で外部と討論するためのシステムも必要"
  • 学生分の端末の代金
  • 学内のPCにて指導可能であるため設置や開発への時間と経費はかからないものの、電気代が多少掛かるであろう。
  • 完全にAI化するのは5年ぐらいで、開発費はもちろん膨大だが、維持するのにも各企業などで年で何十万、何百万とかかると思う。
  • "簡素なアプリケーション制作見積もりシミュレーターによると7,734,600円 制作時間は既存のチャットシステムや音声通話システムを模倣すると半年程"
  • 企画は1年以上かかる。方法によってかかるお金は変わってくるが、配信によるライブであれば、1000万以内に収まると思う。
  • 基盤となるものはNTTドコモが無償提供しているものを使うので0円、そこに複雑なプログラムを構築するので、開発費に数百万円かかるだろう。また、維持費は月額20万円ほどかかるだろう。
  • 基本的に費用はかからない。短時間でアカウントを開設することができる。
  • 既に小樽商科大学の学内のサーバーは構築されているので、追加の周辺機器等の購入費用、メンテナンス、電気代含めて100万円程度あれば十分である。
  • 既存のアプリを用いる場合、時間やお金はかからない。
  • 既存のサービス(ツイキャスなど)を使えばほぼ追加費用はかからない
  • 既存のシステムであるmanabaを活用する。費用は授業の録画とそれを配信したときのサーバーにかかる負荷を処理するためにかかる。
  • 既存の設備で変更可能。
  • 既存の無料アプリを使っての授業ならお金もかからず、準備にも数分で可能かと思う。
  • 機械にあまり詳しくないが仮に全教室にカメラを設置し、それを配信するサイトや広告や説明を作るまでにおそらく一ヶ月程、費用は500万円もあれば実現できると思う。
  • 機械の整備費や、電気代、メンテナンスにかかるお金が多く必要になると考える。また、機会なので、壊れた時に、迅速な対応が難しいため、多くの時間がかかってしまうと考えられる。そもそも機会を作り出すのに多くの費用が掛かる。
  • 機械類の購入に莫大な予算が必要だと考えられる。最低でも1000万円だと考えられる。技術の導入だけであれば、数か月で行える。しかし、研究となると年単位になる。 
  • 機材を整えるのに約700万円、サイトの設立、維持するための人件費、10万円
  • 機材設備を導入するため、時間はそれほど掛からないかもしれないが、かなり大きな金額が必要だと考えられる。VR形式の講義でなくても、パソコンでインターネット授業をするだけでも通学時間の削減にはつながる。
  • 機材導入、アプリ開発等で500万程度、期間約1年。
  • 規定を変えるだけなのでお金はあまりかからない。 規定変更に、はやくて5年くらい時間がかかると思う
  • "強制的にすればそれほど時間もお金もかからない (制限をかけるアプリを開発するとしたらどちらも結構かかる)"
  • 教育なので、時間はかなりかかると考えられる。お金に関しても十分な機材を揃えるには莫大な金額が必要となるだろう。
  • 教育を受けた世代が世の中にでるまで15年近くかかり、その世代が世の中の主力となるには30年はかかると思う
  • 教室の形を変える
  • 教室の番号だけ載せるなら簡単にできると思う。
  • 教授の頑張り次第。
  • 具体的なことは分からないが、膨大な金額と時間がかかると考えられる。
  • 経営統合の時期は決まっているけれど、まだ漠然としている。中継授業をするための機材は各大学で必要になり、より効率的な授業運営のためにソフトウェアも必要になる。工事や開発は数年で終わるが、システムの維持管理費は毎年かかる可能性が高い。よって長期的な視点に立つと、1000万円を超える可能性がある。
  • 計り知れない。
  • 軽く10年は必要
  • 結構な額がかかる。
  • "検索条件を増やすのはすぐできそうなので半年くらいで反映することができそう 髪型と同様に服を試してみることができるアプリは完璧にするには結構な時間がかかりそう。"
  • 見当がつかない(約300万くらい?)
  • "元々アプリが完成しているため費用はかからず、教授が準備するための諸経費がかかるぐらいである。 しかし、wi-fiの設備が整っていない部屋がいくつもあるため、ルーターの設置費用として50万円ほど必要であると考える。"
  • 元々存在していた授業の内容を変更するだけなので、時間も費用も変わらないはずである。
  • 現在、スマートフォンとエアコンを連携するシステムはすでに普及されてると思うので、さらに大学内で使用できるアプリを開発し、電気代を増やせばいい。開発には約1年くらいで可能ではないかと予想し、費用としては電気代が今までより増えるくらいであると思う。
  • "現時点で開発されていて販売されているロボットで考えると 費用1000万 時間3か月"
  • 現実的に教育を大幅に改革するので、準備から実行まで考えて最速で10年だと考える。ソフト、教科書等の費用で、児童数が約700万人のため10億円以上の経費が必要である。
  • "効率的なメディアリテラシーまたは自分に合った効率のいいやり方を習得すれば従来よりは断然早く情報を集め終わることができる。正確に何分何時間とは今回のトピックからして断言はできない。新たな検索エンジンを開発するとなると数年もしくは数十年の月日を要すると考える。 必要経費としては、書籍や関連文献などを購入した際には発生すると考えられる。大学生で授業の内容について疑問があれば積極的に講師の先生や教授に質問しに行くべきだと思う。必要経費がかからないことと、質問してさらに疑問が出た場合その場で専門家から解説をしてもらえるからだ。Webサイトだけをあてにしているとどこかで行き詰まる経験が私にはあるし割とよくあることだと思う。その行き詰まっている時間も減らすことができる。 結論として、情報収集をする際に望ましいのは最短かつ正確な合理的なやり方を習得することだと思う。"
  • 広告料や人件費のことなので詳しくはわからない
  • 考え実践する時間と、それのために使う電子機器代、アプリ代。
  • 講義用アカウントの作成、学生に視聴権限を与えるためのアカウントの作成、講義の録画に時間がかかるが、端末などは各自のものを使うのでお金はかからないと思う。
  • 講師の方の頑張り次第では1ヶ月以内でも可能。費用もほぼかからないと予想します
  • 購買などで学生証を利用したicシステムが使用されており、新たなシステムを作る必要がないため、大きくはかからないと推測される。
  • 国会にかけ、審議する時間
  • 今ある技術でできそうな気がする。学校側にその専用の部屋を作ったりすることを考えたらその費用はかかるかもしれない。
  • 今ある人工知能を改良する
  • "今のご時世さまざまな表現方法を機械にインプットさせるのに時間はそうかからない。 現在の日本の人口は1.268億。電子ニュースの普及率は財団法人新聞通信調査会の調べによるとおよそ2%である。すると2536000人が利用していることがわかる。企業は平均的に利益を8〜9割上乗せしていると考え、某会社の電子ニュースの利用料、4200/月で計算すると原価は630円。よって2536000×630≒16億。 なので予算はおよそ16億である。"
  • 今の世界の技術を使えばすぐできるかもしれないが、より高度なものを目指して行くのなら、一層の時間とお金がかかる。
  • 今以上に小中学校でもコンピュータを普及させ、情報教育を充実させるためには国家レベルでの教育方針の改善や国家予算の改正が必要になるので、実現するまでには5年から10年くらいになると思う。
  • 今普及しているSNSのすべてにこのシステムを導入するのはものすごく時間のかかることであると思う
  • 最近の技術なら低コストで収まると思う
  • 最近はSNSを開設するためのフリーソフトなども存在し、それを有効活用すれば費用を抑えることが出来る。ソフトを作ってからそれを普及するのに掛かる時間が問題。
  • 最初はアメリカなどの海外の国の真似事でも良いので徐々に初めていけば、時間もお金もあまり掛からず絶大な効果が得られる
  • 参考文献を読む時間とそれを買うお金
  • 紙で図書館前に「混雑中」等と掲示するだけなら1日でほぼコスト無しで可能。電子掲示板を利用する場合は1ヶ月以上。既存の設備を利用するのでほぼ無料。
  • 紙を媒体にするとなるとその印刷作業が生まれる。
  • 試験運用などを考慮して5年から10年で実用化
  • "時間:1年 導入経費:10万 継続経費:5万"
  • "時間…80年 お金…手術費1000億円"
  • 時間は、インターネットが普及してからしばらくたった今でも問題なので、まだまだ、何十年もかかると思う。経費は、想像はつかないが、500万くらい。
  • 時間は、開発からそのシステムがたくさんの人に浸透するまでと考えると2〜3年かかりそうだと思った。経費は、1000万円以内には収まるのではないかと思う。
  • "時間は1年くらい。 お金はかからない"
  • 時間は2〜3年の準備、試行期間を要する。0円から可能ではあるが、教材費を考えると、日本全体で数千万以上か。
  • 時間はかかるかもしれないが経費に関してはこれからの発生するであろう利益を考えればむしろプラスになると思われる
  • "時間はシステムを作るのに6ヶ月程

経費は2000万ほど"

  • 時間はそれほどかからないと思う。生徒はすでにパソコンを所有しているとして、対話に必要なマイク(1000円)が生徒人数分...などすべて考えると500万円くらい.....かかると思う。
  • 時間はそんなにかからないと思うがお金はかなりかかる
  • 時間はとてつもなくかかる。いやむしろ疑問など次から次へと出てくるので永久に終わらないだろう。しかしある一定のレベル以上のものは数年もあれば十分すぎるだろう。実行するとなると重要となるのは学校関係者全員の協力であるため、協力を仰げるとなればお金はさほどかからないのではないかと考える。
  • 時間は購入するまでの時間、費用は電子辞書代がかかる。
  • 時間は整備する時間のみなので半年くらいで、
  • 時間は多くの待機児童を持つ母親達に広めるために、システムを開発するために、預かれる保育園の許可を得るために、多くの時間が必要になるが、お金はたいして必要ではないのではないかと思う
  • 時間もお金もかからない
  • 時間もお金もかからないと考える。
  • 時間もお金もすでに大学にあるパソコンでできれば、現状の費用と大して変わらないと思う
  • 時間もお金もほとんどかからないと思う
  • 時間もお金も一切かからない。
  • 時間未定 アルバイトの場合、時給1000円以上。正社員の場合、月給20万円以上。
  • 自動採点システムはさらに発達しており、様々な場面で利用されているため、5年ほどで開発されるのではないかと考える。必要経費は、開発、導入で数千万円は必要になると思われる。
  • 自分の心の持ちようですぐに改善できる。
  • 実現不可能なほどの経費はかからないのではないか
  • 実際にOUC NABIで休講情報を開示していることを考慮すると、時間は3〜4年。お金は3億円くらい?
  • 実施期間は前期の約4か月間。ネット環境整備等で500万円の投資。
  • 社内に最新のネットワークの設置、学習する際の費用、電気代
  • 受講者のスマホを端末として、既存の配信サイトをソフトウェアとして利用することができる。
  • 授業を取るためのカメラなどにお金がかかりそう。
  • 授業風景の動画をmanabaに公開するという点では経費はかからない。しかし、撮影するための機材としてのカメラや三脚等は、教務課にどれくらい数が置いてあるかが定かではないので、これを考えないとすると、1時間の中で行われる授業は、30近くあることもあるので、カメラと三脚をを30個ずつ用意するとして、一台当たりカメラ3万円、三脚5千円と仮定すると、30個では合計105万円程度が必要経費として見込まれる。
  • 終わりはないけど、多分人件費、情報処理機器にお金がエグくかかる、
  • 従来の機能を1つにまとめればいいので時間はそんなにかからない。お金はソフトウェアやメンテナンス費で収まる
  • 諸々込みで1000万円以上はかかる予測。
  • 諸説はありますが、最近メジャーに使われているのはおよそ一個当たり43200円で、その他電気代、維持費ともに考えるともう少し高くつくと思います。
  • "小規模のシステムの相場は200万円、期間は2ヶ月程度かかる。また、集積型赤外線は一個100〜1080円、測距センサは一個400〜7890円程度かかる。電子掲示板を使う場合、七万から100万円程度であり、食堂用テーブル(6人がけ)は五万程度だった。仮に一番安いセンサを100個ずつ、サイレージを使い、食堂用テーブルを50個発注したら、462万円になる。電気代として1日15時間使用すると600円程度かかる。月のメンテナンス費は1000〜2000円程度。 ただ、実用化されていないシステムなのでまだかかる費用があると思われる。この点は改めて検討したい。"
  • 小樽商科大学学生用に予約サイトをつくる時間がかかる。
  • 小樽全域の店を調べるのに半年〜1年かかるとして、全てデータ化するのに3ヶ月、その間のOUC Navi βの発展に伴ってドッキング結果が改良されるのに半年〜1年ほど見込む。ハードウェアやソフトウェア等は金額の幅があるため100万〜200万ほどとして算出し、毎日パソコンで長時間使用するとしたら月の電気代で1万は見込む。
  • 詳しくわからないですが結構かかります
  • 情報は日進月歩なので一生涯必要。経費は書籍や公演参加費、2000円〜
  • 情報学の専門家などを雇う費用とパソコンなどの情報機器のメンテナンス費用で6〜700万円程度かかり、半年以内と考えられる。
  • 情報収集に時間がかかる。新しい情報がどんどんでてくる。
  • 情報処理を行い、個人の学習進度を自動で数値化するシステムの開発に約半年かかり、また必要経費として、大学内の全コンピューター等に設置するとし、メンテナンス代、電気代を含め約700万円かかると想定する。
  • 新聞の定期購読代、本代。
  • 人感知センサーを席の数分、小さいLEDライトも席の数分用意し、パネルなどを設置するのには一週間くらいを考える。図書館の開館時間中は常に作動させておく必要があるため電力消費量は多くなる。開発の時間はあまりかからないだろう。
  • 人間より優秀なAIはもうできてるみたいな話は聞いてるので、そんなにコストはかからないと思う
  • 人件費として、1人60万程度
  • 人件費を削減して、機械を導入するため、むしろ貯蓄が増える
  • 人力の場合、開発という点ではそれほど時間がかからないが、人件費がかかり、さらに人力である以上多少の時間消費は覚悟すべき。システム導入となると開発時間、金額共にかなりの消費を伴うが開発後は多少のメンテナンスが必要にしてもシステムに任せればよいので人の労力はあまり必要ないと言える。
  • 随時更新しつつ完成までに一年くらい。開発費は動画をアップすればいいので方法によってはそんなにかからないと思うが、500万あれば十分であると思われる。むしろ学校の人件費が減ると思えば場合によっては安いと予想する。(これにより大学生はかなり時間に融通が利くので自分のやりたいことにとことん取り組める。必修科目や出席、単位、バイト、遊びで大学生活を終えないで欲しい)
  • 数ヶ月。多く見積もっても数百万、数千万円まではいかないと思われる。
  • 数億円。5年はかかると思う。
  • 数十年、何千万円
  • 数十年の歳月に次々と生まれてくる情報にその都度対処する迅速な対応、そして全て公開することに対する諸外国への対応など
  • 数日間〜数ヶ月かけて一定の人数を集めなければいけず、ネットワークのシステムと、2つの遠く離れた会議室を用意するのに、数十万〜百万単位の金額がかかりそう。
  • 数年の時間と、何百万とかかりそう。
  • 数年の時間と数千万円のお金
  • 数百時間
  • 正誤判断のために大量の時間と、情報の正誤を判断するための専門家を雇うお金、インターネット上にある情報のすべての洗い流しをするためのコンピューターを買う費用。年単位で行う洗い流しと、高性能なコンピュータが必要になる。
  • 生徒や教師の意識を変え、後にその学校の印象を変えるためには長い時間を要すると思われる。教育方針を変えていく場合、必要な設備(タブレットやパソコンなど)もあると思われる。
  • 生徒自体の意識や、先生の教育方針
  • 生徒全員分のメガネとヘッドフォン用意とその接続等で1億円
  • 設置には1日で可能で100万円から1000万円程度の費用で設置可能。しかし、Wi-Fi設定や利用規約などの設置には数日かかる。
  • 設置は図書館にあるモニターでいいと思うので、継続費として、時間は常にかかると思う。
  • 設備費用とシステム開発費に800万円程度で6ヶ月かかると予想される。
  • "先に記したとおり、設備に投資する必要はないのでる現在かかっている費用と何ら変わりはありません。海外大学との協定にどれほどの時間がかかるは調べても信ぴょう性の高いものが出てこなかったので、かった数年と見積もりました。 "
  • 先は長く、莫大な費用がかかる
  • 先生のフリーメールアドレスを開設すれば直ぐに可能となるので、時間費用ともにほぼゼロ。
  • 全ての座席に番号をふる必要があると考えるので、そのための時間とお金がかかる。また全校生徒のために空席確認のアプリ(もしくはサイト)を作ったり、集中アクセスにも耐えられるサーバの強化なども考えると金額は1000万円程、さらにアプリを作ってから全校生徒への普及まで5,6ヶ月またはそれ以上かかると思われる。
  • "全先生人数×90分 バッテリー0.243円×全先生人数"
  • 全大教室に置くことを考えると予算はかなりかかる。またシステムは各教室2、3個必要だからさらに上乗せされる。授業の前だけの需要だから、節電は可能。
  • 全部できるようになるのは少なくとも10年以上かかると思う。しかし、今からロボットやAIに代われる人力を減らすことができて、予算300万円くらいだと十分と思う。
  • 想像がつきません
  • 相場などはあまり詳しくないが、カメラの新規設置や管理システムソフトウェアの導入などで400万、管理費で200万ほどかかると推測する。システムの製作にはカメラの混雑分析機能に半年以上はかかると推測する
  • 測定の結果を集めるには最低5年くらいはかかると思う。また、お金はテスト、アンケートだけなのでそこまでかからないと思う。
  • 多くの人たちの理解と、法制度の整理、多くのお金もかかる
  • 多数の人間を呼んで何度にも渡って人を変えながら会議をするために数年はかかる。経費は人件費が多くそれほどかからない。
  • 対話型アシスタントが世に出てからの時間を考えると、このような家電が普及し、店頭でもよく見られ、手に取りやすくなるためにはあと5年以上はかかると考えられる。
  • 大学では1つの講義として開講、現役の教師は2日間の研修期間を設ける。研修を中継で学校で行えるようにすることで会場費を抑えて1000万円以内で可能になる。
  • 大学の講義が約半年、その間に自習しテキストなどを購入するための費用で5000円程かかるので講義代と合わせて約55000円の費用がかかる。
  • "第3者機関の設立、設備の設置、人材集め、その人たちへの給料や場所代で初期費用に5000万円、期間は始めるまでに2年かけて計画と人材集めをしそこから機関を始動させる。 "
  • 単純な講演会と実践のみなので、2年ほどで実行できると思われる。また、多くのパソコンおよびスマートフォンが必要であるため、一つの講演会を行うのに500万円はかかると予想される。
  • 端末の数次第だが、端末10台分と予測。さらに、新たに購入する電子書籍代(未知数)。電気代。
  • 端末代、アプリの開発代に700万円はかかる。時間は6ヶ月かかる。
  • 知名度はすぐに上がるものではないので、長期的な取り組みが必要だと思う。お金は従来の取り組みのように出張で公開講座を行う場合開催する場所を借りたり、必要なものを運搬するために必要になってくると思う。
  • 注文を処理するコンピュータの導入(すでにある仕組みの応用)に1ヶ月、家庭用PCでも利用できると考えられるのでその代金
  • 調べたところ、このようなツールアプリの開発には50万円〜300万円かかるようだ。とかく難しい機能はないため半年ほどでアプリを開発することが出来ると考える。
  • 調査期間に4ヶ月。適正の判定に2ヶ月。
  • 電気代など
  • 電光掲示板は毎日大学内で使用されているものであるので、その中に公式アカウントについての表示をするため、電気代等の経費は大幅には変わらないと推測する。また、パンフレットへの掲載も、上記に同じく経費は変わらないはずである。
  • 電子掲示板自体すごく高価なものなので容易に実行されないと思う
  • 電波状況の改善に使う経費と時間、生徒が自分専用のコンピュータを購入する費用
  • 動いているものを認知する機会は開発されているので時間は半年くらい、必要経費はおよそ800万円かかる。
  • 動画をとってpcで閲覧できるようにするので、授業そのものやそれに付随する資料は普通の授業と変わらないので、時間・お金はかからないと思う。サイト作成・運営・管理するのに、PCとサーバーと電気代がかかる。レンタルサーバーを使うと、電気代含め月々5万〜かかると思われる。
  • 動画を撮ったり動画に字幕をつけたりするのは少し時間がかかると思いますが、カメラとパソコンがあればできるのでお金はほとんどかからないと思います。
  • 導入するには機材をそろえればよいだけなので2か月程度の期間で可能である。費用に関しては機材の設置、メンテナンス等含めて数十万円から数百万円かかると見込まれる。
  • 道外からの入学者の絶対数が少ないため取材に時間がかかると思われる。また、試験会場を増やす場合、都心であればあるほど場所代が嵩む懸念がある。
  • 特許の取得など時間はとてもかかり、過去問題集代が入らないため数千万の損害が出る可能性がある。
  • 内容を変えるだけなので時間もお金もかからない。
  • 日常的なレベルにするには10年、億単位
  • 日本語を教えられる留学生などが必要だから様々な大学と提携を結ばなければならないから、必要な外国人が集まるまで5〜10年はかかると思う。学生が学生に教えるだけでなく日本語の教え方を教える外国語も話せる日本語教師が必要だから、提携のための交流なども含めると1大学3000万円ぐらいかかる。
  • 認証自体における時間は、コンピュータの有能さにもよるが従来と比べると確実に早く、また代筆は必ず防げるであろう。しかし、最新技術を取り入れるため、費用は確実にかかり細かい数字はわからないが、研究開発費、運用費、修理費、点検費など莫大な予算を見込むべきではある。
  • 莫大な時間とお金がかかる。
  • "莫大な費用 計画するのにものすごい時間"
  • 発展は数えられないほどの時間がかかり、足りないほど莫大なお金がかかる
  • 発明するには年単位で1000万程かかると思います
  • 半年、1000万以内
  • 半年、1000万円もしくはそれ以上をかけ、個人情報を漏らさないかつ信頼性のあるソフトウェアを開発する
  • 半年、1100万円
  • 半年、500万円ほど必要
  • 半年。100万円ほど。
  • 半年くらいで、すでに大学ごとに情報サービスの場があるので、プログラム代に500万くらいかかる。
  • 半年で、1000万程度
  • 半年及び一年ほど、市役所等とも提携したプロジェクトにしたいため必要経費面は不鮮明。
  • "費用はさほどかからないだろう しかし、開発が出来る人がいなくてはならないため、知識を有する人がいない場合は時間がかかる"
  • 費用は莫大にかかるかもしれない
  • 必要経費は特別かからないが、問題解決に向けて数十年プランで考えていく必要がある。
  • 不明
  • 物が小さく、そこまで複雑なことはしないので開発にはそこまでお金がかかることはないとおもわれる
  • 分からないが、教員がセミナーを受ける時間、セミナーの講師を呼ぶ金、インタネット学習のサイトを立ち上げる時間と金などを考慮して、1000万では足りないと考える。
  • 文字や図の理解は6ヶ月程で、3億円くらいかかると考えられます。
  • 法律の改革を要する場合、莫大な時間とお金がかかる
  • 法律改正に必要な時間は、法律が可決されてから国民に発表され、その後施行されるまでにしばらく時間がかかる。お金自体は国民が負担することはない。
  • "妨害電波装置 1万円程度 無線LAN 1万円程度 電気代 設置する教室数 10教室(仮に) 必要費用 20万円程度 時間 1ヶ月程度? (取り寄せ・設置等)"
  • 膨大なお金がかかるがすぐに普及すると思う。
  • 膨大な数のデータを入手し、また、それをAIに覚えさせていかなければならないので、年数でいえば5年くらいはかかると思う。また、費用に関しては失敗作なども考えられるので、場合によってはゲームの制作費以上にかかってしまうかもしれない。
  • 本当にロボットが人の仕事をするまでに20〜30年かかるし、初期費用はかかる
  • 無料アプリで作成できるため、かかるとしたら人件費のみ。
  • 明確にはわかりませんが、時間もお金も莫大になると思います。
  • 目安としてコンビニクルの場合導入までに3ヶ月、初期費用は約50万円、月々の運用費は約10万円だが、それよりは時間もコストもかからない。
  • 問題を作る時間だけかかる?
  • 約1,000万円
  • 約1ヶ月、月1万円程度
  • 約2億円
  • 約500万円を使い、約5か月間かけて、運用テストも含めてアプリの開発が実現すると予想される。
  • 洋楽の訳し方学ばせて、AIの翻訳能力をさらに高める。(1、2年)
  • 来年の四月から開始をめどにする、設備投資は必要ないので経費は人件費くらい、労力が必要
  • 留学生を授業に参加させるのでは足りないと思うので、ネイティブスピーカーを雇うとなると、その人へのギャラが多少かかる。
  • 廊下中に暖房を設置するには1年くらいかかり、費用は莫大にかかる。維持費も必要になる。

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝