社会情報入門

  1.  若者からお年寄りまで、日常的にインターネット端末を利用する。
  2. "・商大の学生
  3. ・学祭期間
  4. ・面白い&最新の情報を必要としている"
  5. 1人1人が、どの情報が正しいのか取捨選択する能力が必要
  6. 1人で暮らす人が人と話すことを必要としている
  7. 2,3講と入っているため食堂の混雑状況を知りたい、もっと回転を速くしてほしい!という状況など(実体験です)
  8. ICT化が進んだ上、資源の節約も推し進める必要があるため、個人単位ではなく社会全体で必要とされている。
  9. JRを利用する人が混雑時にどこにいる人が降りるのかを把握する必要がある。
  10. oucnabiは休講の授業でも時間割にその授業をのせてるため、不安になる manabaで資料がアップされたことが掲示板にのってない 授業変更は掲示板下の紙にのせて気づきづらい メールを送って知らせてほしい
  11. PCやスマートフォンから、行われた講義の動画を見ることができるシステムを必要としている。
  12. SNSの普及によって全くの赤の他人とも簡単に繋がれるようになったり、SNSでしか知り得ない情報を得られるようになっている
  13. SNS上での悪口やいじめ、アカウントの乗っ取りや迷惑行為への対策を必要としている
  14. あらゆる情報のやり取りにおいて、発信側も受信側も直接会う必要がないため時間が無い人にとって便利である。また、紙媒体よりも情報を処理するのに優れているため膨大な量の情報を処理する必要がある場合にも情報の発信側と受信側の双方に便利である。
  15. あらゆる年代の人が、知りたい情報がある時や、家族や友人と連絡を取りたい時に必要としている
  16. あらゆる面で電子化が進んでいるため、若者だけでなく高齢者にも電子機器の扱いが要求されている。
  17. ある課題についての意見を対面より多く、また突飛なものを得られやすい。ハッシュタグを用いることで教員も学生もすぐに共有できる。時間も場所も選ばない。
  18. インターネットやSNSを利用していない人が、緊急の情報を得たいとき
  19. インフルエンザなどで、学校に行けない人
  20. エアースマートフォンといったような形の無いスマートフォンがあれば、破損や紛失の心配がなくなる
  21. お金を持ち歩きたくない人が買い物する時
  22. お年寄りがインターネットを通じてさらに便利な生活を送ること
  23. お年寄りが日常生活で使いやすいインターネット環境
  24. お年寄りなどのインターネットをうまく利用できない人々がその多くの情報をネット上から簡単に見つけられるようにする必要性
  25. お年寄りの孤独死が増える
  26. グローバル化が進んだことによる、外国などの企業との交渉の会話の場面など
  27. グローバル社会において、ビジネスなどでの英語の使用は当たり前になってきている
  28. ゲーマーがよりリアルなゲームを必要としている
  29. このような時代だから、直接見たり触れたり、人に会ったりして実際に体験することでしか得られない情報を得ることが必要
  30. このような情報などは一部の発展国の一部の人の中でしかつたわっていないのでもっと幅広い国の人に情報を伝える手段が必要
  31. この人気に乗じてゆるキャラを地域活性化策に使用する都市や、可愛いゆるキャラに癒される人々にとって、ゆるキャラは必要とされている。
  32. コンサートなどでのチケット転売が増えている状況
  33. コンピューターでの授業が必要とされている
  34. しかし、学生の中では海外での生活に対する不安を抱いている者や、現地のイメージを掴みづらいと考えている者がいるのも事実であり、留学する前に実際に体験できればその不安も解消されるだろう。
  35. シングルマザーなどの子育てと仕事を同時に行うのが難しい人が保育園などの受け入れを必要としている。
  36. すべての人が、インターネットで得た情報の真偽を判断するために必要
  37. すべての人が個人情報をしっかり守れるプログラムを必要としている
  38. スマートフォンはコミュニケーションの手段であり様々な機能を備えているので、使用者は依存に陥りやすい状況にあり、特に自分をコントロールできない人は規制を必要とする。
  39. スマートフォンを快適に使うためにWi-Fiスポットの需要がある
  40. スマートフォンを使う学生が、授業中など校内においてインターネットを利用しなければいけない場合。
  41. スマホが普及する状況で、若者を中心にネットがなくてはならないものとなっている。
  42. スマホに依存している若年層が多く、健康被害なども出ており対策が必要
  43. スマホやノートPCを持つ人全てが至るところで充電出来るような状況。
  44. そのSNSを利用して、学生が被災した時の情報収集、情報発信をするためのツールとしても利用することができる。
  45. その背景を踏まえて、災害時に、被災者が連絡、情報取得、情報提供にTwitterを活用することが注目されている。
  46. それら端末を持っている人と持っていない人の格差、またはスペック差がある。
  47. たくさんの人が自分にとって大切な情報を知りたがっている
  48. タブレットを使う生徒たちが校舎内でネット回線を安定して使えることを必要としている
  49. デスクトップpc、ノートpcは大学生、社会人なりたての方々が仕事やレポート作成で必要としている
  50. デバイスの性能向上にコストの制限や性能の限界に感じた企業や個人
  51. トイレに駆け込みたい人が必要なときに、確実にトイレで用を足せるような状況
  52. どこにいても大学での情報を得られること
  53. どんな人でも世界中の情報を手軽に手に入れたいと思っている。
  54. ネットですぐに情報を得る必要がある
  55. ネットなどでの表面上の繋がりではなく、現実上での深い繋がり
  56. ネットを使うすべての人が常にwi-fiを使える環境が必要
  57. ネットを使う人
  58. バイトなどで授業時間に来られない人や席が取れない人
  59. パソコンやスマートフォンを利用し、ほとんどの国民が情報取得のためのインターネットを必要としている。
  60. はっきりとした情報が形として残されていないと自分の行動を決定する際に不安が生じる
  61. ほとんどすべての人が生活するためになんらかの形で必要としている。
  62. ほぼほぼすべての人が情報を入手したり、連絡を取り合う上で必要である。
  63. マナーを守る人たちが守らない人たちに必要としている
  64. みんなが情報を得るときに必要としている。
  65. みんなが素早く簡単に情報を得たいとき
  66. メディアリテラシー
  67. ライブ会場にはいけない人など、これまでより多くの人にライブを体感してもらう必要がある。
  68. リアルタイムでその場にいるような感覚を体感したい人が、そのような状況で
  69. 一般人が普段の生活で利用したり、緊急事態の時に情報を拡散したりできる
  70. 運転が困難な高齢者や障がい者など
  71. 映像授業では、学生と教員の結びつきが弱い傾向にあり、質問対応などがしづらい面もある。
  72. 遠く離れた町村の生徒が、教員の不足などによって授業を受けられない状況。
  73. 遠隔地の人と取りたいと考える人が、実際に遠隔地まで赴く余裕がない状況
  74. 課題の範囲がわからない学生、急にスケジュールが変更になった集団組織
  75. 我々学生が、当授業のような人気のある(履修制限ができなかった)授業においてより効率良く座席を確保する方法を考える状況。
  76. 会社が技術を欲してる
  77. 会社などの組織や団体が社員や会員などの個人情報を取り扱う際、またはその個人が自身の個人情報を保護しようとする際に必要としている
  78. 会社にとっても、働く人にとっても、必要。
  79. 会社の人が新入社員に仕事をさせる上で必要
  80. 快適なシステム
  81. 海外で仕事や勉強がしたい人がお金を必要としている
  82. 各家庭から会社、学校などの集団組織が節電やコスト削減のため必要となる。
  83. 学校での学びの中で実際の物の形や大きさを感じとれるような体験を必要とする
  84. 学校などを中心に特に教育の現場でデジタル化された教材が必要とされている。
  85. 学校の先生がたくさんの生徒をこうりつよく教えたい状況
  86. 学生、及び教師が昼食をとる時間帯に食事をとるため席が空いてるかどうか確信を持てない。簡単に確認する方法が必要である。
  87. 学生、教職員の負担を減らすために必要とされている。
  88. 学生が、学校生活を送る上での大切な情報を知りたいと思っている状況で必要
  89. 学生が、教育を受ける、または学問を学ぶ際に必要としている
  90. 学生が、離れて行われている講義をただ見るのではなく、画面やスクリーン越しでも互いに発言しあえる講義だと距離感を感じずに講義が受けられる。
  91. 学生がわからないことを検索するなど
  92. 学生が課題をこなすためや、情報を得るために必要としている。
  93. 学生が海外へ行き、英語に触れる機会を増やす
  94. 学生が学校を出てすぐネット社会への勉強不足で困っている状況
  95. 学生が学校内での自分にとって必要なことなどを確認したい状況。
  96. 学生が学内で身分を証明する、または買い物をするときにより楽に行うことができる
  97. 学生が講義を受けるという状況
  98. 学生が主に講義、そして大学全般の情報を早く受け取りたいと考えている。
  99. 学生が授業でresponをつかう
  100. 学生が授業でスマホやタブレットを使うためにWi-Fiの環境の整備が必要となっている
  101. 学生が授業などで持ち運びに便利でかさばらない電子教科書を必要としている
  102. 学生が授業のためにスマートフォンやパソコンを使用する必要がある。
  103. 学生が食堂のメニューを知りたがっている
  104. 学生が大学生活の中でスマホが必須になる
  105. 学生が大学側からの情報(講義内容も含む)を素早く正確に知りたいと感じている状況。
  106. 学生が昼食を作る手間を省くために学食を利用する。
  107. 学生が必要な情報を受け取れることを必要としている。
  108. 学生と教師が意見を共有するため。
  109. 学生にとって海外の人と交流しやすくなっている。
  110. 学生に幅広い言語に触れる機会を与える
  111. 学生の多くが授業を受けるが席の数が足りない時
  112. 学生は、学生のうちから国際的な交流の場を必要としている
  113. 学生は講義などで、高齢の方々でも商品の購入などで必要としている。
  114. 学生や教授はもっと広範囲につながるWi-Fiを必要としている
  115. 学生や社会人が情報を得るため
  116. 学生達は、大学の情報をSNSから入手できることを求めている。
  117. 企業が、コスト対策で
  118. 企業が新入社員を欲しがってる状況
  119. 企業が新入社員を欲しがってる状況
  120. 企業が世界的に活動するのに必要としている
  121. 企業で連絡手段やテレビ会議などで使用されている
  122. 企業など、仕事をする人たちが、記録を保存するとき。また、親がこどもの成長記録を残すとき。
  123. 企業の人や一般市民が仕事関係や趣味などで情報機器を必要としている
  124. 企業や個人が商品管理などほとんどの活動のために情報ネットワークを必要としている
  125. 企業同時の連絡や広報、大学
  126. 急いでいる人が、時間の効率化のため必要としている
  127. 急な用事で急いでいたり、電話がかけられない状況にある人。
  128. 供給が行き渡らない発展途上国の人がいる。
  129. 教える側からの一方的な授業ではなく生徒と先生の双方向のコミュニケーションをとり、短時間で多くのひとの考えを聞きたいとき。また、資料や教科書がすぐにみたいとき。
  130. 教える側にとってプリントの印刷など手間が省ける。
  131. 教育の場や仕事の場、さらには日常生活の場でほとんどすべての場で電子機器を扱う能力が必要。
  132. 教育を受けられない貧困地域の子供たち
  133. 教育を受けるのに困難な環境にいる子供たち
  134. 教育現場(大学も含む)でのより使いやすい電子黒板や電子端末の導入が必要
  135. 教育現場で理解を高めるためにタブレット端末の利用が期待されている
  136. 教員が、広がっていくIT社会化のなかでそれを利用しようとして必要としている。
  137. 教員が黒板に文字を書く手間を省くためのスクリーンへの投影
  138. 教科書や辞書など何十冊も持ち歩くことなく、タブレット一つで持ち運ぶことが可能になる。
  139. 教師は出席や課題の確認の利便性、生徒はどこでも勉強ができる利便性を踏まえて、学校で必要とされている。
  140. 教授は学生に課題を提出してもらう時や連絡事項がある時に、学生は教授に質問を場所や時間に関係なくするために必要である。
  141. 掲示板情報をスマホで閲覧できる必要性
  142. 現在大学の講義など、大学生活にも利用されているが、まだまだ改善の余地がある
  143. 現在日本では賦課方式中心の年金制度の下で若者が高齢者の年金を支えているが、少子高齢化である現代では少ない若者の負担が大きくなってしまうため若者には公的援助が必要とされている。
  144. 現代を生きる多くの人々が常にネットやメディアの情報を必要としている。
  145. 限りあるエネルギーを大切に使う必要がある
  146. 個人個人がより正しい情報を得ようとしている状況
  147. 個人同士でのやりとりだけでなく、会社や、大学などからの必要な連絡がされるときに、必要とされている。
  148. 個人旅行者が観光地を簡単に巡れるような工夫が必要である。
  149. 工場などの経営者が雇用費用の削減のため必要としている
  150. 広い年代の人が効率的に活動や情報収集をしたい時。
  151. 構内のコンピュータから複数のシステムを利用する大学生がパスワード管理の簡易化を必要としている
  152. 高校生や大学生などの学生が、インターネットを通じて、学校では受けられない種類の、質の高い映像授業を受けることができる。
  153. 高齢化した親と離れて暮らす人が親の様子を知ることができる
  154. 高齢化に伴い、介護の需要が増えている。
  155. 高齢者が、独り身で暮らしている状況
  156. 高齢者が1人で生活する状況
  157. 高齢者が周囲の情報を得る必要がある状況
  158. 高齢者が満足に生活できない状況
  159. 高齢者の介護
  160. 高齢者を介護する人の不足、また、高齢者が過ごしやすい街づくり
  161. 国民全員が対象であるが、特にお年寄りをターゲットとした詐欺などが多く、また、マイナンバーカードによって簡単に番号が盗まれているという状況である。
  162. 今の子供が大人になった時に労働力を必要とする企業など
  163. 今はまだ研究中のプログラマーや一部の企業で使用されているだけだが、今後世界中の人々がインターネットを用いて日常生活を送る生活にしていく為の技術の一つ
  164. 今まではそのようなツールを使っていなかった企業が、それによって、より事業を高度なものにして、幅広く顧客を増やしていくために必要なのだと思う。
  165. 今まで当たり前とされてきた考え方に不満を持っている人が、世界全体に考えを伝える状況
  166. 座席が足りず講義を受けにくい人
  167. 最新情報を得たいが得ることができない人が重要な情報を手に入れたい状況
  168. 災害などのときに隣人との繋がりが安否確認などに必要とされる
  169. 災害などの緊急事態には近所の人たちで、助け合うこと・互いの安否を確認しあうことが必要不可欠だ。
  170. 災害時にどこで何が起きているのかリアルタイムで投稿し、多くの人が今おきている現状を把握するために必要としている。
  171. 災害時に迅速に対応する必要がある
  172. 災害時等の緊急事態の際、テレビやラジオ等よりも素早く情報を入手できる点が注目されている
  173. 仕事などで屋外で快適なネット環境を求める人が(屋外で仕事をする時に)フリーWi-Fiの提供を必要としている。
  174. 仕事の場や日々の生活のばでの外国人とのふれあい
  175. 仕事や趣味の情報収集とコミュニケーションをとる人、何かを訴えたい人
  176. 子どもを見守る保護者が子どもを守るため
  177. 子供から大人まで幅広く自分の知識を増やすため
  178. 子供が学校の実習で調べるのに必要としている。
  179. 子供が情報を取捨選択できるようなフィルター
  180. 子供でも手軽に扱うことができる。
  181. 私たちが他の科目で出席を取るとき。
  182. 私たち学生が情報を得るためや共有化などを効率的に行うため
  183. 紙を多く使う高校や大学、企業など
  184. 児童や生徒をネットを利用した犯罪から守ることはもちろん、ネットのマナーを知らない子どもたちによるSNSや動画サイトでの不快な投稿による騒動を防ぐのに必要である。
  185. 持たない人、使い方がわからない人に情報量の格差が生まれる
  186. 自主的な学習をさらに深い段階まで進めたい生徒が、自分が持つ知識を他人に教えたいという気持ちをかなえられる場を欲している。 
  187. 自分と直接関わりがなくても、意見交換をしたいと思う人とやりとりしたい時。
  188. 自分に見合ったプランをみつけたいとき
  189. 自分に必要な情報を効率的に取り入れたい人、また優先度の低いメッセージに対して割く時間を削減したい人、仕事において多くの相手のやりとりをする必要性のある人。
  190. 社会に出るための準備として大学生も積極的に国際交流をする必要がある。
  191. 社会人がクラウドにアクセスする状況
  192. 社会人が社会で異文化理解を必要としている
  193. 車に乗る人が事故に合わないために必要
  194. 若い世代の人々が、学校や職場で、スマートフォンやタブレットの所持が求められている
  195. 若者などが知り合い又は知らない人とでも、会話をしたいと思った時
  196. 若者を中心にラインなどで連絡を取ることが主流になっている。
  197. 主に若者が、手軽な価格でどこでも本が読めるという状況で必要としている。
  198. 主に若者が連絡手段や会話などのために必要としている。
  199. "授業での席取り
  200. その授業の席を事前に予約できるシステムがあれば良いと思う"
  201. 授業を展開する先生方が簡単に出欠確認するために必要
  202. 授業後も自宅や好きなところで繰り返し復習ができるようにする。
  203. 授業中に授業内容を理解できなかった生徒が授業後やテスト前にその内容を理解できるようにするツールが存在していない。
  204. 出席した学生全員が速やかに出席をとれるようにする必要がある
  205. 初音ミクの例だと、3D映像を使うことで実際に会えない者(二次元など)に会う、教育の場なら教師が授業に出れない際の中継授業に利用する時など、様々な人が必要としている。
  206. 商大で言うと、必修の人がほとんどの英語の授業が、興味があって取りたいと考えている科目と被っている学生が多く、時間も決められている。また、履修制限も深刻な問題。そのような学生が必要としている。
  207. 商大には留学など語学教育に積極的な学生が多い
  208. 商大の関係者が通勤通学の時に必要。
  209. 商大の授業で、GPS機能を使って出席確認をする。
  210. 商大生が、小樽駅から大学へ行く時・帰る時に必要としている。
  211. 商大生が掲示板の情報を学校以外でもみれることを必要としてる
  212. 商大生が混雑している食堂を利用する場合
  213. 商大生が授業に疎外感(自分には関係ない、つまらないなど)を感じてる今必要とされている
  214. 商大生が大学からより効率よく帰るために必要
  215. "商大生が大学内で使う。
  216. 授業でも使う。"
  217. 将来や環境美化に向けてエネルギー消費量を減らす。地球上で年中関わってくる事項だからこそ問題となりやすい。
  218. 小さな子供を持つ親が共働きをするために保育園に子供を預けるために必要
  219. 小学校〜大学と幅広く生徒の興味を引くためや、情報リテラシー能力などが養える。
  220. 小学生が連絡をとるためや娯楽のあめに必要としている。
  221. 小学生の間で特に多いLINEなどのSNSにおけるいじめやトラブルを対策していく必要がある。
  222. 小学生を対象とする通信教育で、インターネットを使った教材が注目されている。
  223. 小樽から遠いところに住んでいる学生や、履修制限で受講できなかった学生。
  224. 小樽以外から通学している小樽商科大学の学生が、冬期に交通機関の乱れによって授業を受けられない時
  225. 小樽商科大学では、OUC Naviを使って学生が様々な情報をより多く手に入れることができることが必要
  226. 小樽商科大学では、スマートフォンやスマートフォンアプリを用いた授業が行われている。
  227. 小樽商科大学では、大学に関する情報を電子掲示板OUC Naviに掲載している。
  228. 小樽商科大学においては学生たちが休講情報や教室の変更情報などを手に入れるために必要としている
  229. 小樽商科大学の学生
  230. 小樽商科大学の学生が、大学生活を送るうえで必要としている。
  231. 小樽商科大学の学生が、冬場の温かい教室で講義を受けることを必要としている。
  232. 小樽商大では、スマートフォンを用いての授業や、インターネット上での課題提出、講義内容の確認等を行っている
  233. 障害者の人も普通の人と同じように、学生生活を快適に過ごせる状況
  234. 情報がたくさん錯綜しているので、自分が欲しいまたは自分に必要な情報だけを的確に表示することができる個人のアプリや掲示板などが必要
  235. 情報に乏しい人が損をする
  236. 情報リテラシーやインターネットに対する知識の強化。
  237. 情報を得たい人が、必要な時に必要な情報を得られるのが重要になってきている。
  238. 情報管理をする人達にとって、いかにミスがなく大量の情報を整理するかというのは重要なことである。
  239. 情報技術を使いこなせていない人が、使いこなせている人と同様の情報を得られることを必要としている。
  240. 情報社会に強い学生を育成するために必要としている。
  241. 情報弱者でも平等に情報を得られるような仕組みが必要となる。
  242. 情報収集したい人が、たくさんの情報の中から自分の欲しいものだけを選択しないといけない状況なので、もっと手っ取り早く見つけれるような方法を必要としている
  243. 情報端末を持っていない人たちが、日常生活のあらゆるところで情報へのより簡単なアクセス方法を必要としている
  244. 色んな世代の人が色んなシチュエーションで必要としている。
  245. 食堂の回転効率が悪いから、スマートフォンによる改善ができれば良い
  246. 新たな生産世代となる学生がより有意義な教えを求めているが、人気の高い教師の講義などは時間や場所、などの関係で人数に制限がかかり、受けたくても受けれない状況で解決策を必要としている。
  247. 新入生は、与えられる情報が多すぎて、何をするべきか混乱してしまうことがあるので、そのとき必要な情報をピックアップして入手することが望まれている。
  248. 人々が何か大事な決定を迫られる状況で必要とする。
  249. 人々が多くの場所で情報機器が使えるようにする
  250. 人が掃除をするのが大変な場合に必要とする
  251. 図書館などの広い場所での機械化を導入し、人件費削減を図っている。
  252. 世の中の人が疑問に思ったとき
  253. 世界の全ての人なら差別なしに情報を得て自分で考え、損したり得を得たりするべきである
  254. 世界全体で見れば資本はどんどん増加しているのに、貧困で苦しむ人たちはまだまだ存在している
  255. 世界中の人々が不便な日常で必要
  256. 世界中の人が何かを調べたり、暇をつぶしたりする状況
  257. 政府から一般人まで
  258. 政府やお年寄り自身が介護をしてくれるヘルパーさんを必要としている。
  259. 政府や企業だけでなく個人までもがあらゆる情報を手に入れようとする。
  260. 正しい情報が充分に届いてない老人などは、勘違いによる誤りや詐欺に引っかかるケースが多いので必要である。
  261. 正しい情報が必要なひと
  262. 正しい情報を選ぶ
  263. 正しく使えていない人や、何が起こってるのか理解できない人がたくさんいる状況で必要としている
  264. 生徒、教師が授業で必要
  265. 生徒が家で学校の連絡を確認する状況。
  266. 生徒が授業の出席確認など、レポートの提出などをする際に必要としている
  267. 生徒が席が足りない時や何らかの理由で大学に行けない時に利用することができる
  268. 生徒が大学生活での様々な情報を得たいときに必要としている
  269. 生徒が大学内の通信環境を必要としている
  270. 生徒たちは学生証のIC機能で出欠できることを必要としている
  271. 生徒の多い学校
  272. 生徒は山の中などの電波の阻害されやすい場所や大規模なデータを使用する際に無料で使用できるWi-F環境を必要としている
  273. 赤ちゃんがいる、産もうとしてる親が公平な入園基準を必要としてる。
  274. 先生が授業で必要としている
  275. 前年度などで単位を取得できなかった学生が進級・卒業が危ぶまれる時
  276. 全ての人が日常生活をおくるうえで必要
  277. 全員が便利に思っているわけではないので誰もが使いやすいものが必要となっている
  278. 全国の大学が相互に関わりあい高め合うために必要。
  279. 相手の感情を読み取る時
  280. 多くの情報がある中から自分の必要な情報だけを探しだす必要がある
  281. 多くの人が、いつでもどこでも、電話やSNSで連絡を取り合うことを必要としている。
  282. 多くの人が溢れる情報の中から重要なものを選別する力を必要としている
  283. 多くの人が携帯電話を使っているため、電波がつながりにくい。
  284. 多くの人が情報弱者にならないために必要としている
  285. 多くの人が便利なアプリを仕事やコミュニケーションのために必要としている。
  286. 多角的な視点から情報を吟味する能力が求められる。
  287. 体が不自由だったり、家かrお店が遠いなどの理由で買い物に行けない高齢者が食べ物や生活必需品を得るために必要としている
  288. 体の不自由な人がどっか行きたい、なんか見たいとき
  289. 大学が効率をよくするために必要
  290. 大学が社会人などの通学が困難な人に対してインターネットでの授業を提供する。
  291. 大学だけでなく高校などの授業で、スマートフォンを通し発言したりアンケートをとることができる。
  292. 大学での講義への質問や意見をインターネットを通して収集すること。
  293. 大学での社会に出てから役立つ勉強の充実度
  294. 大学での履修登録や講義の選択を正確に、効率よくする。
  295. 大学では、ipadでの授業など紙を無駄にすることなく授業を行える。
  296. 大学では、スマートフォンを利用した適切な学習方法を定着させる必要がある。
  297. 大学では、スマホのアプリを使って授業を進めている。
  298. 大学では、講義で情報端末を使うことが増えてきた。
  299. 大学では、生徒の数も講義の種類も多いので、教員はより効率良く、正確に生徒の情報を処理する状況を必要としています。
  300. 大学では、生徒や先生を探すことが必要な場合がある。
  301. 大学ではスマホで履修登録ができたり休講情報を調べることのできるサイトの整備が行われている。
  302. 大学ではプリントを使わず、主に電子機器を使って情報を配信する。
  303. 大学では語学の講義に特に力を入れている
  304. 大学では講義の出席、資料、パワーポイントを見る。
  305. 大学では講義の連絡や他者の意見を知るための利用が普及しつつある
  306. 大学でも留学制度などがあり、学生のうちから英語を学ぶことが必要。
  307. 大学に通い、電子掲示板を利用する生徒
  308. 大学の講義などで活用され始めている
  309. 大学の講義の中でもマナバなど、ネットが必要とされている。
  310. 大学の授業でのスマートフォンの使用が必須になっている
  311. 大学の情報や課題がネットで管理されるようになっている
  312. 大学の先生側が、出席の不正がある状況で必要としている
  313. 大学生、職員があらゆる状況で必要としている
  314. 大学生で、昼を友達と食べたいけど友達の空き講情報がわからない
  315. 大学生には、社会に出る前にコミュニケーション能力を身につける必要がある
  316. 大学生はスマートフォンで勉強することが必要になっている。
  317. 大学生はスマートフォンを活用することが多いため、スマートフォンを通して学校のリアルタイムな情報を得られたらもっと便利になると思う。
  318. 大学生はスマホを講義などで長時間使い、古いスマホでは充電がすぐになくなるのでスマホを充電するもの
  319. 大学内において、教授や学務課がネットを通じて学生を管理できる
  320. 大人だけではなく、子供や学生も様々な情報を得たり、会話するためにインターネットを必要としている。
  321. 誰もがインタネットなど情報社会についていかなければならない
  322. 誰もがストレスからの解放を必要としている
  323. 誰もが世の中についての情報を必要としている
  324. 誰もが必要としている
  325. 端末を持っている人達が暇な時の暇つぶしまたは連絡手段として利用している
  326. 地域社会について、大学の授業で学びたい生徒
  327. 地震に限らず、緊急事態発生時に、被害者の危険を少しでも減らすため
  328. 地震や自然災害を的確に予測できる必要性。地震が起こり得る土地の人。
  329. 地方ではwebページを用いて自分たちの住んでいる町をPRして活性化させようとしている。
  330. 中学生や高校生に、パソコンやスマートフォンを通じて大学の授業を体験してもらうことで、大学で勉強することに興味を持ってもらえるだろう。特に、自分の進路を決めかねている、といったような生徒にとっては、将来の見通しを立てるきっかけにもなるだろうと考える。
  331. 著作者が違法にコピーなどをされている状況で必要。
  332. 通学中、教科書・ノートなどの重い荷物を運ぶ学生も多い。
  333. 通勤や通学で混雑する時間帯に公共交通機関を利用している人たちがより空いている車両に乗るとき。
  334. 電子機器を通すことにより、生徒の意見や考えを伝えやすくなっている。
  335. 電子教科書の現状について注目されている
  336. 道に迷った時、GPSを用いて正しい道を求める時
  337. 特に、LINEなどでは緊急時の会話のやり取り、また、気軽な連絡など、メールよりも簡易に人と繋がることが出来る
  338. 特に、学生はより簡単により早く情報を手に入れることを必要としている。
  339. 特に、企業がデジタル化し、学生に求める能力が上がり、より複雑な技術を学ぶことが注目されている。
  340. 特に、雇用不足の地域では、人工知能を利用したロボットの存在を必要としている。
  341. 特に、小樽商科大学ではoucナビというもので様々な情報を生徒に伝えている。
  342. 特に、大学では、SNSを活用した学生との新たな連携方法を見出だすことが注目されている。
  343. 特に、大学では、教科書の電子化が注目されている
  344. 特に、大学では、出席やアンケートをスマホでとったり、掲示を電光掲示板に行っている。
  345. 特に、大学ではタブレット端末がなければ講義に参加出来ないようなこともあるため、机そのものに端末を備え、学生全員が同じ操作を出来るようにする必要がある。
  346. 特に、大学では多くの学生が利用し、講義などにも用いられる。
  347. 特に、特定の情報の発信地から遠方に住む人がそこの情報をインターネットを通して入手できるようになっている。
  348. 特にわしらが通う大学では、電子掲示板や、responなど、デジタル機器を利用した大学生活が必要不可欠となっている。
  349. 特に音楽業界ではCDの売り上げが減少し音楽市場が衰退している
  350. 特に学校での部活やサークル、あるいは職場などの団体でも、今や全体への連絡はLINEで行ったりと、使い道は様々である。
  351. 特に経験値の低い学生にとって、関心の高い情報や必要な情報を短時間で得ることは、時間の有効活用に繋がる。
  352. 特に若い年代の人達が、いつでもスマートフォンなどで情報を得ようとしている。
  353. 特に若者の間では連絡手段、コミュニケーションツールとして欠かせなくなっている
  354. 特に重い辞書を、何冊も持って登校することができない学生が電子辞書を使用する場面などで必要とされている。
  355. 特に小樽商大も含む大学で多く、スクリーンを用いた授業が展開されているため、黒板を用いた授業よりもメリットがあることを必要とされている。(期待されている)
  356. 特に大学では、manabaやresponなどを利用した黒板や教科書が必要ない授業が増えている。
  357. 特に大学では、インターネットを通して、自大学の講義を他大学に発信することが注目されている。
  358. 特に大学では、教育機関のミスによる個人情報漏えいの心配がないといえる安全性が求められている。
  359. 特に大学ではインターネット、スマートフォンの使用により、個人が必要な情報を手に入れるのに必要。
  360. 特に大学ではインターネット、スマートフォンの使用により、個人が必要な情報を手に入れるのに必要。
  361. 特に落とし物が多い人や子供やお年寄りが自分の持ち物を落としたり、窃盗に遭ったとき
  362. 日本にいても海外の新聞などがすぐに読むことができる。
  363. 日本の農家が、日本に輸入された海外の安い農産物に売り上げで負ける可能性が予想される状況にある。
  364. 年齢に関係なく多くの人が、離れた場所にいる友人の近況を知りたい時に必要とする。
  365. 年齢や立場を問わず、時代の波に乗って最新技術を上手く扱う必要がある。そのためには、学校という施設の改革及びこれからの時代に準じた教育を行うことが重要であると考える。
  366. 発展途上国などの教育を受ける機会や情報を手に入れる機会が圧倒的に少ない子供たち。
  367. 発展途上国民を中心に世界の多くの人が格差是正を必要としている
  368. 被災地の人が情報を正確に把握、支援を必要としている。
  369. 貧困層と呼ばれる人たち
  370. 貧困地域で食料不足や健康問題を抱えてる人々
  371. 保護者が子供との連絡手段として、またテレビ局や政治家、教師や学生が視聴者や生徒、国民との通信手段として必要としている
  372. 歩行者を対象とした、地図によるナビゲーションシステムを必要とすることが増えてきている。
  373. 本学でも、学生の勉学はもちろん、特に健康面についての補償を求める声が多い。
  374. 本学のように出席確認の仕方が複数ある学校の出席の電子化の必要性
  375. 毎日重たい教科書を何冊も持参するのに苦労する生徒のため、またパワーポイントなどを手元に表示することができることから、黒板などが見えない生徒や、板書をするのが不得意な教師にとって、円滑に授業を進めるために必要となる。
  376. 万人が今の時代に適応するという状況において。
  377. 万人が情報端末がなければ生きられない社会。
  378. 民衆が普段の生活で
  379. 目的に到達するまでの過程が従来と大きく異なり、過去の普通は今の特殊になりつつある。しかしそうなれば文具会社、レコード会社、出版社はどうなってしまうのか。
  380. 友達同士、家族、大学内の活動で顔を合わせられない状況でも会話ができる。
  381. 様々な年代の人々が時事問題などを知ろうとする状況で必要としている
  382. 旅行会社の英語力向上の必要性
  383. 例えば、会社などが地方や海外の会社と取引をしたり、会社じゃなくとも人と人が連絡をとるために必要
  384. 例えば、企業は、顧客の情報などをインターネットで管理し新しい製品作りに役立てたり、ホームページなどを作成し、製品を世に広める活動をしている。
  385. 例えば、地震などの災害が起きたときTwitterなどのSNSでは沢山の情報が流れるが、どれが本当で今の正しい情報か分からない場合がある。そのようなとき、被災者が見たい正しい情報が埋もれて分からなくなる場合があると考えられる。
  386. 連絡を取りたい時や物事を調べたい時
  387. 連絡を取り合ったり情報を得るために必要としている
  388. 老若男女問わず色々な人が、情報を整理し一括で管理でき、さらに安全が保証されているものを必要としていると思われる。
  389. 老人の介護

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝