社会情報入門

  1. "・responを用いての授業中のアンケート
  2. ・manaba上に講義資料をアップしたり、レポートを提出
  3. タブレット端末を用いてのアクティブラーニング"
  4. (大学側が)フィールドワークの実施・特定の地域についての歴史を学ばせる
  5. 「respon」というアプリを用いて出席をとったり、アンケートをとって意見交流がなされている。
  6. 18歳未満はID検索が出来なくされる取り組みなどがある。
  7. 2002年、東北大学でインターネットスクールが発足した。
  8. 2009年、青山学院大学社会情報学部で全教員、学生にスマートフォンが配布され、講義での教育利活用が行われた。それにつづき、いくつかの教育機関でも一斉普及が行われた。
  9. 2013年8月にフェイスブックのCEOが発展途上国でもインターネットを使えるようにするためInternet・orgという組織を作った。
  10. "2014年ドワンゴとNTTが開発した技術により360度VRライブを配信
  11. 2016年3月EDMイベントからリアルタイムでライブ中継を配信"
  12. 2chなどのweb掲示板やSNSを活用して情報を共有する人々も多い。
  13. AIを導入し、人件費を削減するもの
  14. facebook,twitter等で経過・結果報告
  15. FaceBook?を活用し、アプリを通して地域情報などを提供する取り組み。
  16. "Freeman W T, Jones T R, Pasztor E C. Example-based super-resolution.
  17. Chang H, Yeung D Y, Xiong Y. Super-resolution through neighbor embedding."
  18. googlescholarで検索しましたが出てきませんでした
  19. Googleがアカウントのプライバシーやセキュリティの一元管理を可能にした。
  20. Googleの検索エンジンでは、その人が今まで閲覧してきたようなサイトの傾向から、検索結果の中で優先的に上に表示するシステムがある
  21. GPSによる犯罪者の追跡調査。
  22. GunosyやSmartNews?などでは自分の関心のあるニュースをピックアップして優先して見ることができる。
  23. GW中も平日は大学の授業がある
  24. http://www2.ngu.ac.jp/~akimoto/zemi/ronbun2011/60.pdf
  25. ICTを活用し、民間デジタル図書館、デジタル教材、地域の公共情報の発信など。
  26. iPadを使った授業
  27. iPhoneと連動したキーホルダーを鍵などにつけて物をなくしたとき音・光・振動で知らせてくれる。
  28. jassoの留学奨学金など
  29. LINE IDなどで簡単に相手の情報を取得できる。
  30. LINE、FacebookなどといったSNS
  31. LINE、Twitter
  32. LINEやTwitterやFacebookなどのSNS
  33. manaba
  34. manabaなどのインターネット上での教育支援システム
  35. "manabaなど教育目的での利用
  36. SNSなど情報を発信する目的での利用
  37. その他色々"
  38. manabaのweb上のサービス、responの出席確認など
  39. manabaを通しての宿題
  40. NGO
  41. NTTがポータブル電話機ショルダーフォンを発売したこと
  42. NTTコミュニケーションズ株式会社による、ビデオ通話で日本語会話を学習できる「VLJオンライン日本語会話」の提供など。
  43. OUC naviやmanaba等の学内情報サイトや、先輩が開いてくれる履修相談会など
  44. OUCnavi
  45. OUCnavi.manaba.キャンパススクエアの整備
  46. OUCNaviによる商大から駅までのバス時刻など
  47. OUCnaviや図書館の前のサーバーからの情報
  48. oucnaviβ
  49. oucナビ、図書館の掲示板
  50. "OUCナビでネット上で公開
  51. Twitterでの情報拡散"
  52. PCやインターネットでの情報公開
  53. PCやスマホの普及、ウェブでの情報発信
  54. SNSのハッシュタグ付け機能により自分の知りたい情報を検索するとそれに関する情報を優先的に知ることができる取り組みがある。
  55. SNSの活動データを自動的に収集し、危険なやり取りを探知した場合は、アラートで子供と保護者に通知する、というアプリなどがある。
  56. TV番組を通して行方不明者の情報や、犯人の情報を募る。
  57. Twitterやlineなどの、誰でも、簡単にできる無料のコミュニケーションツールが提供されている
  58. "USBメモリやスマートフォンなどのデバイス接続制御とネットワーク制御といった内部からの漏えい対策。
  59. 不正アクセス・サイバー攻撃対策といったサイバー攻撃による漏えい対策。"
  60. VHSからDVDにデータを移行する機器。
  61. VRが開発されてきている
  62. web履修登録システムの開発
  63. Wi-Fi
  64. Wi-Fiを整備したり、タブレットを貸し出したりしている。
  65. Wikipedia
  66. アップルウォッチやメガネ型端末など。
  67. アップル社のApple Watchのように腕時計レベルのサイズで一定の電話機能果たせる機器が誕生した
  68. アトラクションに使われる
  69. アプリケーションなどを利用し、市の職員らが高齢者を見守ったり、連絡を取り合う
  70. アプリやサイトで調べる。
  71. "アメリカの公立学校での教科書の電子化とオープンソース化の検討
  72. 韓国の学校での電子教科書のテスト的な利用"
  73. いくつかの市区町村では、中学生等のスマートフォン使用時間を決めている。例えば、福岡県春日市では、中学生は22時以降のスマートフォンの利用を禁止している。
  74. いくつかの大学がそれぞれの大学に関する情報を発信するアプリを開発している
  75. いくつかの大学図書館では、蔵書を電子化する取り組みをしている。
  76. インターネット・テレビ・を用いて情報を提供している
  77. インターネット、スマートフォンの普及。
  78. インターネットで得た情報を雑誌やテレビのニュースなどと照らし合わせて判断する
  79. インターネットなどでチラシを見て商品を注文すると、その商品が届くサービスがある
  80. インターネットに載っている情報をすべて飲み込む
  81. インターネットの開発と普及
  82. インターネットを利用したいというお年寄りに対しシニア情報生活アドバイザーという50歳以上のアクティブシニアがインターネットの利用の仕方を教えるというボランティア活動が行われている。
  83. インターネット上でのみ、または特定のSNSでのみ行われたり告知がなされたりするイベント
  84. インターネット調査にみられる回答者像、その特性
  85. エアコンはあるようだが、温かさをまったくと言っていいほど感じなかった。
  86. オーユーシーNavi というサイトによって、休講情報やイベント情報、バス時刻などを見ることができる。
  87. オンラインで授業を公開する。
  88. オンライン授業
  89. お見合いパーティーや地域のコミュニティーなどでの取り組み
  90. お年寄りもスマホを使えるように政府の取り組み
  91. カードリーダーを使って出席を取る
  92. かつてインターネットは電話回線を通じてアクセスされていたので、インターネットを使用している最中は電話を使うことが出来ず、インターネットの利用料も多大な金額になっていましたが、常時接続と定額料金というサービスを可能にし、インターネットの普及率をあげた
  93. カフェやファストフード店等にフリーWi-Fiの設置を増やしてきた。
  94. ぐるなび等の食事関連のサイト及びアプリケーション。
  95. クレジットカード プリペイドカード
  96. ゲームへの導入や、住宅・建築方面への適用
  97. "コンビニでの省エネ対策
  98. 一部地方自治体での深夜営業を規制する条約の制定の検討"
  99. サイトを作り、限られた情報の提供。
  100. しかし小樽商科大学では学生の個人情報などが載るものは紙で掲示されてしまっている。
  101. スクリーンに投影、タブレットを使用した授業への積極的な参加
  102. スタディサプリ(旧:受験サプリ)による、月額1000円未満の映像授業。
  103. スマートフォンなどの利用
  104. スマートフォンなど新しいものを開発してきた
  105. スマートフォンの普及、インターネットの普及
  106. スマートフォンやタブレット端末で、外にいてもネットを繋げ、お店側もwi-fiを接続できる環境作りをしている。
  107. スマートフォンを使った講義 file:///C:/Users/hikar/Downloads/IPSJ-MGN520846.pdf
  108. スマートフォンを持たなくても通話などができるハンズフリー機能がついている自動車を増やす取り組み
  109. スマートフォンを普及させる。
  110. スマートフォンを用いて課題等を提出している。
  111. "スマホアプリ「あんしん365」
  112. 高齢者側:指定した時刻にアラームが鳴り、画面にタッチすると止まる
  113. 見守者側:その都度、指定のアドレスにタッチしたorタッチしないのメールが届く(タッチされた場所を地図上に表示することも可能)"
  114. スマホを動かすことで、脳のトレーニングなどに繋がっている。
  115. スマホを薄く軽く
  116. スマホ普及
  117. スリーストライク法(1回目と2回目で警告をし、3回目で罰金となるというもの)これはフランスで行われたもの
  118. セキュリティ対策、プライバシーの保護、システム運営
  119. ソフトバンクの売り場に置かれた案内役のペッパーくん。
  120. たくさんの本が搭載されているeBookなどの登場
  121. タクシーを商大生同士で例え知らない人でも相乗りし、バスより安く早く大学へ行くという取り組み。
  122. タブレットを使用した生産物の環境管理の効率化により従来の生産量の5倍以上増加し、より簡単に高品質な農産物を低コストで生産できるようになった。
  123. タブレット端末を用いて生徒が授業に参加する。
  124. チャットを授業に導入して意見を出し合い、対面式と比較した。
  125. ツイッターやブログなどに書きこみをして、積極的に自分の考えを述べる。
  126. デジタルサイネージやmanabaなどのサイトの利用。
  127. デジタル教科書の利用が開始された。
  128. デスクトップpc、ノートpcの新機能が追加された場合、動画サイト、検索サイトやCMを使い、幅広く宣伝している
  129. テレビ、ラジオ、SNSの普及などによって情報を集め、拡散する取り組み
  130. テレビ、災害用伝言板、Twitter、紙の掲示など
  131. テレビ、新聞、雑誌、ラジオなどを活用して情報を手に入れていた。
  132. テレビやインターネットなどのメディアを通じて情報を得ようとしている
  133. ドイツが目指しているスマート工場
  134. トイレ、ホテル、FA、など
  135. ナナコカード、kitaka
  136. ネットで、授業などを展開し、塾に行く余裕がない学生たちにも優しい取り組みをしている。
  137. ネットに繋がりやすくするように各地にWi-Fiルーターを設置
  138. ネットワークが発達する前は自然と直接見たり触れたり人に会ったりしていた。
  139. ネットワークの拡大
  140. ネットワークを介して遠隔地との情報の共有・同時利用を可能にした。
  141. ネットワークを用いて位置情報を割り出すことができる点
  142. ネットを使っての買い物、コミュニケーション、情報収集。
  143. バイオメトリックス顔認証システムの研究
  144. パスワード管理ソフトによるマスターパスワードの利用
  145. バスを予約制にする。
  146. バス時刻や休講情報、時間割などをスマートフォンからいつでも確認することができる。
  147. パソコン、携帯、自動車、電車など人と人、人と物とをネットワークでつなげた
  148. "パソコン、電子端末の講習会の開催
  149. 学校教育での習得"
  150. パソコンがある部屋などには無線LANが通っている
  151. バリアフリーなど
  152. パワーポイントを使った授業
  153. フィリピンのスラムにインターネット施設を提供
  154. フィルタリングサービス→インターネット上の特定のサイトへの接続を制限して、安全性を保つ取り組み。
  155. フェイスブックなどによる情報発信。
  156. フェイスブックやTwitterなど
  157. フランス、パリにあるコンピューター専門学校「42」は、先生が不在で生徒同士が勉強を教えあうことを中心に学習を進める授業体形を採用し、人気を集めている。
  158. フリーWi-Fi
  159. ポスターや呼びかけ
  160. ボランティアで海外に行き通信教育を提供する
  161. マイナンバー制度
  162. ヤフー災害情報 、Twitter呟きなどをまとめたキュレーションサイト
  163. ゆるキャラのイベント出演やゆるキャラグッズの販売が数多くされている。
  164. より英語に慣れさせるために、小中高の授業にALTの先生を雇う
  165. らくらくホンなど、年配の方でも使いやすい媒体が発売されるという取り組み。
  166. リテラシーのついての教育
  167. レスポン、マナバなどを使う授業。
  168. レスポンなどの授業に参加するためのアプリや、災害時に学校の状態を調べるためのアプリは存在している。
  169. レポートや課題のネット提出、出席確認
  170. 暗号化、URLフィルタリング、職員の呼びかけ等
  171. 位置情報で相手を見つけるようなやつ
  172. 違法サイトに規制をかける
  173. "運転本数を増やす。
  174. ラインをドッキングし乗り換えをなくす。
  175. 線路やホームの増設。"
  176. 映画館 劇場 飛行機 などなど
  177. 英語教育はこの頃活発になっている
  178. 駅や飲食店など様々な環境でFREEwi-fiが使用可能
  179. 家電屋やケータイショップでの充電サービス
  180. 介護士を用いた介護
  181. 介護施設、通所介護(デイサービス)などがある。
  182. 会話力とは、聴く力と、話す力を合わせたものであるという見解。
  183. 回線の速度向上など
  184. 回覧板、テレビ放送、新聞紙
  185. 海外の学校で試みた大学あり
  186. 外国語版パンフレットや案内所が設置されている。
  187. 各個人がSkype電話などをつかい海外の人とつながる。
  188. 各地域の電力会社から電力を購入してた
  189. "学校、職場での交通安全指導
  190. 様々な事故防止システムの開発"
  191. 学校でインターネットなどの教育をする
  192. 学校でのSNSでのいじめの啓発や、SNS企業のブロックやスパム報告などの取り組み
  193. 学校での教育
  194. 学校での教育や講師を招いての講義。
  195. 学校でパソコンの端末を用意して勉強させている。
  196. 学校で情報処理の科目を学ぶ
  197. 学校などだと紙媒体で全体に配ったりまたは掲示板に貼ったりしていてその場に足を運んで一人一人が必要なものを見るというものになっている
  198. 学校に行く交通システムの改善など
  199. 学校や塾の授業をインターネットで受けられる
  200. 学校等にiPad導入、manaba、responを利用した授業
  201. 学生(生徒)が能動的に授業に参加できるようにスクリーンを用い、場合によっては何人かのグループでタブレット端末を用いて授業を行ってきた。
  202. 学生に平等に情報を届けるために、教室の収容人数を超える講義では、サテライト教室を設け動画中継をしている。
  203. 学生を前半と後半グループに分け、別々の教員が同じ授業を行う
  204. 学生証での出席
  205. 学内掲示板による掲示。
  206. 学内無線を飛ばす
  207. 感情を持つロボットであるペッパー
  208. 環境にやさしいエコ製品の製造や、新しいエネルギーの開発。
  209. 簡単タブレットなどの、お年寄りでも簡単に操作できるようなシンプルなスマホやタブレットが開発された。
  210. 机形スクリーン上に実装した触覚的ウィンドウシステム
  211. 既にいくつかの小学校などで電子黒板などの導入実験が進められている。
  212. 義務教育の中や高等学校でのパソコンを使用した情報の授業
  213. 吸引方式ではなくブラシかき込み式にし排気のないクリーンな掃除機にした
  214. 教科書データの入っているタブレットを学生に配布。
  215. 教科書の電子化
  216. 教室の座席数の拡大
  217. 教室の収容可能人数を履修登録希望者が上回った場合に履修制限を行う。
  218. 緊急地震速報、無料電話
  219. 近年、新たに校内でスマートフォンをWi−Fiに繋げられるようになった。
  220. 空いてるトイレはこの辺だろう、という予測をネットに上げておくこと。
  221. 掲示板
  222. 掲示板
  223. 掲示板に掲示。
  224. 掲示板を図書館前とグローカルラウンジ前の二ヶ所に設置する
  225. 携帯のアプリで、授業中の疑問などを、リアルタイムで映像授業に反映させ、それに教員が答えるというものがある。(ニコニコ生放送のように)
  226. 携帯のフィルタリング
  227. 携帯情報端末を活用したモバイル学習環境(PDAを利用した授業)
  228. 警察や自衛隊など公的機関の活動、被災者がSNSを利用した救援要請
  229. 欠席扱いにはならない場合もある
  230. 健康診断、検診、人間ドック
  231. 現在では、学内での飲酒禁止や、飲酒に健康被害についての集会を行うなどしている。
  232. 現地への参入
  233. 言語を世界に一つにしようとする人がいた エスペラント語
  234. 個人のスマートフォンを持ち込み利用する。
  235. 個人情報漏えいを防ぐために秘密保持契約をむすぶ。
  236. 交換留学、語学留学など
  237. 交換留学生の推進
  238. 公共施設への機器の設置、講習会、ネットワークインフラの設備増強など
  239. "工場の作業は手作業だった。
  240. 商大のシラバスが紙だった。
  241. 授業の出欠はmanabaか、出席カードの提出だった。"
  242. 校内Wi-Fi
  243. 校内にWi-Fiを飛ばしている。
  244. 校内のみで、掲示板による情報の発信
  245. 講義の映像と音声を別の場所で再生し、離れた場所からでも特定の先生の授業を受けれるようにする2dサテライト講習。
  246. 講義の最初にパスワードの番号が表示され各自で登録する
  247. 講義の出席をweb上で取ったり、レジュメをwebに掲載するなど
  248. 講義やプレゼンテーションを行う際に使用するに電子黒板や電子教科書やプロジェクターなど
  249. 講義型だけではなく、グループワークや電子機器を使った実践的な授業が増えている
  250. 講義資料の配布、動画の配信、授業アンケートなど。
  251. 講習会の実施、インターネット環境の整備
  252. 高精度地震予測装置
  253. 高等学校における複数言語によるプログラミング教育の提案~ 情報システムの理解を目標としたドリトル, JavaScript?, PHP の連携
  254. 高齢者向けのパソコン講習会、学校教育における電子端末授業の導入。
  255. 黒板や教科書などのみを用いた授業
  256. 今まででは情報の時間で情報の取捨選択を訓練する取り組みが行われてきた
  257. 今までに、小樽商科大学では、履修者の多い講義において、他の講義室でも講義を放映する、遠隔授業が行われてきた。
  258. 今までにも、出会い系などのサイトが数多く存在した。
  259. 今までは黒板を使った授業が多く、ノートを取る必要があった。
  260. 今までは紙による課題に提出が主に行われ、連絡事項も学校の掲示板を利用していた。学生は質問のためには教授の研究室を直接尋ねる方法しかなかった。
  261. 今までは室温を感知して作動するものがある。
  262. 今までは連絡等にメールなどが使われていた
  263. 佐賀県は、県立高校の新入生およそ7千人分のタブレット端末を購入した。韓国では2015年までに学校教科書を全て電子化する政策がある。アメリカのAmazon社が独自のタブレット端末を試験導入した。
  264. 災害時、各キャリアがモバイル通信サービスの通信制限を無効にし、素早く情報にアクセスできるよう取り組んでいる
  265. 仕事効率化アプリやゲームなどの開発がされている
  266. 使用時間を把握するなど
  267. 子ども110番の家
  268. 子どもや教育者むけのマナー検定や、ネットマナー教育を支援するサイト
  269. 子供の数に応じて手当を出す
  270. 指定席の混雑状況は確認できていた。
  271. 支援側が届ける方法をよく理解しないまま、支援物資を避難所に送っていた。
  272. 支払いを電子マネーにする
  273. 私立の学校や大学でスマートフォンやタブレットを配布しているところもあった。
  274. 紙での掲示、1箇所による電子掲示板
  275. 紙で出席をとっている。
  276. 紙による連絡や、口頭での発言、発表
  277. 紙の教科書
  278. 紙の教材で、筆記用具を使って取り組むものがある。
  279. 紙の掲示板と電子掲示板で分ける
  280. 紙の辞書で調べたり、、、
  281. 紙を回すことによる出欠確認
  282. 紙媒体(調査用紙やマークシート等)やmanabaで各学生の情報を書き込み抽選発表
  283. 時間割・時刻表など学校生活に必要な情報が書かれている
  284. 自治体などでの防災訓練など
  285. "自治体活動をとうしての交流
  286. お祭りの実施"
  287. 自動電話応答サービスや人工知能によるメッセージの自動返信機能。
  288. 自分からネット端末の電源を切ったり、触れない時間を作る。
  289. 自分の大学でもやっている
  290. 室蘭工業大学との共同授業etc
  291. 実際にリアルタイムスクーリングというものが存在する
  292. 写真を使っての目視での本人確認
  293. 主にアジアを中心とした語学への取り組み
  294. 主流だったメールに加えて、ラインやTwitterなどたくさんのアプリが開発された。
  295. 手作業
  296. 受講生みんなでアンケートをとったり出席をとる
  297. 授業が始まる前に上着や荷物を机の上に置いて、座席を確保してあることを他人にわかるようにしておく。
  298. 授業でスマホを使ったりする
  299. 授業で英語を勉強する
  300. 授業で席が足りない時は別の教室で生中継という形で授業を受けている
  301. 授業で発言する。
  302. 授業にタブレット端末を取り入れる。
  303. 授業にパソコンを使っての講義を導入
  304. 授業の衛星放送
  305. 授業資料配布、授業の出席確認やテストを個人の端末から行う
  306. 授業中に教授が発したことに意見やアイディアを学生がTwitterでつぶやきそのタイムラインをスライドで流しながら講義を行う
  307. 従来では、現実世界でその人と待ち合わせをしたり、人伝てに情報を得ていた。
  308. 従来のネットは一般の人たちが使うのが難しく、軍隊で使うのが目的だったが、最近になってはほとんどの人が使うことになった。
  309. 従来の取り組みとしては、図書館でのコンピューターでの書籍検索などが挙げられる。
  310. 従来の出席は紙であったが、今はスマートフォンのアプリを使って出席をとる授業が増えている。
  311. 従来はスクリーンに映像を直接写したり、別室で撮ったものを再生などしていた。
  312. 従来はテレビ、パソコン 今は主にスマホ
  313. 出席の取り方が紙であった
  314. 出席をrespon,manaba等のツールを使って取る、授業で使う資料を前もってサイトにアップしておける。
  315. 書籍や黒板を使った授業
  316. 商大におけるmanabaの普及。
  317. 小、中、高校にパソコン、インターネットを使える環境を整えたり、自主運営で高齢者向けのパソコンクラブ立ち上げることなどをしてている。
  318. 小学校、中学校、高校でのiPadを利用した実践授業が行われた
  319. 小学校、中学校、高校などでの授業での指導
  320. 小学校、中学校などでのiPadなどを使った授業
  321. 小谷将之 勝本雅和がイノベーションとインスティテューションの相互作用という題で音楽市場を分析しているが、著作権の法整備がCD業界の衰退を抑えていると結論で記しているという点で自分の考えとは異なる。
  322. 小樽商科大学では、講義などの大切な情報が電子掲示板に表示される。商大の他にも、学内の掲示板を使い情報を公開する学校は多くある。
  323. 小樽商科大学では、他国の大学と交流を図るなど、世界に目を向けたカリキュラムが組まれている。
  324. 小樽商科大学ではクイックシートを設置して、短い時間での利用を促している。
  325. 小樽商科大学では佐野力奨学金などの資金面の援助や実際に行ってきた人の説明会などがある。
  326. 小樽商科大学では使い勝手の悪いWi-Fiを完備している
  327. 小樽商科大学で言えばmanabaや、campus square。
  328. 小樽商科大学のHPや、OUC Navi
  329. 小樽商科大学のmanaba
  330. 小樽商科大学のマナバなど
  331. 小樽商科大学のレスポン導入
  332. 小樽商科大学の一部の授業では講義で使用したスライドをインターネット上で公開している。
  333. 小樽商科大学を例に取るとResponやmanabaを活用した授業、E-learningによる語学学習などがあげられる。また、教室が満杯になってしまう授業においては、映像配信を利用していると思われる別室でのライブ授業も見られる。
  334. 小樽商大のmanaba
  335. 小樽商大の場合授業情報等を電子掲示板に掲載していて、休講情報等はインターネット上で確認できる
  336. 少数のメディアが伝えていた
  337. 少数のメディアが伝えていた
  338. 少数の中学生を実際に大学に招き、授業を見学してもらうというものや、大学の夏休みの期間中に高校生を招き、集中講義という形で実際に授業を受けてもらうといったようの取り組みがあった。
  339. 障害者トイレ、エレベーター、階段昇降機
  340. 情報セキュリティに関連する既存講座内容の見直しや、講座の開設などさらなる拡充を進め、産学連携の取り組みを継続的に発展させていくこと
  341. 情報セキュリティに関連する既存講座内容の見直しや、新規講座の開設などさらなる拡充を進め、産学連携の取り組みを継続的に発展させていくこと
  342. 情報技術を使いこなせていない人でも簡単に使うことのできる使い勝手の良い機器を導入する。
  343. 情報処理室を中心とした無線LAN通信の開放
  344. 情報抽出
  345. 食堂の前に新メニューなどのチラシが貼っていた
  346. 食堂受付、レジなどを円滑にする
  347. 新聞やテレビの情報のみを利用していた
  348. 親の仕事や労働時間で判断している
  349. 親や学校が使用制限をかける
  350. 身近な植物の観察、模型を通しての学び
  351. 図書館にだれでも利用できるパソコンを置いておく
  352. 図書館のデジタルサイネージやOUC navi
  353. 政治の世界ではいち早く他国の情報を獲得するためにインターネットで情報を集めている。
  354. 生徒の携帯端末を利用し、ユビキタス環境での大学教育の試行および実用は、e-Learningや講義補助教材の提供、出席管理、Webアンケートなど数多く行われてきました。
  355. 青山学院大で2011 年から、横浜商科大学で2010年から導入され始めた。iphoneの支給なども行われていた
  356. 青少年ネット規制法などの法律規制
  357. 全ての授業ではないが、マナバなどでのインターネット授業が導入されている。
  358. 早稲田大学は一般の人に授業を動画として公開している。
  359. 多様性適合の学習環境を実現する語学教育支援システム
  360. 太陽光でできる充電器や持ち運びの充電器
  361. 大学での連絡を電子機器で情報を流している
  362. 大学で留学生を受け入れたり留学したり
  363. 大学においてはmanabaでのレポートやレジュメのやりとり、企業においてはiPadなどタブレット端末を用いての営業など。
  364. 大学の掲示板の内容をインターネットで閲覧可能にすること
  365. 大学受験向けの予備校の映像授業など
  366. 大学生におけるインターネット、活字、テレビを利用した情報収集方略についての検討 etc.
  367. 地図で現在地を指定してそのエリアに近いタクシーを呼べるサービス。
  368. 地図情報をテキスト表現、音声表現によって示すことで、カーナビゲーションなどが開発されてきた。
  369. 中学校から授業で英語を組み込み、英語専門学校や学校によっては英文科などの学科もある
  370. 町内会や定期的な訪問
  371. 賃上げや復職支援
  372. 定期的な安全確認
  373. 電子メール、ブログ、SNS、テレビ会議など
  374. 電子黒板、デジタル教材で個別指導
  375. 電子媒体によるデータの持ち出しを一切禁止する方法。
  376. 電車やバスなどの優先席や専用席の設置。バス停や駅のホームの白線。
  377. 途上国での携帯電話の普及、フェアトレードなど
  378. 東京工業大学電気電子工学科ではクラウドサービスと学生のスマートフォン・タブレットを使用した授業が行われた。
  379. 東進の塾はビデオ撮影したものをみて勉強している。
  380. 東日本大震災の際にTwitterが情報伝達のツールとして活躍した。
  381. 東北大震災において、Twitterが被災地の情報発信、情報収集に役立ったこと。
  382. 討論や発表など、考えを相手に伝える授業を取り入れる
  383. 同時に複数人で話せるグループトーク
  384. 日本ではユネスコと協力してアジア太平洋地域を対象に教育の完全普及に関するアジア・太平洋地域事業計画、情報通信技術教育などさまざまな教育支援を行っている。
  385. 日本人と外国人が繋がることができるチャットサービスアプリやマッチング系サービス。
  386. 認可保育園の定員枠拡大
  387. 年齢に関係なくスマートフォンを持つ
  388. 標的型攻撃対策の演習や対処能力の向上
  389. 不適切な発言などを規制したり、説明会なども少なくはあるが、開かれている。
  390. 複数業者に対しての物品の搬入、並び替えなどの指示を遠隔地から発信できる
  391. 兵庫県ではスマホ依存条例が提出された
  392. 保育園などでの受け入れを拡大。
  393. 保険料水準を固定し、マクロで見た給付と負担の変動に応じて給付水準を自動的に調整するマクロ経済スライドを導入することで少子高齢化が進行しても現役世代の負担が過大になることを防いでいる。さらに給付と負担のバランスが取れていることを少なくとも5年に1度確認する財政検証を行うことで中長期的に持続可能な運営を図る取り組みを行っている。
  394. 募金など
  395. 膨大な数の在庫。さまざまなデバイスで利用可能。
  396. 毎回ログインするWi-Fiが設けられている。
  397. 無線LAN、Wi-Fiの積極的導入、基地の増設
  398. 様々な情報まとめサイトが作られ、利用されている。
  399. 例えば、オーストラリアの原住民てあるアボリジニーはなかなか現地で仕事に就くことができないので、国が彼らに援助金を出している。
  400. 例えば小樽商科大学では、図書館前に多数の掲示板が存在する。
  401. 例えば小樽商科大学では、図書館前に多数の掲示板が存在する。
  402. 例えば小樽商科大学なら、スマートフォン・タブレットを所持していない学生には貸出を行っている。
  403. 老人ホームなどの介護施設
  404. 老人ホーム等での介護や、バリアフリー

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝