社会情報入門

  1. アプリを利用して、位置情報とIPアドレスの確認を行い本人の確認をする。
  2. そこで電波の発信元等を強化するべきである。
  3. "ふくろう 休講情報を動物との触れ合いをもって温かみを交えた 伝達"
  4. "企業 対策の依頼"
  5. 具体的に、サイトで1ヶ月ごとにパスワードを変えないと利用できないという形で導入する。
  6. 具体的には、3Dプリンターを利用して、その人の体に合った人工臓器を作成する。
  7. 具体的には、GPSを利用して、端末が動いているかをチェックする。
  8. 具体的には、LINEなどのSNSを利用する。
  9. 具体的には、manabaを利用して、商大生に調査をする。
  10. 具体的には、OB・OGの枠にとらわれず、企業で働く人が、実際に仕事内容などの就活生に有用な情報を投稿できるサイトを作る。
  11. 具体的には、ouc naviにバス情報だけでなくJRの交通情報ものせることでこのJRにのれば、何時のバスに間に合うかがわかるようにする。
  12. 具体的には、Twitterとの連携システムを利用して、学生の「〜ほしい」という文字を自動で抽出・集計し、ニーズの高いもののうち、解決し得るような情報を提供する。
  13. 具体的には、Twitterもしくはメールのアカウントに、載せてほしい情報を送ってもらい、情報の提供をする。Twitterのタイムラインのように、いろいろな情報を見られるようにする。
  14. 具体的には、twitterやfacebookを利用し、休講情報やその他諸々の情報を発信する。
  15. 具体的には、Twitterを利用して、休講情報等を大学のアカウントにてツイートする。
  16. 具体的には、Twitter上での画像検索を利用して、無断転載をする人をあぶりだす。
  17. 具体的には、アプリなどを利用して、使用時間の管理をする。
  18. 具体的には、アプリを利用して、LINEのように、なにか変更があるたびに通知がスマートフォンに来るシステムを開発する。
  19. 具体的には、アプリを利用して、視力回復のゲーム等をこなさなければ休講情報が見れないようにすることや、一定時間スマホをいじらないようにしないと休講情報がみれないように対策をする。
  20. 具体的には、アプリを利用して、同じ勉強分野や同じ資格取得に興味のある人がコミュニティを形成できるよう支援することで学生の能動的な学習を促す
  21. 具体的には、エクセルを利用して、図書館のパソコンの予約の受け付けをする。
  22. 具体的には、オンライン参加型のウェブサイトを利用して、学生にも編集できるようにする。
  23. 具体的には、コンピュータでソフトを利用して、セキュリティ強化と確実な情報提供をする。
  24. 具体的には、すでに放送された番組を、テレビ曲がアプリにアップして、見れるようにするというものである。
  25. 具体的には、スマートフォンなどのインターネットに接続可能な機器を利用して、oucナビのような掲示板のアプリケーションを作成する。
  26. "具体的には、暗証番号を利用して、制限する。 "
  27. 具体的には、仮想世界を利用して、講義へ参加をする。
  28. "具体的には、課題関係とは別に講義連絡専用のアプリケーションなどを利用して、JR遅延情報をリンクして表示させたり、SNSの関連する情報を表示させたり して、講義情報の更新また学生と講師の連絡をスムーズに行えるようにする。"
  29. 具体的には、学内ELシステムを通じて講義動画をインターネット配信し、パソコン・スマートフォン両方で視聴可能にする。また、動画収得可能者は履修者のみとし、視聴期間は開講期間中のみとする。動画は複写防止の保護をかけ、履修者は何度でも動画を視聴することを可能にし、繰り返し視聴することで講義の理解を深めることができるようにする。
  30. 具体的には、休講情報専用サイトを利用して、情報を掲示する。
  31. 具体的には、掲示板とコピー機を利用して、自分が紙媒体として欲しい情報を簡単に印刷できるようにする。
  32. 具体的には、自分の履修している教科などを登録し、休講になったらメールが届くようにする。休講情報やバス時間が間違っていたらメールが届くようにする。
  33. 具体的には、車とメガホンを利用して、本校の周りを走り、大声で情報を伝えるという方法をする。
  34. 具体的には、従来の講義ツールとして使用されていた黒板などの特性を電子ツールに反映することによって、講師の講義スタイルを柔軟性のあるものにする。
  35. 具体的には、情報を提供する専門機関をつくり、アプリやメールなど学生達個人個人に合った方法で即時に情報を提供する。
  36. 具体的には、声を利用して、本人確認をする。
  37. 具体的には、多くの人が利用している無料コミュニケーションアプリLINEで、小樽商科大学公式アカウントを作り、学生に情報提供する。LINEを利用している学生には公式アカウントを友達に追加してもらい、休講情報やイベントなどをトークで発言して貰えば学生も比較的楽に情報が得られる。その公式アカウントをもっと活用していけば、トークも楽しめ、情報提供もしてくれる学生のことを考えたものになる。さらに生協学生委員会にも協力して貰えば、それ以上に学生生活の助けとなるものとなるだろう。
  38. 具体的には、大学の講義で、グーグルグラスを利用しスクリーンを転写させながら講義を聞く。
  39. 具体的には、面倒かもしれないがクラス制を用いて必要なことはプリントを配布して伝えるということである。
  40. 具体的にはGoogleplayなどを利用して、大学からの情報提供を確認出来るアプリを作成する。
  41. 具体的にはアプリを作成し、生徒にインストールしてもらうことで、様々な分野の、自分の欲しい情報を得ることができる。
  42. 具体的にはそれぞれのスマートフォンやパソコンを利用して授業の初めに学内Wi-Fiを通じて出席カードを提出する
  43. 具体的には確立したセキュリティのシステムを利用し、そのシステム上でのみ資料等の配布、閲覧ができるようにする。
  44. 具体的には多様なインターネット媒体を利用し学内のどこにいても授業が受けれるようなシステムを開発する。
  45. 携帯会社との契約 1日に使える時間を制限したり、ネットで検索できる範囲も制限したり
  46. 逮捕されたサイバー犯罪者 新しい人材を育成
  47. 大学の施設など 友人や教授に助力を乞う

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝