社会情報入門

  1. この接続の問題を解決するべきである。
  2. そこで、ここでは、メールによるパソコンの予約というアプローチで解決する。
  3. そこで、ここではiPadのみで全ての管理を行わないというアプローチで解決する。
  4. そこで、ここではmanabaに位置情報サービスをつけるべきだというアプローチで解決する。
  5. そこで、ここではSNSというアプローチで解決する。
  6. そこで、ここではオンラインを使った授業システムというアプローチで解決する。
  7. そこで、ここではお金が発生するものには親の許可を必要とするというアプローチで解決する。
  8. そこで、ここではお知らせの欄に載せる情報の募集をかける、というアプローチで解決する。
  9. そこで、ここではデータの統括管理というアプローチで解決する。
  10. そこで、ここではパスワードを定期的に変えるという解決法を提案する。
  11. そこで、ここではバス時刻だけでなくJRの情報ものせるというアプローチで解決する。
  12. そこで、ここではパソコンやスマートフォンなどでも確認出来るようにするというアプローチで解決する。
  13. そこで、ここではリアルタイムの情報掲示板というアプローチで解決する。
  14. そこで、ここでは音声認識というアプローチで解決する。
  15. そこで、ここでは学生自身から能動的に利用できるようにするというアプローチで解決する
  16. そこで、ここでは学内ELシステムを通じて配信することで多くの問題が解決する。
  17. そこで、ここでは学内サービスとして学生一人一人に情報をお知らせするというアプローチで解決する。
  18. そこで、ここでは学内の誰もが気になるものに関して制限をつけるというアプローチで解決する。
  19. そこで、ここでは学内情報システムとTwitterの連携というアプローチで解決する。
  20. そこで、ここでは既存のmanabaなどの講義の管理を行うシステムと交通機関情報をリアルタイムで共有するというアプローチで解決する。
  21. そこで、ここでは掲示板の利用を商大生と商大関係者に限定し、コメントをする際やスレッドをたてる際に、学生番号や所属している学科などが分かる仕組みにする。また、小樽商科大学に関連する話題のみスレッドをたてられることとする。さらにNGワードを設定して誹謗中傷を防ぐ形でアプローチをする。
  22. そこで、ここでは携帯電話とoucナビを連動させるというアプローチで解決する。
  23. そこで、ここでは今までの方法に加え、多くの学生が利用するSNSで大学の情報を随時提供するアカウントを作り、SNSでも情報を発信するというアプローチで解決する。
  24. そこで、ここでは自宅からの講義への参加というアプローチで解決する。
  25. そこで、ここでは従来の講義における長所を見直すというアプローチで解決する。
  26. そこで、ここでは情報をプリントに印刷するというアプローチで解決する。
  27. そこで、ここでは新しいアプリの作成をもって解決する。
  28. そこで、ここでは新しい大学内の仕事をつくるというアプローチで解決する。
  29. そこで、ここでは人工臓器というアプローチで解決する。
  30. そこで、ここでは生徒と学校をつなぐ新しいアプリを開発するというアプローチで解決する。
  31. そこで、ここでは昔ながらの懐かしい宣伝というアプローチで解決する。
  32. そこで、ここでは大学内の情報を各部署や部門でまとめたSNSページの作成というアプローチで解決する。
  33. そこで、ここでは端末が動いている時はネット速度が落ちる、といアプローチで解決する。
  34. そこで、ここでは電子化と紙媒体の両立というアプローチで解決する。
  35. そこで、ここでは編集者を増やすというアプローチで解決する。
  36. そこで、画像検索を利用したアプローチで解決する。
  37. そこで、公共施設で積極的に導入することで解決する。
  38. そこで、自ら調べる必要がなくなるように通知で情報を得るような制度を導入するという方法で解決する。
  39. そこでここではすべての授業で学内Wi-Fiから学内サイトから出欠をとるというアプローチで解決する
  40. それで、ここでは情報を表示する時にもう一度コンピューターが自動的に確認するというアプローチで解決する。
  41. ネットを使った出欠確認
  42. ネット制限
  43. ふくろうを使ったお手紙送信
  44. 簡単に安全に利用する
  45. 人の育成
  46. 誰かに頼る
  47. 必要かつ正確な情報を就活生が得られていないがために、このような問題が起きていると考え、就活生が自分にとって必要な情報を、正確に、幅広く得られるようなシステムを構築する。

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝