社会情報入門

  1. 特に大学では大勢の生徒に情報提供を行う必要があるため、効率の良い情報提供が望まれている。
  2. 特に大学 レポートなどの作成 パソコンの扱いに長けている
  3. 特に小樽商科大学では夜間主コースがある為、昼間コースの授業を聴講できない人がいる。学生に、より質の良い多くの知識を吸収させるために、オンデマンド授業を導入することを検討する価値はあるのではないだろうか。また、授業を何度も視聴することで学生の理解度が深まるのではないだろうか。
  4. 特にTwitterなどでは無断転載などの著作権問題を解決させることが望まれている、
  5. 特に、大学では大学近辺からではなく、遠い場所から通学する学生も多いため交通情報を知り、その日の講義に間に合うかを確認することは重要である。
  6. 電子化では、電子化では、電子機器での情報掲示を行う必要があるため、電光掲示板を増やすことが望まれている。
  7. 大学生の就職活動では、いち早く内定を勝ち取るため、企業やその業界についての効率的な情報収集が必要となる。
  8. 大学では、有意義な講義を行う必要があるため、学生の意欲を向上させることが望まれている。
  9. 大学では、情報提供を行う必要があるため、学生が必要としている情報を提供することが望まれている。
  10. 大学では、休講や教室変更が頻繁にあるため、迅速な情報収集の方法が望まれている。
  11. 大学では、学生がを行う必要があるため、学内の掲示板をインターネットから見られるようにすることが望まれている。
  12. 大学では、学校での取り組みや行事の開催連絡などを生徒や地域の人々に伝える必要があるため、SNSを利用した幅広い情報提供が望まれている。
  13. 大学では、それらを活用し、授業に取り入れる必要があるため、さらに多くのインターネットを活用したシステムが望まれている。
  14. 宣伝や広告の会社では、歩きスマホを阻止する必要があるため、特に若年層に呼びかけをすることが望まれている。
  15. 情報提供には、セキュリティを高め、確実な情報提供するため、しっかりとしたセキュリティと、確実な情報を表示することが望まれている。
  16. 小樽商大では、アクティブラーニングをより活発にすることが望まれているため、より教育に役立つ電子ツールの導入が望まれている。
  17. 小樽商科大学では、生徒への情報の伝達を行う必要があるため、スピーディーにかつ、容易にすることが望まれている。
  18. 小樽商科大学では、小樽だけでなく札幌から通う学生も多くいるため、休講情報をより早く提供されることが望まれている。
  19. 小樽商科大学では、講義のスムーズな運営を行う必要があるため、学内の情報提供することが望まれている。
  20. 小樽商科大学では、学生の誰もが様々な学年や留学生、教員などとたくさん交流する必要があるため、インターネットを利用し商大生や商大関係者のみが参加できる掲示板の作成が望まれる。
  21. 小樽商科大学では、manabaを使って課題を提出する必要があるため、全員が利用することが望まれている。
  22. 小樽商科大学での学内の情報提供は、自ら情報を得る必要があるため、学内からお知らせとして学生に情報提供することが望まれている。
  23. 授業では、出欠確認を行う必要があるため、本人確認をすることが望まれている
  24. 講義の連絡について、JRなど交通機関の思わぬ遅れによる学生の遅刻または休講の連絡は、迅速に行う必要があるため、学生と講師の双方が情報を共有することが望まれる。
  25. 個人団体を問わず、様々な場面で積極的にエコロジーな取り組みを行うことが望まれている。
  26. 現代では、見逃したテレビ番組、録画し忘れた番組などあると、周りの人間は後悔の念にかられているのをよく見かけるため、いつでも好きな番組を見れるアプリが必要であると考える。
  27. 掲示板では、特に小樽以外の学生の登校の負担を減らすために、休講情報の掲示をすることが望まれている。
  28. 企業では、スマートフォンなどの電子機器類を使用して取り組む仕事を行う必要があるため、多くの人が自在に使えることが望まれる。
  29. 学内情報システムでは、学生のニーズに合った情報を提供する必要があるため、学生の声を取り入れる工夫をすることが望ましい
  30. 学生は学内の情報を得る必要があるため、手軽に情報を得ることができることを望んでいる。
  31. 学校内 みんなが仲良くなる行動 温かみをもった活動を
  32. 課題分析では、視力低下防止対策を行う必要があるため、スマホ離れまたはスマホを使っても視力が落ちないような取り組みをすることが望まれている。
  33. 家庭では、ある程度の規制を行う必要があるため、子供の携帯画面をモニタリングできるようにすることが望まれる。
  34. 医療の世界では、正確に手術を行う必要があるため、臓器をコピーする技術が望まれている。
  35. ネットに繋がる時間を少なくするには 周りの大人が注意を 自分の子どもをしっかり見つめて、話し合いなんかも
  36. ネットショッピングや、何かを登録する際にネットに個人情報を打ち込むことは 少なくなく、パスワードをつけて管理している。
  37. それらの情報は学生に知ってもらうべきなので、皆に確実に伝達することが望まれている。
  38. それに伴い、大学では効果的にそれらを使う必要があるため、積極的に利活用することが望まれている
  39. そこで、さらに広い情報収集能力が求められている。
  40. スマートフォンだけではなく、時計型や眼鏡型の端末など、一般人を対象にしているものも少なくはない
  41. ウイルス感染可能性のあるインターネット感染防止ウイルスバスターを取り込む
  42. インターネット決済では、他人による不正使用を防ぐ必要があるため、本人確認することが望まれている。
  43. インターネットを介した通信では、ときに大きな容量のファイルのやり取りを行う必要があるため、スマートフォンではなくパソコンを使用することが望まれている。
  44. インターネットで情報提供するには情報を受け取る側がインターネットを使える環境である必要があるため、インターネットを使用できない人へ適切に対処することが望まれている。
  45. sns 情報公開 セキュリティー強化
  46. oucナビは学生が休講情報などをチェックするため、正確で最新の情報を載せることが望まれている。
  47. 授業では出欠確認を行う必要があるため本人確認をすることが望まれている

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝