知識科学基礎

  • 特に、中等教育での学習者への人工知能型教材に注目が集まっている。
  • 連絡を取り合うために必要としている
  • 利便性を求める人達
  • 本大学は、公式のレビューサイトやアプリケーションがなく、毎年時間割をどう組めばいいのか困っている学生が多い。
  • 本学の学生が電子掲示板の情報や様々な情報のをそれぞれの電子端末で確認することを必要としている。
  • 本学では電子書籍の普及率が低いため、その増加が求められている。
  • 勉強の他にバイトや部活・サークルなどに時間を取られ、単位が取れない大学生にとってタイムマネジメントは必要不可欠である。
  • 不具合や質問事項のデータを収集し、よくある質問として解決法とともに学生に公開し、各自で解決できるようになることが求められている。
  • 発展途上国の子供たちが、世界のより高いレベルの教育を受けられるようにすることができる。
  • 特に自分の時間を楽しみたいとか
  • 特に、大学で講義を受け、単位を取得する大学生に必要とされる
  • 特に、大学ではインターネットを通して気軽に将来のために英語を学習することが重要視されている。
  • 特に、大学では、ビデオカメラを用いて、防犯対策や不正な行為を防止するのに役立つ。
  • 特に、小樽商科大学では、代返や出席してるフリなどをしている人が多く、誰が本当に出席しているのか見分ける必要がある。
  • 道に迷った時その場から目的地まで行く時に必要とされている
  • 電話対応の機械化は、アップル社の電話対応のような場面で利用されており、人件費の削減の観点からも注目されている
  • 通学の際、バスやタクシーが自動運転になることで様々な時間帯でも待ち時間を減らして通学できる。
  • 中継先や教室の後ろのほうで受講している生徒のための音量調節
  • 知らないことを調べるとか
  • 沢山ある情報から必要な情報を取り出すこと
  • 大学生一人ひとりのレベルにあった英語教育が必要。1000人を超える学生のレベルにあった教育を大学の講師や教授がすることは困難であるので、定期試験やテストにより、その学生の英語のレベルや苦手な分野を明らかにし、その学生に合った英語教育のできる人工知能が必要。
  • 大学生が履修する授業を決める際。
  • 大学生が単位の取りやすさ、関心の有無を考慮して受講する講義を吟味する際に必要。
  • 大学生が講義に行く前にその通知をなるべく早く必要としている。
  • 大学生が学生生活を送る上で、快適に過ごすことを目指す状況。
  • 大学生が、昼休みに食堂や購買へ押し掛け、混雑している状況を改善するために役立つ。
  • 大学生が、テスト前や普段勉強するのに図書館の利用状況を確認するのに必要とする。
  • 大学教員が、出席を集計したり不正な出席を見抜く状況。
  • 大学の中で聞きたいことがあった時に人工知能に聞く
  • 大学の先生たちが、記述式問題を採点する際に必要としている。
  • 大学において言えば、ゼミナールの活動や学務課などの分析、対応を必要としているところ。分析、対応の効率化のため。
  • 大学において、学生は休講情報の確認や出席管理を各個人が自らの責任で行う必要があるが、これらを効率的に行うためのアプリケーションの開発が望まれている。
  • 大学などでは講義にも活用する場面が多々ある
  • 大学でも、大学生活において人工知能の活用によるコスト削減が注目されている。
  • 大学ではより高度な教育を行うため、講義などに取り入れる必要がある。
  • 大学ではインターネットを利用して課題提出やテスト、成績発表を行えるようになっている。そのため、わざわざ課題提出だけのために、小樽の山の上の大学までくる手間が省くことができるというメリットがある。
  • 大学での売店や食堂でのレジ担当の人が、人手が足りない状況があるためより人手を必要している。
  • 大きな大学や会社のような多くの人が集まる場所で、それぞれの目的に合った情報にすぐアクセスしたいときに必要としている。
  • 前述のような学生たちは、講義中にも積極的に疑問が生まれ、質問に対するリアルタイムでの受け手が必要である。
  • 先生も生徒もその他の関係者も大学の情報を知りたいときにより早く、手軽に手に入れられるようになった。
  • 生徒が円滑な文書を作成する際に必要
  • 生徒がご飯を食べるときにご飯を用意する人、レジをする人を必要としている。
  • 人手不足な現場、例えば医療や介護などの分野で人間の代わりに仕事を行い、人手不足の問題を解決しようと取り組んでいる。
  • 人工知能を用いた、画像や音声の認識などは、画像検索や自動運転、Siri等の音声応答アプリケーション等、様々な分野で利用され、必要とされている。
  • 人工知能は、大学における電光案内板や電光掲示板のような場面で利用されており、情報提供における利便性の向上の観点からも注目されている。
  • 人工知能は、「肉体労働」「単純作業」の分野で、情報処理、判断の面でIT業界で必要とされている。
  • 人間の手を必要としないところで、人工知能は使われている。
  • 真面目な学生、及び成績に出席点を考慮している講師
  • 情報弱者が情報を必要としている。
  • 情報系の企業であれば作っていても普通だが、学生でもできることを示せればその大学のアピールにもつながるはずである。
  • 情報の拡散によって、メディアリテラシーが必要となっている状況。
  • 小樽商大生が1限目の授業があるとき。
  • 小樽商大の生徒が食堂で栄養価をもっと簡単に知ることができるようにする。
  • 小樽商大の学生が普段必要とする
  • 集団よりも個人に重きを置いた商品が必要?
  • 就活生が、自分にあった職業を探す際に使うことができる
  • 就活において、自分に合った企業がわかりづらい。
  • 私を含め数多くの学生が、購買ではできるだけレジに並びたくない、食堂では席を確保できるかどうか、ということを考えており、その場所に行く前に事前にその使用状況を把握したいと考えている。
  • 私たちがインターネットで検索で情報を識別、予測する際に人工知能を必要としている。
  • 仕事の商談の場面で利用されており人間関係の改善の観点からも注目されている。
  • 高齢者が介護や医療を必要としている。
  • 購買で、お昼休みの時間に大変混んでいるのを解決するため。
  • 講義を行う教授がレポートの内容をある程度容易に行ったり、学校側の学生の出席状況の確認が行いやすくなる。
  • 講義をうけている人が他の人の声がうるさく、また黒板の要点を写す作業を行いながら口頭で言ったことをメモするのに追い付くことができない状況で必要
  • "効率のよいスケジュール管理が求められている
  • スケジュール管理は人工知能が効率よく行うことの出来る分野である
  • 大学の(大学側が行う)時間割編成において人工知能を利用してみては"
  • 古き良き慣習や文化的な生活を望む人や、最新技術を使いこなせないお年寄りの方を除いた人々がより生活を便利に、そして効率よく過ごしたいと望むことで、AIの技術発展そして生活に取り入られることを必要としている
  • 健診の高度化や公共交通機関の自動運転、緊急搬送ルートの選定、交通混雑・渋滞の緩和など、社会的課題の解決が期待される分野において利活用ニーズが相対的に高い[川合 17]
  • 欠席、遅刻の管理が先生方の裁量で決まるので不平等を感じている学生も多い。また先生方も用紙やレスポンで出席を管理することに不便さを感じている。楽に欠席・遅刻を管理できるシステムが必要とされている。
  • 教授やその助手が試験での採点に時間を取られすぎる問題がある。
  • 教員が、テストでカンニングする生徒がいるという状況において、それを撲滅できる案が必要とされている。
  • 教育の分野において、生徒一人一人にパーソナライズ化された学習指導が必要とされている。教育を施す側、受ける側、双方が必要としている。
  • 急いでいる人、そうでない人が廊下に混在しているため急用などある人が通りづらく、よりスムーズな移動を求めている。
  • "館内案内
  • "
  • 学生は授業によって英文法や会話の勉強をするが、なかなか正しい発音を徹底的に学ぶ場がないために、実際のネイティブの外国人とコミニュケーションがうまく取れないことがある
  • 学生は、大学の講義室を利用する手続きを簡単に素早く、そして正確に終わらせることができる予約システムを必要としている。
  • 学生のほとんどがスマートフォンを持っているという状況でそれを使ったより良い授業を必要としている
  • 学生が有意義な大学生活を送るために、人工知能を利用した学校のシステム構築が必要とされている。
  • 学生が課題を提出を促進するため。
  • 学生が英語を学ぶ際に、人工知能と対話することで、人と英語で話す時の恥ずかしさが無い状態で勉強できる
  • 学生がパソコンやスマートフォンでの学習を必要としている。/大学が人件費を削減するために人工知能を備えた教授に代わるものを必要としている。
  • 学生が、自分のわからないことを調べる時に。
  • 学生が、講義人数の多い授業を受けるとき、図書館で勉強をしたいとき、情報処理室のPCを使いたいとき等に必要としている。
  • 学生が、学務課の職員の勤務時間外での、質問、要望などの回答が欲しい際に必要とされる。
  • 学生が、レポートなどの作成で
  • 学生が、より便利な学生生活を送ろうとする状況
  • 皆が、日常生活をより豊かなのにするために必要としている。
  • 会社などで人件費削減や、人不足で困っている人たちが必要としている。
  • 介護を受ける側の人が十分な介護を受けれていない状態
  • 過敏性腸症候群の人が、腹痛を抱え今すぐトイレに行かなくてはならないが最寄りのトイレがどこかわからず、またそのトイレが利用しやすいトイレかどうかわからないため、必要としている
  • 遠隔講義は、地方大学や小規模大学で、遠方から来ている生徒が悪天候などにより出席出来なかったり、講義の場所や人数制限を気にすることなく、授業を行うことを可能にする。
  • 英語学習を効率的に行うことが必要である
  • 栄養が不足しがちな学生が、自分の健康に配慮した食事を、より簡単に、より手軽に摂りたいと考えたとき。
  • 一人暮らしやバイトなどで時間がなくファストフードやコンビニ弁当をよく食べる大学生は、適切な量の野菜等を食べて栄養バランスの偏りを抑える必要がある。
  • "一つの情報のミスが他のミスを招く可能性があるため、
  • 情報をうまくまとめることが必要とされている。"
  • レポートや課題時の参考図書として、電子書籍の利便性が高まっている。
  • レポートの評価をする教授は、水増しレポートを読んでも要旨がすぐにはわからず、学生を正当に評価出来ないので、教授にとっても学生にとっても「レポートが言いたいこと」を抜き出す技術は必要である。
  • やらなければいけないことが各方面に存在するが、ついうっかり予定を忘れたりすることがあるため、受動的にやらなければいけないことを知る必要がある。
  • ぼっちが他人からぼっちと悟られないために必要。
  • テストの成績などを把握しておらず、自分の苦手分野を理解していない学生が、テストの成績を上げたり、授業の理解を深めるため。
  • デジタル化が進んでいるため
  • その人にとってどういった情報が必要か取捨選択しなくてはならない
  • そこで、学生が昼食をとるため食堂を利用する際に、空席数の確認を必要としている。
  • スマホで冷蔵庫にある食材がわかる。
  • すべての学生が、座る場所探しや、列に並んでいる時に必要。
  • ストレスなどが多い学生生活の中、悩みを打ち明ける必要が存在する。
  • スケジュールを自動的に作るアプリなどが社会人や学生を中心に必要とされている。
  • すぐに何か知りたいとき。
  • コミュニケーションが上手くとれず、図らずも一人になってしまい、学業生活に不満や後悔を持ったまま卒業してしまう。
  • グローバリズムが進行する中で、言語の違いを埋めたりするように、国際社会の中で特に必要とされていると感じる
  • いろんな情報を手に入れる
  • ある一つの文書がどういった内容であるかを知りたいとき
  • 休講情報を知る手段として学生がoucnaviを使用している

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝