知識科学基礎

  • 近年、スマートフォン・タブレットなどの情報器機の発展により、それらを用いた学習方法が開発され始めている。
  • 電子機器が発達し、インターネット媒体が必須となっている時代
  • 誰でも簡単にメディアを通して、情報を得られる時代。
  • 大学生にとってタイムマネジメントが大変重要な時代である。
  • 大学人気に伴い、自ら意欲的に学ぼうとする学生が増えてきている時代。
  • "大学では、一人一人が異なった授業、サークル、バイトでライフサイクルが異なっている。
  • "
  • 多くの天使的な文書が蓄えられるに従ってその文書の内容を大まかに把握するという目的でのキーワード抽出も重要になっている。
  • 多くの学生が休み時間に学校内を行き来していて、混雑することがしばしばある
  • 全国の大学で、コンピューターを用いた学習が行われている。それにより、自身の成績などを確認出来る。
  • 世界共通言語の英語を話せることが、必要不可欠とされる時代。しかし、現在の大学の英語教育では、一人ひとりのレベルにあった授業ができておらず、社会に出て英語を活用出来る人材の育成ができていない状況。
  • 人工知能をインターネットやスマートフォンの音声応答アプリに利用している時代。
  • 人工知能の発達により、教育方法が変化しようとしている
  • 人工知能の発達により、より多くの事が人の手に頼らずにできるようになった。
  • 人工知能の発達により、「識別」の領域が人の顔を認識する水準にまで達した。
  • 人工知能の発達によって、今後の社会に大きく影響を与えると考えられている背景
  • 人工知能の研究が進み、様々な分野の発明に導入されている。
  • 人工知能に関する技術の発展により、今まで人間が行う必要のある作業を人工知能が代わりに行うことができるようになってきている。
  • 人工知能と対話ができてしまう時代
  • 人工知能が普及しつつあり、研究が重ねられている時代
  • 人工知能が発達している。
  • "人工知能が発達している
  • 人間でなくては出来ない(人間に向いている)仕事と人工知能に向いている仕事を区別し、適材適所に仕事を分配する必要がある"
  • 人工知能が発達しつつあり、少しずつ生活の中に取り込まれている。
  • 人工知能が発達したことにより私達の生活を豊かになっている
  • 人工知能が発達し、人不足などを補うことができる時代。
  • "人工知能が人間の生活をサポートしている時代。
  • 開発・研究にとどまらず、行政や産業での実用が進んでいる。
  • "
  • 人工知能が社会に貢献し始め、人それぞれが知りたいリアルタイムの情報を入手できる時代。
  • 人工知能が一般的に普及しつつあり、人工知能の力を色々な人が必要とする時代。
  • 人工知能(AI)は、既に様々な商品・サービスに組み込まれて利活用がはじまっている[川合 17]
  • 人工知能(AI)が一般生活に用いられ始めている
  • 人の手で行われていたことが、AIなど、機械が自動で行われるようになりつつある(車の自動運転、音声検索など)
  • 情報社会で、情報やデジタルを利用したものがとても多くなっている時代でもあり、少子高齢化が進んでいる時代でもある。
  • 情報社会
  • 情報化社会の進展によって、あらゆることが瞬時に誰もが把握できるようになった社会。
  • "情報化社会
  • 人間でなくても受け答えができる時代"
  • 情報が大事な時代
  • 情報が溢れている時代。
  • 情報が溢れかえっている時代。
  • "奨学金の滞納の問題からもわかるように、学生の貧困は近年深刻化している。
  • お金が十分にもっていない状況では、食費にかけられる金額も下がり、その結果栄養バランスは偏りがちである。"
  • 従来プリント、紙媒体で行っていた講義の出席、ミニレポート、そして講義のレポートなどがインターネットを通して提出、確認できるようになった。
  • 紙媒体の管理よりもデジタルでの管理の方が便利で容易である。
  • 紙の地図ではなく位置情報を利用した連動して動く地図が普及している時代
  • 仕事、業務の機械化が現在進行形で進みつつある時代である。
  • 札幌に住む小樽商大生にとって、学校が遠い。
  • 今日、広い大学内で、どの教室がどれくらい空いているのか、空席はどれだけあるのかの情報をすぐに得ることが難しい時代になっている。
  • 講義では黒板に書くこと以外にも口頭で重要なことをはなすことが多々ある
  • 現在は就活するにあたって、買い手市場となっている
  • 現在、人口知能によって今まで人間が行なっていた仕事など代わりに行なっている時代である。そして、学校内においても人口知能を役立つことが可能である。
  • 現在、人間の仕事が人工知能などによって代替されている時代である。
  • 現在、情報端末の普及により、仕事や学校に関する情報をスマートフォン等で管理する時代となった。
  • 現在、小樽商科大学において学生が昼食をとる際には、食堂を利用することが最も一般的な手法である。しかし、小樽商科大学では、特定の時間に多数の学生が食堂を利用することが多く、座席を確保することが困難である。
  • 携帯の普及率が高まり、いつでもどこでもSNS等で連絡をとれる時代
  • 近年はITの発展、進歩により、あらゆる人が情報化社会の恩恵を受ている時代。
  • 近年スマートフォンの普及によって授業のスタイルが変わりつつある時代である。
  • 近年、日本の技術力が大幅に向上してきた。
  • 近年、大学生が授業をサボりがちになっていることにより、出席をとる方法に課題があり、授業にしっかり出させるような改善が望まれている。
  • 近年、大学進学率が高く、地理的ハンデのある大学では、遠隔講義の構築が望まれている。
  • 近年、大学の授業レビューを共有できるサイトやアプリケーションが増えている。
  • 近年、大学において昼休み時間に、学生が購買や食堂に殺到しているという状態にある。
  • 近年、掃除機や英語の翻訳機能など様々な場面で人工知能が活躍している時代である。
  • 近年、精神的な不安を感じる人が多い時代である。
  • 近年、人工知能の発展により人工知能による自動運転が注目されている。
  • 近年、人工知能の発展によりますますAIが私たちの生活の一部となっている。
  • 近年、人工知能の発展により、様々なものに人工知能が活用されている。
  • 近年、人工知能の発展により、目的の情報の提供における例外状況のような課題があり例外状況を修正する方法の改善が望まれている。
  • 近年、人工知能の発展により、人間の仕事が人工知能を搭載したロボットに奪われるという課題があり、人間の仕事と人工知能の仕事関係の関係構築が望まれている。
  • 近年、人工知能の発達によりデータの管理が容易になっている。
  • 近年、人工知能が発達してきており、身近なところでも利用されてきている。
  • 近年、人工知能が大学でも使われ始めている。
  • 近年、情報化の発展により、休講情報の自動通知の構築が望まれている。
  • 近年、小樽商科大学の学食の人気に安定があり、昼休みなど学生で非常に込み合う。
  • 近年、国際化が発展しており、社会に出ると外国語、特に国際語である英語を使う機会が増えてきている
  • 近年、講義のデジタルの使用が頻繁に行われるようになり、不具合や質問事項が多い。
  • 近年、レポート評価を行う講義で、同じ趣旨をひたすら言い回しを変えて繰り返すことで文字数を埋める『レポートの水増し』をする怠惰な大学生が増えている。
  • 近年、モンスターペアレントの増加により、大学への苦情が殺到するような課題があり、電話対応の機械化が望まれている。
  • 近年、タブレットの普及やネット環境の発展により、教育環境の変化が生まれている。
  • 近年、スマートフォンの普及や社会で英語が必要になってきたことにより英語の学習方法が変わってきている。
  • 近年、スマートフォンの普及によりだれでも情報を発信または、受け取りが容易になった。
  • 近年、インターネットの普及に伴う大量のデータを活用した機械学習の広がりにより、ディープラーニングという新しい技術が登場し、人工知能の性能が格段に高まっている。
  • 近年、SNSの発展により学生のいわゆるボッチ等の課題があり、友人関係の構築が望まれている
  • 近年、LINEする友達がいない「ぼっち」が増えている。
  • 近年,電子書籍の発展により,大学でもその普及を推進するところが増えている。
  • 教育の現場で人工知能が使われ始めてる
  • 介護が人手不足の時代
  • 過労、暴飲暴食などで胃腸がストレスを抱えやすく、またそれがきっかけで過敏性腸症候群を患う人が急増している時代
  • レポートや出席などにパソコンやスマートフォンを使うことが多い
  • ファストフードやコンビニ弁当などの発達により栄養が偏りやすい時代
  • パソコンやスマートフォンといった電子機器が普及している
  • ネットが盛んになり、スマホを皆んなが持っている時代。
  • ネットが浸透し誰もがインターネットにアクセスできる時代
  • デジタル化時代
  • たくさんの生徒が受講する講義では別教室で中継をして講義を受けることができる時代
  • スマホが広く普及している時代。
  • スマーフォンが普及したインターネット社会
  • "スマートフォンをみんなが持っていることが当たり前な時代
  • ネットが身近な時代"
  • スマートフォンやインターネットの普及により、大学の授業形態が大きく変わろうとしている時代
  • スマートフォンの普及が著しい
  • スマートフォンが普及し、インターネット環境が充実している。
  • グローバル化が進み様々な分野で英語が必要とされる時代
  • インターネット技術の発展により若者の生の人間とのコミュニケーションが減少している。
  • インターネットの普及により様々な情報がすぐに手に入れられ、蓄積されてきている。
  • インターネットで何でも調べることができる時代。
  • インターネットが当たり前ということ自体古くなってきている時代。
  • インターネットが著しく普及し、社会で必要不可欠となった時代。
  • いたるところに防犯カメラが設置されており、容易に個人特定することができるといった、コンピューターの時代。
  • あらゆる場面で機械化が進んでいる
  • あらゆるものがデジタルに、電子端末で事が足りる時代
  • SNSの普及が著しく、身の回りの色々な事象が人工知能やコンピュータに頼りきっている時代
  • SMSなどのネットで繋がる時代
  • IT化が進んだ時代
  • AIの実用化が進んでいる。
  • AIが発達している時代。
  • 1秒1秒の行動が重要視される時代

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝