知識科学基礎

  1. SNSで必要な情報を入手することがあたりまえになり、自分から繋がりにいかないと情報を入手するのが難しくなっている。
  2. あらゆる企業に勤める人々がその企業のホームページなどをより便利で拡張性のあるものにすること(よりたくさんの人に見て貰うために)が求められる
  3. イーターネットの使い方が下手だったり、使い方がわからない人
  4. インターネットを使う人々が、知りたいことがある際に必要とする
  5. インターネット社会が進むなか、増加する高齢者が社会から取り残されないよう、高齢者に使いやすい機器、インターネットが必要
  6. お年寄りが、快適に家での生活を送ることができるために必要である。
  7. このような背景を踏まえて、英語をより学習し実践的に使えるようになろうという人が増えた。特に学生は留学という経験をし、英語を実践的に扱えるようになろうという者が多くいる。しかし留学に行きたくても行けないという者も中にはいる。金銭的問題や時間的問題、そんなに英語が話せるわけでもないのに大丈夫だろうかという不安などが原因である。そんな彼らのために、人工知能をもったコンピュータとコミュニケーションをすることを提案する。人工知能を持っているので、英語が話せるレベルや内容を個人個人に合わせることができ、実践的な英語力を身につけることができる。
  8. これから就職し、世界の現場で働く大学生が効率的に英語を学ぶことができ、尚且つ大学教授が自分の研究に専念できるような状況
  9. サークルやゼミなどで教室の予約が必要な生徒、また、大学職員の仕事の負担の軽減のためにも必要なシステムである。
  10. すぐやめずに改善しようとする若者を会社が必要としている。
  11. スケジュールやタスク、時間割などを分類・提案したい
  12. セキュリティの強度を求めて、生体認証技術の発展やモバイルデバイスの普及されたことで、従来の鍵に変わるセキュリティテクノロジー開発されている。
  13. そこで、大学での授業以外での講演会等への出席へ主体的に出席することなどが求められるが、現状ではポスター等の紙媒体での連絡が主だが、必要な情報が十分に集まらない場合がある。そこで、人工知能を活かした電子媒体でのスケジューラが求められている。
  14. そのため各キャリアのデータ回線の他に高速で快適なネット環境を望んでいる。
  15. その情報処理能力を利用して、自分が法律の判例を探したい時。
  16. それらに関心、知識がない人たちが、手を出すきっかけが必要である。
  17. テストや試験の採点者が文章問題を的確に採点する際。
  18. どうやって売り上げ、会社の利益につなげるかネット社会を前提に考える必要がある。
  19. ネットだけでは理解できないものがあるので、勉強を教えてくれるもの
  20. バスの運行状況をスマホなどで得られるシステムがあるといい。
  21. みんなに情報が行き渡る必要がある
  22. レジが非常に混雑するために、その業務の効率アップやミスの削減が必要である。
  23. レポートの提出を忘れてしまうことがある。
  24. わかりにくかった講義のアシスタントとして必要。
  25. 一人暮らしの学生が、食生活が乱れている状況で、更生するため。
  26. 遠いしわかりにくい1号館の教授の部屋を生徒が訪れる時
  27. 課題や論文を書く際に必要なコンテンツである。
  28. 我々は提示された膨大な情報の中から自分に必要な情報を取捨選択する必要がある
  29. 我々学生が一般常識を身に付け、その先の見聞を広げるためにも、一般教養科目や語学科目、学科科目など通常授業の学びを実りのあるものにすることが必要。
  30. 皆が正しい情報と誤った情報の取捨選択ができる必要がある
  31. 外国語を学ぶ学生が学校以外で勉強する際に必要とする。
  32. 外国人が観光や移住により身近に言語の翻訳を必要としている
  33. 各個人が、普段の生活で自分の健康を チェックするために必要
  34. 学校が閉まった時に用事がある人
  35. 学校に通う学生が、どの講義を取れば良いのかを、教えてくれるものが必要
  36. 学食で注文するとき、足りない栄養素などを警告したりする
  37. 学生が、快適に学校生活を送る上で必要とする
  38. 学生が、学校での空いたお昼ごはん場所を求める状態で、今までの時間帯と人数の傾向、すき具合の情報を必要としている
  39. 学生が、自分にあったものを探す状況。
  40. 学生が、履修抽選によって時間割作成にしまう状況を回避するために必要としている。
  41. 学生がバイトを探している状況で
  42. 学生が求めているものをすぐに見つけられたり、手に取りやすい状況を作ることが重要となっている
  43. 学生が交通機関の遅延や病気、忌引きなどで講義を欠席せざるを得ない状況
  44. 学生が講義で、実践をするさい。
  45. 学生が自分が欲しい情報を見落としてしまうので自分の欲しい情報が簡単に目につくようにする必要がある
  46. 学生が授業内容が分からないときに必要としている。
  47. 学生が大学で授業を聞き逃した場合に、ネットで調べるとすると、色々な情報が散乱してしまうが、授業内で得た情報のみを得たい時に必要になる。
  48. 学生が大学の図書や資料をいつでも閲覧できるような必要
  49. 学生が大学内や登下校の際に、現金ではなく、スマホで決済できるようにする。
  50. 学生が勉強しやすい環境作りが必要である。
  51. 学生が様々な状況で必要とする
  52. 学生たちが、さらに便利に情報を入手することを求めている。
  53. 学生たちはできるだけ自分の能力、興味、生活環境に適した科目を選択し、より効率的に単位を修得することを必要としている。
  54. 学生は自分の将来設計にそった就学プランを選択できるような支援システム
  55. 学生も、自分のスマートフォンなどの端末で講義の情報などをできるだけ多く収集したい。
  56. 学生や教員が座れるように予約する必要がある
  57. 学生や大学関係者がレポートや卒業論文などを書く際に資料を調べるとき
  58. 学生向けに、講師が話したことを自動でノートにまとめてくれるシステム
  59. 学生達はより効率的で利便性のある勉強方法を望んでいる。
  60. 学生同士で講義やテスト等の情報を共有するシステム
  61. 学内の研究者が膨大な計算量を必要とする研究を行う状況
  62. 企業などでは特に大事な情報を守る、セキュリティ対策が必要である。
  63. 機会音痴の人が、パソコンを使う時
  64. 教師が生徒を出席させるために必要としている。
  65. 教授や学生等が学術資料の検索の際に文献の一部からでも必要とする情報を調べれるための必要性がある。
  66. 経営側が素早く完璧な仕事を求めている
  67. 現代人が情報が錯綜する世の中で、必要か不必要かの判別をまかせるために必要としている
  68. 言語の違いでコミュニケーションがとれない人がいる。
  69. "個人が必要とする情報がスマホなどですぐ見れるようになることを必要とする。必要とする基準は、manabaなどで開くページを学習させる。
  70. OUCナビ、もしくはmanabaのページで表示できるのが望ましい。"
  71. 雇用者は労働力が必要
  72. 効率良く掃除をする必要がある。
  73. 講義をする講師が、出席を取る際に必要とする。
  74. 講義を正当な理由で休んだ時に、その時の授業内容がわからない。
  75. 購買を使う学生がスムーズにレジを通過できるシステムが必要とされている
  76. 高齢者が、その場から公共交通機関まで遠い時に必要
  77. 今は大学の重要な連絡について大学構内の掲示板で知らされるが、情報を見落としてしまう事もあり、音声認識システムを使ってのは解決は出来ないだろうか。
  78. 私自身も含め、学科選択時に自分は何に向いているのだろうかと悩んだ時期があった。そういったときに、当時の成績などから分析してどんな学科が向いているから理由付けをして判断をしてくれる機能が必要とされている。
  79. 若者から中年までほぼすべての時間で
  80. 授業にかかわる先生や生徒が、授業を円滑に行うために必要。
  81. 就職に苦労している人々が簡単に参入出来ること
  82. 就職活動
  83. 就職活動をする人が、自分に適した職業を探す際に必要。
  84. 就職活動を控えた学生への面接の練習用として利用できるかもしれない。生身の人間ではないので、シャイな学生にも、練習の第一歩として役に立つのではないか。
  85. 初めて商大を訪れる人が迷う状態
  86. 初めて小樽商科大学に来る人々や通っている学生たちが、なにか情報を求めているときに必要としている。
  87. 商大で行なっているe-learningは皆同じ、一定の問題しか出ない。苦手、得意対応にしてほしいと思っている学生も少なくないだろう。
  88. 商大生が自分に必要な情報をアプリで手早くわかる、掲示板などの情報もわかるようなアプリ
  89. 小樽商科大学の一年生が学科選択の参考として自身がどの学科に適していると思われるか判定する適性診断を必要としている。
  90. 小樽商科大学はその一つであり、大学をあげてグローバル化を推し進めている最中である。しかし、グローバル社会の共通語として認識されている英語の、学生への定着は難しい。
  91. 小樽商大生は、極力短時間で各自の履修したい科目を探したいと考える。
  92. 消費者が自分が欲しいものをすぐに見つけられる必要がある
  93. 上記の時代背景を踏まえて、今まで人間による分野であった、作業などの指示の分野、またいわゆる職人技を保存するために人工知能は必要なのではないだろうか。
  94. 情報が正しいか誤ってるかどうかわからない個人が悩んでいる時
  95. 情報を扱う人間が、正しい情報や欲しい情報を手短に且つ正確に必要としている状況。
  96. 情報収集が単一の端末で得られることへの需要が高まっている
  97. 情報端末が上手く扱えない人々が、複雑な操作によって情報を得なければならない状況。
  98. 食堂や図書館の混雑している状況を避けるために学生が必要としている
  99. 新入生が時間割を作成する際、過去の学生が作成した時間割を参考にして作成することが可能になるシステム。
  100. "進路決定を手伝う人工知能を用いたシステムを、大学生(商大生)が
  101. 進路選択において必要としている。"
  102. 人々がいち早く日本や世界の出来事などを知りたいとき
  103. 人工知能はスーパーマーケットやコンビニにも活かせると思う。それはレジなしでお会計を済ませられることである。そうすることによって、お客様のレジに並ぶ時間やレジに立つスタッフの人件費をカットすることができる。
  104. 生徒が課題を提出する、あるいは講師が課題を公開するとき
  105. 生徒が授業の時間割を組む時
  106. 生徒が図書館で本が多すぎを探すことに苦戦している状況で必要としている
  107. 生徒ももちろん学外の人が大学構内の地図や設備など必要に応じた情報をピンポイントで入手できることを望んでいる。
  108. 先生が、授業中に、言ったことを人工知能が文字に起こしてくれる。
  109. 先生が講義を持つ上でスムーズに講義を進めるために必要としている。
  110. 全ての人が生活するのに必要としている。
  111. 多くの大学の教授は、インターネット上などで出席や課題などを集めることでデータを扱うことが容易になるのでスマホやpcなどを利用した授業を行ってきている
  112. 体育館の更衣室などの防犯対策の強化が、商大生に必要とされている。
  113. 大学では、TAや窓口対応などの人手不足の問題が現れている。
  114. 大学では授業に止むを得ず出られないことがある
  115. 大学に関係する人々は大学の講義・行事・部活やサークル・ゼミについて様々な情報をネットを通して欲しいときにすぐ得れることを望んでいる。情報知らないがために損してしまうことも多い状況下であるためだ。
  116. 大学の学食の経営者、食料廃棄の削減に努める者
  117. 大学の教師が出席確認をする際に必要としている。
  118. 大学の教職員が、多数の生徒から膨大な数のレポートを電子データ受け取り採点しなければならない時
  119. 大学の講義で教諭が、出席を取りたいが専用のアプリケーションを使うことが難しい状況、また生徒がスマートフォンを持っていない、電池切れで動かないという状況で、より簡単に、紙を用いた確実な出席提出を必要としている。
  120. 大学の生徒は部屋の温度がなかなか適温にならず、過ごしにくさを感じている。
  121. 大学の先生が、効率よく学生の出席を確認するために、確実にデータ処理をすることができる人工知能が必要。
  122. 大学生、特に新1年生は膨大な量の電子化されたシラバスから時間割を作成する必要があるが、履修必修科目や単位数制限など、考慮すべきことが多い中で作成するのは非常に大変な作業である。
  123. 大学生がインターネットを使用して語学学習を行う。
  124. 大学生がサークルや履修などの選択の場面で口コミなどの情報収集手段が必要
  125. 大学生が就職活動の時に自分に合った分野を入学初年度から選ぶ際、必要とされている。
  126. 大学生の目下の課題の一つに就職活動がある。就職活動が本格化する大学3〜4年生は就職活動の情報を得るために奔走している。
  127. 大学生は、時間割を作成するとき、どの講義が単位を取りやすいか情報を必要としている。
  128. 大学生や大学の職員、教授が大学の情報が莫大な状況。
  129. 大学内で学生が掲示情報を見る時
  130. 大学付属の図書館は大学生へ、学習においての図書の利用を積極的に勧めていくべきである
  131. 大人が仕事や育児、家事などに効率性を求めている。
  132. 誰がどのように情報を発信しているのかがわからず、無為に情報を受け取り、必要な情報が整理できない。自分が欲しい情報を整理して受け取りたい学生が増えている。
  133. 注目されるのは大学に人工知能業務システムを導入し各システムを統合することでバックオフィス業務を標準化・効率化することである
  134. 通学に伴い、悪天候などである季節において通学することがコンスタントに行えないような学生や、会社で勤務しており大学に平常通り行けないが学び直したいという社会人に対し、ネットによる講義を行うことが求められている。
  135. 定期試験対策、講義の詳細をしりたい時
  136. 冬に商大生が道路でコケないようにしないようにする必要
  137. 同時に大学教員の授業の負担も増えるため、これを軽減する必要がある。
  138. 特に大学では、多数の生徒の学習を人工知能を使って管理することが注目を集めている。レポート評価や、学生からの質問なども人工知能を通して行うことで、より簡易に効率的に生徒に還元できる。
  139. 特に大学では人工知能を用いて、マークや選択式問題だけではなく、記述式問題やエッセイ、小論文などの自動採点を行うことが注目されている。
  140. 内定の決まった大学4年生がバイトを探している
  141. 農業に従事している人の大半は、天候や気温を考慮して農業をせねばならず、決定を下す際に、それは勘や経験を頼りにする。そのため、農業を新しく始めようとする人にとって、勘や経験が働かないため困難に陥ってしまう。また、勘や経験が働く人にとっても、不確実なことであるため失敗する恐れがある。
  142. 発展を遂げた社会はさらなる効率性を求めるようになる。そんななかでは人工知能の研究がさらに取り組まれている。便利さの追求としての人工知能の活用例としては検索エンジンが挙げられる。検索エンジンは、ウェブサイト内に使用されているキーワードからそのサイトの特徴を認識し、学習することで、質の低いコンテンツや、有害コンテンツを見分けて表示のランクを下げている。その結果、検索エンジン全体が最適化されている。
  143. 貧困な国で、貧しい人々が安全な水や食料、環境などを必要としている。
  144. 複数の組織に所属している人、タスク管理が困難な人のためにスケジュールを自動的に管理するツールが必要
  145. 便利さを求める。
  146. 民間企業や行政が大学で専門知識を身に着けた人材を即戦力として必要としている。
  147. 労働力や、効率性を必要とする企業、もしくは個人などが必要としている。
  148. 論文を書く学生が、書こうとしていることに合致した本や卒業論文等をより迅速に得ようとする状況

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝