知識科学基礎

  1. 20代の若者でも生活習慣病になりやすい時代
  2. AIが発達し、元々人間がやっていた仕事や役割をAIが受けもつ時代。
  3. iOSでは写真の顔を認識してアルバムが作られるようになった。
  4. SNSなどのネット上で繋がる時代
  5. あらゆる情報がデジタル化され、いつでもどこでも情報が得られることが当たり前の時代。
  6. インターネットがごく当たり前に使われていることと、情報の持つおおきな効果
  7. インターネットが急速に普及し、社会で必要不可欠となっている。
  8. インターネットが普及し、スマートフォン・タブレット端末を積極的に使用する社会
  9. インターネットでどこにいても簡単に情報が入手できる時代
  10. インターネットによる情報化が浸透し、相互的な通信技術が発達している時代。
  11. インターネットの普及によって、ネットワークの発展が全面的に隆盛している
  12. インターネットやスマートフォンの普及によって取得できる情報が多様になってきた時代
  13. インターネットや機械が苦手な高齢者は増加しているが、インターネット社会は加速している時代。
  14. インターネット社会が広がり、インターネットを使うだけでなく、インターネットの一部を作り上げることが必要とされる世の中
  15. グローバル化とデジタル化が進む時代である
  16. コンピュータやネットワークを用いた、情報を集積・整理する便利な機能が多く開発される反面、その発展の速さに追いつくことが難しくなっている時代。
  17. スマートフォンから様々な情報を入手する時代
  18. スマートフォンが広く普及している時代
  19. スマートフォンが普及している時代
  20. スマートフォンの普及で人間関係が狭くなった。
  21. スマートフォンの普及によりインターネットを通じてアプリを利用することが容易な時代
  22. スマートフォンやタブレットが普及し、新しい学習法が提案されている。
  23. スマートフォンやタブレットの普及により、授業でタブレットを使用する学校が増えている。
  24. スマホが普及している時代なので
  25. スマホでのアプリ使用が活発な時代
  26. スマホの普及などにより、情報化社会が進んでいる時代。
  27. スマホの普及により、多くの人にとってインターネットが身近になった。
  28. スマホやpc等を利用して授業の出席や課題提出などをおこなっている時代
  29. たくさんの情報が飛び交っていて人々が情報に対しての無関心になっている時代
  30. データに基づくマーケティングとそのリコメンド
  31. データは大量で、得ようとしている情報を探すことそのものに膨大な時間が消費される時代
  32. デジタルな時代
  33. デジタル化の時代で、紙媒体から電子書籍へと移行しつつある。
  34. デバイスで情報を管理することが増えた時代
  35. ネットでなんでも調べる時代
  36. ネットの情報に頼る傾向がある時代。
  37. ネット中心の時代に入り、マーケティング企業に変革が求められている。
  38. パソコンを扱うことが多い時代
  39. ひとり1台スマートフォンを持っていて当然な時代
  40. ほとんどの人々が日常的に、かつ様々なSNSを利用して、個人の知識や経験を絶えず発信している社会
  41. ほぼ全員がスマホを使う時代
  42. めんどくさがりな若者が多い時代なので
  43. より正しい情報が求められる時代
  44. ライフスタイルが多様化し、タスク管理が難しくなっている。
  45. 英語が必要なグローバルな時代であり、尚且つ大学教授の研究をより前進させるべき時代
  46. 音声認識技術の発展により、Siriやしゃべってコンシェルのようなものが人々の間に普及した。
  47. 何か教材を使って勉強をしようとする時、進研ゼミの教材などに見られるように、個人に合わせたテキストが必要。
  48. 家宅侵入・窃盗の多発など、セキュリティの強度が重要視されている時代。
  49. 画面を使って授業をする時代
  50. 学校付属の図書館の利用者はとても多いとは言えず、また図書館側も学生を呼ぶ取り組みをあまり有効的に行えてない。
  51. 学食座席確保に苦労する時代
  52. 学生たちが校内の電子掲示板で手に入れたい情報をいつでも手に入れることができる時代。
  53. 学生の食事に偏りがあり、生活習慣が乱れ、学業に支障が出る。
  54. 近年、Googleの人工知能AlphaGo?」がプロ囲碁棋士との対局は、AIの圧勝に終わり、人工知能が大きいな話題になった。人工知能の分野で非常に大きな注目を集めている技術はディープラーニングである
  55. 近年、インターネットも普及により誰でも好きな時に情報を手に入れられる時代
  56. 近年、バイトをしながら大学に通う多忙な学生が増加している。
  57. 近年、我々の身近なところで作業が機械化・自動化され、それによって従来のシステムが大きく変化してきている。それは、教育の現場でも同じことである。
  58. 近年、人工知能がさまざまなところで導入されている。
  59. 近年、人工知能が注目され、ビッグデータを用いた技術が推進され始めている。様々な分野で人工知能の活用が活発になっている中、教育事業への導入も進められている。また、グローバル化に伴い、グローバル化を視野にいれカリキュラムを組む大学も少なくない。
  60. 近年、人工知能が発達して教育現場での活用が期待されている。
  61. 近年、人工知能は乗り物やサービス、医療など多分野で活用されてきている。このように人工知能を活用したものを我々は利用し、適応していく必要性がある。
  62. 近年、大学教育での主体的な学習の必要性が高まっている。[1]主体的学びとは何か土持ゲーリー法一 http://www.activellj.jp/?page_id=207
  63. 近年、大学生にはあまり勉強しない人が多い。
  64. 近年、冬季の暖房設備に関して問題が生じている。
  65. 近年スマートフォンの普及により高度な情報管理が可能に
  66. 近年まだ地獄坂を徒歩で登り降りしてる
  67. 現在、人工知能を利用した防犯システムがいくつか提案されてきている。
  68. 現在、大学生におけるスマートホンの普及率はとても高い水準にある。
  69. 現在のIT社会において、教育面のIT化も盛んである。
  70. 現在の社会にとってインターネットは欠かせない時代になっている。もし、インターネットがなくなってしまったら世の中は回らないだろう。他人と通信することの必要性や情報の価値はどんどん高まっている時代である。
  71. 現在の日本は少子高齢化により、老後を1人で生活している人も多く、また多くの人が利便性を求める時代である。
  72. 現在数多くの人達がスマートフォンを使っている
  73. 現代は、誰もがスマートフォンを持ち、情報共有・開示が手軽にできる時代である。
  74. 限られた資源を無駄に出来ない時代
  75. 個人が忙しく、毎日サイネージなどで重要な情報を見逃してしまう
  76. 効率化が進み、情報のスムーズな利用が求められている時代の中で、教室の使用予約や空き教室の確認をネット上でスムーズに行えるシステムが必要である。
  77. 効率的な情報検索が求めらる時代のために紙媒体の電子化の必要性。
  78. 高齢化によりタクシーの需要が高まる
  79. 国によって貧富の差が激しい時代。
  80. 今世界ではグローバル化が進み、日本でもグローバル化に対応しようといった動きが様々なところで見られる。特に世界一の主要言語と言われている英語の使用は日本でどんどん広がっている。例えば義務教育で英語を取り入れる時期を早めたり、日本の会社でも公用語として英語を取り入れたり、英語が得意な人材を優先的に採用する、などといった例が今増えている。
  81. 昨今、大学進学率が高まり、年々大学生数が増えている。
  82. 産業や科学技術の発展よって現代の社会は成り立っている。今後もさらなる発展のために人工知能というものがうみだされる。
  83. 自らに適した職業を見つけられず、就職しても数年でやめてしまう時代。
  84. 若者がすぐ会社をやめる時代
  85. 授業で出席をとるのに手間がかかる時代なのでその手間を省く必要性がある。
  86. 就職が厳しい時代
  87. 就職活動をするうえで企業がより専門的な知識を活用できる学生をもとめており、それに伴い学生自身が早めに自分の進む道を決めその分野の学習に意欲的に取り組むことが必要とされている時代。
  88. 商大では一方的な座学の授業が多い。
  89. 小樽商科大学に所属する多くの学生が購買や食堂を利用している
  90. 小樽商科大学の多くの学生が食堂や購買を利用している時代
  91. 小樽商大では科目履修登録の際に抽選が行われるが、その抽選で落選してしまい、時間割の作成に手間取ってしまう学生が多々いる。そのため、抽選の際に抽選科目別の人気等を知ることができる必要性がある。
  92. 少子化社会。人手不足社会。
  93. 少子高齢化時代
  94. 情報が錯乱している時代。
  95. 情報の有無で格差が生まれる社会
  96. 情報をインターネットで共有する時代
  97. 情報を簡単に手に入れられる時代
  98. 情報を機械が管理する時代
  99. 情報化。グローバル化に伴い多様な学問知識が必要な時代
  100. 情報化が進んだ社会
  101. 情報化社会が浸透した時代なので誰もが容易に膨大な情報から必要な部分だけを抽出できる必要性。
  102. 情報化社会に伴い、人工知能を用いた新たなサービスやプロセスの改善が望まれている時代。
  103. 情報格差の時代
  104. 情報端末への精通度合いによって得られる情報に格差が生まれるため、誰でも簡単な操作で情報が得られるべき時代。
  105. 情報量が非常に多い時代
  106. 情報量が膨大になり、正しい情報を見極める能力や短い手順で必要な情報を正しく入手できる能力が高くないと多様化する社会についていけないので、上記のような能力の必要性が高い時代。
  107. 人々(特に大人)が常に時間に追われている時代
  108. 人がスマートフォンに依存している時代
  109. 人の扱う情報の量が過多となった時代
  110. 人件費が上がる中、清掃(ゴミの回収)をする人が減っている。
  111. 人工知能があらゆる分野に活用され、また人工知能自体がディープラーニングで成長していく時代
  112. 人工知能が広まり、浸透しつつある。
  113. 人工知能が身近にある時代
  114. "人工知能が発達し、スマートフォンにまで組み込まれるなど人々の日常の一部となっている。
  115. 検索などもただインターネットを利用するわけではなく、人工知能を介して行う機会も多く、また人工知能のレベルも上がって来ているため、人との会話からその人を分析することも可能であるだろう。"
  116. 人工知能が発達し、日常会話ならある程度は行えるようになっている。
  117. 人工知能に対して、信頼と不信感がある矛盾している時代
  118. 人工知能の研究が進み、情報処理の技術が発達している。
  119. 人工知能の発展が目覚ましく、あらゆる分野への応用が考えられている。
  120. 人工知能を備えたロボットが活躍しようとする時代
  121. 政治的情勢の不安定や経済的な見通しの立たなさにより、未来ある学生が安心して自分の将来に合わせた就学をできない時代。
  122. 正しくても誤ってても情報がすぐに容易に手に入る時代
  123. 生徒が出席をとる授業かどうかで、授業に参加するかどうかを決める
  124. 他国からの留学生が増えてきている。
  125. 多くの学生がスマホを所持する時代である。
  126. 大学では、出席の取り方が効率が悪い、、、。
  127. 大学に生徒以外の人も図書館や食堂、観光などで多く訪れるため手軽に大学内の情報を入手できる設備が必要。
  128. 大学に通う学生たちの多くがアルバイト、部活、サークル、就活等で忙しく大学の勉強に多くの時間をさくことができない時代
  129. 大学に入ることが当たり前になり、大学で特にやりたい分野が見つからない学生が多い。そのため学科選択時に興味のある分野と違うものを選んでしまって変更を願い出る学生が必ずいる。
  130. 大学の講義の課題や出席がネットで行われる時代
  131. 大学の単位習得
  132. 大学の入学者数が年々緩やかに増加している。
  133. 大学図書館で調べものする際大量の資料から選ばなければならず、必ずしも自分に最も必要な本を選ぶことができるとは限らない。
  134. 大学生の学力の低下、学習意欲の低下が著しい時代。就職率の低下。
  135. 大学生の多くが学習意欲が低く、就職する為に大学に来ている時代。
  136. 誰でもレポートを電子データで作成でき、いつでもデータで提出できるため、確認や採点が大変
  137. 誰もがスマートフォンをもち、アナログが排斥される時代
  138. 短期で雇ってくれるところが少ない時代
  139. 電子化の時代
  140. 電子機器が生活に必須な時代。
  141. 日本の食料自給率が低く、また食料廃棄率も同時に問題視されている時代。大学の学食においても食料廃棄量の削減が経費の観点からも同時に求められている。
  142. 必要な情報のほとんどがインターネットから入手できる時代
  143. 偏食
  144. 明確な目的を無く進路を決める学生が少なく無い時代
  145. 様々な作業や事務、サービスまでもが機械化されている時代であり、更なるコストの削減や作業スピードの向上のために今まで「人のみ」が携わってきた分野にも機械化の着手が必要とされる時代になっている。
  146. 様々な新商品が発売され選択肢が氾濫している時代
  147. 様々な物が紙媒体から電子媒体に変更になり、機械化が進んでいる

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝