知識科学基礎

  1. P-tour: 観光スケジュール作成支援とスケジュールに沿った経路案内を行うパーソナルナビゲーションシステム
  2. 無線 LAN 屋内測位を用いた新体験型位置情報サービスと将来構想
  3. 「キーワード」を入力してそのキーワードが含まれる本を検索できる。
  4. "40歳以上を対象とした、ある自治体での調査。
  5. 自記式調査票を用いて健康運動や生活習慣病な"
  6. e-Learning
  7. E-learningや教育アプリ、東進ハイスクールのテストシステム等がある。
  8. Florian Schroffらの研究(2015/03)で800万人の異なる人間の2億枚の顔画像を集約し、顔認識と顔画像のクラスタリングを行っている。
  9. Google scholarで検索したところ、大学においてこういった人工知能を利用した適性検査を行う取り組みはなかった。
  10. "JRの座席予約システムの研究など
  11. http://ci.nii.ac.jp/els/110009424487.pdf?id=ART0009902607&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1481604419&cp="
  12. manabaなどでの資料アップをしている。
  13. manabaなどの携帯端末での出席確認、また磁気カードリーダーでの出席確認
  14. manabaやresponといったものを利用し出席をとったり課題、小テストなどをまとめて行うことができるしすてむがある
  15. n-gram解析を用い、学生のレポートを評価する。
  16. oucナビなど
  17. OUCナビや、manabaなどに、情報を掲載できる取り組み。
  18. SiriなどIphone内にあるすべての情報は教えてくれる
  19. siriによる音声の文字起こし
  20. Siriやりんななど、誰にでも利用できる形でサービスを展開している。
  21. UNIXで動作する小論文自動採点システムなど
  22. Webで、エントリーシートの提出など
  23. アルゴリズムを用いたもの
  24. オンラインショッピングなどにおいて過去の購入記録からおすすめ情報を提供する取り組み
  25. カレンダーなどと同期して、自動的に最適なスケジューリングをする
  26. グループ内におけるソフトウェアでのスケジュール管理
  27. コールセンターなどの電話応対。
  28. この大学においては、manaba、e-learningなど
  29. ゴミ箱などをIoTにし、ゴミが溜まったらセンターに通知
  30. これまでにも人工知能を搭載した学内掲示板を設置したりしていた。
  31. サークル、部活、交友関係でのLINE
  32. ジョージア工科大学はオンライン講座に、ジル・ワトソンというAIのTAがいった。
  33. シラバスの電子化
  34. スキャニングによる紙媒体の電子化。
  35. スマホアプリのOUCnaviなど
  36. タグをつけて整理したり、カテゴリで分けたりするなど
  37. ディープラーニングによる人工知能の成長
  38. ナビゲーションシステム
  39. ネットのトップニュースやマスメディアを通じて情報を開示すること
  40. バイトの求人アプリがあるか
  41. パソコン苦手意識へのアプローチ
  42. ハローワーク
  43. ホームページをJavaなどの高級言語で書くことについて説明されている論文などが見つかる
  44. マナバやレスポンなどといった比較的簡単な操作によって情報を得られるような取り組み。
  45. ロボットの案内サービス
  46. 衣服のリコメンド
  47. 遺伝子組み換えで寒さや暑さ、虫の害に強い野菜の研究や、温度や光を管理した室内栽培などの取り組みがなされてきた。
  48. 一橋大学では基盤教育科目にに「キャリア創造科目」というものがあり、そこで学生にどのような職に就きたいか、どのような大学生活を送りたいか学生自身が考えられるような機会がある。
  49. "一人一人に出席用紙を配って、また一人一人からその紙を回収する方法。
  50. スマートフォンのアプリを使う方法。"
  51. 宇部高専の時間割自動作成アルゴリズム、香川大学工学部の自動時間割作成
  52. 運転適性検査エキスパート・システム
  53. 遠隔操作型のコミュニケーションロボットが用いられ始めている。
  54. 音声情報案内システム「たけまるくん」および「キタちゃん」の開発。
  55. 家、車、金庫など、使用目的によって鍵を使い分けなければならない上に、鍵によっては鍵穴を調べさえすれば容易に合鍵を作ることができてしまうものがある。
  56. 家電製品による作業時間の短縮
  57. 家電製品のボタンを大きく作ったり、ボタンの数を最小限まで減らすことなど。
  58. 画像認識技術を用いて食事を記録する取り組みがある。
  59. 改善案の分析はあるものの、実施例は見つからなかった
  60. 各大学のHP
  61. 学生による問題作成およびその相互評価を可能とする協調学習型WBTシステム
  62. 看護記録文書など、専門的用語を数個で検索した際に、該当した単語が出てくる論文等をピックアップしてくれるツール。
  63. 簡単なユーザーフェイスの追求
  64. 顔認識の精度を上げる研究が行われている。
  65. 京都市内でのバス停では後何分でつくか知らせてくれるランプなどがある。
  66. 教科書付属のCDを家で聴くことがあげられる。
  67. 近畿大学が人工知能型業務システム「HUE(ヒュー)」を導入。
  68. 九州大学でk-nowという混雑予測システムがある
  69. 掲示板や電子掲示板で情報が流れている
  70. 警備員さん、学生センターの人
  71. 現在、グローバル化を推し進める小樽商科大学の施策として、TOEICの受験を義務化し、「社会に出ても役に立つ英語」を学んでいる。TOEIC受験対策の授業では「E-learning」用い、学習の効率化を図っている。
  72. 現在のe-learning、口コミ等を利用して学校のリアルな情報を集めて掲載する「学ログ」、学習習慣の定着が目的の無料動画学習サービス「スクールTV」
  73. 現在は人間が講義のサポートをしている
  74. 公共の施設(病院など)で人工知能を持った機械が案内をするもの
  75. 広告システム。一般的に効果の高いと考えられるユーザに対して広告を配信するもの
  76. 講義におけるチャットを利用したコミュニケーション https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_uri&item_id=42346&file_id=1&file_no=1
  77. 講義の出席確認を入室時のICカードで行い、代返を減らし迅速に出欠確認をする
  78. 購買で学生証、バスでサピカが使えるなどの取り組みがある。
  79. 今までは、会社の説明会などに行き自分が自分に適していると考える企業に就職する。
  80. 今までは人間が管理し学生への対応も行なっていた
  81. 今回提案する方法と似た従来の取り組みを発見することができなかった。これまでの就学支援は人が行ってきたものばかりであり、これまで人工知能を用いて就学支援を行った事例ない。ただこれまで使われてきたディープラーニングの仕組みを応用して制作をすることは可能だと思われる。
  82. 参加型の授業の開発、機能性の高い講義室の開発
  83. 市村らが、2008年に「紙答案と電子フィードバックを併用した講義支援システム」として、マークシート方式での紙媒体試験と個人情報管理を提唱した。
  84. 指紋認証、顔認証など
  85. 紙の掲示板の設置
  86. 紙媒体や点呼、manabaによる出席
  87. 質問に答えてくれるペッパーなど。
  88. 従業員が商品を確認し、それについて一般的なレジ業務を行う
  89. 従来からのAIは、現在では機械学習と呼ばれている手法を使い、フォーマリズムと統計分析を特徴としている。これは、記号的AI、論理的AI、正統派AI、古き良きAIなどと呼ばれる
  90. 従来では、サークルの勧誘に乗じて行なったりしている。
  91. 従来では、学務課の大学スタッフが書類を確認し、教室の使用の許可を出している。
  92. 従来の監視システムの多くでは、固定のCCDカメラが使用されている。
  93. 従来の研究としては2016年に近畿大学は人工知能を活用した大学改革・業務改革を実施すると発表した。ワークスアプリケーションズが提供する人工知能型業務システム「HUE(ヒュー)」を導入し2019年4月からの運用を目指す
  94. 従来の取り組みでは、確率モデルや、文書と単語の共クラスタリングによる文書分類のアプローチが行われてきた。
  95. 従来の取り組みとしては、Facebookのディープラーニング、Microsoftの対話支援など人間が出力した情報を人工知能を用いて分析、処理して再出力といった取り組みを様々な企業がそれぞれ別々の目的で行っている。
  96. 従来の就職活動支援の取り組みとしては、セミナーや、デジタルサイネージによる情報開示などが挙げられる
  97. 従来の抽選は、紙媒体で学籍番号を記入し、各科目の抽選箱に投函する形で行われていた。
  98. 従来は複数台のレジのあるところに並ぶのに時間を要し、お客様のストレスを溜める。また、レジの業務を行うスタッフが必要となり、人件費がかかる。
  99. 従来は冷暖房設備は一括して一箇所で管理されていた。
  100. 出席をランダムにとったり、manabaでとる。
  101. 出席を取るなどの単調作業を各学生にRFIDを持たせることで省略し、効率化を図る取り組み
  102. 出席表や課題を紙ではなくmanabaで学生に提出させることで、確認する作業が簡単になった。
  103. 将棋ゲームを行うAI、コンピューターゲームのAI
  104. 小樽商科大学では、木村ゼミが運営しているOUCnavi
  105. 場所案内だと観光案内ロボットがある
  106. 新たなメディアや販促手法をどんどん取り入れている。
  107. 新入社員などに対して、どのように過ごしたらいいかなどの講習を会社で取り組んでいるところがある。
  108. 新聞やネット、複数のメディアで情報を調べる
  109. 人による同時通訳がある。
  110. 人気の商品を調査し、それを入口のワゴンに入れるなどして宣伝している。
  111. 人工知能が問題の難易度を計算するもの
  112. 人工知能ロボット
  113. 人工知能を使い、正面顔、歩行姿、音声とい複数の特徴を組み合わせて個人を識別する。
  114. 人工知能を取り入れたコンピューターやロボットと会話をするという取り組みがある。
  115. 人工知能搭載ドローンが寝ている間に害虫駆除
  116. 人力による採点、模範解答にそった答案の整合性。
  117. 図書の貸し出し
  118. 図書館の前のサイネージ
  119. 図書館の本検索エンジンを利用する
  120. 図書館前のパネルに公式twitterの内容やバス時間を映している
  121. 図書館前のモニターやインターネットでの商大の情報公開ページ
  122. 推薦・意思決定システムとしては、スマートフォンアプリ「京のおすすめ」[2014 杉浦]が挙げられる。
  123. 政府広報など飲食する側へ単なる呼びかけ、食堂の経営者の勘
  124. 全ての人が使いやすいような品質改良。
  125. 多人数の学生に効率よく対応する授業クラスの運営方法
  126. 大学での講義の自動収録配信システム
  127. 大学では、出席をとりそれを成績に取り入れるなど、学生が講義にでるよう取り組んでいる。
  128. 大学の休講情報やバスの時間をまとめたサイトや、それと似たような情報をまとめた大学にある電子掲示板。
  129. 大学の掲示板にバイト情報をのせている
  130. 大学の履修登録支援システムやシラバスなどがある。
  131. 大学講義のノートテイク支援のための音声認識用言語モデルの適用
  132. 誰でも利用できる大学の案内をする対話型AIロボットの大学への設置
  133. 知識人に情報聞く
  134. 中高齢者向けインターネット支援ソフトウェア
  135. 転職マッチングサイト、フォーラムエンジニアリング
  136. 電子化されたシラバスからキーワードを抽出し、学生の興味・関心に沿った科目及び関連科目を導き出し、履修条件とも照らし合わせて時間割を自動生成するツール。
  137. 電卓やそろばんを使って計算していたところを、レジが導入された
  138. 同時翻訳イヤホン
  139. 日本では、放送大学などの例が挙げられる。
  140. 入力されたキーワードをもとに必要な文章を探し出すシステムの作成等
  141. 病院内での食事の管理
  142. 貧しい国で水が飲めるように井戸などの設置。
  143. 部活・サークルで発行しているチラシやネットの口コミサイト
  144. 分散情報資源活用の一手法 : 能動的情報資源の設計など
  145. 歩きスマホ等をやめるよう呼びかけ
  146. 歩道だと凍ったところに滑り止めの砂を撒いたり、車道だとロードヒーティングをしている
  147. 法律知識ベースを基礎にした法律エントロピー
  148. 無線LANの設置、またネットワークの強化
  149. 利用者への図書の推薦システム

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝