知識科学基礎

対話システムに必要な条件は何ですか?

  • 様々な会話に対応できる能力
  • 感情表現の多彩さ
  • 会話が成立すること。
  • 会話が成り立つこと。意味が通じないって感じるとどうでもよくなってしまう。
  • "会話が成立すること。
  • 発信者に不快な思いをさせないこと。"
  • "早さ。
  • キーボードで入力し検索するよりも早く情報を知ることができるか。"
  • 会話が成り立つこと
  • 質問に対する回答がしっかりと的を得たものであること。毎回同じ答えにならないこと。
  • 余計な情報をいれないこと。
  • でたらめな返答をしないこと
  • "会話の自然さ
  • 語彙の量"
  • 語彙力、会話の自然さ
  • 会話が成り立つこと
  • "言葉をグループ化する。例えば、敬語なのかそうじゃないのか。
  • それか、キャラや場面を先に設定して、それに合わせた言葉を入れてもらう。"
  • ある程度会話が成り立つこと。
  • 正確な返答パターンの記録
  • 会話が成り立つこと
  • わたしは、面白さと会話が噛み合うことだと思います。
  • 質問に的確に答えること
  • "・自分が言ったことを理解してくれること
  • ・返答が的確であること
  • "
  • 使用者が対話したくなるような人間味のあるシステムが必要。
  • "まず、語尾が統一されていること。
  • 砕けた会話を理解できなくとも、正確な日本語なら正しく反応してくれること。
  • "
  • システム側が天気や交通情報を自力で取得できるようになること。
  • 面白さ
  • "文脈を読み取る能力
  • 同じ文字でもいみが変わる時があるのでそれがりかいできること"
  • 自然な会話が成り立つこと。
  • とりあえずたくさんの単語を覚えさせることができるのが第一に大事だとおもいます
  • ある程度自分の望んだ答えが返ってくること
  • 使ってる人の表情を読めるようにする、性格を分析する
  • 語彙力
  • 対話者の質問に、より具体的に答えることができること
  • 実は自分が欲しているような、共感してくれているような解答をしてくれる
  • "正確な返答
  • しっかりと会話の内容を理解する知識"
  • 機械的だったとしても対話が成立すること
  • "人間と同じような会話ができること。
  • 言葉の情報量が多いこと。"
  • 本当に人と会話をしているような気になれること。
  • "人を無闇に不快にさせない。
  • 人を和ませる。"
  • てきせつでハッピーな応答。
  • いかに会話を成立させるか。
  • 数多くの情報に対する受け答え。
  • 質問する側の内容に従ってどのような人間なのかを探りどんどん質問者の人格を形成できること
  • "知識が豊富。
  • "
  • いかに会話を成立させるか。
  • 様々な答えが存在すること。
  • しっかりと内容にあった返答が出来るようになる
  • 状況に合わせたキーワードえらび。
  • 成長すること
  • 人と話すのではなく、システムを作っているので、人と話すのと同様の返事をすることが必要だと思う。
  • ある程度の語彙力、話の内容が理解できる、キーワードでいいので気持ちを汲み取る、肯定否定の理解など。
  • "使用者の言葉の使い方
  • 語尾は「教えて。」にするように発言するなど"
  • 語彙を増やすこと、話題が何か理解すること。基本的な定型文を使用できること。曖昧な表現でも対応できること、など。
  • 質問や会話に適切に答えること。
  • 場面にもよって実用性が重視されることのほうが多いと思うが、ユニークさも必要だと思う。
  • "・流行情報を常に更新する
  • ・的確に指示を理解する"
  • 上記(大学の情報)のシステムは、正確な情報を提供してくれることが必要条件となる。
  • 会話を成り立たせるようにするのがまずは必須条件だと思う。
  • テンプレートのようなもの
  • "利用者がとりあえず打つ言葉、例えばこんにちは!元気?などに様々なパターンで答えられるようにすると、何度も使いたくなる。
  • そのためには利用者の入力履歴が分かるようにして、どのようなことを利用者は聞いているかを知れると、その応答が考えやすいとおもう"
  • ある程度の対話(意味が通じる)が成立する
  • ある程度の会話が成り立つこと。
  • 返答パターンの量。
  • 最低限、相手が望んだ事に対しての返しがあればいいです。
  • "こちらが求めることと、与えてくれるものが一致していること
  • Siriは、問いかければ検索ひてくれたり目覚ましをセットしてくれたりと、使用者の欲求を満たしているから人気なのかも"
  • ある程度意味の通る返事ができること
  • "普通の表現が大多数でありながらも、
  • ときどき、クスッとくるような表現やすこし踏み込んだ表現、ブラックユーモア的な表現があること。
  • システムとお話しているということの利点は、いい意味で気兼ねが、ないということ。
  • だからこそ、踏み込んだ表現がスパイスになり得ると思う。"
  • レスポンスの速さ
  • 会話を続けようとする意思がシステム側に見えるような会話であること。
  • "簡単に起動できる。
  • "
  • 相手の言葉を理解、あるいは分析して解読できること。
  • 的はずれな会話でなく、しっかりと意味が通じること。
  • 以前の対話内容と矛盾したことを言わない。
  • "会話が成り立つこと。
  • そのために、こちらが言っていることを理解する能力が必要。
  • また、対話システムを使う人の忍耐も大事。"
  • 話しかけて、それに対する返答が決まりきったものだったり的外れなものだと飽きるので、少しずつ言葉を入れ替えていく。
  • "・ある程度、話の流れがあること。(話の筋が合っている)
  • ・つまらなくない。(自分は暇つぶしに使うことがあるので、暇つぶしにさえならないつまらなさだったら、使おうとはしないから。)"
  • "1つの質問の表現に対し無理に応答をするのではなく、同じ意味の別の表現を催促し、そちらから改めて理解、応答をする。
  • "
  • 噛み合った受け答えをすること。
  • どのような文体や口調かに関わらず、投げかけられた会話に沿った返答が返ってくること。
  • "対話できること。質問の内容を理解してくれたら、対話ができると思います。
  • 質問する人間もわかりやすい文法の質問をすることが必要と思います。"
  • 自然な会話が出来ること。
  • 何度も同じ言葉が返ってこない。具体的には、一定以上の長い返答が何回も返ってくると飽きるので、そのような文の重複をなるべく避けるように工夫する
  • 明日の天気とか聞いたら本当に答えてくれる便利さ
  • "対話がしっかりと成り立つこと。
  • "
  • そのときの文だけでなく、以前に入力された文からの情報も用いて、適切な回答をする
  • 自然な会話が出来ること。
  • "相手に興味を持たせること。
  • 会話ゲームのような感覚にさせる。"
  • しっかりとした会話が成り立つこと。
  • 登録された全てのキーワードを、肯定、否定、感情表現(喜怒哀楽ごと)に分類する
  • 会話が噛み合うことが重要ですが、上の例で考えるなら、とりあえず頑張ったね!とかすごいね!などの元気が出る言葉を確実に返してくれるといいかもしれません。
  • どちらかが一方的に質問してもう一人がそれに答えるのではなく、質問者と回答者が入れ替わり立ち替わりすること
  • 一つの言葉に対する返しを何パターンか用意し、確率によって様々な返答をするシステムを作る。また、前の文脈から特に適切なものを選択できるようにするため、会話中に出てきたキーワードによってどの返答をするかを決める。
  • "最低限会話の方向性があっている回答。
  • 例えばマイナスの言葉が質問にきたら逆で返す。
  • 例 私はバカだ。
  • いいえ、バカじゃないよ!"
  • "まずはデータベース、網羅敵には難しくともよくある表現だけでも拾えるようにメジャーなやり取りを登録
  • あとは事務的なことジョーク的なことを仕分ける方法、最初に掛ける言葉で区分?"
  • 適切な反応
  • 言葉の意味を汲み取ること。
  • 一つの言葉に対する返しを何パターンか用意し、確率によって様々な返答をするシステムを作る。また、前の文脈から特に適切なものを選択できるようにするため、会話中に出てきたキーワードによってどの返答をするかを決める。
  • 相手の質問や返事に正確な応答をするために、会話の中からキーワードを見つけ出し、そのキーワードに当てはまる応答を答えることができること。
  • 人間かのように対話できること。
  • 言葉は進化し続けるものなのでそれに対応できるほど早い更新速度と、情報の量。
  • コンピューターの語彙数
  • 正確性。
  • "『対話』システムなので、
  • 話された内容に対して、会話が続くように返答できる必要があるのでは?
  • (ex、『それで?』『どうなった ?』など)
  • ただ返答するだけでは、『応答』システムになってしまうのでは?"
  • 柔軟性、正確性
  • 情報量や適応能力
  • 受け答えを満足にできなかった案件をまとめそれを解決する手段。解決策としては回答できなかった際に質問者の回答案を投稿してもらうなど
  • "親のような存在
  • つまり、求める情報を教えてくれたり返答をしてくれること
  • 新しい考え方を示してくれる"
  • 相手の意味を理解できます
  • 正確性は必要であると思いました。
  • 発言からキーワードを読み取る。テーマごとにどんな文章が入力されてもある程度対応できる文章を登録しておく。(例えば恋愛相談で言えば深く考える必要はありませんよ、など)
  • 話が正確に通じること。
  • 使用者の回答をグルーピングしてある程度常識的な返答が出来ること。

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝