社会情報入門

  • " 多くの人が、人間の作業を機械で自動化しようとしている"
  •  特に未成年が先輩からのパワハラに遭わない環境を必要としている
  • AIが人の言葉を理解し反応できるようになってきたため、人が道に迷った時は近くの人に聞くのではなく自分のスマートフォンに質問するようになった。さらに街に流れる曲の名前が気になった時、一人が寂しくて誰かと会話したくなった時などもSiriが活躍する。
  • AIに乗っ取られないように人間にしかできないことを考える力を子供のうちから養うことが大切。
  • e-learningを取り入れることが注目されている
  • ICチップを使い、様々な個人情報を統括、及び管理をより強固にすべきだ
  • manabaに加えて、出席や宿題などの提出状況などを生徒も教師も簡単に整理できるようになることが可能である。
  • pcの扱い方がわからない1年大学生にとって、大学でインターネットを用いた提出課題が課せられた時
  • SNSを通じてどんな人でも世界中の人々と簡単にコミュニケーションをとることができるようになっている。また、大学では自分の意見を述べたり他人の意見を評価したりするためSNSを利用して授業を行うこともある。
  • youtubeを使用する人の親が、子の個人情報を流出を防ぐことが出来る。
  • いくつかの販売店では自動レジが導入されており、機械によるスピーディーな取引や、人件費の削除などにつながると注目されている。
  • いくつかの販売店では自動レジが導入されており、機械によるスピーディーな取引や、人件費の削除などにつながると注目されている。
  • いつ、どこでも情報がとらえる
  • インターネットを使うことができる人々が、日常生活において第三者に個人情報への介入の対象とされたときやSNSなどを利用するとき。
  • インターネットを使えば様々な情報を簡単に得ることができる
  • インターネットを通した講義のレポート提出や出席などができない人が必要としている。
  • インターネットを利用して、授業の予習復習を通学時間や空いた時間をうまく使って、時間のない生徒も授業に深く取り組める。
  • インターネット上に授業内容が載せられているためノートをとる必要がなくなる。講義中にアンケートを取ったり小テストを行い、その結果をすぐ発表できるというのは今までにはない画期的なものである。よって学生にとってインターネットは便利なものであり必要不可欠なものである。
  • オンラインでの教育が注目されている。
  • お年寄り、障がい者にとどまらず、すべての人が日々の日常生活をより快適に送り、ストレスフリーにするため。
  • お年寄りや長年病気を患っている人が、医者不足が深刻な地方において、在宅看護を必要としている。
  • グローバル化、高度情報化している社会に出た時に情報技術を効率よく、自分の目的にあって使えるようになる。
  • グローバル化が進み、国の境が薄くなるにつれて世界はより広い視野で物事を捉えられる人を求めている。なので今後Skypeとresponを融合させたようなアプリケーションが必要とされると予想する。
  • このような時代の中で、人工知能を有するロボットのような、人間を介さずに互いにコミュニケーションをとる有能な存在を労働力として我々の社会が必要とするのではないかと考える。
  • コミュニケーションが苦手な人が、大学で友達を作るとき
  • これからの社会人は、上記のような状況で生きていくために、就職する前から自分は何がしたいのか、またそのためには何をすれば良いのかを知る必要があり、また、世界でも通用するような思考力、発想力を得る必要がある。
  • これからの社会人は、上記のような状況で生きていくために、就職する前から自分は何をしたいのか、またそのためには何をすれば良いのかを知る必要があり、また、世界でも通用するような思考力、発想力を得る必要がある。
  • これからも技術は進歩し続け個々の扱うデータはより増え続ける。それに伴いより早く大量のデータを処理できて尚誰もが手軽に、スマートフォンでも扱えるような高速通信が求められる。
  • これより、大学内において感染症予防を取り組むことが必要とされる。その中でも簡単にその上効果的な方法が”手洗い”である。”手洗い”は石けん液やアルコール消毒液を使い手指の汚れや微生物を除去する行為である。しかしながら、小樽商科大学において石けん液やアルコール消毒液が十分に備えられてはいない。特に、ほとんどすべてのお手洗いにおいて石けん液が切れている状況にある。そのため、それらをしっかりと補充することが求められている。
  • しかし、それでは欠席した生徒もテキトーに課題提出をすれば、出席扱いとなるので、真面目な生徒は不信感を覚えるだろう。
  • すべての人がインターネットに関する知識や技術を必要としている
  • スマホを持っている人が、大事な時などに通信によるデータの大きさを気にしなくなる。
  • スマホ使用者がスマホの使いすぎによる思考力の低下
  • スマホ等を利用したALの更なる普及が学生に必要。
  • そういった時代なので、重要な情報を漏らさないようにより情報を自主的に守る必要性がある
  • そして、大学に通う学生は掲示板などを使用せず全ての情報をインターネット上で得られるようなシステムを必要としている。
  • そのような開発の中で、一人暮らしの高齢者の生活を重点に置いている。中でも買い物弱者と呼ばれる高齢者が増えてきているのは最も注目すべき問題の一つだ。
  • "その場にいなくても、その空間をリアルに体感できる。 新しいゲーム・映像体験、教育現場への応用。"
  • その中でも大学図書館における電子書籍導入の動きが見られる。
  • それ故に特にインターネットに触れる機会の多い大学生のいる大学においてはインターネット環境を整えることは可及的速やかに行われるべきことである
  • ツイッターで大学情報やサークル等の勧誘や告知を行っている。
  • データの通信料がかかる
  • とくに、小樽商科大学ではcampus squareで履修登録しmanabaで履修の抽選をしいる。
  • どこでも携帯しながら正確で神速な情報を必要とする人々、または、遠い距離にいる相手に連絡を直ぐにも取れるのに有用である。
  • ネットいじめやなりすましなどのインターネットの被害者が安全に使えるインターネットサービスを必要としている
  • ネットワークが効率的に活用され、且つ個人情報が安全に使用されるために、全ての人々にとって情報漏洩防止の対策が必要とされる。
  • パンフレット、口コミサイト、SNSなどを通じて、小樽観光に来る国内・国外観光客を増やしていく必要がある。
  • ホテルや空港の受付業務がロボットにとってかわる。
  • ほとんどの人類が情報を必要とするとき
  • ミサイルが日本に向けて発射する可能性はゼロではないので、核対応の建物やシェルターを作る必要がある。
  • ロボットの活躍により、大量生産が可能に
  • ロボットの活躍の幅を広げるための技術者が被雇用者減少の中で必要とされている
  • わからないことや、疑問に思った時に誰でも好きな時に調べ物ができたりすることができる。
  • 安パイなどと考えてる人よりも本気でその授業を取りたいと思ってる人をせめて優先させる必要がある。
  • 医学、特にサイボーグでの応用が注目されている
  • 一人暮らしの学生にとって節約は欠かせません。しかし、小樽市内の小売店を全てに行き、自分が欲しい商品を1番安く売っている店を探すのは多くの時間と労力を使います。そこで、学生の多くの時間と労力を削減するためには小樽市内の小売店のチラシをまとめたサイトやアプリを作ることが最も学生にとって必要である。
  • 一人暮らしの高齢者が病気になったり、自宅から身動きできない状況になったとき、連絡できる相手や異変に気づいてくれる人が必要となるとき。
  • 一人暮らしをしていたり、無趣味である高齢者が、生活に張り合いを求めて必要とする。
  • 一人暮らしをする高齢者が、自宅において自分一人で動けない状況下に陥った時(けがや病気など)の助けを求める手段を必要としている。
  • 英語がしゃべれるか否かではなく、どの言語でもどんな発言ができるのか。何語をしゃべることができるかではなく、何をしゃべるのかが重要になってくると思う。
  • 英語を書くだけではなくて実際に話すことができなければならない。
  • 遠くから学校に通う学生がいつのどの交通手段を使えばいいかわからない時
  • 遠隔会議システムを利用した授業が行われている大学がある。
  • 何らかの機会を欲する生徒が情報を欲する状況
  • 我々が就職の時にロボットにはできないスキルをつける必要がある
  • 画面を見る人が長時間または暗いところで画面を見る時に必要
  • 介護をする人材の不足により、優れた福祉機器導入の必要がある。
  • 会社では会議の効率化、学校では遠隔授業などの場面で必要とされる。
  • 海外にも事業を拡大するため、社内の公用語を英語と定めた企業もある
  • 学校や職場でレポートや報告書を作成する際
  • 学生・教授ともにデジタル端末を持ち、使いこなせなければいけない。
  • 学生がグローバル化に対応し、国内外で活躍ために、海外の人と交流する機会を必要としている。
  • 学生がその日の授業やイベント、交通機関の状況を把握するため
  • 学生がより便利なネットワークコンテンツを必要としている。
  • 学生が何かを調べたり、図書館が本を管理するために必要とする。
  • 学生が学習のときに
  • 学生が学生証を忘れた場合非常に不便。
  • 学生が休講情報など知りたい状況
  • 学生が授業などの情報をいつでもどこでも手に入れることができること。
  • 学生が大学から発信される情報をオンラインですぐに入手できたり、講義において動画などを用いることでより発展した学習になる。またWi-Fiがあればだれでも無料でネット通信ができるので情報格差が小さくなると考えられる
  • 学生が大学生活を送る上で必要としている
  • 学生が通学ラッシュを避けるために、学校に行かずにインターネットのみで勉強をする必要性がある。
  • 学生が履修制限により講義が取れなくなる状況なので、ネット上で講義を受けられるようにする
  • 学生の学習方法が多彩になる
  • 学生は(特に昼から通う場合)坂を登らなければならず、汗をかく。もっと歩きやすい地下通路とエレベーターがあれば便利である。また危険時の避難場所にもなり近隣住民にも便利である。
  • 学生はこのような容易に誰とでもつながれる情報社会を利用して、同じことを勉強している他大学の学生や教授に質問をしたりできる。講義・卒論・就活などに関する情報を共有することを必要としている。
  • 学生や会社員が長時間同じ体勢で学業や仕事に取り組むため身体への負担が蓄積しやすい状況において必要としている。
  • 学生や社会人だけでなく高齢者までもが授業や連絡、世界や自分の周りの状況を知るためなどあらゆる状況で必要とされてるので、商大生ももちろん授業や人間関係のために必要としている。
  • 学生個々人が、インターネットを使って様々な情報を自由に入手できるような状況で必要としている。
  • 学生側はちょっとした空き時間を有効に活用したく、また、飲食店などは働き手不足であるから、相補的な関係を結ぶことができる。
  • 学生同士、学生教師間、大学OBなど様々な人たちがより気楽にコミュニケーションを取れるようになる。また同世代の全国の人たちとと広がっていくのも自分の世界を広げる機会になると思う。
  • 学内にいる外国人留学生とのコミニュケーションをとるときや、仕事。
  • 企業、学校の連絡時
  • 企業、世の中が次々と生まれる新しいスキルを必要とする
  • 企業が競争を生き抜くために必要としている。
  • 機械にはないコミュニケーションなどのスキルが必要
  • 機械は人間が作ったものであり完全ではない。これから機械が増えれば増えるほどその分故障や事故につながるリスクも大きくなるので、機械を扱う人々が機械に精通し、突然の不調に応急処置のできる体勢をつくる必要がある。
  • 機械を信用できていない人が、インターネットで大切な書類を作成しなければいけない状況。
  • 逆に、人のプライバシーがよく守られる必要がある状況で必要
  • 教育の場でも、人工知能を用いてよりよい教育を提供することが注目されている。
  • 教育課程
  • 教育現場では、実際に教室にいなくてもリアルタイムで講義を受けることが可能になりつつある。
  • 教員が多大な数の生徒の情報を管理するため。
  • 教員と生徒のやり取りをより円滑に進めるため授業中や授業外に出席確認や履修登録など。
  • 教師、生徒 勉強をする必要があるという状況
  • 教授が紙媒体より扱いやすい状態で成績を処理できる。生徒があらゆるタイミングで学習を管理できる。
  • 教授や学生が最先端の学問を学ぶ上で、情報を得る環境を整える必要性がある
  • 金銭面等の理由で電子機器を持たない人にとってこのシステムは不利ではないのか
  • 経済的な問題から子育てに不安を抱えている若い世代の人々。
  • 健康状態と授業の取り組みへのモチベーションは関係があると考えるので運動量や睡眠時間など、学生が自分自身を管理できる機能が必要
  • 現在となっては、スマートフォンは誰にとっても生活に欠かすことのできないものになっている。
  • 現在働いている人はもちろん、これから金融関係の職業に就こうと考えている人にとって、人生を大きく左右する問題である。
  • 現代社会ではより迅速に,簡潔な手段で情報を手に入れることが重要である.
  • 個人がネットショッピングにより詐欺にあう被害を被害を防ぐためにメディアリテラシーをもつことが必要
  • 個人個人でより簡単に周りに訴え、助けを求めることのできる環境
  • 雇用者が無駄な雑用を機械にまかせる状況
  • 語学やある学問を深く勉強したい学生のために、その人にあった学習をプログラムしてくれる人工知能が必要
  • 行列に並んでも店の中に入りたいという行列好きの人もいるが、それ以上に行列が嫌いという人のほうが圧倒的に多い。(参考資料:名古屋学院大学 陬璽潺福璽 teamリコピン 「行列マーケティング〜行列が創造するもの〜」 3項 研究動機)
  • 講義を受ける生徒たちがインターネットを通して講義をライブ配信などで自宅等で受けることができる
  • 講義内でスマホアプリを使った生徒間のリアルタイムでの意見交換が注目されている
  • 講師が生徒の意見の統計をその場で知りたいときに、スマホ等との連携は便利である。
  • 講師や学生全員がスムーズにネットを使わなければならない
  • 高校時代よりも、大学生は、与えられる情報を鵜呑みにせず、自分で考える力を養うことが重要となる
  • 高度な思考が要求される現場。柔軟な発想が必要な現場。
  • 高齢の方が介護等の社会福祉を必要としている。
  • 高齢化が進む現代では労働力人口が減少しているため、産業の現場でロボットが必要とされている。
  • 高齢社会において介護者の人手不足を補うため、介護ロボットの機械化を図っている。
  • 高齢社会の中で、ヘルパーさんの人手不足を補うために必要とされている。
  • 高齢者が車を使うとき
  • 高齢者が認知症や他の病気で動けなくなった時に介護を必要としている
  • 高齢者の介護や年金制度の再構築など。
  • 国が発展するために必要
  • 今の日本の若者が社会人になったときに外国人と会話できる能力が必要とされる
  • 今までの伝統的な教育(国語、数学など)だけでなく、教育受ける側の自分だけの人格、考え方をしっかり持つことが必要。
  • 仕事で必要
  • 仕事の場で機械にできないようなことが求められる
  • 仕事や対人関係のやり取りで必要としている
  • 仕事をする上で、企業は外国語できたり資格を持っている人材を求めている。そのため、就職のときなどでより高い学歴を持つ人が有利である。
  • 子供がスマホに依存するという状況を解決する必要がある。
  • 子供や高齢者がネットでのコミュニケーションや会員登録などを行うとき。
  • 子供を保育所などに預けることが出来ないために、仕事に支障をきたすようになる。
  • 私たちが、情報を早く知りたい時
  • 私たちがこれから何かを調べるときに必要になる。
  • 事故を減らすため、仮に高齢者に免許返納を義務付けたとする。車という移動のすべを失った高齢者は、公共交通機関を利用するようになるだろう。都市部はともかく、地方の人々は十分にサービスを受けることができるだろうか?電車を例にとって考えてみると、JRは財政難の真っただ中であり、新しい路線を開発することは極めて難しいと思われる。一方で、地下鉄を通すには1キロメートルあたり200億〜300億がかかってしまう。そこで、地上でも地下でもない、ロープウェーの建設を提案したい。
  • 時間のない忙しい人が他人に頼りたくないとき
  • 自身のスマートフォンをお家に忘れてしまった人でも、外出先で人に連絡できることが望まれる。
  • 自宅外でパソコンを扱うときに通信機器を必要としている状況
  • 社会にでたときに、問題解決にあたる際必要とされる。
  • 社会人や一般の人が世界の人と交流する機会が増え、英語を話す必要性が出てきている
  • 若い人の間でスマホ依存が増え、対策が必要な状況である。
  • 若者(中高生)が将来どんなことをしたいのかを見つけられる機会を増やす必要がある
  • 若者がしっかりとした教育を受け職につき正当な報酬を受け取る必要性
  • 若者がより一層仕事に就きやすいような環境づくり
  • 若者の数が減少し、年金の支給額も減少していく時代で、高齢者も働ける人は働かなくてはならないので、その時に若者と仕事をするのにコンピュータを利用しなくてはならない
  • 若年層のコミュニケーションで多く用いられる
  • 授業時間内、帰宅後の学習すべき時間帯での無料通話アプリLINEやSNSの使用が多くなり、日常生活に様々な影響を及ぼしている。この様な状況で学生が睡眠障害や心身の健康問題の改善を必要としている。
  • 周りを見ればがスマートフォンを片手に歩いている人多いこの状況で勉強はできても人とうまくコミュニケーションをとることができない若者がスマートフォンやSNSの使い方について改善を必要としている。
  • 就職活動をする時や集団行動をとらなければならない時にそれぞれの人がコミュニケーション力を必要とする。
  • 出版業界は本を出版するからには、ある程度の売り上げを求める。このまま本の売り上げが減少し続ければ、本の出版も難しくなったり、文学の発展があまり進まなくなる可能性がある。公共図書館の利用者の減少により、図書館の存在価値も薄れてしまう。地域の人に必要とされることで、図書館の本もより多くの人に必要とされ、地域発展にも繋がる。子供の教育にも役立つ。だから、目的の違いはあれど、同じ書籍を扱う施設として、協力することで書籍の発展に従事する必要がある。
  • 商大の就活生が、就活時に必要である。
  • 商大生が、混雑するお昼の学生食堂で食事をスムーズにすませることができるために、大学会館の混雑具合を予め知ることができたら便利である。
  • 商大生が家で授業で授業を受けることを必要としている
  • 商大生が学校の中で今何処にいるか、次の講義の部屋は何処か瞬時に知るために必要
  • 商大生が不便なため、あまりロッカーを使っていない
  • 小さい頃から、家庭や学校でスマホを使う機会を減らし手を動かすようにする
  • 小さい頃から家庭や学校でスマホを使う機会を減らしできるだけ手を動かすようにする
  • 小樽をもっと活性化するアイデアをもった大学生と地元企業でそのアイデアを売買できるポータルサイトの需要が今後高まる
  • 小樽商科大学では、マナバなどのe-learningが不可欠
  • "小樽商科大学において重要な情報は掲示板に掲示されるが、それを見逃してしまうと抽選を逃すなど大変な事態を招くこともある。どうしてもはずせない用事で大学に行けない場合友達がいればなんとかなるが、そうでない人(いわゆる“ぼっち”)は情報弱者となってしまうことが多い。 用事があって掲示板を見にに行けない人、ぼっちのために、必要不可欠な環境である。"
  • 小樽商科大学の食堂は毎日混んでいてご飯を買うために長蛇の列に並ばなくてはいけなくご飯を買うだけでとても時間がかかる。
  • 小樽商科大学の生徒や職員の人々が大学に関する情報を得たいときに必要としている。
  • "小樽商科大学の方々が、混雑する食堂を利用する状況の時 レジではなくもっと早く会計を済ませる機器が必要"
  • 小中学生の親達が子供をトラブルから守るために必要である。
  • 小売店や学校、飲食店などの機械に普通なら機械に詳しいひとがいないところで機械の不具合が起きた場合に必要がある
  • 情報にアクセスするのが困難な人がインターネットを使わなければいけないときに必要としている。
  • 情報の小型化が進む状況のなか、高齢者も簡単に使えるような機器が必要とされている。
  • 情報の正誤を確実に判断できる人は多くない。怪しい情報や不確かな情報に惑わされてしまう人が多くいる。
  • 情報を早く知りたいとき
  • 情報を欲しい人が情報を必要としている
  • 情報教育の普及が進む
  • 情報社会で生きているすべての人が、社会で生き抜くために必要としている
  • 親元を離れて生活している学生が、自主的な健康管理や自身の傷病への対応を怠っている。
  • 身体が不自由で学校に通えない人などがインターネットで授業を受ける
  • 身体を動かせない病気やケガの人や地球上でできない研究を行いたい人が、それぞれの試したいことを試したい状況
  • 人々がどこでも、いつでも情報を入手する。
  • 人々が出会い、恋愛→結婚→出産をする必要がある
  • 人がメッセージなど送り合う時にスマートフォンを用いてやり取りする。
  • 人と繋がることや世間と情報を通して繋がることが、スマートフォンを媒体として行われている。そのため人々はスマートフォンを必要としている。
  • 人ひとりひとりが、何かを選択する状況
  • 人件費の削減や、人不足に悩まされてる人々が必要としている。
  • 人工知能に負けない人材を企業が必要としている
  • 人類が人工知能を理解し、上手に使う
  • 世の中の人々が機械にはできなく人間にしかできない仕事を必要としている。
  • 世界が企業や、貿易、連携で世界が全体化する事。
  • 世界が早急に問題を解決したい状況で対話力を必要としている
  • 世界のみんなが、もっと想像力を発信できるようにロボットや、人工知能が人間より効率いいことは任せて、人間はもっと想像力が必要な、ロボットができないことに取り組む必要があるといいたい。つまり、 全ての人間がロボットや、人工知能の恵みをもらうことg出来ると言いたい。
  • 世界中の情報を入手し有効に利用した者が様々な面で有利になることができる状況
  • 世界中の人々が、人と人とのより広くて親密な関係を必要としている。
  • 世界中の人々が、離れている相手と気軽に連絡をとったり、情報を得たりする状況で必要としている。
  • 世界中の人々が情報、商品などの不足による戦略的格差の状況で必要
  • 世界的に活躍する人が幅広く必要としている。
  • 正しい情報を選択して利用すること。
  • 生活をより豊かに、より便利にするために必要としている。
  • 生協が昼休みになると人であふれ、それ以外の時間では、あまり人がいない
  • "生徒、私自身も含めて、情報の確認を怠ってしまうのである。「いつでも見れるから」この身近さが仇となり大事な情報を見落とす可能性があるのである。 そんなときは友人に教えてもらうことで失敗を犯すことはなかったが、社会人ともなるとそんなわけにもいかず、いうまでもなく自己の確認意識を強くする。もしくは発信者側の何らかの取り組みが必要だろう。"
  • 生徒がもっと気軽に授業についての意見や質問を言える(書き込める)場所を必要としている
  • 生徒が風邪や、入院や、家の事情で学校まで来れないときに勉強について行けるために必要。
  • 生徒や教師が、授業展開やアンケートの回収、履修登録、成績管理等でWiFiを利用してインターネット回線を繋いでいる状況
  • 先生や生徒が学校の授業中や宿題に取り組む際に必要とされている。
  • "先生側が生徒の意見を知るとき 生徒側が授業の内容を知るとき"
  • 先生達が紙媒体を用意しなくても生徒がそれを閲覧できる。
  • 先輩方の悪い伝統や雰囲気に流されることも少なくない商大生にとって、自分に関連の深いアドバイスや世間の考え・後悔を知ることができれば、迷える新入生も他者の経験を参考に、自分なりに正しい選択をし続けることができるはずだ。
  • 全世界の人々が便利な生活を望む状況
  • 捜査隊が瓦礫の下の行方不明者を捜索する時に使用する。
  • 増え続けるサイバーテロを防ぐためにもコンピューターやネットに頼りすぎないことが必要
  • 多くのが外でWi-Fi
  • 多くの学校が英語教育に力を入れている。特に、インターネットを使っての授業も増えている。
  • 多くの情報をうまく使いこなさなければならない学生や、会社員、主婦など性別年齢幅広く必要とされている。小樽商科大で言えば、学生から教員、学務まですべての人に当てはまる。
  • 多くの人が信頼できる情報、幅広い情報を必要としている状況
  • 多くの人とつながり、現在の自分に必要な情報を得るため
  • 多くの大学生が、1分でも多くの勉強、研究する時間を確保するために、食堂の混雑を解決する必要がある。
  • 多すぎる情報について、適切な判断をするための検証方法などを知る機会を増やし、意識を高める必要がある。
  • 体が不自由だったり、大学に通うことが困難な人が授業を受けるため。
  • 大学が遠隔操作を通じて他大学の授業を取り入れることが望まれている。
  • 大学で、人数が多くて行われた履修制限された学生が、授業を受けることを望んでいる。
  • 大学でインターネットを通して日本中の大学生と交流することができれば、もっと学生同士の視野が広がる。
  • 大学でスマホやパソコンを持ってない人が休講情報やレポートの提出が不便
  • 大学では、SNSやそれに近い方法で意見の共有・交換を行うことが注目されている
  • 大学では、インターネットを使用したアクティブラーニングが注目されている。
  • 大学では、学籍情報や講義情報がインターネット上で閲覧可能になるなど、学生がより容易に情報を受信できる環境づくりが求められている。
  • 大学ではさらに英語教育を発展させるために外国の人との交流が必要であり、その手段としてインターネットの活用が注目されている。
  • 大学では人工知能が先生として講義をする
  • 大学では大量の個人情報を保護する機能が必要となる。
  • 大学では様々な国からの留学生がいたり、外国語だけを使った授業などがある
  • 大学に、商大生や先生方専用の動画サイトを作れば、部活・サークルの活動をよりわかりやすくしたり、商大生の日常やイベントも皆んなで共有できる。さらに、夢を持っている商大生が動画を身近な人に見てもらうことで、人から人へと情報をどんどん広げていくことができる。
  • 大学において、インターネットを通じて英語を母語とする現地学生と議論する場を設ける事に目が向けられている。
  • 大学においては、生徒や教員が情報伝達をする際にそれらの媒体を使用している。
  • 大学においても、入試からサークルの情報まで、公式HP、SNS、ブログなどからの情報発信が当たり前になっており、ネットを利用して大学の情報を集める人は非常に多い。
  • 大学において言えば課題や出欠を一括管理出来たり、ネット上でほとんどの情報を管理、発信、受信することができる。
  • 大学に通う学生が、授業ごとの座席の空き情報を手に入れたいとき。
  • "大学の講義において、学生がより積極的に研究に励むために必要としている ・調べもの ・アプリに対する研究意欲の促進 ・コミュニケーションツールとしての利用"
  • 大学の授業をパソコンやスマホなどの電子機器で簡単に見れることを学生は必要としています。
  • 大学の論文を作成する際、他者の論文をコピーアンドペーストしたり、その一部を改変しあたかも自身が作成したように見せる学生が増えている。
  • 大学教授が大勢の学生に向けて課題等の提示、連絡をする場合や学生が自身の履修科目を管理するなどの状況で必要としている。
  • 大学生が、円滑な大学生活を送る状況
  • 大学生から、パソコンやスマートフォンを通して、学校の図書館にある資料や学術本を閲覧したいという要望がある。
  • 大学生が持つスマートフォンなどを利用して自学の機会を増やしたい状況。
  • 大学生は、大学の授業等の情報をとっと求めているだろう。
  • 大人数の講義や昼休みに、教室や食堂の混み具合がスマホでわかると、空いている席が見つけやすい。
  • 誰かがその情報を知りたいと思った時
  • 誰でも、遠くに住んでいる知人や不特定多数の人と連絡を取りたい時に好きなだけ取れれる
  • 誰もがどこでも情報を収集できるように
  • 誰もが気軽にインターネットを介して様々な情報が得られる反面、インターネットウイルスや詐欺行為なども増えてきている。一人ひとりがネットリテラシーを意識し、インターネットと向き合うことが必要である。
  • 誰もが知りたい情報を簡単に手に入れるために必要
  • 地球上の全員が広い視野で物事を考える状況
  • "地方の人々、ビジネス知識がない人々が町おこしに取り組もうとする人たちに必要とされる また、知識はあるがそれを活用する機会が無い若者や大学生にも必要になってくるだろう。"
  • 地方の伝統品の職人が 若い後継者を必要としている
  • 長期の留学を考えている生徒。彼らが、所属ゼミ決定の時期、就職活動の時期などを気にすることなく、4年間で卒業できるような留学プランを立てる時、遠隔地でもゼミ決定や就職活動に必要な情報を手に入れられることが必要。
  • 通学に時間がかかる人や働きながら大学に通っている人が空いた時間に講義を聴ける。
  • 田舎の方に住んでいて学校に行けない人が衛星授業を通して他の人と同じ勉強ができる。
  • 答えのある問いには機械が対応できるため、明確な答えの無い物事に対応する創造性が重視されてくる。
  • 特に、現在はAIによる自動運転システム機能が搭載された車が注目されている。
  • 特に、大学では、AIによる授業を行うことや大学設備内へのコンピューターシステム導入が注目されつつある。
  • 特に、大学では、SNSの利用を通して、小樽の街おこしをすることが注目されている。
  • 特に、大学では、あらゆる情報はインターネットを通して伝達されることが注目されている。
  • 特に、大学では、学生が情報機器端末を有効活用し効率よく学問に取り組むことが注目されている。
  • 特に、大学では、情報の真偽を見抜く力がより重要視されている。
  • 特に、大学では、生徒が一つの教室に入りきらない場合や、遠隔地にあるキャンパスと繋ぐために、映像による遠隔授業を行うことがある。また、インターネット通話により、海外の学生と交流する取り組みも期待されている。
  • 特に、大学ではスマートフォンを授業に取り入れることが注目されている。
  • 特に、大学では家に居たままでインターネットを使ってオンラインによる講義を受けることが注目されている。
  • 特に、大学では学生の個人情報を流出させないことが必要である。
  • 特に、大学では講義の課題やレポートの作成などにもスマートフォンやパソコンなどが使われている。
  • 特に、大学では講師が教壇に立ち実際に授業を行う講義よりも、インターネットを通して行う講義の方が優れているのではないかと注目されている。
  • 特に、大学で教員不在時の代理授業を行うロボットが必要である。
  • 特に、大学において、指静脈認証による出欠管理は、教員および学生にとって必要性があると考えられる。
  • 特に、単純作業を繰り返す作業において機械化の導入が注目されている。
  • 特に、地方の都市では、バスを唯一の公共交通として利用している。
  • 特にニュースなどをテレビなどで見れないときに、スマートフォンなどで見ることができる。
  • 特に大学の講義では、インターネットを通して学生の意見を知るシステムが注目されている。
  • 日本で生活する中で留学生が必要なことを正確に尋ねるために必要。
  • 日本で農業、漁業に携わる人々の減少、国内での自給率維持のために必要
  • 日本の人口のうち年代別に見ると最も多い40代と60代の独身者が高齢となった場合
  • 日本の政府が、日本の経済成長が減速している状況で必要としている
  • 日本経済を支えるためには、労働人口が減少するので、一人一人のより高い能力によって効率的な労働が行われていく必要がある。
  • 日本人は多くの外国人と外国語でコミュニケーションを取る必要がある
  • 農家など、既に人材不足が始まっているところには特に多くの人材が必要とされている。
  • 農業など人間の手が足りなくなってきている状況で必要としている。
  • 発展途上国が環境に配慮した経済成長策を必要としている
  • 発展途上国の人々が、食べるものがなく病気になったり亡くなったりしている
  • 病院で介護を受けている高齢者や、重い病気や植物状態で入院する患者やそのご家族が、延命治療を希望しないとき。
  • 品揃えが豊富、時間の節約、安価、注文時間に制限なし等という点から学生や主婦、老人といった様々な世代に必要とされている。
  • 貧困層が富裕層との差を埋めることが大切
  • 複数の教室で授業が行えるため、履修制限が必要なくなり、学生が履修したい授業を自由に取ることができる。
  • 文科省がメディアの普及により読書離れしている子供たちに読書を推進している。
  • 偏りの是正
  • 膨大の量の板書を軽減し、講義内において、作業ではなく理解に重点を置くことができるため、学生に必要とされている
  • 万人に情報収集のために。
  • 無数のデータを保存しておくこと。
  • "用途に応じてカードを使い分ける必要性や、未だカードでは解決できない分野もあるため、一枚に集約する必要性がある。 そのため、一枚で商品の購入や出席確認など、様々な用途を行えるような学生証を必要とする。"
  • 留学生が留学後の交流について留学先で知り合った人々と関係を保ち続けられることを必要としている
  • 労働者などが就職や仕事選びの上で多くの情報を求められる
  • 老若男女が日常生活の中でネットを必要としている
  • 論文やレポートを作成する際、他者の論文をコピーアンドペーストあるいは似たような表現に言い換えただけのものをあたかも自身が作ったようにみせる学生が増えている。したがって、そのような不正行為を自動的に検知するシステムが必要になっている

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝