社会情報入門

  • 近年、AI(人工知能)やロボットなどのコンピューターシステムがどんどん進化していっている。
  • 近年、PCやスマホの普及により教育方法や連絡手段が大きく変わってきている。
  • 近年、インターネットの普及により、教育方法が大きく変わろうとしている。
  • 近年、インターネットの普及により、教育方法が大きく変わろうとしている。
  • 近年、インターネット技術の発展により、情報の正確性に疑問がもたれている。
  • 近年、グローバリズムに伴い、英語教育が急ピッチで進められ、日本人学生の英語コミュニケーション能力の向上が必要とされている。
  • 近年、グローバル化が進み、英語教育の重要性が増している
  • 近年、コンピューターの普及により履修登録の利便性があがっている。
  • 近年、スマートフォンが普及し、インターネット上で様々な情報が発信されるようになった。
  • 近年、スマートフォンの普及が進んでいる。
  • 近年、スマートフォンの普及によって授業の参加方法が大きく変わろうとしている。
  • 近年、スマートフォンの普及により、SNSの利用者が増えたことで、情報の伝達・受け取り方法が変わろうとしている。
  • 近年、スマートフォンの普及により、大学におけるタブレット端末の活用のあり方がが大きく変わろうとしている。
  • 近年、スマートフォンの普及により、誰もが簡単に情報を全世界に送れるようになった。
  • 近年、スマートフォンの普及により、様々な情報をインターネットから得ることが出来る。
  • 近年、スマートフォンの普及や情報技術の発展により、様々な場面でインターネットが活用されている。
  • 近年、益々グローバル化が進展し、英語を話せる人材が必要不可欠になっている。
  • 近年、皆がスマートフォンに支配されている。
  • 近年、学校の講義などでもスマートフォンやタブレットの利用が進んでいる。
  • 近年、高齢社会となり、技術革新によって介護もロボットによって行われるようになっている。
  • 近年、授業に出ず、勉強しない大学生が増えているので、大学は勉強をするところであり、授業に出て勉強をする必要がある。
  • 近年、人工知能AIの出現により、我々人間が社会の隅に追いやられようとしている。
  • 近年、人工知能が生み出され、情報処理や人間の仕事が簡略化されつつある。
  • 近年、人工知能の発達により、今までにない学習が可能になっている
  • 近年、人工知能の発達により生活の様々な面でロボットが導入されている。
  • 近年、世界の情報化が広がりインターネットが普及している。それに伴いインターネットを利用した講義を行う大学も増えている。小樽商科大学でも一部の講義にインターネットを取り入れている。例えば、講義中にインターネットでアンケートを取りその結果をモニターに写したり、小テストをインターネット上で行ったりしている。 また出席確認や履修登録もインターネットで行っている。小樽商科大学にとってインターネットは欠かせないものになったと言っていいだろう。
  • &color(red){近年、電子化が進み、本という媒体が電子書籍に姿を変えている。{;
  • 近年、電子機器が発達しスマホやパソコンが様々な場で活躍する機会が増え、私たちの生活を取り巻いている。
  • 近年、都市への人口の集中が問題となっている。さらに人々の関心も似たようなものに向いてしまっている。そのため、外に出かけても混雑していることが多く、店の前にできている行列もよく目にする。
  • 近年、様々な技術の発達によりグローバル化・国際化への取り組みが盛んになっている。
  • 近年、様々な場面でICカードが利用されるようになり、何でもカードでできる時代になってきている。
  • 近年スマートフォンの普及により、距離を超えた相手とのコミュニケーションが容易に行えるようになった。
  • 近年スマートフォンの普及により、教育方法が変化してきている。
  • 近年スマートフォンやタブレットなど電子機器のサービスが急激に増えている。
  • 近年では、情報技術の発達により、情報がより早く伝達するようになっている。
  • 近年は、身の回りのいたるところで電子機器が使用されている時代である。
  • AI.ロボットの登場により、人間の仕事がそれらに取って代わられるかもしれない一方で、活躍も求められる時代
  • AIが出て来ている。
  • AIなどのロボット開発が活発になり、社会での実用化が始まって来ている時代。
  • GPSなどを利用することで、出席確認がより正確に行われる時代
  • ICT技術が発達し、グローバル化が進むことによって、世界がどんどん小さくなっている時代。
  • ICチップが普及し、生活の様々な面で利用されている
  • it時代
  • PSVRなどの普及で仮想空間への研究が大きく進んでいる
  • SNSが普及してきて情報伝達スピードが速くなっている
  • SNSなどネットの活用が活発な時代
  • SNSを使用する情報化な時代
  • VRが普及し始めた。
  • youtubeの普及、発展によりネットリテラシーの低い者が増えている。
  • あらゆるものが電子化しコンピューターで管理されていてアナログの時代とは違いプログラムを一つ変えるだけで世界が混乱してしまう時代
  • あらゆる国の外国人との交流が増えている時代
  • あらゆる情報がインターネットなどの機械で管理されなければいけない時代。
  • あらゆる情報がネットで管理される時代なので、わかりやすくて厳重なプライバシー保護の必要性が高まっている。
  • いつでも、どこでも、何でも、誰でも、コンピューターネットワークにより様々なサービスを受けられるユビキタス社会が到来した時代。
  • いつでもどこでもインターネットが使えて便利なのに、通学が未だに避けられない時代
  • イノベーションの時代
  • インターネット、スマホ、タブレットが普及している時代
  • インターネットがなくなると崩壊する時代
  • インターネットが広く一般的に普及し、誰でも簡単に情報にアクセスできるようになった一方で、それらを悪用する人も現れるようになった
  • インターネットが色々な場面や状況で使われ、情報の伝え方が変化してきている。
  • インターネットが人々の生活に深く浸透し、誰でも気軽に欲しい情報にアクセスできるようになった一方で、それらを悪用する人も現れてきた
  • インターネットが発達し、スマートフォンやタブレット端末などが大学の講義でも用いられる時代となった。
  • インターネットが普及し、すぐに世界とつながれる時代
  • インターネットが普及し、遠くにいてもコミュニケーションがとれる。
  • インターネットが普及して、誰もがタブレットやスマートフォンを持っている時代。
  • インターネットが普及して学校でも積極的に導入されている時代
  • インターネットで動画や情報をやり取りできるので、パソコンがあればいつでもどこでも講義を聴ける時代。
  • インターネットなどの普及により情報を早く多く知ることができる時代
  • インターネットの影響力が増し、情報が氾濫している時代。
  • インターネットの拡大により多くの世代にネット通販が利用されている時代。
  • インターネットの普及で遠く離れていても同じ情報を得られる。
  • インターネットの普及により、なんでも知ることができる時代
  • インターネットの普及により、ネット上での犯罪が後を絶たない
  • インターネットの普及により、様々な人々がネットを使うことができ、様々な情報が錯綜し個人情報への介入の機会が多く、より優れた情報管理システムが必要な時代。
  • インターネットの普及により小中学生の時からネットでさまざまな情報を取り入れることができるようになってきた。
  • インターネットの普及により情報のやり取りが活発になっている。
  • インターネットの普及により情報を知りたいときに、迅速かつ詳しく知れるような時代になっている。
  • インターネットやAI、ロボットなどが発達し広く普及した情報社会
  • インターネットやSNSなどにより情報が非常に多く発信されており、それに対する様々な意見、考え方も多く示されている。
  • インターネットを使いこなせる人と使いこなせない人の間の格差が拡大したことで、生活の質に差が生まれている。
  • インターネットを使うことで大勢に向けて一度に情報を発信することや膨大な量の個人情報を管理することができる時代。
  • インターネットを通じて、どこでも誰とでもコミュニケーションがとれる
  • インターネット社会
  • ウェブサイトに大学の情報が逐一わかるようになっている
  • かつては、日本の雇用形態は年功序列、終身雇用だったが、成果主義、非正規雇用へと代わりつつあり、安定した仕事を求めることは困難になっている。また、日本国内だけでなく、世界に目を向けることはビジネスにおいて必須条件になっている。
  • かつては、日本の雇用形態は年功序列、終身雇用だったが、成果主義、非正規雇用へと変わりつつあり、安定した仕事を求めることは困難となっている。また、日本国内だけでなく、世界に目を向けることはビジネスにおいて必須条件になっている。
  • グローバルな時代。
  • グローバル化
  • グローバル化が顕著なので、語学力が必須となってきている。
  • グローバル化が進み、英語力や異文化における理解力の重要性がいっそう高まっている時代
  • グローバル化が進み外国人との交流増えている時代
  • グローバル化が進む中で世界で情報を共有するためにインターネットが必要とされる社会
  • グローバル化が進んでいる時代
  • グローバル化の進む時代
  • コンピューターで情報を管理することが多い。コンピューターやインターネットを便利に使えている。
  • コンピュータが当たり前に普及し、多くの人がスマートフォンを持っている。
  • コンピュータの進歩が著しい社会の中、ビットコインの出現による、銀行の必要性の有無が問われ始めている。
  • コンピュータをはじめとする機械の発達により、これまで人間が行っていた仕事の多くを機械がこなせるようになり、従来人間の役割だった仕事が、どんどん減ってきている時代。
  • しかし、そこで問題になるのが携帯電話によって情報が身近に感じすぎてしまうという問題だ。
  • スマートフォン、PCを持つことが当たり前のデジタル社会。インターネットを介したビジネス、教育が一般的になっている。
  • スマートフォンがあれば、誰でもすぐにVR体験ができる時代。
  • スマートフォンが急速に普及しそれらの情報機器を仕事や学問に活かすことが当たり前になろうとしている。
  • スマートフォンの急激な普及により、生徒の持つ端末やインターネット環境を、より利用して学習を促すことが出来る。
  • スマートフォンの普及により、コミュニケーション方法が変化した。
  • スマートフォンの普及により、情報の受け取り方が変革を迎えている
  • スマートフォンの普及により、人付き合いの仕方が変わってきている。
  • スマートフォンの普及により誰もがインターネットに簡単にいつでもどこでも接続出来るようになった。その上技術の進歩につれて個々人でも大量のデータを通信するようになった。例えば写真や動画はより鮮明になったことで扱う容量が増えた。
  • スマートフォンの普及によるネットニュースの需要の高まりにより新聞の需要が減ってきている
  • スマートフォンやインターネットによる複雑化した情報社会。
  • スマートフォンやインターネットの普及により便利な時代
  • スマートフォンやタブレットPCといった端末が普及し、コミュニケーションの方法として使われるようになっている。
  • スマートフォンやタブレットの普及により、世界中の人とSNSを通じていつでも繋がれるようになり人と人が直接会って話すという機会が減って直接的コミュニケーションより間接的コミュニケーションが増え若者のコミュニケーション能力が下がっている時代。
  • スマートフォンやタブレット端末、PCが学生にも普及し、それに伴い多数の社会問題や健康問題が起きている時代。
  • スマートフォンを通じて人と繋がったり、新たな知識を得るのが常識となりつつある時代。
  • スマートフォン等の普及に応じて、手元で情報をより正確に処理する能力が必要になる
  • スマホが社会の大きな分野に占めしている時代
  • スマホの普及率がとても高い時代
  • スマホやパソコンから万人が即座にインターネットにアクセスできる時代で、それらの情報端末を持っていない人が不利益を被る時代。
  • セルフレジがコンビニにも導入されそうな時代である
  • ツイッターで情報が拡散するようになっている。
  • テクノロジーが発達によりインターネットが発達し、教育の場面で利用されている時代
  • デジタルデバイスの発展により学業や仕事においてデスクワークが一日の多くを占めるようになり、疲労の蓄積による過労死や働き方の改善が問題視される時代なので少しでも快適に学業や仕事を行うことができる環境をつくる必要性がある。
  • テレビなどのメディアが世論に与える影響は計り知れない
  • なんでもデジタル化する時代
  • ニュースや動画を見たり、ネットショッピングをする際に、より自分の関心に近いものを効率よく見つけることができるシステムは、今や当たり前になってきている。
  • ネットから手軽にあらゆる情報にアクセスできる
  • ネットが市民層まで広く普及している時代
  • ネットが主流の時代
  • ネットが普及した便利な時代
  • ネットでコミュニケーションがとれる時代
  • ネットによって常時人と人が繋がるようになった時代
  • ネットの時代
  • ネットの発達により手で文字を書くことが少なくなり、言語能力の低下が起こりうる
  • ネットの発達により手で文字を書くことが少なくなり言語能力の低下が起こりうる
  • ネットワークが急速に発達し、誰もが簡単に情報を得ることができるようになった。
  • ネットワークが重要な時代
  • ネットワークが発達し、あらゆる情報が瞬時に世界中へ回る時代。多くの人々が一度に情報を共有したり活用できる一方、個人情報が簡単に流出してしまう可能性がある。
  • ネットワークが必要な時代
  • ネットワークの利用の拡大が進み、大学でも活用が広がる時代
  • ネットワーク社会
  • ネット社会
  • ネット社会
  • ネット社会が急速に発達し普及している時代
  • パソコン・スマートフォンの普及が大きく進んでいる。
  • パソコンやスマートフォンなどの、情報機器が普及してきた。
  • パソコンやスマートフォンの普及により、それらを使った教育が徐々に増え始めている時代
  • プライベートだけでなく大学生活の中でもインターネットが必要となる時代
  • ほとんどの人々がスマートフォンを手放さないでいる。顔が下がっていてアンハッピーに見える。
  • ほとんどの人がスマホを持ち歩いている時代
  • また、人口減少や少子高齢化社会に伴う地方と都市の経済格差が激しい時代。
  • モニターやタブレット端末による授業や学習が一般的となっている時代
  • よりグローバル化が進んでいるので様々な外国の言語を即座に話せる、理解できることが必須となっている
  • ロボットやAIなどが人間の代わりに仕事をしている
  • ロボット技術の進歩により、接客方法が変わろうとしている。
  • 以前から、グローバル化が進んでいる。これからは、全く異なった文化で育ち、自らとは大きく違う考えをもつ人と接する機会が多くなるということだ。
  • 医療の発達によって、現在、日本は高齢化が進んでいる。高齢者によって引き起こされる交通事故が後を絶たない。
  • 医療技術が著しく進んでいる時代、安楽死という選択肢の必要性があると考える。
  • 英語が世界の共通語とも言える時代
  • 英語の需要が高まっているので、ある程度の英語力が必要な時代
  • 何でも電子化される時代
  • 介護ロボットの開発が進んでいるので、導入に向けてさらに取り組まなければならない必要性。
  • 核家族や共働きの世帯が増えたため、待機児童の増加が問題となっている。
  • 核家族化によって高齢者の孤独死が以前よりも増加している時代
  • 学校でもインターネットが使われている時代
  • 学生が主体的に行動し自らの知識を増やさなければならない時代
  • 学歴よりも人間性(コミュニケーション力、判断力etc)が重視される時代。
  • 機械に頼りきっている時代。
  • 機械の性能に頼る時代
  • 機械化がすすんだものが豊かな時代
  • 機械化が進む時代
  • 機械化が進んでいる時代
  • 機械化が進んでいる時代
  • 機械中心の時代
  • 技術の革新により、世界がグローバル化し、流通がインターネットを通じて著しく発展した時代
  • 教育の現場でも電子化が進みスマホなどでの授業が増えてきている。
  • 現在、インターネットやSNSなどのメディアが幅広く普及していることにより、学校での学びの方法が変わる可能性が考えられる。
  • 現在、一人暮らしの学生のほとんどは新聞を定期購読していません。定期購読だけでなく、新聞行為者の数も少ないです。10代の平日の新聞行為者は4%にも届いていません。(NHK文化放送研究所調べ)私がここで主張したいことは、新聞を定期購読しないことで社会情勢を理解できないということではありません。では、何かというと、新聞を定期購読しないことでスーパーなどの小売店のチラシを手に入れられないということです。
  • 現在、世間で歩きスマホが社会問題となっているように、携帯情報機器の普及が著しい。総務省が発表したデータによると、2011年には携帯電話の普及率が100%を超えていることがわかり、現在も普及率は上昇している。2台持ちや、子供のしつけのための不所持という例もあるが、普及率においてほとんどの国民が携帯を所持していることがわかる。実際小樽商科大学においてもスマートフォンを活用した出席確認や授業展開がなされている。
  • 現在、労働市場においての機械の導入によって、産業構造が大きく変化しようとしている時代
  • 現在の時代は大学を運営したり、学生が効率良く勉強するためにインターネットは必須である。学生は自分の大学以外の学生や教授などと交流することによって違った視点や幅広い知識や情報を得ることができると思う。
  • 現在大学の授業はウェブ上の課題を提出することで出席とする時代である。
  • 現代では、インターネットやSNSは日常生活において必要不可欠であり、国際化が進む世界では情報発信の先端ともいえるほどインターネットを通した情報が主流となっている時代なので
  • 現代において医療が高度に発展する中で、感染症への不安は拭い切れない。世界の死因ランキングにもいくつかの感染症が含まれる。小樽商科大学においてもインフルエンザなどは毎年流行が訪れる。やはり講義やサークルで多くの人が集結する中でウイルスが入り込むと感染の歯止めが利かなくなる。ましてやグローバル化が進むことにより、本学でも学生の留学や留学生の受け入れが増加し、危険な感染症の侵入の可能性がないとは言い切れない。
  • 現代の社会は電子機器と緊密に結ばれている。世界がグロバール化するにつれ情報の正確性や速さは何よりも重要なことになっている。アナログ方式の媒体は速さを求める世の中に遅れているとみなされている。その全てが集約されているのがスマートフォンである。今は、小学生がスマートフォンをいじるのはもう不自然ではない時代となっている。
  • 個人の能力より、個性も重要な時代。
  • 交通機関の発達により簡単に遠くないから時代
  • 交通手段が発達し、大都市を中心に場所の移動が利便化されている。
  • 高い学歴が求められる時代
  • 高度な技術が必要とされる。
  • 高齢化の進行により、高齢者のことを考えた製品やサービスが開発されている。
  • 高齢化社会
  • 高齢化社会かつ、都市に一極集中し過疎化が進んでいる時代なので
  • 高齢社会
  • 高齢社会に突入した。
  • 高齢者の割合が25%を超える現在の日本
  • 高齢者の交通事故が問題になっている現在、ブレーキとアクセルを間違えない又は間違えても事故につながらないような対策が必要である。
  • 高齢者を意識し、若者を軽視する時代
  • 国際化が進展し、インターネットもまためざましい発展を遂げている
  • 国際的に他の国と交流する時代
  • 今は誰でもスマホを持ってる時代なので、有料で(200円で5時間使い放題など)快速なWi-Fiを使えるようなシステムがあったらいい。
  • 今は電子機器が発達している時代
  • 今現在、常にネットで人と人が繋がっていて情報が簡単に往来している時代
  • 最近では、大学からスマートフォンを通して生徒に情報を発信たり、授業に役立てている。
  • 子が大学生・社会人になると家を出るのが当たり前となったうえ、熟年離婚の高まりにより一人暮らしをする高齢者が増える社会的傾向がある現代は、高齢者の孤独死問題を抱える時代となった。
  • 子供でもいろいろな情報を知り得るような時代
  • 子供でもスマホを持つ時代。
  • 時間がない中で、いかに効率的に行動するのかを求められる時代。
  • 自宅から離れた地域にある大学へ通うために、親元を離れて生活している学生がいる。
  • 自動車や公共交通機関の利用が当たり前となり運動量が減少している(運動部に所属しないと大学生は飲酒や睡眠不足で不健康になりがち)
  • 社会の高度化やネットの普及により、これまで人に頼っていたいくつかの仕事が、機械に取って代わられている。
  • 社会の高度化やネットの普及により、これまで人に頼っていたいくつかの仕事が、機械に取って代わられている。
  • 社会技術の発展により大学では学生証が出席確認としても取り扱われる時代。
  • 若者がコンピュータを使用する世代となり、コンピュータ世代から外れた高齢者もコンピュータを使えるようにならなくてはならなくなった時代
  • 若者が自分のやりたいことを見つけにくい時代
  • 授業でスマートフォンやPCなどを用いてインターネットを多く使う時代
  • 授業でもスマホを使う時代
  • 就職が上手くいかない氷河期時代
  • 就職は現在、売り手市場である。であるから、情報収集が大切である。
  • 出席確認などを全て電子上で行い人間のルーティンワークを減らす。
  • 書籍の売り上げの減少と図書館の利用者の減少
  • 少子化
  • 少子高齢化が急速に進んでいる時代なので、晩婚化や未婚化止める対策や若い世代の収入を増やせる社会が必要。
  • 少子高齢化が深刻な問題となり、またその介護業務にあたる人の不足が浮き彫りとなっている。さらにそれに伴った生産年齢人口の減少が勢いを増し続ける時代である。そのため、今日においては労働力不足問題という状況に陥っている。
  • 少子高齢化が進み、高齢者への配慮が求められる社会。
  • 少子高齢化が進み、労働人口の大幅な減少が予測されている時代。
  • 少子高齢化により、今後の労働者の減少が危惧されている。
  • 少子高齢化の時代
  • 少子高齢化の進行と地域の人々の関わりが希薄になっていることで孤独死する高齢者が多くなっている。
  • 少子高齢化社会
  • 少子高齢化社会
  • 情報がお金になる時代
  • 情報がより流動的になり世の中の仕組みや動きの移り変わりが今までになく早くなっている
  • 情報が高度化・複雑化しており、適切なメディアリテラシーを求められる時代である。
  • 情報が混沌としていて、その中から適切なものを選ぶ必要性
  • 情報が散漫している時代
  • 情報が早く多く回る時代
  • 情報が多く出回り、信頼性の低いものまで存在する時代
  • 情報が媒体が大きく変化してきている時代
  • 情報を持っているものがかつ時代
  • 情報を持ってない人が不利な時代
  • 情報を手軽に持ち出せる時代
  • 情報を制するものがより優位に立てる社会
  • 情報化が進み一般人でもあらゆる情報が手に入れられるようになっている.
  • 情報化が進んだ時代
  • 情報化社会
  • 情報化社会。情報を得られない人は弱者となることが多い。大切な情報がどんなときでも手元に届く環境が必要。
  • 情報化社会になり、機械音痴でさえインターネットに触れるようになっている
  • 情報化社会によるインターネットを通した教育の始まり
  • 情報技術が進歩している
  • 情報技術の進展により、教育の場で電子機器が活躍している。
  • 情報技術の進歩により遠隔授業という新しい授業の提供方法が生まれている。
  • 情報社会
  • 情報社会
  • 情報社会化が加速する時代であるので、教育にも積極的に情報端末などに力を入れる必要性がある
  • 情報収集が大切な時代
  • 情報収集の方法が変わった
  • 情報通信機器やインターネットが発達・普及し、世界中どこにいても、音声だけでなく映像を通してコミュニケーションをとることができるようになっている。
  • 人間が機械に質問する時代
  • 人間とロボットが共存する時代
  • 人口が減少しつつある時代
  • 人口が増え続け食糧が不足している時代
  • 人工知能が実際に運用される時代である
  • 人工知能が人間を超え始めて、人間の仕事を取り始めてる社会
  • 人工知能が発達し、ロボットなどが私達人々の役に立つ時代
  • 人工知能が発達してきている
  • 人工知能の時代である
  • 生活する上でインターネットが不可欠な時代
  • 先進国でも殺人や傷害事件が絶えず起きている。
  • 先進国と発展途上国との間に大きな格差が存在している時代
  • 多くの外国人が日本に学びに来ている時代。
  • 多くの教育現場において、スマートフォンやタブレット、PC等を媒介としてインターネットが利用されている時代
  • 多くの事柄がデータ化され、コンピュータによって整理、管理されている。
  • 大学生の飲酒事故・事件が問題となっている
  • 大学内においても、ほぼ全員がスマートフォンやPCを所有していることからもわかるように、インターネットと密接に関わって生きているからこそ、適切に利用することが求められる時代。
  • 大体のことがインターネット上でできるため、人と直接関わることが少なくコミュニケーション力が低下している時代。
  • 大量生産と大量消費の時代が終わり、付加価値のあるものやアイデアを活かした物事が重要視されている時代。
  • 第4次産業革命
  • 誰しもがスマホを持つ時代。
  • 誰でもインターネットで世界中から莫大な量の情報を得られ、その情報の良否の判断が難しい時代
  • 誰でもネットが使える時代
  • 誰でも気軽に情報に関われる時代
  • 誰もがインターネットを利用できる時代
  • 誰もがスマートフォンなどでネットに繋がることができる時代
  • 単純な物事は機械に置き換えられるようになってきている。
  • 通信技術の発達によりオンラインでの会議や討論ができるようになり、情報交流の仕方が変わってきている。
  • 電子化が進み人がやる必要がないことが増えてきている時代なのでいろいろなことをしている機械を制御する仕事をする人がいなければならないという必要性
  • 電子機器が普及し、大学教育などで多用されている時代
  • 電子端末の普及により、教育現場でもスマホ等が実用されてきている。
  • 二極化の時代
  • 日本は地震大国であり近年南海トラフ地震の恐れがあるが、未だ東日本大震災等の復興も終わっていない状況。
  • 能力やスキルを持った人間が必要な時代
  • 農業や漁業に携わる人の高齢化と減少が進み、後継者を求める時代
  • 偏りの時代
  • 膨大な情報が氾濫している時代。
  • 北朝鮮のミサイルへの脅威といった、国際的な問題が自分たちの身近に迫っている。
  • 本を読む人が少なくなっている時代
  • 本当受けたい授業を履修制限により受けられない。
  • 翻訳ソフトが進化してきており、知らない言語をしゃべる人とでもリアルタイムで意思疎通ができる時代。
  • 友達ができない時代
  • 様々なものが自動化されている時代。
  • 様々な授業にスマホやpcを利用する時代
  • 様々な情報が飛び交う。だれもが、携帯、スマートフォンなどを持ちどんなことでもすぐ調べられる、ユビキタス社会。
  • 様々な専門職が増えており、就職するには専門的知識を身に付ける必要があるため、大学に通う人が増えている。
  • 利便性を重視する時代だと思います。
  • 離れた場所でも授業を受けることが可能である。
  • 量産型の現代で機械化に頼りつつある時代

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝