社会情報入門

  • 携帯電話によって情報が身近に感じすぎることが及ぼす影響についての記述は見られなかった。が、代わりに出欠を携帯端末で試験的に行った記述がみられた。我が小樽商科大学と同じように実施していたが、その実施に不満を持っていた学生は一割程度だった。いくつかの改善点はあるもののほとんどの学生が携帯電話による出欠を肯定していた。
  • "北海道名寄市立大学では、2002~2013の約10年に亘り大学1年生の飲酒についての意識調査として、大学生を対象にパッチテストやアンケートを実施しアルコールへの耐性を3つの族(強い/比較的弱い/弱い)に分類した。そしてパッチテストの結果を参考にして各々の意識調査(飲酒経験/飲酒頻度/イッキ飲み/イッキ飲ませ等)を行った結果、アルコール耐性が低いほど今後の飲酒に注意する旨の回答が得られた。2002年の先行調査から今回(2013)の調査にかけて、徐々に飲酒に対しての注意意識が高まっていったことが統計から見て取れる(大見ら 2014)。  同校ではこの調査のほかに入学時の講演を行うことや、講義として飲酒に対しての意識を学生達に持ってもらっていることも同調査が良い結果となった要因かもしれない。"
  • "・子供を育てる上での経済的負担を和らげる ・地域社会の活性化 ・若い人への知識や技術の伝達"
  • "・電子書籍の利用 ・SNSによるコミュニケーション、情報交換 ・アプリによる幅広い学習"
  • “上流のバス停を通過した際に固定の検知機がその存在を検知し、センターシステムを介して下流のバス停に伝達し、バス停に設置された表示器により接近情報として提供する”という取り組みがあった。‐大谷達彦(2006)「」
  • 「The Pew Research Center」の2011〜2012年のレポートではアメリカのネットユーザの70%が健康について調べたことがあるという調査があった。
  • "「ビットコインは、きわめて重要な発明なのである。送金コストがきわめて低いため、これまで不可能だった経済活動が可能になる。」 :仮想通貨革命・著者野口悠紀雄"
  • 「遠隔操作可能なカメラを用いた能動的な状況把握システム(河合智明、坂内祐一、田村秀行)」において、ActiveAwareness?の観念に基づき、遠隔操作可能なカメラを用いて能動的にアウェアネス情報を獲得するシステムARGUSについて、カメラ設置モデルなど設計思想について述べた。また、利用実験によりオフィスメンバー(この研究における遠隔カメラの設置場所はオフィス)に見える利便性と心理面での影響について研究した。
  • 2001年から面接授業の代わりとして、インターネットによる授業が認められ、2003年には八洲学園大はインターネットによる授業だけで単位を修得できるようになった。
  • 2011年に東京大学はマサチューセッツ工科大学とSkypeを用いた言語学習を始めた。
  • 2012年度から「大学図書館電子学術書共同利用実験」が行われている。
  • 4ヶ国語を操る接客ロボット・アクトロボット【ロボット学会誌】著:中村雅巳、松崎辰夫 による。
  • CALL教材を使用した英語聴解力の養成が展開された。
  • cross checkを用いて、既存の論文と類似率の高い文章を検知した
  • cross checkを利用して、既存の論文との類似率を検証する
  • e-Learning システムや、responなどのシステムが利用されている。
  • eラーニングなどの無償の教育コンテンツ
  • "Google scholarで検索しましたが、端末を忘れた時の解決策の取り組みはありませんでした。 ただ、小樽商科大学のmanabaではパソコンからでも自分のレポートなどを提出できるので、取り組みの1つだと思います。"
  • http://133.87.26.249/dspace/bitstream/2115/51856/1/Shiratori-1.pdf
  • "https://www.jstage.jst.go.jp/article/sicejl1962/22/8/22_8_697/_article/-char/ja/ 東京工業大学での光ファイバーを用いたキャンパス間情報伝達システム:時間的損失だけでなく、両キャンパスを移動する際の思考の中断による心理的負担も軽減された。"
  • LINEやTwitter
  • manaba, ouc navi, respon
  • "manaba、Campus Squareの連携で学生は自身の履修科目からの情報を一覧で見ることができるようになっている。また、課題提出の管理もでき、効率が良い。 デジタルサイネージによる情報発信。"
  • manaba、Moodle、GIOSプロジェクト、MOOCs など?
  • manabaやキャンパススクエア。そして便利に使わせてもらっているOUCナビ。respon。
  • NTTドコモが通信機器用半導体を開発したこと
  • OUC navi 電光掲示板の設置 大学のホームページ
  • ouc naviや掲示板など
  • Oucnavi、キャンパススクエア、マナバ
  • OUCnavi、授業内での出席確認
  • OUCnaviやmanabaがある
  • OUCナビ、掲示板など
  • "oucナビで休講の連絡をしたりバスの時刻表や質問に対する答えが載っている また、manabaやキャンパススクエア、図書館前の掲示板類でも情報を得ることが出来る"
  • pcをどの程度使えるかによるクラス編成(他大学)
  • "PlayStationVR Galaxy Gear VR ヘッドマウントディスプレイ"
  • responというスマホアプリで授業内容についてのアンケートをとったり、manabaには生徒が書き込める掲示板がある
  • siri
  • SNSと仲介型チャットを利用することで新たな人間関係を築きやすいことがわかった。また、SNSを使って授業を行うことで現実世界とSNS上の双方で活発なコミュニケーションがとれ、より多様な学習につなげることができるようになると考えられている。
  • SNS等が普及し、より気軽に遠方の人と交流ができるようになる取り組み
  • soiシステムと呼ばれるオンデマンド講義
  • speakingよりwritingに重きを置いていた。
  • VRやコンピュータのシュミレーションを用いて体感的に学習する取り組みがあった。
  • webベースの履修登録システムを構築し実際の大学で利用されている。(檜垣)
  • Webを利用した教材が,公開され始めている
  • Wi-Fiを設ける
  • wifi
  • アクティブラーニングの推進
  • アナログとデジタルの融和
  • あるひとつのスキルを習得することによって一生食いつないでいく
  • ある市が「見守り推進員」として高齢者を地域で見守る福祉専門職を設置した。
  • インカレサークルに入ることや他大学と一緒に行う講義を履修する。
  • インターネットサイトで休講情報や教室の掲示
  • インターネットを媒体に仕事などを効率的にする取り組み
  • "インターネットを用いたテレビ会議を使った遠隔地との交流学習。 参考文献 テレビ会議を利用した異校種間交流学習とその教育効果(成瀬喜則・宮地功)"
  • エンゼルプラン
  • おそらくないと思います。
  • オランダのポストマ医師事件をきっかけに制定された安楽死法・ベルギーの不治の病にかかった子供にはじめて適用された安楽死法
  • キャリアWiFiを導入する
  • グローカル副専攻など、グローバルに活躍するための授業がある
  • ゲームなど
  • コミュニケーション力を育成するための協同学習があった。
  • "これまで、車車間通信を利用することにより,先行車との車間距離を保つように車速を制御するアダプティブクルーズコントロール(ACC)の追従性能を維持しながら,燃料消費の抑制を行う制御システムをデザインする研究などが行われている。
    [車車間通信を利用した環境配慮型アダプティブクルーズコントロールシステムデザイン 森 西村 ダッラニェーゼ 高橋]
    さらに類似研究として、AI搭載車による危険の予知とその回避の正確性を高めるべく、オントロジーという用語で知られるデータ構造の設計とストリーム推論という方法を用い、継続的に生成される大量のデータを効率的に処理する研究も行われている。[人工知能による運転支援・自動運転技術の現状と課題 我妻 p813] "
  • "これまでも、スマートフォンを使用した個人識別システムなどが検討されている。 (参考文献 スマートフォンにおけるタッチ操作の特徴を用いた継続的な個人識別システムの検討)"
  • これまで大学では留学プログラムを行い、外国の人との交流を図ってきたり、授業で英語を学んできた。
  • コンピューターやスマホでタイプをするときに漢字が自動的に変わるものがあります。
  • ご飯を受け取ってから、レジで会計
  • サービス業者は利用者があらかじめ個人情報を提供した上で、個人情報を厳格に管理することが求められている。(06千葉、前田、漆嶌)
  • "サイバー授業という携帯やパソコンからアクセスして受けることのできる授業を実施するもの。 http://tmtown.net/keitaijugyo.pdf"
  • さまざまな情報システムに対し、自分のコンピュータ端末から容易にアクセスできるようになった
  • スイスは100%、アメリカは80%以上も核シェルターが普及していて、多くの国々では核シェルターが普及しているが、日本は0.02%とほぼ皆無である。
  • スーパーマーケットなどにセルフレジが設置されている
  • "すでに居場所が分かっているが人間が立ち入れない場所に行くレスキューロボット。 ドローンを用いて探すTDRS。"
  • スマートフォンなどが広く出回った
  • "スマートフォンや携帯を使って出席をとる。 ゼミ室には学生証を読み込む機械が設置されている。"
  • "スマートフォン内蔵のセンサで寝スマホを記録するアプリケーション "
  • スマホで連絡、パソコンと連携
  • スマホにSiriの搭載
  • スマホの使用時間を抑制するアプリ
  • スマホやパソコンを授業に取り入れ、日常的に触れれるようになった。
  • スマホ依存防止のために広告やポスターなどで歩きスマホ禁止を呼びかける
  • ソーシャルメディアにおける安全な情報共有に対しての研究
  • タイムダラーを導入した直接的コミュニケーション能力醸成の取り組み
  • タブレットの授業への投入。
  • タブレット端末を学生に活用させる
  • デジタルサイネージによる情報掲示
  • デジタル教科書による動画の再生、リアルタイムで生徒の回答を確認する
  • テレビ会議システムを利用した遠隔授業などが行われている。
  • ネジを回すこと
  • ネットなどで手に入れた情報を一度疑うことの重要性を説明する講習会の開催など
  • ネットの使い方や情報を抜き取るネットウイルスなどの対策の指導、またパスワードの強化などが行われた
  • ネットパトロールや情報モラル教育など
  • ネット環境の普及 スマホ
  • ネット上でコミュニケーションを取る回数が増えて、直接では話さない人が増えている。
  • ネット上の消費者情報検索とネット・クチコミのマーケティング利用についての研究
  • ネット犯罪の対策
  • "バーチャルなつながりを新たな地域の絆に-小樽の隠れた魅力を発信するプロジェクトから見えてきたこと-(前編) https://barrel.repo.nii.ac.jp/index.php?action=repository_view_main_item_detail&item_id=4817&item_no=1&page_id=13&block_id=135

バーチャルなつながりを新たな地域の絆に-小樽の隠れた魅力を発信するプロジェクトから見えてきたこと-(後編) https://barrel.repo.nii.ac.jp/index.php?action=repository_view_main_item_detail&item_id=4819&item_no=1&page_id=13&block_id=135"

  • パスワードや、様々な人によるプライバシーを守ることの指導
  • パスワードや秘密の質問、pinコードなど。
  • パソコンを使った取り組み。
  • フリーワイファイ
  • ブログ、Facebook、Twitter、mixi、LINE等
  • ホームステイによって留学生が日本人との交流を深める
  • ポスターや機械にシールなどを貼り付けて注意を喚起する。
  • ほとんどが座学の学校の授業など
  • マナバなど
  • マレーシア政府が全国的により均質なIT環境を実現するために行ったブロードバンド網の敷設、安価なPCの開発、公共施設・学校のネットワーク接続による敷居の引き下げ
  • メディアリテラシー教育の必要性が言われている。学校で生徒へインターネットとのかかわり方を身に着けるためにパソコンでの授業が行われている。
  • よく分からなかったです
  • らくらくスマホ
  • リモートアクセス環境の整備、(会社などでは)フレックスタイム制
  • レスポンでのアンケート調査 Twitterを使った宣伝 manabaでの課題提出など
  • ロボットに人工知能を搭載して道案内やレジなどを機械が行なっているというもの。
  • ロンドンでは2012年のオリンピック開催に合わせて、テムズ川を渡るロープウェー「エミレーツ・エア・ライン」が建設された。距離は1キロメートル、時速約20キロメートルで移動する。
  • 位置情報を利用した共有情報のアクセス制限、参考文献http://hdl.handle.net/10119/360
  • "医学部でインターネットによるアンケート調査のか 参考文献 日本公衆衛生雑誌"
  • 一人一人の決まったロッカーが三号館にある
  • 一般の検索エンジンなどによる情報収集など
  • 映像授業。
  • 英検やTOEICなどで数値目標を設定されてきた(「『英語が使える日本人』 の育成のための戦略構想」)
  • 英語によるプレゼンテーションの授業や、DVDや音声の視聴覚教材を利用する講座などがすでに行われており、もちろんここ小樽商科大学でも取り入れている。
  • 英語の授業がレベル別に分けられている/ブレンテッドラーニング。
  • 英語教育改革
  • 遠隔地とのコミュニケーション、会議などで利用
  • "音声認識アプリを活用したドイツ語発音練習の試み スマホを利用したソーシャルラーニング スマホ等による中国語学習教室の構築"
  • 音声認識能力も向上し、Siriの返答の仕方もアップデートするたびに変化することもある。現在ではSiriと連動できるアプリも開発され、アプリを起動させなくてもSiriから操作できるものも出てきている。
  • 科目のひとつとしての英語科は、過去の日本の公立小学校において、その高等科まで含めると少なくとも60年以上にわたって教えられてきた実績をもっており、日本は古くから英語教育を行っていると言える(江利川春雄-96)
  • 介護ロボットを介護に取り入れる。年金の支給年齢をあげる。
  • 介護施設を建てる
  • 外国からの労働者の受け入れ。
  • "各教科の課題及び通知、履修登録のデジタル化 学内Wi-Fiの設置"
  • 確実に情報を管理することを1つの目的として、PCにセキュリティチップを搭載する動きが加速しつつある。(https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_action_common_download&item_id=65614&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1より引用)
  • 学校でのスマートフォン使用禁止。
  • 学校での英語の授業
  • 学校で教材としてロボットを用いたり、フランスではロボットが代理出席するというものの利用もあったが、ロボットが授業をするといった事例は類を見ない。
  • 学校にいく
  • 学校や警察などがネットパトロールなどを行なっている。
  • 学生がとりたい授業を履修登録できるようにしている。
  • 学生センターでの貸し出し
  • 学生証は定期試験、図書館利用の場合必要になり、常に携帯していなければならない。
  • 学内Wi-Fiの設置
  • 学内のほぼすべての施設においてWi-fiを設置している
  • 学内の無線LANを申請なしで利用できるようにした。
  • 監視カメラ 警察のパトロール
  • 関西学院大学による学内システム向けアプリの技術開発
  • 機械での全自動化
  • 機械を使って教育をする
  • 宮城教育大学では過去に学内で学生の位置情報を共有するシステムの開発がなされた.
  • 京都光華女子大学で情報基礎科目における対面授業とネットのみを使ったe-learning授業の比較をした実験があった。e-learning授業を受けている人が、全員コンスタントにビデオ教材を視聴していることは確認されている。受講者の授業内容理解度を測るために期末筆記試験を対面授業クラスとe-learning授業クラスが同一問題で実施したところ、前期の試験は全体の平均が57.3点、対面授業の平均が56.6点、e-learning授業の平均が76.3点、後期の試験では全体が74.5点、対面授業が73.5点、e-learning授業が80.8点となり、大きな差がついた。(阿部一晴 情報基礎科目における e-learning 授業と対面授業の比較 )より
  • 教育の機会を与え、多様な人材を育てる為に奨学金の充実が進められた。
  • 金沢大学、富山大学、福井大学の3大学で双方向遠隔授業を行っている。
  • 空想空間におけるコミュニティの形成過程を解析、またコミュニティでの心理についての研究がある。(参考文献: 3次元仮想社会InterSpace?におけるコミュニティ形成過程とコミュニケーションメディア利用推移に関する考察 ・人はなぜ知識共有コミュニティに参加するのか : 質問行動と回答行動の分析)
  • 慶應義塾大学では、,学術本出版社や協力企業と共同で電子書籍となった学術本を学内に提供するという実証実験が行われた。(『慶應義塾大学における電子学術書利用 実験プロジェクト 実験から見えてきたもの』より)
  • 掲示板などの活用
  • 携帯電話やパソコン(アプリ、電波など未発達)
  • "経済的には,生活保護 基準以下の生活を送っている者が3割であるの に対し,生活保護の捕捉率はわずか16%にと どまっている。家屋の老朽化,家賃の高騰,買 物・外食・入浴の困難などの困り事は,都市生 活に過疎地のような不便さをもたらしている。

河合克義著 『大都市のひとり暮らし高齢 者と社会的孤立』"

  • 個人情報保護法が制定、施行されてから各社が個人情報保護に関する様々な取り組みを行い管理している。
  • 個人情報保護法の成立
  • 孤独死対策に向けた地域の見回り運動の推進
  • 後藤康志による学習者のWeb情報に対する「批判的な見方」の尺度の作成に見られるよう、学校教育や検定を通じて客観的に、自己が批判的な見方ができているかを数値化すること。
  • 公の場でのWi-Fiを取り入れ、ネット環境を強化する
  • 口コミサイトや旅行パンフレットが主の観光情報伝達。
  • 校内や社内に電子掲示板を設置する。発達障がいなどで通常の授業を受けられない子供たちのために電子ツールを使ってわかりやすく取り組ませる。
  • 講義資料などはマナバにアップされる。
  • 高さ可変デスクを利用したデスクワークへの立位姿勢の導入
  • 高知市の中学校における結核集団感染の感染要因と化学予防の効果に関する検討をしているものがあった(https://www.jstage.jst.go.jp/article/kekkaku1923/76/9/76_9_625/_pdf)。
  • 高齢者のゆっくりした歩行スピードに合わせて、介護者の代わりにトイレや食堂まで案内してくれる。
  • 高齢者の免許返還、交通事故を防止する自動ブレーキ
  • 高齢者向けのコンピュータ教室の開催
  • 国交を結ぶ、国々の経済連携協定など
  • 国際交流パーティーの開催や留学制度をつくる
  • 国内初のCLTホテル:ハウステンボス
  • 国連が主導した京都議定書のように環境のみに配慮したものはあるが具体的な経済政策はない
  • 今までに、高等専門学校の三年生の学生が大学に編入する際に必要な科目を事前に履修す為に実施した。
  • 今までのロボットの活用は簡単な手作業の繰り返しを人間の代わりにやるぐらいであったが、これからはもっと広い範囲で人間より高い効率を出せる分野にもロボットや、人工知能が活用されるべきであると言いたい。
  • 婚活パーティーの開催、合コン、出会い系サイト
  • 混雑しない時間帯の学食の価格を安くする。
  • "三重大学 附属図書館と連携した情報リテラシー教育 図書館ツアー 情報検索講習会など"
  • 参考:「SNSの教育利用とソーシャルラーニング」長谷川聡、安井明代、山口宗芳
  • 子供が情報を主体的に選び取り、活用することによって、問題を解決する学習の実現を目指した取り組みがあった。(2007 後藤)
  • 子供のスマホ使いすぎのために画面ロックアプリケーションがある。
  • 市などが運営するゲートボールなどの高齢者スポーツやレク。
  • 紙の出席カードや、先生が数える授業もある。
  • 紙媒体の教科書販売
  • 視覚障がい者の社会参加
  • "時間的・物理的制約をなくす http://ci.nii.ac.jp/els/contents110004631316.pdf?id=ART0007343762"
  • 次世代育成支援対策推進法というものが取り入れられ、地方自治体に対して次世代育成に対する行動計画の策定を義務付けた。
  • 自治体主導の巡回・訪問活動が主であり、緊急連絡システムの構築、住環境の整備、取組地域や団体への支援、相談窓口や予防センターの設置などがあげられる。(ただし、全ての自治体が行えているわけではない。)
  • 自動掃除機などの開発など
  • 質問書方式により考える力をつける。参考文献:「質問書方式による講義」<http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20170510235426.pdf?id=ART0000865352>
  • "実際に、小樽商科大学でも「法学」などの授業で、映像による遠隔授業が行われている。もちろん、遠隔授業は他の大学でも用いられている。 また、インターネット電話スカイプを通した、海外の大学との交流も行われている。 参考文献 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jseeja/2016/0/2016_320/_article/-char/ja/"
  • 社会福祉の推進
  • 授業にスマートフォンを持参し、ネットから情報を集める。
  • 授業開始後、何分か経ったあとに出席カードを配る
  • 授業中にグループで話し合い、質問を決めて発表する取り組み(深津 2013)
  • 集落1農業式による農林漁業経営の安定
  • 従来では、九州産業大学の動画サイトが作られている。そこでは大学のテレビCMや、紹介、入学式や卒業式の動画などがあげられている。
  • 従来の取り組みでは、学務情報システムやクラウド型教育支援システムの導入などが挙げられる。
  • 従来の取り組みとしては、サイトに講義の連絡事項を載せ、学生が確認できるようにしていることなどがある。
  • 従来の取り組みとしてはエンゼルプランなどの対策をしている
  • 従来は大型店やチェーン店のチラシをまとめたサイトや、地域ごとで調べられても見られるチラシは大型店やチェーン店のもののみというサイトやアプリがあります。(シュフーチラシアプリ、トクバイ、チラシプラス等)
  • 従来は倫理的な観点やセキュリティ上の問題などを中心に学校で習う程度であった。
  • 従来までは携帯電話を用いた授業が数多くされている。[樋川04]
  • 従来までは高齢者に買い物支援サービス(交通機関の提供・弁当など食の提供)がなされていた。(樋野公宏02)
  • "塾講師によるネット上での講義 インターネット上でのインターネット学科の構築等"
  • 女子大学生の日常生活における情報機器の使用実態〜プリシード・プロシードモデルにおける疫学アセスメントとして〜【十文字学園女子大学紀要】や、不適切なICT利用による健康障害【岡田】などによるアンケート調査
  • 商大のサイトにて、就職についての質問コーナーの設置。
  • 奨学金制度など、経済的な支援をしてきた。
  • 小学校からのキャリア教育
  • 小樽商科大学でいえばOUCnaviやmanabaのように、より早くより便利に情報収集できるようになってきている
  • 小樽商科大学ではresponというアンケートアプリケーションを使い、ディスカッションしながらクラスの人の意見をみることができる講義がある。
  • 小樽商科大学のmanabaのような宿題、予習、復習、生徒への連絡などをまとめたシステム。
  • 小樽商科大学の留学説明会で配布された資料によれば、就職活動に関しては、webで情報収集が可能、ゼミ決定については、手続き可能となっている。
  • "小樽商科大学を含めた様々な大学でインターネットやTV会議のような形態で遠隔教育が行われている。 参考文献 http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20170510211853.pdf?id=ART0008977624 "
  • 小樽商科大学専用のWi-Fiなどの設置。
  • 小中高では、科目がほとんど決まっていて、最近では、基本科目とは別に、専門的なコースが選ぶこともできる。
  • 消費者発信メディアの普及などにより、情報収集コストの低下やウェブから得られる情報の多様性が増した
  • 上で述べた通り、講義中でのアンケートや小テストなどがある。manabaやcampussquareなど大学専用のサイトを利用し大学側が学生をサポートしている。またoucnaviなど学生が学生をサポートするインターネットサービスも充実している。
  • 情報の公開をより自由にしてきた
  • 情報の整理
  • 情報化に全世界が流れを合わせようとする
  • 情報機器の取り扱いについての講座や授業を開いている。
  • 情報技術を利用した遠隔教育。e-learningなど。
  • 情報処理センターでのパソコンや学生センターのスマホの貸し出し。
  • 情報処理の進展のためのコンピューター基礎研究
  • "情報爆発なるプロジェクトを提案、価値ある情報を常に生み出す 参考文献:http://www.journal.ieice.org/conts/kaishi_wadainokiji/2011/201108.pdf"
  • 新潟大学大学院現代社会文化研究科の論文「メディアリテラシーの発達と構造に関する研究」によると、多様な情報メディアの特性を踏まえ、それらを主体的に活用し、情報を批判的に捉えようとする態度及び能力の獲得を目指すメディアリテラシー教育実践が行われている。
  • 新聞を用いた授業
  • 親子でインターネットを使う時間・場所・金額などを決めたり、フィルタリング設定をして不適切なサイトを見られないようにする。(松村真木子10)
  • 人が行っていた単純作業を機械に任せるようになった
  • 人と共存する生活支援ロボット
  • 人間にしか出来ない仕事を模索している
  • 人型ロボット、ペットロボット、コミュニケーションロボットなどのサービスロボットをつくりだした
  • 人件費削除等によって、コストの削減が行われている。
  • 人件費削除等によって、コストの削減が行われている。
  • 人工知能の情報収集における取り組みとして、ある情報の内容に基づき情報の取捨選択をしたり、同じ好みをもったコミュニティから、そのコミュニティが共通して好む情報を選択したりしている
  • 人工知能を用いて人工臓器などの人工物を作って失われた四肢や臓器の機能を代替、回復させる
  • 世界的な取り組みはまだ少なく各家庭ごとでの約束ごととして守る
  • 世界的な取り組みはまだ少なく各家庭ごとで約束事としてでしか行われてない
  • 青山学院大学の伊藤教授のレポートにもあるとおり、授業とスマホとの連携は生徒の主体的な学びを促進している。
  • "青山学院大学社会情報学部では全教員と学生にiPhoneを配布したのである。ICTの体感的理解、情報感度の向上やモバイルネット社会に活躍できる人材を育つためであった。また、京都大学情報教育研究センターでは、情報科学関連の授業を中心とした資料を配信をしたのである。講義映像と授業スライドを使ったアプリケーションを開発したのである。主に、履修者の隙間時間を活用することや教員へのフィードバックを促すことなど、スマートフォンを活用した様々な仕組みが行われている。 オープンスタンダードなweb技術を用いたコンテンツ作成などでアプリの質を上げ、学生と一緒に協力しクリッカーシステムを構築させた。リアルタイムで行われる集計を見ながら、お互いの相互意見を反映するのが出来る。一番の核心は学生がスマートフォンを活用した方式で自分の主体性を育つことである。"
  • 設計、生産の自動化 生産の自動化高度化を支えるメカトロニクス
  • 雪で救急車が通れなくなる前に入院しておく等。
  • 先進国が給食などの支援を行なったり医師を派遣したりしている
  • 専用Wi-Fiを設置したりしている
  • 多くの店がWi-Fiを飛ばす
  • 大きな市場が作られ、インターネットを通した技術と連携し現在も発展している
  • 大学が生徒ひとりひとりにiPhoneを用意、配布してきた。
  • "大学における授業での出欠確認は、点呼、コメントカード、マークシート 、学生証などのICカード、携帯電話等、近年では様々な方法で出欠管理が行われている。"
  • 大学の教授が担当している講義で受講者に矯正はせずに、スマートフォン、タブレットを使って講義についてのアンケートを答えてもらった。
  • 大学教育でのタブレット端末の利用とその効果 https://www.jstage.jst.go.jp/article/konpyutariyoukyouiku/31/0/31_70/_pdf
  • 大学図書館のお知らせをツイッターで行う。
  • 大学生協を通じた健康管理に関する啓発活動が行われている。
  • 大学内でどのように過ごしていると、内定率はどうなるのかという調査があった。小杉礼子編『大学生の就職とキャリア』
  • 大学内でどのように過ごしていると、内定率はどうなるのかという調査があった。小杉礼子編『大学生の就職とキャリア』
  • 大学内での出欠確認やレポート提出、小テストなどに使われる。
  • 大規模小売店の立地を工夫し道路での行列をなくす方法は考えられており、臨時駐車場への交通需要の誘導により行列の解消が可能であることは確認されている。(参考資料:坂本邦宏・久保田尚・広瀬一寿 「大規模小売店舗立地法に基づくソフト的交通対策のシミュレーション分析」)
  • 大手の通信会社が新製品の発売ごとに回線を強化していき実質、通信速度は製品に依存している。
  • "第3次産業革命において、、、 三種の神器 新三種の神器

第4次産業革命のスタート? パソコン 携帯"

  • 誰もがインターネットで情報を瞬時に共有できる。
  • 知的財産国際取引所の開設
  • 知能部分が機械によって実現できるのではないかと考えられ、人工知能の研究が行われてきた。さらに産業用ロボットを中心とする各種ロボットやメカトロニクス機器の発達・普及に伴って、技能の機械的実現についての研究が行われてきた。
  • 地域おこしの団体が作られている
  • 地域ごとのSNSサイト
  • 地域の人に向けてインターネットの講習会を開く
  • 地下鉄や地下歩行空間の設立
  • 中学、高校、大学での英語教育に力を入れてきた
  • 中学校、早ければ小学校のうちから語学学習がはじまっている
  • 中学校の技術のでソフトウェアの使い方を教えたり、プログラミング教育で作品を作る授業
  • 中国市場にもネット通販の会社を立ち上げ、一方では、地域生活インフラという活動等行っている。
  • 長崎県、鹿児島県の小学校を結んだ道徳遠隔授業、飯山地域連携プロジェクト
  • 賃金の改善
  • "通勤、通学者の輸送機関及び経路の選定率に関する研究、 OUC Navi β"
  • 電子掲示板があるが、実際その場所にいかないと見られないため私はあまり活用していない。
  • 電動式ベッドや電動車椅子などの開発
  • 東進の映像授業
  • 動作が人間のようなヒューマンフレンドリーなロボットの研究。
  • 特になかった。
  • 読書会などと呼ばれる、本を読んで話す会などが開催されている。
  • "日本語、英語、中国語の旅行会話を対象に自動翻訳が可能なレベルまで到達している <参考文献> 多言語自動通訳技術の実現に向けて  https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=60952&item_no=1&page_id=13&block_id=8"
  • 入学生に紙媒体で地図渡したり、ouc naviで各館にある部屋を載せたりしていた
  • 年に一度の健康診断
  • 売られている野菜が誰が作ったものなのか調べることができる
  • 発展途上国に太陽光パネルや低価格の連絡装置を設置するなどしてきた。
  • 反転授業 ICTによる教育改革の進展 http://doi.org/10.1241/johokanri.56.677
  • 非正規社員を正社員にした時に助成金を与える
  • 表紙による印象の変化で売り上げを伸ばす。本の表紙の印象で購入を決める「ジャケ買い」を利用して、個人の好みを予測して本を推薦する。公共図書館にスターバックスコーヒーなどのカフェなどを併設して、利用者を増やそうとする。
  • 物理空間と仮想空間を融合させることにより、時間や場所にとらわれることなくインターネットアプリケーションを使えるようになった。(南 02)
  • "平成18年3月に東京工業大学で導入された「キャンパス共通認証認可システム」 参考文献:キャンパス共通認証認可システムの構築と運用 http://search.ieice.org/bin/summary.php?id=j92-b_10_1554"
  • 米満潔ら佐賀大学教員による「多大学間での同期型遠隔授業の実践:大学コンソーシアム佐賀での取り組み」という文献によると、授業をスクリーンに映すことで遠隔授業を行い、授業を受けられる人数を増やすことを可能にした。
  • 別なところで授業動画を撮りそれを送ってネット上で質問のやりとりをする。
  • 保育所の数を増やす
  • 歩きスマホの防止や、使いすぎによるネット依存など。
  • "名古屋文理大学において、デジタル情報学科の新入生95名にiPadを無償で支給し、授業などで活用した。

(大学教育でのタブレット端末の利用とその効果
―iPadを無償配布した名古屋文理大学における学生意識― https://www.jstage.jst.go.jp/article/konpyutariyoukyouiku/31/0/31_70/_article/-char/ja/)"

  • 有名大学が無料で授業を提供する。
  • 幼児主体の教育(自由保育) 参考文献 幼児の主体性と保育者の支援 青山キヌ
  • 溶接、塗装、組み立てといった一つの動きを連続して行うロボットを利用してきた。
  • 留学
  • 旅行者むけ音声翻訳システム
  • "例えば、ZOZOTOWNなどのショッピングサイトで買い物をすると、閲覧履歴から閲覧者の好みを分析し、興味を持ちそうな商品を提示する。 また、インターネットで自分の関心のある記事を効率よく読むことができるシステムの開発も進められている。(file:///C:/Users/toshio%20pad/Downloads/IPSJ-ICS14175015.pdf)"
  • 労働力不足を解消するために、サービス業務を代行するロボットが開発されている。
  • 老人ホームやグループホーム、デイサービスなど、様々に展開されてきた。
  • 論文 「大学生の情報通信技術利用の関連要素と社会的デジタルデバイドの階層化」-著者 海後 宗男
  • 丼、麺、おかずなどに分けている

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝