社会情報入門

必要性 (背景を踏まえて)誰が,どのような状況で必要としているのか?

  1. " 商大生が・昼の時好きな弁当などを混雑なしで買う・食堂で混雑を減らしてスムーズに買う"
  2. "??すいません、質問の意味がよくわかりません…。子どもが危険だから、危険を回避するために何が必要かってことですか?地域で近所の大人と子どもが顔見知りになれるようなイベントを行ったり、子どもの居場所がすぐに分かり、なおかつ外されにくい仕組みのアイテム。パッと見キーホルダーとか、靴とか、帽子とか…?"
  3. (JRなど)乗車の際の円滑化
  4. IT産業及び情報処理技術者たちはこの分野での活躍。
  5. JRが事故等で止まった際、復旧時間が分からない→帰宅難民が出る(商大だと札通の人)
  6. SNS利用者が友達作り、連絡手段として必要としている
  7. いつでも誰とでもつながることができる時代だが、商大ではクラスがないために友達ができない、もっと人との出会いや人とのつながりが欲しいと考えている人が少なくない。
  8. インターネットを今まで使わなかった人たちが社会に出るとき、出たあとにインターネットなどの情報技術を必要としている。
  9. インターネットを利用する人々が、SNSやブログなどの情報源の信憑性を確認したい時。
  10. インターネット環境や知識が無くても、また、ある人でも学内で手軽に書籍を読めるようになる
  11. お年寄りがデジタル化に追いつけなくて、お年寄りにも使える電子機器が必要
  12. クラスのない商大で友達作りに困っていたり、共通の趣味の友達を作りたい人
  13. クラスのない大学で誰とでも繋がれる場
  14. ゲーマーに限らず、ゲームをする全ての人が、過去のゲームの復活を必要としている。
  15. こういった背景を踏まえて、樽商生もネットトラブルに対応するひつようがある
  16. このような社会を変えるべきである理由は、このような社会が多くの問題をもたらしているからである。その例として孤独死、いじめ、うつ病などがある。
  17. コミュニケーション力が不足している人が、人との関わりを深めたいと思った時に必要とする
  18. コミュ障と呼ばれる人も会話に慣れる為に必要
  19. これから社会に出る学生達がグローバルな社会で必要とする。
  20. これから生きていく人達がお金を支払う際に必要とする。
  21. ストレスに悩まされている人がそれを解消する必要がある
  22. すべての学生が受けたい授業を受けられるような制度を必要としている
  23. スマートフォン、iPhone利用者が、情報を共有したいとき。
  24. "スマートフォンを持っていて、それを使って大学生活の簡便さを向上させることを志向する人。また、現在の教務、学習システムが複雑だと感じる人。"
  25. スマートフォンを持っていない人が、講義中に出席を取ったり、アンケートをしたりするときに必要。
  26. スマホ、PCを持っている人が、様々な情報を求めて
  27. スマホを持っていない人でも平等に授業を受けられる必要がある
  28. せっかくのIC学生証をより皆が使いやすくするために発展させる必要性
  29. そういったもの(スマホ、Webページ等)を使った講義や、そういったものの利用はするが、そこまで詳しくない、というひとのため。
  30. それゆえ、日本の若者は自分の情報を守るため、メディアリテラシーを身につける必要がある。
  31. だから、現代を生きる我々、生徒・学生にとってより良い勉強環境の提供に欠かせない存在となっている
  32. タブレットによる参加型の授業によって学生の授業に取り組む姿勢の向上やスピードのある授業が期待できる
  33. ツイッター、LINEなどのSNSを利用した交友関係の拡大が顕著である。
  34. テレビ電話などを用いることによって大学生のみならず先生も他の様々な大学とコミュニケーションをとったり、役立つ情報などを取得できる
  35. とくに、商大生が時間割を作るときなどに必要とされている
  36. ネットから情報を仕入れる人が、新聞やラジオなど他の情報源と繋げないような状況
  37. ネットでは簡単にアクセスできる半面、流れる(保存していなければ探すのに苦労する)ことがある。
  38. バイトやサークルなどで時間が詰まっている人が呼び出しや説明会などの開催をネットで見れる状況を必要としている。
  39. ひまつぶしや情報収集の手段として必要としている
  40. ほとんどすべての人が生活や仕事するうえで
  41. ほとんどの企業が面接を行なっているため、面接対策が重要視されている。
  42. まだキャンパスに慣れていない新入生が迷わずに教室まで辿り着けるような、GPSなどを利用した位置情報サービス
  43. まだ日本語があまりわからない留学生が掲示板などの内容を正確に理解するため、または日本人学生が日常の日本語を外国語ではなんと言うかを知るために使う
  44. レポートを書く際や、就活などで忙しい大学生が卒論を書くときに必要な本を自宅から借りることが出来る
  45. わたしたち学生はより正しい情報を入手するために、文献を読んでいくべきである。そのために文献を探しやすい環境づくりが必要だと考えられる。
  46. 一般の人から企業まで
  47. 一般企業で働く者よりも疲労度が2倍であるといわれている教員の代わりとしてロボットを取り入れることができるのではないか。
  48. 栄養素の偏りがちな学生が自分のとった食事の栄養バランスを確認できるようにする。
  49. 英語の必要性
  50. "英語力が欲しい人 英語で話したい人 経済的に留学ができない人 英語力が足りず留学できない人"
  51. 遠隔地で働きながら勉強をしたい人や個人の事情により家や病院から出られない人にとって、テレビやウェブを最大限に活用している現代の通信教育は自宅や身近な場所で教養や資格を身に着けられる唯一の場所である。
  52. 何かについて知りたい時、そのことについて知りたい人が必要とする
  53. 過去問や、出席の有無、プリントの必要性の有無など、ファイルや情報を必要としている時。
  54. 過疎によって近くにお店がなく、遠くに買い物にも行けない高齢者等の買い物を簡単にする
  55. 外国人と話すのを恐れる人がいるのでコミュニケーション能力をつける
  56. 外国人留学生と国際交流することが困難な人や、留学志望の人で、もっともっと海外の大学生と交流がしたいと考えている人が、交流の場面を必要としている!
  57. 各個人が自分の故郷に貢献する状況
  58. 学校で英語に力を入れている商大生1〜4年生が、小中高で発音を指導されなかったことを悔やみ自分で発音を改善しようとする状況
  59. 学校の中で昼食をとる人が事前に食堂や購買の混み具合を把握することで、待ち時間を減らすことができる。
  60. 学校側は学生に学習意欲を持ってもらうため。学生は大学へ来た目的、大学での目標を実現するため。
  61. 学生、教師。(小樽商科大学に関わる人々)
  62. 学生、職員があまりに多くの情報にさらされる中、自分に必要な情報を確実に選択する必要がある状況。
  63. 学生、特に就職活動を控えた大学生が必要としていると言える。
  64. "学生が友達を作りにくいと思う時 学内システムが煩雑だと思う時"
  65. 学生が、いつ、どこにいるときでも、大学内の情報を得るために必要とされている。
  66. 学生が、いつでもどこでも簡単に掲示板の情報を得られることの必要性
  67. 学生が、シラバスや学校のイベント情報を得たいときに必要としている。(補講日など)
  68. 学生が、わからない問題に行き詰まった状況
  69. 学生が、学内以外の場所でも必要としている。
  70. 学生が、講義の前後。
  71. 学生が、混雑が予想される講義等で、座席の確保が難しい状況で必要としている。
  72. 学生が、授業で資料をコピーせず、タブレットで打ちこむようにする。レポート等もオンライン上で提出できるようにすることで印刷費を削り、半永久的に経費を浮かせることができる。
  73. 学生が、授業についての情報を得るために必要としている。
  74. 学生が、情報を手軽に取得するために必要
  75. 学生がいつでもどこでも情報が必要になったとき。
  76. 学生がどこでも大学情報をキャッチできる
  77. 学生がもっと外国語力をあげることを可能にするために、外国人と気軽にインターネット上でコミュニケーションがとれることが理想である。
  78. 学生がもっと主体的で意義のある学習をするために必要としている
  79. 学生が学内の情報を手に入れるため
  80. "学生が簡単にスマートフォンのアプリで時間割を作れる 科目の抽選結果をスマートフォンでみれる"
  81. 学生が校舎内で
  82. 学生が講義の情報を手に入れるときに
  83. 学生が最新情報をてにいれる
  84. 学生が紙の教科書を持ち歩かずに簡単に持ち歩きできるような状況にするため。
  85. 学生が自分のとりたい授業を教室等の関係でとれなく、履修制限がかけられている。
  86. 学生が自分の取っている授業などで情報が足りないと思う状況。
  87. 学生が授業で必要な教科書を電子化するのが望まれている
  88. 学生が授業中に必要としていることが多い。また、一部の教員はインターネット上での出席等に依存していると思われる。
  89. 学生が図書館で本を探すとき。
  90. 学生が正しい情報かどうかを判断することが求められている
  91. 学生が他の大学と留学などの国際交流をするとき。
  92. 学生が大学での講義内容を把握するため
  93. 学生が大学に通学するときにおいて
  94. 学生たちが意欲的に学ぶ必要がある
  95. 学生たちが就職を有利にするために英語力を必要としている。
  96. 学生たちに複数国の大学生と話し合い、様々な考え方を知る。
  97. 学生のほとんどがスマートフォンを常にもっており、すぐに取り出せる状況なので従来よりも楽になる
  98. 学生は学校外情報をもらうとき。
  99. 学生は簡単に情報を取得できる必要がある
  100. 学生や教師が、課題を出すような状況、又は写や動画を利用して説明する状況。
  101. 学生や研究者が、論文・レポートを書く際に、多くの情報の中から自分の求める情報だけを抽出して探したいという状況がある
  102. 学生や社員の出席や、社内データの管理、レポートの作成などでアナログで行うのが困難な場合
  103. 学生や社会人が情報を手に入れるときに必要としている。
  104. 学生や先生が出席をとるのに必要
  105. 学生全員が必要な情報を手に入れることを必要としている
  106. 学生達が、授業内容や連絡事項でわからないことがあったとき、友達ではない人ともネットで繋がり、質問したり答えたりできる環境があるとよい
  107. 企業が消費者の個人情報をもっと厳重に保存する必要がある
  108. 気の合う友人を見つけられない孤独感を感じている人が、趣味が同じ人を探すために必要としている。
  109. 気軽に会えない人(距離、日程などの都合により)との情報交換をしたい場合。
  110. 休講情報をよく忘れたりする大学生。
  111. 休講状況や電車の運行状況
  112. 居住地域、病気、部活などにより通学が困難になる可能性のある学生。(月に何回かとか)
  113. 教育現場で生徒が必要としてる
  114. 教育者が電子機器を使って授業をするようになっている。
  115. 教員が大人数の生徒の管理をする状況
  116. 教員や生徒がインターネットなどを使用する際に必要
  117. 教員生徒含め全員が講義や大学の運営、生活などすべてに必要としている。
  118. 教師が授業の出席を取る状況
  119. 教師や生徒、学生に機械の知識が必要とされている。
  120. 教授がパソコンやタブレットで出欠や提出の状況を管理する上で必要とされている。
  121. 携帯を使用する授業があるため緊急で充電する必要がある可能性がある
  122. 経済面の問題でスマホを持つことができない人が講義を皆と平等にうけようと思った時
  123. 健康を維持することが大切
  124. 孤独で施設に入る資金のない高齢者
  125. 交通機関利用者が、交通機関の運行状況を知りたい状況で必要。
  126. 広い教室や学外おいて簡単には質問などができない状況でもWebを通して簡単に質問などができるようになる。
  127. "講義の出席を紙で毎回やっているのを小型の機器によって出席を確認できる。休講や移動教室の情報や、OUCナビやキャンパススクエアーとの連携も可能にし、スマホを開かなくても手軽に見ることができる。"
  128. 講義をやむを得ず欠席する人や履修制限をかけられた人など、講義を受けたいが受けられない状況にある人などにとって必要。
  129. 高校生などは大学の情報をネットから得るようになってきている。
  130. 高齢者が、介護施設に入居する場合、高齢化に見合った介護施設の設置数の普及。
  131. 国民がインターネットから本当に知りたい情報を探す時
  132. 参政権を得る前までに政治に参加する準備をしなければならない20歳未満の人
  133. 子ども達自身の、将来の体力の基礎をつくったり、人格形成に必要。
  134. 子供から老人まで、コミュニケーション手段や、企業活動や研究活動、教養活動や娯楽まで様々な面で必要としている。
  135. 止むを得ず授業を休んでしまった商大生
  136. 私が、今まで制服だったので私服を選ぶことが毎朝辛い
  137. 私たちが、講義や、課題に関する様々な情報が欲しい時。
  138. 私たちのような学生が、大学の情報を一目で確認できるような状況。
  139. 私たち学生も、授業での学習の効率化の面などで電子機器による質の高い授業を求めている。
  140. 私たち商大の生徒が、はるばる小樽まで来なくてもネット上で学内の情報を知りたい。
  141. 時間のない学生がある程度好きな時間にあらかじめ録画などされている授業をタブレットなどを通して受けることを必要としている。
  142. 自分の受けられなかった講義を受けること
  143. 社会(学校や会社など)が授業やプレゼンでのパソコンの使用を必要としている。
  144. 社会に出てからや、大学でものを調べたり、入力したりする時
  145. 社会に通ずる人みんなが、快適な生活や、効率的な作業をするために必要としている
  146. 社会人になる上で外国語が必要となる。
  147. 社会人はもちろん、大学生はレポートや論文などで情報収集、取捨選択が必要になってくる
  148. 若い人が身近にいない高齢者は情報を得づらい。
  149. 若者に限らず、中高年の人も必要としてきている
  150. 若年層(主に中高生)が本当に信頼しあえる人間関係をもてていない状況で必要としている。
  151. 授業で使用する教科書・辞書・参考書等を電子書籍化することで学生は多くの荷物を必要としなくなる。また忘れ物の防止にも繋がる。
  152. 授業を履修制限無しで受けること
  153. 就職にも英語力が必用な時代
  154. 商大の受験を考えている受験生や商大発の人材を必要としている企業がが、商大生が日々どのような活動を行なっているのかをリアルタイムで得るために必要としている。
  155. 商大の中で迷ってしまう人が教室などを探せるようにする
  156. 商大を受験したい人や商大生が勉強法や講義についてなどの疑問を解決したいという状況。
  157. 商大在学者が複数の学内システムを使うことに不便さを感じているため、一度に全てを行えるシステムが必要である。
  158. 商大生が、講義の情報や交通機関の時刻などの情報が分からないときに必要とする。
  159. 商大生が、次の授業に間に合うか否かの境目の状況であるとき
  160. 商大生がその日の学食のオススメメニューやエネルギー量についての情報を得る
  161. 商大生が好きな科目を取ることができる
  162. 商大生が困っている状況
  163. 商大生が商大の情報をすぐ知りたい状況
  164. 商大生のような学生が、自然な外国語に慣れるために必要
  165. 商大生の主に札通生が、登校または下校する際の、JRの急な運休等の情報を必要としている。
  166. "将来の就職なのどために大学では英語の学習に力を入れている"
  167. 将来企業などでグローバル化が進んでも、英語が話せることが必須である
  168. 小樽市のより一層の発展のため、本学学生証プリペイドまた小樽市民にプリペイド等の機能を搭載したカードが必要
  169. 小樽市民が急な坂道(地獄坂など)を登る状況
  170. 小樽商科大学では、インターネットサイトを使ってシラバスの電子化、課題提出時のipadの利用などが行われている。
  171. 小樽商科大学では、学生が講義に関する資料などをインターネットから入手したり、またWeb上で課題を行う必要がある。
  172. 小樽商科大学でもスマホを使用する講義があるが、午後からの講義の時にはスマホの充電がすでになくなっているということもありえる
  173. 小樽商科大学の学生が、なかなか安定しない、かつ上記に見られる状況で、必要。
  174. 小樽商科大学の学生だと大学生活において、情報を得ることを素早く正確にできることが必要とされる。
  175. 小樽商科大学の学生でなんらかの理由で校舎にいくのが困難な生徒
  176. 小樽商科大学の学生や教員及び来校者が、帰宅の際に坂を下りるのが困難な状況。
  177. 小樽商科大学の授業内容の動画配信
  178. 小樽商大が学生に情報を与えるため
  179. 小樽商大での各授業の課題や、休講情報、その他講義関係の情報をスマートフォンを通じて仕入れている
  180. 小樽商大の学生が(特に複数人で)混雑する食堂を利用するとき。
  181. 小樽商大の学生達は、より効率的なスケジュール管理のサポートを求めている。
  182. 小樽商大の生徒は、クラスがない本大学で人の繋がりを求めている
  183. 小樽商大生が、どこでも簡単に休講情報やお知らせなどの重要な情報を得るために必要としている。
  184. 小樽商大生が、授業プリント等の配布サイトの統一を必要としている。
  185. "小樽商大生が休講情報等、重要な授業情報が分かりにくい。掲示板の情報が得づらい。"
  186. 障害者が日常の生活の中で健常者と差別されることがない状況。
  187. 情報が錯綜・分散し、自分に必要な情報を収集するのが困難となっている。大学でも、自分に必要な情報を見落としやすいなどの問題がある。
  188. "情報が錯綜してしまい、本当に必要な情報がわからなくなるため、誰もが必要な情報を求めている。"
  189. "情報が多すぎて探すのに時間がかかる"
  190. 情報の受信者が、文字媒体や写真での情報しか得られない状況で、動画による具体的な連続性のある情報を求めている
  191. 情報を求めている人々が情報を得たい場面
  192. 情報を必要とする人が情報がほしいと思った状況
  193. 情報社会が未発達な地域の住民が、日常生活のなかで外部と繋がるときに必要である。
  194. 色々な人、色々な状況で誰にも相談できないような悩みや思いを吐き出す場所、特に大学生
  195. 食堂を利用する商大生が、空腹に耐えながらもレジへの長蛇の列に並んでいるので、自動精算システムが必要
  196. 新入生が新しく友達を作るために必要
  197. 新聞などを読む大学生が減り、時事問題に疎くなっている大学生向け
  198. 申し訳ございませんが、その他の欄をご覧になってください。
  199. 真面目に出席している学生が授業中必要としている
  200. 親が目の届かないところで子供がネットをしている状況で必要とされている
  201. 身の周りで起きている出来事の情報を瞬時に知ることができるよえになっている。
  202. 人々が情報を手にいれるために必要としてる
  203. 人々誰しもが、日常生活で必要としている
  204. 人とのコミュニケーションをほっしてる人たちが必要としている
  205. 世界中の人々がやる気次第で名門大学(主にアメリカ)の講義をパソコンなどの機器があれば視聴できる
  206. 世界中の多くの人が連絡を取る手段として必要としている
  207. 政府や地方自体は投票率を上げるための改善策を練る必要がある
  208. 正しい情報かどうか判断する状況で必要
  209. 生徒が学校内で情報を容易に得る必要がある。
  210. 生徒が自分の端末で、大学の物事を管理することが必要
  211. 生徒が受けたい授業を受けることができる
  212. 生徒が授業の欠席をするときや、授業のプリントを印刷するときなど。
  213. 生徒が宿題を忘れないようにするためにマナバに表示されてプッシュ通知がくるようにする。
  214. 生徒が抽選等で受けたい授業を受けられないという状況。
  215. 製作者が紙媒体のコストの削減のため
  216. 先生、学生ともにすぐに連絡をしたい、受けたい状況
  217. 先生が本当の出席率を確認する時に必要となる。
  218. 先生や生徒が、日常的に情報を漏れなく収集する必要がある
  219. 先生方が出欠をとるときや、大学関係者しか利用できない場所に入るときなど、不正がないようにする。
  220. 全ての人が生活に必要な情報を得られていない状況で
  221. 素早く拡散したり、コンパクトにまとめられるので、情報を受け取る側にも管理する側にも必要とされる
  222. "相互の国の発展や情報の共有たとえば、講義なども含める"
  223. 他の分野の授業を幅広く勉強するために、他大学との遠隔授業が必要とされている。
  224. 多くの学生が、休講情報だけでなく教室変更情報や各々の講義に関わる情報などを、それら端末をつうじてどこでもいつでも入手したいと思っている
  225. 多くの人が外出する度に事故にあう可能性があるため、対策する必要がある
  226. 大学から遠い地域に居住し、経済的な問題のために一人暮らしなどが難しい学生。
  227. 大学が生徒の情報を全てデータベース化して管理する
  228. 大学で、英語圏や第二外国語の国の人々とテレビ電話などを通じて交流できるようにする。
  229. 大学で、教授がレポート提出などのために生徒に求めている。
  230. 大学で、他大学の講義を受講できるようにする
  231. 大学では、SNSを通して、人間関係の輪を広げている。
  232. 大学ではレポートが課題として求められることが多い。しかし、学生によっては時間がなく一気に書き上げられないという人もいるだろう。そのためにいろいろなハードからアクセスできるクラウドが必要とされている。
  233. 大学では学校に関する必要な情報を学生が迅速かつ簡便に得る必要がある。
  234. "大学では学内に限定したsnsを取り入れることが注目されている 目的 講義時間外でのコミュニケーション"
  235. 大学では休講の情報など必要としている
  236. 大学で学生がより世界に通じる語学力を身につけるためには、実際に海外の人々と会話をすることが効果的だと考える。そのために海外大学と連携をし、テレビ電話で会話ができるようにする機会が必要である。
  237. 大学において多種多様な情報を一画面に表示させることで円滑な議論、授業を可能とするツールが必要とされている。
  238. 大学における授業でも、スマートフォンによるインターネットの利用が注目されている。
  239. "大学に所属する学生全体にとって、必要がある。大学全体の学力低下の可能性。"
  240. 大学の講義
  241. 大学の講義中にスマートフォンでアンケートに答える。
  242. 大学の新入生がいちいち講義のオリエンテーションを受けなければならず逃すとその講義を履修できない状況
  243. 大学の生徒が、目標や興味のために必要な講義を受けるために必要とする
  244. 大学の先生あるいは生徒たちが授業で効率よく学ぶためタブレット等の電子機器が必要とされている
  245. 大学生が、たくさんある大学の情報を調べる上で一箇所にまとめてほしい
  246. 大学生がネットを通して講義を見ることができる
  247. 大学生が課題提出や出席確認を行う際にも使われている。
  248. 大学生が教員などからの連絡を手元のスマートフォンで閲覧することができる
  249. 大学生にとって、講義に関する情報をインターネット上で閲覧できると勉強しやすくなる
  250. 大学生の多くはSNSを使用、SNSでも知りたい情報が手に入る。
  251. 大学生はよりスマートフォンにより情報を手に入れるのが手軽になることを必要としてる。
  252. 大学生は大学で必要な情報を自分で調べなければなりません。
  253. "大学生は必要な時にどこでも就職状況やその後をリアルタイムでしれることを必要としている。本大学の学生にとっても気になる情報であるであろう。"
  254. 大学生活をスムーズに送るためにスマートフォンを有効活用する必要性
  255. 大学側が学生の出席を取る際に各自が持っているスマホを利用できる
  256. 大学側が生徒に関する様々な情報などを収集し、財政基盤を強化する
  257. 大人が使ってるのをみて、子供たちが使いたがる時。
  258. 大人数の講義中で質問をしたくても出来ない人
  259. 樽住みだけど商大から少し遠い所に住んでいる人は歩くのが辛い。
  260. 地域の人々で、「若い人がいるとやっぱいいね!」のような要求を満たす、学生はボランティアの情報を簡単に見つけらる
  261. 地球が以前よりもクリーンになるために一人一人がエコな生活ができるような術を実践的に学ぶ。サバイバル術を学ぶ。
  262. 地球規模の市場を求める企業や法人
  263. 昼休み、学生の多くが食堂に向かうが、すでに混雑しており『座れねぇーwww購買行くかーwww』てくてく、、、『(購買前にて)めっちゃ混んでんじゃんwwwこれじゃ昼飯買えねぇだろふざけんなwww』と嘆いている状況を毎日のように見ることができる。そこで、OUC naviに食堂の混雑状況をリアルタイムで載せる事で、このような状況を回避することができ、生徒それぞれが空席の多い時間帯に行くことで混雑自体もある程度解消できる。
  264. 昼休み、食堂を利用しようとしている学校内の大学生が。
  265. 直接の会話の改善
  266. 通勤、通学する際に利用する電車やバスなど公共交通機関の時刻表などを調べる際などにスマートフォンは必要とされている。
  267. 電子で行えるものは電子で行った方が効率が良くアナログでやった際のコスト削減になる
  268. 電車やバスなど、公共交通機関が遅延した時に、それを利用する学生が必要
  269. 特に、デジタル世代と呼ばれる今の若者たちはニュースや明日の天気、目覚ましなど生活に関わるものをほとんどスマートフォンで解決している。
  270. 特に、大学では、インターネットを活用して学内Local Area Networkを建立し、スマートフォンやタブレットなどで講義を取り入れることが注目している。
  271. 特に、大学では、スマートフォンを利用した授業が展開されている。
  272. 特に私たち大学生は将来情報化社会に直面するべきだから、情報を活用する能力が必要としている。
  273. 特に新入生や商大生に学校生活で利用できる。
  274. 特に大学では、インターネットを使って課題の提出やレジュメ印刷がある。
  275. 特に大学生は日々の授業で
  276. 日常生活のあらゆる場面
  277. 日本が新生児を必要としている
  278. 日本国民にとって今後食品の輸入が減ると、自国でまかなわなければいけなくなります。
  279. 日本人が廃棄したりする残飯や家電、衣類などは、貧困や飢餓、病気などに苦しむアフリカの人々や東南アジア、南米などの人々に必要とされる。
  280. 年代性別、また屋外屋内を問わずに連絡を取り合うため、調べ物をするため、娯楽など様々な用途で使用している。
  281. 悩みや不安を抱えている人が家族や友人にも相談できない状況。
  282. 売り手が、ひとまずの売り上げをあげるために、売れる=キャッチーな音楽を必要としている。
  283. 板書と違い一度に表示される情報が多いため、学生が手書きでノートを取りきれず授業参加や復習に支障が生じる状況で、資料を各自学生が手元に置いておく必要がある。
  284. 板書の多い学生。
  285. 普段の暮らしで、情報に惑わされないようにする。
  286. 部活、サークルの代表者が教室予約を手軽に行うために有用
  287. 文章に依存するため、実際の会話時に苦労する人がいる。
  288. 忙しい人が すぐに次の予定をたてたいときに必要とする。
  289. 忙しく学校に行けない人や、働いている人
  290. 未だ友達ができてない人、まわりに溶け込めてない人
  291. 様々なものを電子化することで、学生が昼休みの時間に素早く昼食をとれるようにする
  292. 様々な人々が情報を得るために使っている
  293. 様々な人がより多くの情報を得て、的確に行動するため
  294. 履修制限をかけられ、受けたい授業が受けられなかった商大生に向けて、空き講にweb上でその授業を受けられるようにする。
  295. 履修予定人数を超えたことによる履修制限によって、受けたい授業を受けることができない学生に必要となる。
  296. 留学したいが、できない学生が実際に海外の人とコミュニケーションをとれる。
  297. 例えば商大生はネットを通じて課題を提出しなければいけないのでネットを利用する必要がある

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝