社会情報入門

背景 いまどういう時代なのか

  1. 1人一台自分のスマートフォンを持つのが当たり前の時代であり、SNSでどんな人ともつながることができる時代。
  2. "2008年からスマートフォン使用している人が増えています。大学生たちは大体スマートフォンを使えます。"
  3. 8〜9割の学生がスマートフォンを所持している
  4. 90%以上の若者がスマートフォンや携帯電話を所持して利用しており、道案内など位置情報サービスが一般に広く普及している時代
  5. IT化、電子化によってさまざまなことを効率化、時短化する時代。
  6. IT化が進んでいて学内や社内でも情報機器が取り扱われるようになっている時代
  7. LINEなどでスマホやタブレットを使用している情報化の時代
  8. SNSであるTwitterを学生の大半が使っている時代
  9. SNS間での交流が多い
  10. SNS等での繋がりが広がるなか、直接のコミュニケーションをとることが改めて重要視されている。
  11. Webや電子掲示板上で情報が共有、発信される時代。
  12. あらゆるものが電子化している
  13. あらゆるものにおいて、機械化、デジタル化が進んでいる
  14. あらゆる場面で電子機器が使われている
  15. いつどこででも情報が手に入る
  16. インターネットが何にでも応用できる時代
  17. インターネットが大幅に普及して、情報が氾濫し個人情報が危険にさらされている時代。例えばアカウント乗っ取りや遠隔操作。
  18. インターネットが普及し、学校の授業にもネットが利用されている。
  19. インターネットが普及していて、授業にも活用している。
  20. インターネットが普及し様々なメディアから情報が飛び交う時代
  21. インターネットに接続できる媒体さえあれば、いつでも、どこにいても同じ情報を共有することができる時代である。
  22. インターネットの普及により、人とのつながり方が変わってきている時代
  23. インターネットの普及により情報を瞬時に受送信できる時代
  24. インターネットの普及により世界がひとつに近づいている
  25. インターネットの普及により誰にでも素早く連絡をとることが可能で情報を収集することが容易だが、それゆえ交通面などで差が生じている時代。
  26. インターネットの普及に伴って、グローバルな社会です。
  27. インターネットを通じて情報の送受信することが多々あるのでそれを送受信する必要性
  28. インターネット環境や知識が無いと、不利益を被る時代
  29. インターネット利用が盛んな時代。
  30. ウェアラブルデバイスの普及によっていつでも必要な情報にアクセスできる時代
  31. かなり多くの学生がスマートフォンを持っている時代
  32. クレジットカード、学生証、交通機関でのカードなど、情報や支払いがカードで迅速に処理できる時代
  33. グローバル化が期待されている時代
  34. グローバル化が広がった時代
  35. グローバル化が進み、英語が重要になってきている
  36. グローバル化が進み、外国語能力が必要にされる時代であり、インターネットを使って海外の人と簡単にコミュニケーションがとれる時代。
  37. グローバル化した時代で外国語が必要な時代。
  38. グローバル化の時代
  39. グローバル化の中、英語が重要視される
  40. コンピュータの時代
  41. さまざまなことが情報化され閲覧できる時代
  42. さまざまな情報がインターネット上に氾濫する時代。
  43. ストレスの多い時代である
  44. ストレスを抱えている人が多い時代。
  45. スマートフォン、タブレットが普及し、インターネットが様々なところで頻繁につかわれている。
  46. スマートフォンかタブレットをだいたいの人が持っている時代
  47. スマートフォンが広く普及している
  48. "スマートフォンが身近になり、若者達のSNSへの依存度が高まっている中で、ネット通信を用いたよりリアルなコミュニケーションが必要である。"
  49. スマートフォンが多くの人に普及している
  50. スマートフォンが必要な時代である。
  51. "スマートフォンが普及し、今やほぼすべての人が持っている。また、授業教室の大きさなどによる履修制限が多い"
  52. スマートフォンが普及し、情報の取得が容易になっている
  53. スマートフォンが普及し、誰もがどこでもインターネットを活用できる
  54. スマートフォンが普及してきている
  55. スマートフォンが普及して情報がどこでも手に入る時代
  56. スマートフォンなどが授業で使用される時代になっている。
  57. スマートフォンなどのインターネットに接続可能な端末を誰でも持っている時代
  58. スマートフォンなどの急速な普及によるデジタルネットワーク時代。
  59. スマートフォンなどを使うことで、どこにいても自分が必要な情報を手に入れる事が出来る。
  60. "スマートフォンの普及 企業のグローバル化"
  61. スマートフォンの普及により、LINEの利用者が増えている
  62. スマートフォンの普及より、情報収集がより簡単になってきている
  63. スマートフォンの普及率が上がり、講義などでもスマホを使用する機会が増えてきていいるため、常にスマホを使用できる必要がある
  64. スマートフォンやiPhoneが完全に普及し、ネットを介してコミュニケーションを取る時代なので、SNSが必要となっている。
  65. スマートフォンやPCが普及し、色々なもののデジタル化が可能な時代
  66. スマートフォンやガラケー等の携帯端末を誰でも持ってる時代
  67. スマートフォンやタブレットが多用されている時代
  68. スマートフォンやタブレット端末が溢れていて、アプリが生活の中心。
  69. スマートフォンやタブレット端末が普及し、教育の現場でも取り入れられている
  70. スマートフォンやタブレット等の情報伝達手段の発達により、誰もが常に情報を発信したり得ることができる時代
  71. スマートフォンやパソコンを扱えなきゃいけないような時代
  72. スマートフォンを持っていないと生きにくい時代。大学では出席を取ったり、アンケートをしたりするときに困る。
  73. スマートフォンを殆ど持っている
  74. "スマフォが普及し、学生のほとんどが持っている時代。情報が円滑にやり取りできる時代。"
  75. スマホ、パソコンなどの電子機器を誰もが持ち、インターネットを利用している時代
  76. スマホが多く、人と接する機会が少ない時代
  77. スマホなどの普及によりデジタル面での情報提供が盛ん。
  78. スマホの普及が進み、誰でも簡単にインターネットやSNS、アプリを利用できる時代になった。
  79. スマホの普及率が上がり、使用ルールも知らない子供ですらスマホをつかう時代だからルールを教える
  80. スマホやパソコンが普及した時代
  81. スマホをほとんどの人が所持している時代
  82. スマホをみんなもっている。
  83. セキュリティのシステムなどでも積極的に顔認証が利用されている。
  84. だれもがLINEやネット接続ができることを前提とした時代
  85. デジタル化が進み、電子書籍を利用が可能となっている
  86. デジタル化が進んでいる時代
  87. なんでも電子化する時代
  88. ネットが市民にも普及してきた
  89. "ネットが普及 購買、食堂がかなり混雑する"
  90. ネットが普及し、個人の電子端末を利用して情報得ることが多くなっている。
  91. ネットが普及していて、スマートフォン普及率も上がっている
  92. ネットの普及で素早く情報を集めることができる時代
  93. ネットワークシステムが発達し、携帯電話の形態が変わっただけではなく、出欠確認やレポート提出、休講情報をネットワーク上で管理できるようになっている。
  94. ネットワークの普及 多くの人がスマホを持っている
  95. ネット社会
  96. ネット社会、ソーシャルネットワーク社会
  97. ネット社会になっている
  98. ネット社会の広がりにより、コミュニケーション力が低下している時代
  99. ネット動画の発達によって同じものをいつでも、どこでも見れるようになった。
  100. パソコンやスマートフォンが普及していつでもインターネットに繋げられる環境にある。
  101. パソコンやスマートフォンの普及が進んでいる
  102. パソコンやスマホが当たり前の時代で、情報集めのために、Web上で情報を閲覧出来るようにする必要がある。
  103. パソコンやスマホを活用しなければならない時代
  104. パソコン同様、スマートフォンが普及し、スマートフォンがあることが前提である事象が増えてきている。
  105. ほとんどすべての学生がスマホ、タブレットを持っている時代
  106. ほとんどの人がSNSを利用している時代
  107. ほとんどの人がスマートフォンなどの携帯端末やPCなどを使用している。
  108. ほとんどの人がスマートフォンをもっているが、ながらスマホなどで起こる事故が増加している
  109. ほとんどの人がスマホを持っている
  110. ほとんどの人がスマホを持っているので持っていない人は授業に参加しにくい時代
  111. ほとんどの人がスマホを持っている時代
  112. ほとんどの人がスマホを持っている時代
  113. ほとんどの人がスマホを所有して利用している時代。
  114. ほとんどの人が携帯電話を持っている
  115. ほとんどの大学にパソコンが設置されている
  116. ほとんどの大学生が、スマートフォン含むケータイを持ち、LINEやTwitterなどのSNSを利用している。
  117. ほとんどの大学生がスマートフォンやパソコンを持ってる時代
  118. ほとんどの大学生がスマートフォンを保有している。
  119. ほとんどの大学生がスマホを持ち、そこから情報を得る時代。
  120. マーケティング力が必要な時代
  121. より外国が身近になっている時代。
  122. ラインやTwitterなどで名も知らない人と簡単に連絡が取れ人間関係が希薄になりつつある時代なので今までのSNSを全てリセットしSPメールやGmailのみを連絡手段にすべき。
  123. 以前までは印刷されていたシラバスなどにおける様々な重要な情報がインターネットを通じて生徒に配信される時代
  124. 英語の学習が重要視される
  125. 遠方の人と生で映像と音声でコンタクトが取れる。
  126. 何でもインターネットで行う時代
  127. 皆がスマホ等の情報端末を携帯する時代
  128. 外遊びをする子どもが減ってきている時代。
  129. "学生が本当に授業を受けてるか分からない時代。ネットでのプリント配布により、出席の低下。"
  130. 学生の9割以上がスマホを持っている時代
  131. 学生のスマートフォン所有率が9割を超え、商大でも"ouc navi"やTwitterなどで学生に向けての情報発信を行っており、学生の多くがスマートフォンを通して情報収集を行っている。
  132. 学生のほとんどがLINEを使用している時代。
  133. 学生のほとんどがスマホを所有し、ネット内でも友達を作る時代
  134. 学生のほとんどが電子端末を持っているので電子教科書が普及している時代。
  135. 学生の興味関心が多様化している時代
  136. 学内で情報の得られる場所が分散している。また、掲示期間が短い。
  137. 楽に楽に出席を確認できない時代
  138. 機械化
  139. 距離が離れた人とも交流が出来る時代
  140. 近代はタブレットの時代となっている。
  141. 近代化により、パワーポイントなどを使用した(板書によらない)授業が行われている
  142. 近年、SNSの普及により、多くの人と関わる機会が増えている。
  143. 近年、インターネットの普及により日々の情報を得る方法が変わろうとしている
  144. 近年、スマートフォンが普及し、スマートフォンを持っている人とそうでない人の情報量の差が大きく広がってきている。それは、小樽商科大学の授業においても同様である。
  145. 近年、スマートフォンの普及により、ほぼすべての学生が1人1台スマートフォンを所有している。
  146. 近年、スマートフォンの普及により、学校内でのディジタル化がより進んでいる。
  147. 近年、スマートフォンやタブレットなどの普及により、教育方法が大きく変わろうとしている。
  148. 近年、スマートフォンやタブレット端末の登場により、「どこにいても情報が手に入る時代」になった。
  149. 近年、スマホ等のインターネットを利用できるモバイル端末が普及している
  150. 近年、テレビ電話を使った英語教育が注目されている。
  151. 近年、ネット化が進み日常生活にネットはなくてはならない存在となっている。小樽商科大学でもネット化が進んでおり、授業の課題や出席をネット上で提出することも珍しくない。
  152. 近年、ネット環境の普及により、講義でのスマートフォン等の活用が増えている。
  153. 近年、休講情報や宿題、レポートの提出、さらには出欠確認をオンライン上で行うようになった。
  154. "近年、携帯端末などで簡単にインターネットに接続できるようになったことで、様々な情報がすぐに手に入る時代となった。大学などの教育現場でも、学校の情報をインターネットを通じて発信するようになっている。"
  155. 近年、手軽く利便性のあるモノが求められるようになった
  156. 近年、情報通信技術の発達によりいつでもどこでも繋がる時代が来ており、テレビやウェブを通して情報を共有することが当然のように行われている。
  157. 近年、人々は何でもスマートフォンで解決するようになっている。
  158. 近年、人工知能の研究・開発が進み、様々な場面での利用が検討されている。
  159. 近年、数多くの動画投稿サイトがあり、それらの動画による宣伝効果は余りあるものとなっている。
  160. 近年、電子媒体(パソコン、スマートフォン)が発達している。
  161. 近年スマートフォンの普及、インターネットの利用環境の向上により、色々な場面で電子化が進んでいる。
  162. 近年はグローバル戦略での海外への展開にあたって、外国人労働者の採用を増加させていることもあり、まだまだ就職難は続いている。
  163. 近年ほとんどの人がスマートフォンを使っている。
  164. 近年情報リテラシーが特に重要視されるようになり、一部の大学では電子黒板が導入されている。
  165. 携帯に頼っている時代
  166. 携帯電話が普及して、いつでもどこでも必要な情報が手に入る時代。
  167. 現金よりカード、プリペイドカードが広まってきている時代。
  168. "現在、大学進学率の上昇と共に遠隔地の大学への進学を選ぶ学生が増え、小樽商科大学でも地元を離れ一人暮らしで家賃や光熱費などを自ら賄っている学生が目立つ。また、今年度からインターネットによる大学の授業が今年度から文部科学省により解禁されている。"
  169. 現在、地球温暖化によって省エネすることが求められている。
  170. "現代社会は冷気で包まれているのである。中進国は先進国を、発展途上国は中進国を目標に経済や社会を進展させていった。先進国や中進国が増えていく中、人間関係が冷めていったと言えると私は考える。人々は社会や経済の進展に付いていけるように、このような推薦社会で生き残れる様に大いに務めるようになった。国は平等的教育や働ける場をあたえ、国民は一生懸命に勉強をし、仕事をする。理想的な社会を成してると思われるが、国民が裕福になっていくに連れて、自分の利益しか考えない、いわゆる自己中心的な人間が増えたと思われる。そにため、人間関係は冷めていったといえるのだ。だあらと言って先進国であった以前の時代に戻ることは非現実的なことである。だが私たちは自分自信を変えていく必要があると考えられる。"
  171. 個人を取り巻く環境の多様化、悩み事の増加
  172. 個人情報が簡単に企業などから外部に漏れる時代
  173. 孤食や個食が増えている時代
  174. 交通機関の利用が不可欠な時代になっている。
  175. 公共交通機関が発達し、遠くの大学にも通うことができる時代
  176. 効率化、容易さが重要視
  177. 好きな科目を自由に選択できる時代
  178. 広く通信環境などが整備され、情報化が著しく発展している時代
  179. 高い利便性が求められる情報化社会
  180. 高度に情報化した時代
  181. 高齢化社会で高齢者が増え、介護する人の不足している社会
  182. 高齢社会
  183. 国際化
  184. 国際化が進み世界全体とのつながりが多く協調性を求められる時代
  185. 国民に政治の知識がない
  186. 今、インターネットが全国的に普及して、インターネットや情報技術を使えるかどうかで待遇や給料が変わるデジタルデバイドが起きている時代である。
  187. 今はグローバルな時代!ネットでさまざまな人と繋がれるし、わたしたち商大生は多くの外国人とも交流する必要性がある!
  188. 今はスマホの時代です。
  189. 今は情報が他の資源と同等の価値を有し、それらを中心として機能する社会なので、情報を活用できることが必要とされている。
  190. 今や誰でもネットに繋げられる環境を持っていて、講義の出席をネット上でとるところもある。講義内容を見られるようになればもっと便利になる。
  191. 今日本人は自信をもって英語を話せないという時代。
  192. 昨今のスマートフォンの普及に伴ってSNSを使う学生も増えてきた。気軽に知人とコミュニケーションが取れ、写真をアップして情報を共有することもかなり容易になってきている。しかしそれゆえに情報の扱い方を間違える学生も増えてきている。ネット上に個人情報を開示したり、写真などから個人情報がバレてしまうという事件も後を絶たない。
  193. 時間を短縮し、無駄なく働く時代。
  194. 次世代のゲーム機が進化し切ってしまったと思わせるような、次世代のゲーム機に期待を持てない時代。
  195. 自国だけではなく、外国にも目を向けなければならないグローバル化が進められている時代。
  196. 自分が「必要ではない」と判断したものでも、どこかでは「必要である」と判断される時代
  197. 若い人がネット依存になっている時代。
  198. 若者のほとんどが携帯電話を持っていて、そのうちの8割から9割の人たちはスマートホンを利用しているような時代。
  199. 若者の選挙離れが進み、投票率の低下が問題となっている
  200. 若者の大多数がスマートフォン、或いはパソコンを所有しており、インターネットに接続しやすい環境にある時代。
  201. 授業に使う資料をWebで検索、入手する時代
  202. 就職活動において、多くの人が大学までを卒業し、知能面や技能面において他人と大きな差をつけることが困難な中で、社会に出るまでにどれだけ多くのコネクションを持てるかが重要である。
  203. "就職活動において、日本企業は、日本人に限らず、優秀な中国人など、海外からの人材を、採用するようになった時代。"
  204. 縦の繋がりが薄く、地域、近所の人と関わるのが難しい時代なので、地域の人々との交流を目的としたボランティア求人サイト
  205. 書籍からインターネット上まで、多くの情報が行き交う時代
  206. 書類や資料の電子化が進んでいる時代。
  207. 商品売買やイベントの予約など様々なことがネット上で行われており、今日では授業にも利用されている。
  208. 小学生でもスマホなどの電子機器を持つ時代なのでネット媒介しておきる問題を防ぐ必要性が高まっている
  209. 小樽市では市長が変わり新たな行政が始まろうとしている。
  210. 小樽商科大学の一部の授業ではインターネットを使って出席を取ったり、レジュメの参照、レポートを提出したりなど、学生はWeb端末の携帯がもはや必須となっている。
  211. 少子化の時代
  212. 少子高齢化による地方の過疎化
  213. 障害者が健常者と変わらず生活することを目指している時代。
  214. 常にスマートフォンを携帯し 様々なアプリを使用している時代。
  215. 情報
  216. 情報があふれている中、自分に必要な情報を選択しなければならない時代。自分の知りたいことを直接質問できるとさらに便利。
  217. 情報がいついかなるときでも手に入る時代なので、知ってて当たり前なことがたくさんある。
  218. 情報が溢れているので、情報の正当性を判定するものをつくる。
  219. 情報が溢れている時代
  220. 情報が重要になる時代
  221. 情報が複雑化しているので、情報の整理が求められる時代
  222. 情報によって左右される時代
  223. 情報のデジタル化が進んでいる時代。
  224. 情報の記録や整理が全てネット上で行われる時代
  225. 情報の発信が容易になり、また大学生は様々な時間に縛られている。
  226. 情報をネットで伝達する時代
  227. 情報を持つ人こそが勝者という時代
  228. 情報化が進み、いつでもどこでも友人などとコミュニケーションをとれる、便利な器機も増えつつある時代
  229. 情報化と国際交流が進む時代
  230. 情報化により、ネットを通じて情報を得るひとが増えている。
  231. 情報化やスマートフォン・タブレット等の普及により電子書籍が急速に増えてきている
  232. 情報化社会
  233. 情報化社会
  234. 情報化社会であり、どこにいても誰もが簡単に情報を手に入れることが可能になってきている時代
  235. 情報化社会によって多くの団体が情報のやり取りをインターネット上で行われている。
  236. 情報化社会の時代であり、すべての人が情報機器を最低限使うことができなければいけない。
  237. 情報過多の時代。
  238. 情報社会
  239. 情報社会
  240. 情報社会が発達している地域としていない地域の格差がある。
  241. 情報収集、取捨選択ができて当たり前、インターネットやパソコンを扱えて当たり前の時代
  242. "職を得るには大学卒が当たり前のような風潮であり、就職のためという人や勉強したい人を含めて大勢の人が大学進学する時代"
  243. 新年度の前期なので、1年の中で一番多くの学生が食堂を利用する時代。
  244. 申し訳ございませんが、その他の欄をご覧になってください。
  245. 人々がスマートフォンや携帯を常に持ち歩き、それを介して情報を手に入れてる時代。
  246. 人ではなく機械に任せる時代
  247. 人と会話する事に苦労するコミュ障と呼ばれる人が増えてきた。
  248. 人は繋がりを求める時代
  249. 人間関係が希薄になりつつある時代
  250. "人口の多くはスマートフォンを持っている また、異常気象によりJRが止まることが増えた"
  251. 正確な情報が早急に必要とされる時代
  252. 生徒のほぼ全員がスマートフォンを利用している時代
  253. 昔と比べてソーシャルネットワークが広がりインターネット、テレビ電話など様々なことができるようになっている
  254. 多くの学生がスマホを利用し、常にインターネットに接続できる
  255. 多くの人々がスマートフォンを手にしているので、自分の欲しい情報をいつでも手に入れることができる時代。
  256. 多くの人がインターネットを利用できる。
  257. 多くの人がスマホやパソコンなどを持ち情報をネットから仕入れる時代
  258. 多くの大学や会社で、インターネットを通した遠隔授業や会議が行われている。
  259. 大学に入っても学生の希望する講義が受けられず学生も意欲低迷。
  260. 大学の講義でもスマホを活用する時代
  261. 大学の講義にも携帯電話や、Webページが使用される時代。
  262. 大学の生徒のほぼ全員がスマホまたはそれに代わるものを持っている時代。授業をスマホを使って行うものもあるのに、本学の出席調査票は今だに紙である。
  263. 大学もグローバル化が進み、英語力が不可欠な時代になっている。
  264. 大学を出ても就職が困難な時代
  265. 大学生の約90%がスマートフォンを所有している時代
  266. 大学全入時代である
  267. 大学内でインターネットを利用した学習システムが不可欠な時代
  268. 大多数の学生がインターネットに繋げられる機器(特にスマートフォンなど)を持っており、情報の閲覧、共有などが自由にできる時代。
  269. 大半の学生がスマートフォンを持っており、必要なときにはいつでもウェブ検索などを利用して情報を得ることができる時代。
  270. 誰しもがスマホ、タブレット端末、パソコンのいずれかを持っている時代
  271. 誰もが、スマートフォンを持ち、タブレットやノートパソコンを持ち歩いている時代である。
  272. "誰もがインターネットを利用している"
  273. 誰もが情報を手に入れる端末を持ち歩いている
  274. 端末で情報を共有する
  275. 知らず知らずのうちにストレスや疲れが溜まって体調を崩しやすい時代
  276. 電気やインターネットが必須の時代
  277. 電子化
  278. 電子機器の発達により情報の保存が紙媒体から電子媒体に変わってきている
  279. "同じよう な黒いリュック、同じようなベージュのコートが多すぎる。朝の北広島と昼の小樽では気温の差があって服の調節が難しい。"
  280. 同じ場所でなくてもいろいろできる時代
  281. 日常の様々なことでスマートフォンが使われる時代
  282. 日常生活にネットワークがはりめぐらされ、世界が小さくなっている。
  283. 日本は食料自給率の低く、輸入に頼っています。そんな日本は食料自給率上げ、国をあげて取り組んで行くべきである。
  284. 日本人は英語が苦手であると言われるが、世界中で英語が必要とされている時代
  285. 莫大な情報が飛び交う時代で、情報機器が必要不可欠である。
  286. 犯罪が増えていて、近所との関わりが減っているので、子どもが危険な時代。また、このような時代なので例え1人で歩いている子どもを気にかけて大人が声をかけただけなのに怪しまれたり、怖がらせてしまう。
  287. 部活、サークルによる教室の使用予約をWebを介して行うことができ、予約状況を閲覧できる必要性
  288. 物理的には合理化したが、人間関係的には複雑化している。
  289. 文の間から本当にいいたいことを読み取るようなセンスにみんなが欠ける時代なので、バンドや小説(ライトノベル)にキャッチーさが求められる時代。
  290. 無線LANを使用する時代
  291. 約9割の人がスマホを保持し、依存症になってきている
  292. 友達作りをSNSに頼る時代、小樽商大のネットコミュニティーを増やす必要性
  293. 様々なものが電子化し、機械によって社会が成り立っている。
  294. 様々な情報が溢れる「情報化社会」
  295. 様々な情報のデジタル化が進んでおり、より効率的に情報を収集することが求められている時代。
  296. 様々な情報を簡単に入手できる時代になっている
  297. 利便化、効率化が進んでいる時代

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝