社会情報入門

従来の取り組み 今までの取り組みにはどのようなものがありますか?

  1. "・JRのホームページでの案内・JR西日本 列車運行情報 プッシュ通知アプリ・鉄道運行情報サービス(株)による鉄道運行情報のメール通知"
  2. ・OUC navi
  3. (商大において)e_learningやmanabaの利用、教授個人のWebページの使用。
  4. 「Camjam」や「OUC Navi」などのサイトで休講情報を載せている
  5. •お年寄りにも優しいタブレット
  6. blogから単語を自動抽出・発掘する「blogWatcher」など。
  7. camjamというサイトが休講情報をけいさいしている。
  8. CMや駅などにポスターを貼るなどの対策をしている
  9. dropboxやonenoteを始めとするファイル共有アプリ
  10. E-learning やmanaba,デジタルサイネージ
  11. e-learningの利用
  12. E-learningやmanaba、各講師のホームページなどでアップされている。
  13. Eラーニングシステム
  14. eラーニングの活用
  15. Googleや、Yahooなどでは、「経路検索」という機能を備え付けている。
  16. iPadのようなダブレット型端末の配布
  17. ISDN回線によるテレビ電話交流授業や東日本大震災で被災した人たちの集まる避難所どうしでつなぐテレビ電話「ワープゲイト」によって被災者をつなげる
  18. JCV(認定NPO法人 世界の子供にワクチンを 日本委員会)では、ただの募金だけではなく、衣服などの寄付されたもので、サイクロンに襲われた国(最近だとバヌアツなど)に寄付している。
  19. JMOOKによる大学の講義内容をインターネット配信するサービス
  20. LINEやTwitterの開発
  21. manaba
  22. "manaba e-learning シラバス"
  23. "Manaba 休講情報 バス時刻 Wifi"
  24. manaba,E-leaning,OUC-navi等
  25. Manaba、E-learningなど
  26. manaba。
  27. manabaでの出席など
  28. manabaやE-learningなどの学内システムが複数使われている。
  29. manabaやe-Learning等の活用。
  30. manabaや紙の出席ガード
  31. manabaを使った宿題や小テスト、E-leaning、Webでの回答など
  32. NTTや東芝など、多くの企業でトレイを置くだけで精算機が料金を表示し、社員証やSuicaで支払いができるシステムが導入されている
  33. ouc nabi
  34. OUC Naviで休講情報などを確認できたり、学内システムのリンクがあったりした。
  35. OUC naviβ、E-learning等
  36. OUCNaviやmanabaなど
  37. OUCナビ
  38. oucナビ
  39. "OUCナビ液晶掲示板"
  40. OUCナビ、大学ホームページなど
  41. OUCナビが導入された。
  42. oucナビにての商大についてのさまざまな情報提供
  43. OUCナビの設置
  44. "PCや携帯端末などを授業に取り入れる。小樽商大でもmanabaやOUCnaviなど生徒がそういった端末を使用することによって情報を得たり、授業に役立てたりしている。"
  45. pepper
  46. "skypeやテレビ電話を用いた会議など"
  47. SNS、インターネット
  48. SNSなどで知り合う
  49. TAGCAST。これは、設置したTAGCASTビーコンからBluetoothでスマートフォンにデータを送り、ビーコンの位置情報を登録した「TAGCASTクラウド」からアプリが位置情報などのデータを取得するサービス。これにより、GPSを受信できない場所にある店舗などでも、位置情報を利用したクーポン配布などのサービス提供が可能にしたもの。
  50. Twitter、mixi、LINE、GREE、モバゲー
  51. Twitterなど。
  52. Twitterハッシュタグ開発
  53. Web上での連絡、資料配布。
  54. wi-fiを設置している
  55. アプリ開発
  56. アメリカではMOOCが有名
  57. アメリカでは利用している大学がある。 日本では一部の図書館で試しに取り入れられているが、大学ではない。
  58. ある科目のみインターネット上で好きな時に受けられるようにしている大学が多くある。
  59. ある大学の授業を世界各国に配信している。
  60. いくつかの大学ではすでに講義をネット上で見ることができるようにしているところがある。
  61. インターネットでの授業管理、課題提出
  62. インターネットのホームページを通じて学内の情報を活用しています。
  63. インターネット上で遅延、また、その原因の告知
  64. ウェブサイト、SNSを利用した学内情報の連絡
  65. ウェブ上でOUCNaviで休講情報、おすすめ図書、おしらせを掲載している。また、2台の電気掲示板を設置している。
  66. カウンセラー、電話相談
  67. カメラで写すことで翻訳できる翻訳カメラや文字を打って翻訳する翻訳アプリが沢山開発されている。
  68. キャッチーなCD。
  69. キャンパススクエア、イーラーニング、マナバ
  70. キャンパススクエアでの登録
  71. キャンパススクエアやマナバなどで情報管理している。
  72. "グノシーというアプリ自分にあった情報を配信してくれる"
  73. シラバスにURLを貼ってる先生もいる。
  74. スクールカウンセラーなど。
  75. スクールバスの時刻表を表示する。
  76. スクリーンを使用した授業
  77. スクリーン等の掲示板の設置や学生のためのサイトの作成
  78. ストレスチェッカーや定期的な健康診断など
  79. スマートフォンでアプリをインストールすると、割引クーポンがもらえるという取り組み。
  80. それぞれの学食のメニューのところにICカードの読み取り機を設置し、メニューをとったときにメニューごとに精算を済ませる
  81. タブレット授業を取り入れている学校が多くある
  82. チャット等
  83. ツイッターを利用した災害情報の発信
  84. ディズニーランドのアトラクションの待ち時間はTwitterで知ることができる。これを食堂にも活かしたい。
  85. データ・ドリブン
  86. できるだけ広い教室を使う
  87. デジタルサイネージによる掲示物の電子化、OUCnaviや、図書館のグループ学習室予約システムなど
  88. テレビ 時計など
  89. テレビやラジオ、ネットでの情報提供
  90. テレビ通話で、他大学の教授の講義を受講する取り組み
  91. ところどころに地図がある
  92. なし
  93. ニコニコ生放送のように、リアルタイムでの情報発信やコメント機能によって動画の視聴者が動画を面白くする斬新なシステムがある
  94. ネイティブスピーカーによるALT授業など
  95. パソコンで検索して番号を調べて、そのばんごうを元に探しに行く。
  96. パソコンやスマートフォンを使ったオンデマンド授業
  97. "パソコンやタブレットなどを用いた現代社会に通じる授業学習におもしろみをもたせた授業"
  98. バリアフリー、ユニバーサルデザインなど。
  99. ピンバッチ
  100. フィルタリングをかけて子供が有害なサイトを閲覧することを防ぐなど
  101. マナバ、OUCナビ。
  102. マナバシステム キャンパススクエア 
  103. "モギメン モギメン シュミレーター(共にリクナビ)"
  104. よろず屋
  105. よろず屋で配られる缶バッジにQRコードをはり、複数のグループを作る
  106. リマインダーとかの機能。
  107. ロボットは工場などで産業の場において有効であることがわかっている。
  108. 愛媛大学文学部の地域情報学では、インターネットによる遠隔授業が実施された。
  109. 安価でフィリピン留学をする。
  110. 一般の飲食店で空席をデジタルで管理するシステムが導入されている。
  111. 一般的なsnsであるfacebookなどを用いたもの
  112. 一部の学生にiPadを貸し出す、出席等専用のウェブサイトを作る(manaba)、一部の授業でそのサイトを用いている
  113. 一部の大学では既に導入済みである
  114. 英会話教室、学校での英語の授業
  115. 英語の授業を小学校から始めている。
  116. 英語授業では、課題をWeb経由で行い、また他の講座でも、テキストの代わりにネット上に講義内容を掲載したものを印刷する。
  117. 遠隔での授業は過去に実施されている。
  118. 沖縄の石垣島の小中学校の教室全てに導入
  119. "我々は利用者端末のためのネットワーク利用者認証システム Opengate を開発し、この認証システムをベースに大学のキャンパス内全てをカバーする教育用 LAN を構築し 1 年以上にわたり運用している。大学の利用者は学内のほとんどの教室でネットワークの利用が可能となり、毎日数百人がネットワークを利用している。ネットワークの利用の際に認証が行われるため、ネットワークセキュリティの確保も適切に行われている。また、附属図書館の学外の利用者や学会や研究会などで一時的に大学訪れる利用者についても適切なネットワーク利用を行うことができた。1 年半の運用でもシステムダウンなどのトラブルは発生せず、教育用情報基盤として十分に耐えうる環境を構築できた。"
  120. 外国人教員を増やす。
  121. 外部のインターネットからでも授業のプリントを入手できる。
  122. 学校でのグループ活動
  123. 学校などで情報を取捨選択することを教育している。
  124. 学生各自でモバイルバッテリーを購入するなど
  125. 学生証をカードリーダーにかざすなど。
  126. 学内システムのリンクや学校に通じるバスの時刻表、講義の休講情報などをまとめて閲覧できるサイトの開設。
  127. 学内に電子掲示板をつくる。電子案内の機械を設置する。
  128. 学務課で直接使用申請をする必要があった
  129. 割り当てられていた教室を広いものに変更する等
  130. 関西学院大学においてKGPortalという学内のニュースやイベント、バス時間といった商大のOUCnavi似のものと、キャンパススクエア、学内の開いているパソコン教室、学内のマップ、manaba、図書館の図書検索システム、自分の時間割り表をトップページで確認できるといった大学の全てのウェブ情報を集約したアプリが二年前から開発されて、多くの学生に利用されている。
  131. 関西学院大学のアプリ
  132. 関西大学、京産大でICカードの学生証で出席を取るようなもの。
  133. 企業が顧客情報などを外部の企業に委託すること
  134. 企業でのTOEICの受験
  135. 企業と提携したアプリの存在
  136. 企業のテレビ会議。
  137. 企業の社内英語共通化など
  138. 休講情報をホームページ上で公開している大学は多くある
  139. 教科書などの電子化
  140. 教材の電子化
  141. 空飛ぶロボットが道案内をする
  142. 掲示板サイト
  143. 掲示板に張り紙がある。また図書館側に大きな液晶テレビ?があるが、だいたい誰も見ていない。
  144. 携帯の長時間使用への警告・勧告
  145. 携帯電話、phs、(スマホ、タブレット含む)パソコンの普及、情報通信ネットワークの促進
  146. 現在のゲーム機にダウンロードしてできたり、スマートフォンにダウンロードして遊ぶことが可能となっている。
  147. 個人が積極的にOB・OGに関わっていくしかなかった。
  148. 個人個人で対処する。学校等に悩み相談室を設置する
  149. 個人情報が書いてある書類はシュレッダーをかけるなど
  150. 校内の電光掲示板に教員などからの連絡が閲覧できる
  151. 講演会、テレビのCM、広告。
  152. 講義などに関する情報は学校内の掲示板で知らせます。
  153. 講義を受けた後に、担当教員のもとへ行き、出席を取ってもらう。
  154. 講義中に学生の意見をWEB上で集め情報の共有を行ったり、学生が大学構内にいなくても簡単に大学についての情報を受け取ることができる。Web上で講義が行われる。
  155. 高速道路での渋滞情報がラジオや電光掲示板などで発信される。ディズニーランドやUSJなどではリアルタイムでアトラクションの待ち時間をインターネットに載せている。
  156. 高齢者向けのインターネット講習会。
  157. 国税による支援金
  158. 国内で数カ所の大学でしか行われていない
  159. 国立国会図書館では、「国立国会図書館サーチ」というサービスの中で、書籍のタイトル・著者名だけでなく、青空文庫、インターネットマガジン(インプレス社)などの電子書籍情報の全文検索を可能にしている。また、国立情報学研究所の「CiNii? Articles」では、論文の全文検索が可能である。
  160. 雑誌をみてみたり
  161. 参考:SNS教育利用とソーシャルラーニング
  162. 山形県の中学校ではグループで一台タブレットを使用し、発表
  163. 子ども用ケータイや防犯ブザー
  164. 子供向けの、ネット接続の制限があって、ひらがな練習のアプリなどが入ってるiPadのようなものが発売された。
  165. 紙で出欠をとったり
  166. 紙による掲示板、図書館前の電子掲示板
  167. 紙や口頭確認、磁気カードの非接触システムなど
  168. 紙媒体で休講情報などの連絡や出欠確認を行っていた。
  169. 紙媒体で掲示する。ディスプレイで掲示する。
  170. "時間割りを好きに組むことができるので興味のある講義を聞くことができ将来につながる"
  171. 時刻表や地図をネットで検索すると すぐに出てくる。
  172. 自分の自制心を養い、充電器をあまり使わないようにするなど
  173. 実際には、複数の教科はmanaba上で配布している。
  174. 社会情報の木村先生が作ったOUC限定の自己紹介ツールなど
  175. 社会情報入門気任Ouc with や総合兇覇各されるグループで会話可能なアプリ
  176. 車による移動販売など
  177. 取り組み自体は国内の様々な大学がやりはじめている
  178. 手に入りたい情報自分で大学のホームページでしらべます。
  179. 趣旨は違いますが、大学でのテレビ会議システムを使った外国の大学との大学講義の共有
  180. 授業、ニュース、新聞
  181. 授業での海外講義中継
  182. 授業で使い、共有することはあったが自分のデータを残し、書き重ねていくということはなかった。
  183. "従来では、個人が積極的に情報を求めに行くしかなかった。"
  184. 従来ではSNSによる人間関係の希薄化対策は主にされておらず逆に利便性を求め続けている。
  185. 従来の取り組みとして学校の授業による啓発講義や、ニュースや番組などで注意を呼びかけるものも多い。
  186. 従来はスマホなどを使わなくても紙でアンケートをとるなどして授業を行ってきた
  187. 塾などで取り入れられている。
  188. 出席カードを書くなどアナログな方法
  189. 商大では、オリエンテーションが二回前半後半にわかれて行われている
  190. 商大では1、2年次で英語必修、TOEICの実施、ビジネス英語などの授業の設置
  191. "商大ではOUC Navi 明治や同志社といった大学では公式アプリが作られている。"
  192. 商大にもOUCナビというシステムを介して休講情報やバスの時刻を送信している。
  193. 商大の日常を記録している「商大くんが行く」
  194. 商大一年生向けのOUC with
  195. "小樽駅発のバスタクシーの相乗り"
  196. 小樽市社会福祉協議会の活動告知、募集サイトなど
  197. 小樽商科大学では、この時代に先立ちタブレット使用の授業を行ってきている
  198. 小樽商科大学ではmanaba 、e-learning、先生方のホームページなど様々な場所で情報の発信、講義でのスライドの共有をしている
  199. 小樽商科大学ではOUCnaviなどその他大学や企業でもネットを利用した仕組みがある
  200. 小樽商科大学ではoucナビというサイトでで小樽商大前から小樽駅前までのバスの時刻表を見ることができる。
  201. 小樽商科大学ではそのような取り組みはなかったと思われる。
  202. 小樽商科大学でも英語や社会情報入門でスマートフォンなどが使用されている。
  203. 小樽商科大学に関して言えばOUCナビなどがあげられる。
  204. "小樽商科大学のように学生証にプリペイドカードのような機能をつける。"
  205. 小樽商科大学の電光掲示板
  206. 小樽商科大学内で、出欠確認やレポート提出時、休講情報を知るために独自のネットワークシステムを利用する。
  207. 小樽商科大学内での「OUC Navi β」
  208. 小樽商大ではサークル紹介の一覧表をweb上に載せている。
  209. "小樽商大の掲示板やmanaba、または履修登録など。さらに、弘前大学医学部付属病院では電子カルテを取り入れている。"
  210. 小樽商大無いでのみ学生証のプリペイドが使え、ポイントが貯まっていた。それを学外ともシェアすることで利便性と地域との密着を図る。
  211. 省エネや環境に良い生活をするように言ってはいるものの、実践している人は少ない。
  212. 情報の内容を解析し、ユーザーが文章中のどの部分に対して興味を持っているか推定することで同様の部分を持つ情報を有用な情報として提供する。
  213. 情報をネットで公開し、スマートフォンで確認できるようにする
  214. 情報化社会は経済、政治と違って、インターネットとともに新しくてきた学問です。
  215. "情報掲示板など小樽商大でいえばキャンパススクエアやマナバなど"
  216. 情報信頼性判断支援システム
  217. 食品を入れるとカロリー等を計算してくれる機械
  218. 新聞、インターネット等で情報を手に入れる
  219. 新聞のweb掲載
  220. 新聞の電子化
  221. 新聞紙とか人々への見聞き
  222. 申し訳ございませんが、その他の欄をご覧になってください。
  223. 神戸工科大学のように、携帯に学生証機能を付加し更に入退室機能を持たせたものなど
  224. 神奈川工科大学でのモバイル学生証
  225. 親に、子どもに外遊びをさせるよう呼びかけたり、体を動かしたくなる設備や施設をつくっている。
  226. "人との繋がりをもたらすものとして、よろず屋学内システムはmanabaやキャンパススクエア"
  227. 人にパソコンなどの使い方を教える。
  228. 図書館と情報処理センターには無線LANが繋がってる
  229. 図書館や書店では、検索ワードなどでジャンルを絞り込むことが可能になっている。
  230. 図書館前の掲示板、OUC Naviなどのようにわかりやすく簡単に情報を得られるようになっている。また、Twitterやline、Webで知ってる人とも知らない人とも情報を共有できるようになっている。
  231. 図書館前や渡り廊下の掲示板、OUC Naviなど
  232. "図書館前掲示板OUCナビ"
  233. 生協委員による「先輩に聞こう掲示板」やYahoo知恵袋など。
  234. 青山学院大学や北海道情報大学で、情報端末を配布し電子教科書の利用を始めた。
  235. 青山学院大学経済学部 2013年より電子教科書実験運用
  236. 青森大学教授が考えたi-MASという出席システム
  237. "切符 磁気 ICカード"
  238. 設置数を増やす取り組み
  239. 先生が挙手制で質問を聞くこと
  240. 全国の教育機関では、デジタル教材を利用してのコンパクトな学習が試されている。
  241. 総務省では、デジタルデバイド解消戦略会議を開催し、ブロードバンドゼロ地域についてはほぼ解消された。
  242. 多くの大学で、IRという情報提供サービスを使っている
  243. 代表的な物で言えば、アップルッウォッチがある。これはおもに大人向けであるが、アイフォンとの連携ができラインの通知などの確認が手軽にできる。
  244. 大学ではTOEIC勉強をパソコンで行っている
  245. 大学ではインターネットを通して、授業で使用するプリントを配布するなど行っている。
  246. 大学の授業でスマートフォンを活用する
  247. 大学の情報をひとまとめにしたウェブサイトなどが開発されている。
  248. 大学の中で起きたことをまとめる新聞はある
  249. 大学生協やサークル等のTwitterわFacebookが設けられてる。
  250. 大学生向けの取り組みは特に行われていない
  251. 大阪大学で地域住民に向けた「インターネットによる外国語学習へのお誘い」という講座が開かれ、インターネットを使用することでインターネットが利用できるどこででも、また低コストで外国語学習ができるということが示された。
  252. 樽商のホームページ
  253. 単位互換で北大の授業などを受けることができる
  254. 短期留学や交換留学
  255. 抽選
  256. 抽選だった
  257. 抽選によって人数を絞ることがあった
  258. 長崎大学経済学部では、Webカメラを利用し、Skypeによる電話利用がかのうで、国内外の人と外国語でコミュニケーションをとれる。
  259. 長野県中野市では投票箱をゴールドにしたり、投票所内にBGMを流したり、冷たい水などを用意した。一部の大学ではキャンパス内に期日前投票所を設置するなどした
  260. 電光掲示板サイレージ
  261. 電光掲示板やサイレージ、OUCナビ
  262. 電子掲示板や張り紙などで連絡事項などを掲示している。
  263. 電子黒板の導入、pcを使った授業を展開
  264. 電子黒板やiPadによる授業が徐々に普及してきた。
  265. 電話に始まり、メールが爆発的に普及。スマホの登場により、アプリで更に快適なコミュニケーションが取れるように。
  266. 土方嘉徳「嗜好抽出と情報推薦技術」
  267. 冬の坂道でのロードヒーティング
  268. 島田博司(武庫川女子大学)は、『大学授業における座席指定に関する研究』において、「名簿付き座席指定性」を導入している。
  269. 東海大学、同志社大学、北海道大学など、いくつかの私立大学、国立大学で開発されている。
  270. 東京書籍が「特別支援を必要とする学習者に配慮した電子教材」のビューワを発表
  271. 東京農業大学コミュニティ
  272. 東工大で「コミュニケーションの基本」という特別授業を実施
  273. 東進衛生予備校の映像授業
  274. 東進予備校のweb講義
  275. 特になし。
  276. 特定の講義でのiPadの貸与
  277. "特別養護老人ホームにおけるケアの提供のあり方についても、変化が起こっている。個々の入所者の状態に応じた個別ケアを提供する試みとして、入所者を小グループごとに分けてスタッフを配置し、在宅に近い居住環境を整えてケアの個別性を高める「ユニットケア」の取組が進んできた。2002(平成14)年度からはユニットケアを行う施設を対象とする国の整備補助が行われている。また、従来の施設においても、施設内の設備等を工夫することにより、個別ケアに向けた試みも始まっている。"
  278. 病院が少ない地域とテレビ通話を通じて都会の医師が診療する。
  279. 平成23年に情報処理センターシステムを更新し、高速演算・汎用サーバを導入し、処理能力を向上させた。平成26年に図書館にデジタルサイネージを設置した。
  280. 放送大学やBBT大学、国立私立の通信制のように、幅広い教養や専門的な知識をそれぞれのユニークな方針で学ぶことができる。
  281. "法政大学第二中・高等学校の英語科ではリスニング・発音指導など授業を補完する取り組みがなされている。
  282. 小学校では第6学年で7割以上の学校で総合の時間に年10時間程度の英語活動をしている。主な活動は英語の歌やゲームであり、文法などは英語嫌いを助長するとして教えられていない(文科相ホームページ)
  283. 発音を学ぶなら学校の授業ではなく英会話教室の授業を受けるのが主流"
  284. 北海道は食料自給率が100%で、農業に対しての取り組みに力を注いでいます。
  285. 北海道大学の情報科学研究科・山本強教授の研究室にてタッチディスプレイ「 BIG PAD」が導入された
  286. 本学のe-learningシステムやmanabaを使用した資料の事前配布
  287. 万が一JRが遅れたりすると遅延証明書を出せば出席扱いとなる
  288. "木村先生のOUCシステム LINE等"
  289. 予備校東進では先に講義を録画してそれを配信している
  290. 様々なものにパスワードをかけている、一応まとめサイト的な物がある
  291. 様々な英語の授業を行っている
  292. 様々な政党、au・ソフトバンクなどの携帯会社、マックやケンタッキーなどの飲食店、ベッキーなどの芸能人が、より多くの人に確実に情報を発信するために使用している。
  293. 履修制限で落ちる学生を減らすために履修登録を二度にわたって行うとりくみがある。
  294. 履修登録の希望をmanabaで行える講義があった
  295. "立教大では卒業生と就活生を繋ぐアプリがある。本大学では就職先程度の記載しかない。"
  296. "留学サポート奨学金"
  297. "臨場感ある多地点テレビ会議システム岡田謙一 松下温"
  298. "列に並んで口頭でメニューを伝える棚にあるものをレジに持っていく"
  299. 廉価に実現可能な高画質講義自動録画システムの構築手法

木村ゼミ生限定

編集画面
ゼミ生
2017-2018年度生(11期)
石黒栞奈一宮拓海
亀井海舟佐藤栞
佐藤有希桧森拓真
藤本朱夏ホワイトジニー
増田優作谷内健太
2016-2017年度生(10期)
伊藤みき岡島健悟
小西雪葉祐川泰輝
鈴木佑菜大門拓史
田頭わかば戸嶋咲穂
中村智貴西野哲生
横山祐果川岸祐果
2015-2016年度生(09期)
浅賀七海小林真菜
西村伊央堀江知未
針生惟希村上浩太
2014-2015年度生(08期)
大石誠大野晋太朗
加藤裕樹佐々木左近
高橋理沙武田莉穂
寺島舞子畑賀大
山田修世
2013-2014年度生(07期)
加藤史織工藤智子
佐々木葉子志鎌周
高橋玄龍眈丈
中尾千咲中川玲菜
中藪大貴
2012-2013年度生(06期)
遠藤星地大野紗季
鎌田めぐみ木下和大
齋木涼介佐々木遥
佐藤優子沼澤文香
古屋真理吉田智弘
2010-2011年度生(05期)
葦原史敏伊藤大起
伊藤みどり永坂文乃
藤田航哉前多大輔
松本陵佑宮津有沙
山田亜季
2009-2010年度生(04期)
岸本隆志窪地由恵
志賀千鶴津田有子
三浦工弥
2008-2009年度生(03期)
粟津康佑井上さゆり
北崎佑樹工藤和寛
古俣優花佐川彰宏
佐藤禎洋鈴木亜衣
竹原希美藤井優作
堀公一堀内小織
米澤宏史
2007-2008年度生(02期)
佐藤健太上村佳弘
奥田啓貴小野誠
白井かずみ高井庸介
森谷亮介六渡有梨恵
若本哲平
2006-2007年度生(01期)
菅井梓渡部謙太郎
相坂真大村佳慎
奥桃子笠井猛
小林和幸齊藤いつこ
齊藤雄紀佐々木麻未
佐藤日加吏谷本貴之
徳江佑介長嶺脩平
西本みゆき林絵里子
澤田大輝