[[社会情報入門]]

+かん
+今まで勉強してきたことを時代ごとに整理して自分の知識をフルにつかう
+チリチリ
+単語から知ってる知識に結びつける
+消去法
+過去問分析
+偉人の功績やキーワードをリンクさせる
+コレは絶対ないだろってやつを消去
+聞いたことのない単語がある選択肢は除く
+前の設問と同じ番号は消す
+神の啓示を受ける
+年表を頭に思い浮かべて解く!
+人物から調べ時代と特徴を確定する
+文脈でそれっぽくなるようにする。
+あり得ないものをまず消す
+今までの解答で出て来てない番号で解答する
+鉛筆を転がす。
+キーワードを文章に当てはめて考える
+3番の答えを選ぶ
+わかりません
+適当に塗る!
+キーワードに着目して、その説明が正しいか確かめる。
+教科書、参考書を暗記
+例年の回答番号から予測
+用語集でそれぞれの人物を索引を使って調べる。
+用語を他の用語と紡いで線にしていくイメージなので、どこかに違和感があれば立ち止まる。
+用語を覚える
+用語に関する知識、年代・時代背景を考慮して解く
+問題文中の特定の語句から、選択肢を減らす。(国名、年代等)
+問題文を撮影して外部に送信し、人間が考えた答案をロボットに送り返してロボットが記入する。
+問題文をツイート
+問題文や選択肢からキーワードを上げ、教科書等で索引から探し、掲載ページの情報と、選択肢の整合性を判断し、高いものを選択する。
+問題文のキーワードを教科書の索引などで調べてそこからその解答にあるキーワードと関連しているものを選ぶ。
+問題文のキーワードに関連する事柄を思い出していく
+問題文のキーワードと近い意味の選択肢を答える。
+問題文のキーワードである程度の解答予測を作ってどれが最適かを選ぶ
+問題文に出てきた人名などを教科書の索引などでひき、そのページから答えを探す
+消去法
+人名を見つけて教科書の索引からしらべる
+我がダイスに命運を委ねる
+その答えと結びつきの深いキーワードを探す。
+消去法で解く
+ワードを時代ごとに並べて違う時代のものが1列に並んでるものを消す
+かすかな記憶力に頼る
+常識で
+人名や単語や時代に注目して、それを教科書や参考書でみる。
+問題文と教科書等の似た記述から答えを選び出す
+問題文から回答パターンを決定・問題文/選択肢から人名/事象とそれに関連するキーワードを検出・否定語の検出…を組み合わせて絞って行くとか
+問題分にでてきた時代を表す単語を見て、そこから、答えないといけない答えを探す
+問題作成者に聞いてみる
+問題を読んで、時代やジャンル、国などで何を聞かれているかを理解する。世界史は同じような範囲で事柄や単語が関連付られているので、その部分がどこなのかを思い出す。
+問題パターンと、人名や、キーワードを関連させて覚えさせておく。
+問題の中で重要そうな単語を逆引きで引けばなにかしらのことはわかるはずだ。
+ありえないものを省いて 選択肢から関連づけて考えてみる
+1〜4まで順番にマークする 
+解いたことがないからわかりません
+人物とそれに関連するキーワードをみつける
+である、でない、に反応させる。
+問題の見た感じ(形)
+問題に適した答えを、教科書等の情報を参考に、選ぶ
+問題になってる文の中に出てる名詞を教科書の裏の索引で調べて、該当ページに飛んだ後、名詞と名詞の因果関係の真偽を教科書で考える
+問題にでてきた人名、事件名を教科書後ろの索引で調べ、そのページを読んで、問題とてらしあわせて答える!
+問われているワードに関連するワード、事柄を連想•結びつけて考える。
+選択肢に出てくる人物を教科書で調べる
+参考書を読む
+事前に勉強して教科書を暗記する
+参考書を見て、1~4の人物について調べて正誤を決める
+キーワードから索引でさがす
+受験会場でカンニング
+その前の問題とは番号が同じにならないようにする
+自分の持ってる知識と掛け合わせて違うものは排除して、それでもわからない時は3番を選ぶ
+記憶を辿り見たこと聞いたことがあるかを探索する。そこからそれに関するキーワードをあげていく。
+2択に絞って言い方がキツイとかを判断する
+時代、人、その内容がキーワードで一致しているかどうかをみて、消去法で答えをだす。
+参考書を全部取り込む
+消去法
+とりあえず、人名を四角で囲みキーワードを、丸で囲む。
+年代とキーワードを結びつけて考える
+問のなかにある人名、時代、重要語句で分類して別の分類どうしがあるのを除外していく。
+問に出てくる重要語句などを、参考書の語句の目次から探す
+目をつぶって指を指す
+迷ったら直感でいけ!という高校の先生の言葉を信じて直感でいきます
+迷ったら選択肢2か3を選ぶ
+迷ったら2
+迷ったら
+間違いそうなものを排除する
+キーワードを探す
+今までのセンター問題から最も多い答えの数字の並び方にする。
+索引
+人名と時代や出来事を一致させる(ただし、コンピュータにはできないかも)
+消去法で解いていき、最後は直感
+問題分にでてきた時代を表す単語を見て、そこから、答えないといけない答えを探す
+明らかに間違いの選択肢を消して残りで吟味または勘
+眠れる記憶を呼び覚ます
+本文のなかからなるべく手掛かりを探して考えてみる
+本文に書かれている国から、何世紀〜何世紀の出来事なのかを確認し、その時代はどういう風潮の時代だったかを思い浮かべる。選択肢の人物がその時代の人かを確認する。この時、確実に違うとわかるものは消しておく。元は宋の後なので、4は消去できる。最後は勘で選ぶ。
+聞いたことのない単語がある選択肢は除く
+文脈で判断する。あとは、こたえから問題に一番関連しているものを選ぶ。
+問題にでてきた人名、事件名を教科書後ろの索引で調べ、そのページを読んで、問題とてらしあわせて答える!
+キーワードを見つけて参考書であってるか確認する
+消去法
+暗記していることを思い出して解く
+今まで習ったことのある有名人から辿っていく
+選択肢の消去法
+問題文のキーワードに関連する事柄を思い出していく
+回答の選択肢を見る前に、問題のみを読んで、自分なりの答えを出し、それに一致する選択肢を選ぶ。
+自分の頭の中の知識から引き出す
+出来事・人物・年代・地名などのキーワードを関連づけて覚えて解く。消去法を使う。
+まず、時代の判定。次に地域、そして、キーワードを判定する。
+キーワードを見付けたら教科書などから用語索引で調べて解く
+記憶を確かに消去法で選択肢をしぼる。
+教科書から、問題の選択肢に名前のある人物についての記述を探す
+教科書で覚えた内容と問題文とを比較し、正しいか誤っているのかを判断する
+思い出す。一番音が近そうなのを選ぶ
+文脈でそれっぽくなるようにする。
+文章を読んで明らかに間違っているものから切っていきそのあと参考書で調べる
+文章が2番目に長い解答を選択
+分からない言葉を音で文字を読んで参考書の索引を利用してとく。
+必ずや絶対とかの言葉がある選択肢を削って考える。
+年表を頭に思い浮かべて解く!
+年表をページ記憶して本番はそれを思い出して解く
+年代とその人物が一致しているかどうか及びその人物とその人物の行動が一致しているかどうか!!!!!!
+年代とキーワードを結びつけて考える
+年代、人物、事件、背景、文化等の正誤問題なので、とあるくくりでそれらの知識を関連させグループ化し覚えてく。そうすると知識がつながって記憶するのでそれを引き出すだけ。
+年代、時代と地域、人物と業績の整合性の真偽
+教科書の索引からキーワードになりそうな言葉を調べて、指定されたページと問題の文書を照らし合わせる
+年代とその人物が一致しているかどうか及びその人物とその人物の行動が一致しているかどうか!!!!!!
+年号とできごとを覚える
+同時代の人物を関連づけて考える
+唐宋の時代以降の文化のことを書いてある教科書のページを見ていく。単語集の索引から探す。
+適当に塗る!
+直感
+中国史か西洋史か、年代はいつかでわけて考えて解く
+知識を絞り出す
+知ってる単語のところにマークする
+知ってるワードが交じってる物をひたすら選択。
+知っている知識から消去法で考える
+単語の一致してない絶対違うものを消す。残りが答え。
+単語ごとに調べてそれぞれの単語に関連があるかをみる
+単語から知ってる知識に結びつける
+他の教科と内容がかぶっていれば、その知識を利用して答える。
+それぞれの選択肢を読んで、一つ一つ自分の持っている知識と照らし合わせていく
+年表をページ記憶して本番はそれを思い出して解く
+どれにしようかなで決める
+完全に用語が一致していなくとも、文字が似ている用語を回答する
+用語に関する知識、年代・時代背景を考慮して解く
+全部同じ数をマークする
+全部3にする。
+全部3
+全部2にする
+全部1に塗る
+全て3にマークする
+自分の知識でだいたいの時代を定めてそれとは大きく外れている選択肢からだんだん消していく消去法
+思い出す。一番音が近そうなのを選ぶ
+全くわかんなくても知ってる、聞いたことがある単語があればそれの入っている番号を選択する
+前の問題の番号と違うのを選ぶ
+前の設問と同じ番号は消す
+選択肢中の熟語が参考書の同じ欄にすべて書いてあるのが正解
+選択肢中の熟語が参考書の同じ欄にすべて書いてあるのが正解
+選択肢一つ一つ吟味して消していく
+選択肢を読んで重要そうな語句が出てきたら索引で調べる。
+選択肢を取り除く
+選択肢の人物名や国?とキーワードがきちんと関連していないものを消していって消去法でとく。
+選択肢の消去法
+選択肢に出てくる人名を教科書・参考書で一人一人調べて文章の真偽を確かめる。
+選択肢に出てくる人物を教科書で調べる
+選択肢から見て考える
+正誤の中心となる部分、例えば書家であるなどを分析する
+文章が2番目に長い解答を選択
+鉛筆を転がす
+単語の一致してない絶対違うものを消す。残りが答え。
+キーワードを用いて索引する
+唐宋の時代以降の文化のことを書いてある教科書のページを見ていく。単語集の索引から探す。
+キーワードが合ってるか間違ってるかで選択する。どうしてもわからなかったら「なんか違う…」って少しでも思ったものは選択肢から捨てる。つまりフィーリング!!
+必ずや絶対とかの言葉がある選択肢を削って考える。
+世界史は選択しておりません。誠にもうしわけありません。
+世界史Aの内容から推測して解く
+人名を見つけて教科書の索引からしらべる
+人名や用語を教科書などの索引で探し、調べる。
+人名や単語や時代に注目して、それを教科書や参考書でみる。
+人名と時代や出来事を一致させる(ただし、コンピュータにはできないかも)
+人名とそれ以外のキーワードが正しい組み合わせかどうか考えて、間違っていたら次に選択肢で同じことを繰り返す。
+人物名などのキーワードを参考書の索引から調べる
+人物や出来事を結びつけて解く
+人物と出来事を結びつけて考える
+人物とそれに関連するキーワードをみつける
+人物から調べ時代と特徴を確定する
+人物、出来事とその詳細をインプット、問題文と照らし合わせる
+全部3
+知ってる単語のところにマークする
+ブレインストーミング的な感じで、それに関連のあるものを思い出してく
+神様の言うとおり
+神の啓示を受ける
+心に決めた数字しか選ばない(´・Д・)
+常識で
+消去法一択
+消去法で考える
+消去法で解く。
+消去法で解く
+消去法で解いていき、最後は直感
+消去法、必死に関連する記憶を呼び起こす
+消去法 教科書などを使っていいならキーワードの載っているページを探す
+消去法
+消去法
+消去法
+消去法
+消去法
+消しゴムを転がす。
+まず何時代の話をしているのか→その時代の中で誰の時期なのか→あとは記憶勝負
+知っている知識から消去法で考える
+年号とできごとを覚える
+全くわかんなくても知ってる、聞いたことがある単語があればそれの入っている番号を選択する
+人物と出来事を結びつけて考える
+問題パターンと、人名や、キーワードを関連させて覚えさせておく。
+問題を読んで、時代やジャンル、国などで何を聞かれているかを理解する。世界史は同じような範囲で事柄や単語が関連付られているので、その部分がどこなのかを思い出す。
+教科書の索引を引く
+出来事・人物・年代・地名などのキーワードを関連づけて覚えて解く。消去法を使う。
+受験会場でカンニング
+質問者の意図を考える
+自分の頭の中の知識から引き出す
+自分の知識と選択肢を照らし合わせ、誤った内容を消去していき、最後に残った選択肢を選ぶ。
+自分の知識でだいたいの時代を定めてそれとは大きく外れている選択肢からだんだん消していく消去法
+自分の持ってる知識と掛け合わせて違うものは排除して、それでもわからない時は3番を選ぶ
+時代経過順にフローチャートを作る
+選択肢を取り除く
+人名や用語を教科書などの索引で探し、調べる。
+キーワードを検索する。
+気の向くまま
+用語を他の用語と紡いで線にしていくイメージなので、どこかに違和感があれば立ち止まる。
+キーワードから時代を特定する
+4.3.2.1とマークしていく
+目をつぶって指を指す
+選択肢を読んで重要そうな語句が出てきたら索引で調べる。
+3を連発
+過去問解きまくる
+暗記
+時代を特定してそのページを片っ端から調べる
+時代の流れを読む
+時代のタテ・ヨコのつながりインプットする。中国の王朝などは各々グルーピングしたものを暗記する。あとは世紀が異なる問題が多いので、世紀ごとに暗記する。
+時代ごとに考える
+時代、人、その内容がキーワードで一致しているかどうかをみて、消去法で答えをだす。
+事前に勉強して教科書を暗記する
+思い出す。一番音が近そうなのを選ぶ
+思い出す。一番音が近そうなのを選ぶ
+使用できる教科書・参考書の索引で時代や人名などのキーワードを探す。
+参考書を読む
+参考書を全部取り込む
+参考書を見て、1~4の人物について調べて正誤を決める
+参考書や教科書の文章を暗記して問題文の文章と照らし合わせて正誤などを考える。
+消去法 教科書などを使っていいならキーワードの載っているページを探す
+使用できる教科書・参考書の索引で時代や人名などのキーワードを探す。
+世界史は選択しておりません。誠にもうしわけありません。
+中国史か西洋史か、年代はいつかでわけて考えて解く
+何世紀のできごとかなど、割と細かいところ
+あらかじめ人名などを記録させて、問題文からキーワードを抽出し、教科書にキーワードが多く重なる部分の人名を照合する
+とりあえず消去法で選択肢をけずっていく!わからなかったらもはや勘に頼るのみ!
+本文のなかからなるべく手掛かりを探して考えてみる
+サイコロをちからいっぱい振る
+迷ったら直感でいけ!という高校の先生の言葉を信じて直感でいきます
+選択肢中の熟語が参考書の同じ欄にすべて書いてあるのが正解
+分からない言葉を音で文字を読んで参考書の索引を利用してとく。
+選択肢一つ一つ吟味して消していく
+前の問題の番号と違うのを選ぶ
+消去法で考える
+消去法一択
+時代を特定してそのページを片っ端から調べる
+わからなかったら2
+問題文のキーワードを教科書の索引などで調べてそこからその解答にあるキーワードと関連しているものを選ぶ。
+2か3をえらぶ
+参考書の目次から調べる。
+索引で調べる!
+索引
+今まで勉強してきたことを時代ごとに整理して自分の知識をフルにつかう
+今まで習ったことのある有名人から辿っていく
+今までの解答で出て来てない番号で解答する
+今までのセンター問題から最も多い答えの数字の並び方にする。
+考えてわかるものではないので教科書を丸暗記する
+見たことのある名前の人の選択肢を選ぶ。
+教科書を見てキーワードを探す
+教科書の索引を引く
+教科書の索引からキーワードになりそうな言葉を調べて、指定されたページと問題の文書を照らし合わせる
+教科書に書いてあることに即する選択肢を選ぶ
+教科書に書いてあることに即する選択肢を選ぶ
+教科書などでキーワードをいろいろ探す
+パターンをおぼえる
+単語ごとに調べてそれぞれの単語に関連があるかをみる
+教科書で時代を探して、その分野にある単語が多いのをえらぶ
+教科書で覚えた内容と問題文とを比較し、正しいか誤っているのかを判断する
+教科書から、問題の選択肢に名前のある人物についての記述を探す
+教科書、参考書を暗記
+教科書・参考書・用語集を用いて問題文中のキーワードをピックアップ。そのキーワードから繋がる関連ワードを引っ張ってきて、選択肢の中での単語同士の因果関係が正しいかをチェック文末から肯定文か否定文かを読み取り、それらとキーワードの内容とが一致したものを正解とする
+記憶を辿り見たこと聞いたことがあるかを探索する。そこからそれに関するキーワードをあげていく。
+記憶を確かに消去法で選択肢をしぼる。
+記憶をしぼりだす
+気の向くまま
+関連ある単語をあらかじめ用意しておく
+間違ってるものを消してく消去法。どれも怪しかったら、聞いたことがない文を消す!
+参考書の目次から調べる。
+問題文を撮影して外部に送信し、人間が考えた答案をロボットに送り返してロボットが記入する。
+問題文をツイート
+間違った選択肢をひとつずつ消しいく
+間違いそうなものを排除する
+完全に用語が一致していなくとも、文字が似ている用語を回答する
+回答の選択肢を見る前に、問題のみを読んで、自分なりの答えを出し、それに一致する選択肢を選ぶ。
+回答の選択肢を見る前に、問題のみを読んで、自分なりの答えを出し、それに一致する選択肢を選ぶ。
+解答からキーワードを探して、それに誤りがないかどうかで正解か否か判断する。
+迷ったら2
+選択肢から見て考える
+人名とそれ以外のキーワードが正しい組み合わせかどうか考えて、間違っていたら次に選択肢で同じことを繰り返す。
+キーワードを探す
+記憶をしぼりだす
+考えてわかるものではないので教科書を丸暗記する
+まず確実に間違っている選択肢を消す
+消去法で解く。
+全部3にする。
+間違った選択肢をひとつずつ消しいく
+問題の見た感じ(形)
+選択肢の人物名や国?とキーワードがきちんと関連していないものを消していって消去法でとく。
+見たことのある名前の人の選択肢を選ぶ。
+キーワード検索
+解いたことがないからわかりません
+我がダイスに命運を委ねる
+過去問分析
+過去問解きまくる
+何世紀のできごとかなど、割と細かいところ
+何が問われているのかを正しく理解し、どこでひっかけようとしているかまで考える。
+鉛筆を転がす。
+鉛筆を転がす
+一文の中に、単語と単語の繋がりに不自然な点があれば削除する。つまり消去法(╭☞•́⍛•̀)╭☞
+知識を絞り出す
+知ってるワードが交じってる物をひたすら選択。
+心に決めた数字しか選ばない(´・Д・)
+質問者の意図を考える
+迷ったら選択肢2か3を選ぶ
+同時代の人物を関連づけて考える
+年代、人物、事件、背景、文化等の正誤問題なので、とあるくくりでそれらの知識を関連させグループ化し覚えてく。そうすると知識がつながって記憶するのでそれを引き出すだけ。
+自分の知識と選択肢を照らし合わせ、誤った内容を消去していき、最後に残った選択肢を選ぶ。
+偉人の功績やキーワードをリンクさせる
+暗記していることを思い出して解く
+暗記
+わかりません
+わからなかったら2
+わからなかったです
+ワードを時代ごとに並べて違う時代のものが1列に並んでるものを消す
+まず問題のタイプ分けをし、そのタイプに合った答えを導くためにその問題中の単語を教科書で探してそれらしい記述を探す
+問題文中の特定の語句から、選択肢を減らす。(国名、年代等)
+まず大体の年代を把握し、その後問題文の固有名詞から分析する。まったく関係のない単語があれば間違い、などと判断していく。
+まず確実に間違っている選択肢を消す
+まず何時代の話をしているのか→その時代の中で誰の時期なのか→あとは記憶勝負
+まず、時代の判定。次に地域、そして、キーワードを判定する。
+ブレインストーミング的な感じで、それに関連のあるものを思い出してく
+パターンをおぼえる
+どれにしようかなで決める
+とりあえず消去法で選択肢をけずっていく!わからなかったらもはや勘に頼るのみ!
+とりあえず、人名を四角で囲みキーワードを、丸で囲む。
+ドラえもんのタイムマシンで実際にみてくる( ´艸`)
+問に出てくる重要語句などを、参考書の語句の目次から探す
+A 唐代の文化芸術についてのページを見る B ,砲弔い董覆修海北樵阿あれば・い癲棒妓蹐鯣獣 C 宋代の文化芸術についてのページを見る(Bで解決すればそこで終わり) D △砲弔い董幣豺腓砲茲辰討廊・い癲棒妓蹐鯣獣
+キーワードを問題文から探して、教科書や参考書から検索して、正誤を判断する。類似項目も検索できるようにして、表記の違いを何とかする。
+問題に適した答えを、教科書等の情報を参考に、選ぶ
+問題になってる文の中に出てる名詞を教科書の裏の索引で調べて、該当ページに飛んだ後、名詞と名詞の因果関係の真偽を教科書で考える
+である、でない、に反応させる。
+チリチリ
+それぞれの選択肢を読んで、一つ一つ自分の持っている知識と照らし合わせていく
+その答えと結びつきの深いキーワードを探す。
+その前の問題とは番号が同じにならないようにする
+その人物に関する言葉や出来事をマッピングのように覚える。
+明らかに間違いの選択肢を消して残りで吟味または勘
+教科書に書いてあることに即する選択肢を選ぶ
+文章を読んで明らかに間違っているものから切っていきそのあと参考書で調べる
+全部同じ数をマークする
+索引で調べる!
+選択肢に出てくる人名を教科書・参考書で一人一人調べて文章の真偽を確かめる。
+問のなかにある人名、時代、重要語句で分類して別の分類どうしがあるのを除外していく。
+用語を覚える
+全部2にする
+キーワードを見つける消去法で選択肢を減らす
+問題文や選択肢からキーワードを上げ、教科書等で索引から探し、掲載ページの情報と、選択肢の整合性を判断し、高いものを選択する。
+教科書を見てキーワードを探す
+時代のタテ・ヨコのつながりインプットする。中国の王朝などは各々グルーピングしたものを暗記する。あとは世紀が異なる問題が多いので、世紀ごとに暗記する。
+センター試験はナニ。。。
+すみません。 ぼく 留学生なんで センタ試験は受けたことないんです。
+さくいんみる
+問題文のキーワードである程度の解答予測を作ってどれが最適かを選ぶ
+関連ある単語をあらかじめ用意しておく
+眠れる記憶を呼び覚ます
+消去法、必死に関連する記憶を呼び起こす
+何が問われているのかを正しく理解し、どこでひっかけようとしているかまで考える。
+○○といえば△△!っていうパターンに当てはまるかどうか見る
+さくいんです!
+サイコロをちからいっぱい振る
+コレは絶対ないだろってやつを消去
+キーワード検索
+キーワードを用語集で索引し、文章の正誤を確認する。
+キーワードを用いて索引する
+キーワードを問題文から探して、教科書や参考書から検索して、正誤を判断する。類似項目も検索できるようにして、表記の違いを何とかする。
+キーワードを文章に当てはめて考える
+キーワードを探す
+キーワードを探す
+キーワードを索引で調べて、該当する箇所を合ってるかどうか確かめる。
+例年の回答番号から予測
+キーワードを用語集で索引し、文章の正誤を確認する。
+キーワードを見付けたら教科書などから用語索引で調べて解く
+キーワードを見つける消去法で選択肢を減らす
+キーワードを見つけて参考書であってるか確認する
+キーワードを検索する。
+キーワードの組み合わせ
+問題文のキーワードと近い意味の選択肢を答える。
+問題文と教科書等の似た記述から答えを選び出す
+教科書・参考書・用語集を用いて問題文中のキーワードをピックアップ。そのキーワードから繋がる関連ワードを引っ張ってきて、選択肢の中での単語同士の因果関係が正しいかをチェック文末から肯定文か否定文かを読み取り、それらとキーワードの内容とが一致したものを正解とする
+用語集でそれぞれの人物を索引を使って調べる。
+問題文から回答パターンを決定・問題文/選択肢から人名/事象とそれに関連するキーワードを検出・否定語の検出…を組み合わせて絞って行くとか
+センター試験はナニ。。。
+人物や出来事を結びつけて解く
+世界史Aの内容から推測して解く
+まず大体の年代を把握し、その後問題文の固有名詞から分析する。まったく関係のない単語があれば間違い、などと判断していく。
+本文に書かれている国から、何世紀〜何世紀の出来事なのかを確認し、その時代はどういう風潮の時代だったかを思い浮かべる。選択肢の人物がその時代の人かを確認する。この時、確実に違うとわかるものは消しておく。元は宋の後なので、4は消去できる。最後は勘で選ぶ。
+教科書に書いてあることに即する選択肢を選ぶ
+消去法
+キーワードに着目して、その説明が正しいか確かめる。
+キーワードが合ってるか間違ってるかで選択する。どうしてもわからなかったら「なんか違う…」って少しでも思ったものは選択肢から捨てる。つまりフィーリング!!
+キーワードから時代を特定する
+キーワードから索引でさがす
+かん
+かすかな記憶力に頼る
+あり得ないものをまず消す
+ありえないものを省いて 選択肢から関連づけて考えてみる
+あらかじめ人名などを記録させて、問題文からキーワードを抽出し、教科書にキーワードが多く重なる部分の人名を照合する
+A 唐代の文化芸術についてのページを見る B ,砲弔い董覆修海北樵阿あれば・い癲棒妓蹐鯣獣 C 宋代の文化芸術についてのページを見る(Bで解決すればそこで終わり) D △砲弔い董幣豺腓砲茲辰討廊・い癲棒妓蹐鯣獣
+4.3.2.1とマークしていく
+3番の答えを選ぶ
+3を連発
+2択に絞って言い方がキツイとかを判断する
+2か3をえらぶ
+1〜4まで順番にマークする 
+○○といえば△△!っていうパターンに当てはまるかどうか見る
+回答の選択肢を見る前に、問題のみを読んで、自分なりの答えを出し、それに一致する選択肢を選ぶ。
+さくいんです!
+わからなかったです
+すみません。 ぼく 留学生なんで センタ試験は受けたことないんです。
+選択肢中の熟語が参考書の同じ欄にすべて書いてあるのが正解
+全部1に塗る
+問題作成者に聞いてみる
+直感
+神様の言うとおり
+時代の流れを読む
+教科書で時代を探して、その分野にある単語が多いのをえらぶ
+○○といえば△△!っていうパターンに当てはまるかどうか見る