[[社会情報入門]]

-	 ITが普及し、デジタルディバイドが発生している
-	1つの端末で授業が完了する
-	1人で沢山のアカウントとパスワードを持っている時代
-	AIが生活に普及し始めている時代
-	AIが発達し、ケータイに依存する人が多くいて、ケータイゲームなどでAIの技術を利用したコンピュータが相手をしてくれる。しかし、その技術が発達しきっていないため、コンピュータが弱いゲームも多くある。
-	AIの時代
-	AIの発達した時代
-	AIの発達により、様々な分野でAIが活用されている
-	AIを搭載したロボットが開発され始め、人と人の関わりに変化をもたらしている。
-	eラーニングが活発で、授業にも盛んに取り入れられている
-	eラーニングシステムが普及し、場所を選ばず学習できる。
-	GPSなどといった位置情報がわかる技術が発達し、場所の特定ができるようになった。
-	IOTにより、あらゆるものがインターネットと繋がる時代
-	ITが高度に発達していて情報量も格段に増えている時代
-	IT化、ロボット化が進み多彩なニーズに対応でき始めている
-	IT革命により、情報がデータで管理されている時代
-	"SNS、スマホの普及率が高くなり、情報の共有が容易になった。
そのことにより、実際に会ったことのない学生でも繋がりを持つことが出来る。"
-	SNSが生活に深く関わる時代
-	SNSが発達している時代
-	SNSが普及してあらゆる情報が入手できる時代なのでただ忌み嫌うだけではもったいない
-	snsが普及している時代
-	SNSなどのウェブ上でフェイクニュースが溢れているため正確な情報を得るための努力がもとめられている。
-	SNSの普及により、手軽にあらゆる情報を発信・入手することができる。
-	SNSを通じて多様な価値観を持った人々と容易に関わることができる時代。
-	SNSを利用する人が増え、遠くにいる人にも生配信で臨場感を味わえる配信ツールが多様化してきている
-	VR(バーチャルリアリティ)が注目され、これから発展していこうとしている時代。
-	VRの技術発展が進み、様々な分野での活躍が期待されている時代。
-	あらゆる情報がインターネットから得られる時代であり、それは個人個人の事柄に関する感想、感情まででも含まれる。昔は自分の得たい事柄の情報に対する生の声というのは、現実世界で会う、コンタクトを取って電話など手順を踏まなければならなかったが、今ではSNS等で各人が公共に向けて情報を自身の感想、思いの丈を含め発信することが増え、それにアクセスする機会は格段に増えた
-	あらゆる情報が流出する時代
-	ありとあらゆる電子機器製品が生産されている
-	いつでも、どこでも、誰でもインターネット上で情報を手に入れられる時代
-	いつ自然災害が起こるかわからないので、災害が他人事だとは思えなくなってきている。
-	いつ大きな地震が来るかわからない時代。
-	いろいろな情報が入り混じっている時代
-	インターネット、スマートフォンの普及により、自分の知りたい情報を簡単に検索できるようになった。
-	インターネットが広く普及した時代
-	インターネットが広く普及しているITの時代。
-	インターネットが世界中に普及し、どんな小さな話題でも検索で探すことができる時代
-	インターネットが生活の重心となりつつある時代
-	"インターネットが発展し、BtoB CtoC
などが普及した"
-	インターネットが普及し、その後にスマートフォンも同じく普及して、より便利な時代になってきている
-	インターネットが普及して、ほとんどの人がスマホやパソコンを当たり前のように利用してる。
-	インターネットが普及している時代
-	インターネットが普及しており
-	インターネットでなんでもわかる時代
-	インターネットで情報を管理する時代
-	インターネットで誰でも簡単にすぐつながることができる時代
-	インターネットなどのIT化が進み、海外や離れた場所にいる人々とのコミュニケーションが可能である。
-	インターネットにおけるコミュニケーションツール(sns等)で人と人とが簡単に繋がれる時代
-	インターネットの発達によって、個人の影響力が従来よりも大きくなり、授業体形に変化が見られる。
-	インターネットの普及、スマートフォンの利用率の向上により、講義の様式が変わりつつある
-	インターネットの普及が著しく、大学生のスマホ普及率が約100パーセント(97.4パーセント)という時代
-	インターネットの普及によって、国内だけでなく世界中の人々とコミュニケーションがとれる時代である。
-	インターネットの普及によって、誰でも情報を流せる時代
-	インターネットの普及によって情報が飽和している
-	インターネットの普及により、教育においても大きく変わりつつある。
-	インターネットの普及により、時間と場所が縛られない
-	インターネットの普及により学校の体制が変わっている。
-	インターネットの普及により求める情報に簡単にたどり着ける時代なんで商大は履修などの図書館前の情報をもっと簡単に確認出来る必要がある。
-	インターネットの普及により社会で情報系統が不可欠になり利便性が向上した反面、情報をうまく活用できる人材、インターネット関係に強い人材が必要とされている時代
-	インターネットは今や私たちにとって必需品であり、近年これを活かした教育方法が模索されている。
-	インターネットやSNSなど個人個人により必要な情報とそうでない情報にありふれる情報過多な時代
-	インターネットやスマートフォンなどによって、多くの人が情報を共有できるようになった。
-	インターネットを利用した授業が増えている
-	インターネットを利用した多様な教育方法がある
-	インターネットを利用する者のネットリテラシーが足りていない
-	インターネット学習が広まっている
-	インターネット時代
-	インターネット上でなんでもできてしまう時代
-	インターネット上で支払いができる時代
-	インターネット上のテキストで学習する時代
-	インターネット利用によって、調べものや学習、仕事・日常生活の活動をより効率的にスピーディーに行う時代
-	お店のメニューなどの注文を、お店に着く前にネット上ですることが可能な時代である
-	かなりスマホの普及が進み、大学生でスマホを持っていない人はかなり少数派となっている。また、情報入手がたやすくなっている。
-	グローバル
-	グローバルな時代
-	グローバルな時代なのでデバイス管理が必要である。
-	グローバルな人材の必要性
-	グローバル化が急速に進んでいる時代
-	グローバル化が進み、さまざまな言語が飛び交う時代
-	グローバル化が進み英語に関心が持たれる一方で、日常会話に焦点を当てて読み書きを疎かにする時代
-	グローバル化が進む時代
-	グローバル化が世界で急速に進んでいる。仕事では、特に英語を使う能力が非常に重要となっている。
-	グローバル化で多様な人と関わりあう時代
-	グローバル化により、英語を使いこなせることが当たり前の社会になっている。
-	グローバル化に伴い、英語の習得が促されている。しかし、その影響により国語、つまり、日本語は“話せるから”と能力をより向上させようとする傾向が少ない。
-	グローバル化に伴い、日本人の英語力向上が重要とされている。
-	グローバル化の時代で、外国語習得の需要が高まっている。
-	グローバル化の進展、高度な教育を受けられる環境の拡大に反して、学生の学習意欲の低下、グローバル化に対応できるような主体性のある学生の減少が問題となっている時代。
-	グローバル化を求められる時代
-	ここ数年でインターネットの発達によりグローバル化が急速に進んでいる。また、国内のネットワークも広がり、どこにいても誰とでも繋がれられるようになった。
-	コミュニケーション
-	コミュニティが多様化し、人間関係が複雑化した時代
-	これまで以上にAIや電子機器などの機械的なものが発達している時代
-	コンビニに無人レジができるなど様々な形の店舗で効率化が進められている時代
-	コンピューターが発達している
-	コンピューターの精度や容量がどんどん上がり、データ管理などもすべてデジタル化している時代。
-	コンピュータの小型化が進み、いつでも情報を検索することができ、便利になっているが、その検索能力には差異がある。
-	さらに海外との協力が必要になっている時代
-	すぐに手に入るデータ
-	ズバリ就職転換期。AIの開発が進み、データを用いてそれらを管理する仕事はもはや必要なくなってきている。それに雇われるという感覚の労働者は減っており、自らに価値をスキルを付加していかなければいけない時代。
-	スマートフォン・インターネットは、今や学習・商品購入・決済など毎日の生活に欠かせないものとなっている。
-	スマートフォン、インターネットの発展によって教育法が変わりつつある。
-	スマートフォンがかなりの人口に浸透している情報社会の中で、健康情報もアップデートされていき、健康管理への関心が高まっている。
-	スマートフォンが普及して、誰でもスマートフォンを常に携帯している時代である。
-	スマートフォンが普及していて、情報を簡単にスマートフォンからでも手に入れることができる時代である
-	スマートフォンなどのウェアラブルコンピューターが世の中に溢れ手軽にさまざまな情報を得られる時代
-	スマートフォンなどの機器が普及している時代
-	スマートフォンなどの端末の普及により、学生のほとんどがスマートフォンを持っている時代。
-	スマートフォンなどの電子端末の普及により、電子書籍が登場、徐々にペーパーレスの時代になろうとしている。
-	スマートフォンの普及により、老若男女問わず誰でも簡単にインターネットにアクセスできる時代。また、膨大な情報を得ることができる時代。
-	スマートフォンの普及による教育改革が始まっている時代。
-	スマートフォンの普及に伴い電子機器に依存する人が増えた
-	スマートフォンやタブレットなどの電子機器が普及している時代
-	スマートフォンやパソコンなどの電子機器利用の格差がある時代
-	スマートフォンやパソコンを通じたインターネットが普及してきたことにより、海外教育を通信制で行えるようになってきている。
-	スマートフォンを手放せない時代
-	スマートフォンを通してさまざまなこと行う時代
-	スマートフォン一つでどこでも、なんでも出来る。
-	スマートフォン登場したことによりインターネットがより身近なものとなり、昔よりも個の特徴が重要視された時代
-	スマートフォン等でのSNSが重要なコミュニケーションツールになっている。
-	スマホ、パソコンなどインターネットに接続できるデバイスが数え切れないほど存在する時代
-	スマホ1つで何でもする時代。電話をかけるよりも簡単な方法がたくさんある時代。
-	スマホが小学生などにも普及し当たり前の時代
-	スマホゲームが普及している時代
-	スマホさえあればとりあえず生きていけるような時代になってきている
-	スマホなどの高度な情報端末機械が開発されていく中で効率かつ早く情報を収集することが顧客のニーズとなっているので情報を早く発信する必要性がある。
-	スマホの時代
-	スマホの普及によって情報を得る手段が増えたことに伴い、正しい情報と誤った情報が混在している時代である。そのため情報を取捨選択する必要性がある。
-	スマホの普及によりスマホやタブレットを利用した授業が必要とされている時代
-	スマホやパソコンで情報を簡単に得られる時代
-	スマホやパソコンなどが発展して遠くの人とも連絡を取れる時代
-	スマホやパソコンに頼る時代
-	スマホをほとんどの人が持っていて、授業の出席や課題の提出などにも必要となる。
-	スマホ一台で色んなことができる時代
-	スマホ時代
-	タブレット端末やスマートフォンが普及し、インターネットと組み合わせた「反転授業」が注目されている。
-	タブレット端末を用いた教育が考えられていている時代。
-	だれでも簡単に自分の持つ情報を発信出来るようになり、真偽が定かでない情報が氾濫している時代
-	デジタル化が進み、多くのものが紙媒体からデジタル媒体に移行している時代
-	デジタル化しすぎて返って情報が伝わりにくくなっている時代。
-	デジタル化の時代、多様化の時代
-	とりあえず大学を出ておく時代
-	なんでも機械がやってる時代
-	ネットで情報を得る時代なので、スマートフォンなどの端末が必要な時代である。
-	ネット環境が家庭でも設備できるようになった。
-	ネット社会
-	パソコンやスマートフォンでインターネットを使って英語の授業を受ける時代
-	バリアフリー設備、多言語表示などは当たり前、誰もが利用しやすい町を作ることが求められる時代
-	ほとんどの人がYouTubeを見る時代なので小樽商科大学の学生生活などの動画をもっと載せる必要性
-	ほとんどの人がケータイを持っている
-	ほとんどの人がスマホやタブレット、インターネットを活用している時代
-	ほぼ全員の学生がスマートフォンを持っている時代
-	みんながケータイを持ち、ケータイを必要不可欠になっている。
-	メディアの発達によって世界中の情報が手に入る。AIの翻訳能力の上達。
-	以前よりも大学在学中に学んでおくべきことが増え時間に余裕がない
-	遺伝子組み換え等の食品に関する関心が高まる中、食品に関する情報がインターネット等で用意に得られる時代
-	一方向的な講義形式に代表される受動的学習が多くの学校で行われている。
-	溢れるほどの情報に囲まれている中で、いかに自分が必要としている情報とそうでない情報を区別し見分ける力が求められる。電子上のWebサイトやgoogle検索だけでなく、書籍や新聞紙など時には専門家や友人といった人からも有益な情報を集められることが望ましい。このような時代なので合理的な情報収集能力を持っている必要性がある。
-	英会話の能力のみを向上しようとしている人が多く、グローバル化の影響で国内産業においても英語を必要としている時代
-	遠隔操作で授業ができるような時代
-	遠距離にいる人とも繋がることができ、グローバル化してきている。
-	音楽の違法ダウンロードや違法コピーが蔓延し、ミュージシャンの利益が十分に保証されない時代。
-	科学の進歩が著しい時代
-	科学技術が発達し、機械が表情を読み取ることによってその人の感情を知ることができる時代になっている。
-	科学技術の進歩により、人が五感を使って確認していたものが、簡単に感知できるようになった。
-	科学技術の進歩により情報交換の手段が多様化してきている
-	科学技術の発展により情報化社会が到来し、情報が錯綜している。
-	介護人の減少
-	介護福祉士の不足
-	会えない距離にいる人と話が出来る時代
-	海外が身近に感じられるグローバルな時代。
-	皆がスマートフォンに夢中になり、学力の低下はもちろん、世間に関心が向かなくなっている。
-	皆が時間に追われており、自由な時間を確保することが難しくなっている時代。
-	学生の9割以上がスマホやタブレット端末を持つ時代
-	学生のほぼ全員がスマホを持っている時代
-	学生は、研究をはじめとする他の様々な活動を求められる時代。
-	学生も含め、すべての人が自己を高めたいと考える時代である。
-	機械や情報が発達し、一般の人には取り扱いが難しくなっている時代
-	機械化が進み、物を作り出すことを機械に頼っている時代
-	技術の発達とデジタル化が進んでおり、インターネット社会となった時代である。そのため、大学の講義などでもインターネットを利用することが多くある。
-	技術の発展により顔認証システムが生まれ、個人を特定できるようになった。
-	急激にAIが発達している時代。単純作業しか出来ないのではなく、新しいアイデアや物を作り上げる能力が私たちには必要になる。さらに、他人と交渉したり、他人を説得したりする能力、いわゆるコミュニケーション能力も必要となる。
-	教育を取り巻く計算機環境・LAN環境の変化に対応して、教育方法も変化している。
-	教育を受ける権利が強調されている時代なので、教育の接近性を高める工夫が必要である。
-	教育現場におけるネット上でのやり取りが増えている時代
-	近年、AIが開発され、社会がより一層発展している時代であるので、教授への質問対応をAIに任せて効率化を求める必要がある。
-	近年、AIの普及により、人間の働き方が大きく変わろうとしている。
-	近年、VRの普及により、エンターテイメントが大きく変わろうとしている。
-	近年、YouTuberと呼ばれる人々の台頭などにより、動画サイトYouTubeの新しい利用価値への関心が高まっている。
-	近年、インターネットの発達によりネット上で生徒一人一人を管理するシステムが増えてきている。
-	近年、インターネットの発展により、教育の受け方が多種多様になっている。
-	近年、インターネットの普及により、学習形態が変わろうとしている。
-	近年、インターネットの普及により、学生の授業形態が多様化している。
-	近年、インターネットの普及により、教育に用いられる教材が大きく変わろうとしている。
-	近年、インターネットの普及により、情報取得方法が変わろうとしている。
-	近年、インターネットの普及により、多量の情報に触れることが出来る
-	近年、インターネットを使った教育方法が増えてきている
-	近年、インターネットを用いた学習指導がどんどん普及してきている
-	近年、インターネットを用いた授業が行われている。
-	近年、インターネット技術の発展により、タブレットやスマートフォンを用いてJRやバスの中で勉強ができるようになっている。
-	近年、コンピュータや通信の分野による技術が発達しているため、電子図書の研究・開発が現実のものとなってきている。
-	近年、スマートフォン、タブレット、パソコンの普及率が高くなったことにより、教育方法が変わろうとしている。
-	近年、スマートフォンなどの電子機器が発達したことにより、教育の形態が大きく変わろうとしている
-	近年、スマートフォンの普及により、若者のSNSの活用が進んでいる。
-	近年、スマートフォンの普及によりインターネットの使用が身近なものになった。
-	近年、スマートフォンの普及によりコミュニケーション方法が大きく変わろうとしている。
-	近年、スマホの普及により気軽に何でも調べれる時代
-	近年、スマホやパソコンの普及で情報が溢れている
-	近年、タブレットやスマートフォンなどの情報端末が普及しており、それを教育現場への応用すること動きが活発になっている。
-	近年、ネット環境が整い誰でも簡単に動画の投稿や生配信が可能になった
-	近年、教育現場のデジタル化により、様々な電子機器や情報端末が導入されつつある。
-	近年、現金だけでなく様々な支払い方法が普及して来ている。
-	近年、少子化の影響により、大学の定員割れ、統廃合が進んでいる
-	近年、情報のグローバル化が大きく進んだことで、学習方法が大きく変わってきている。
-	近年、情報化による活字離れが進んだことにより、教育方法が見直されている。
-	近年、情報化社会が進み、情報に関する講義が増えている。
-	近年、情報社会の発達が著しくなってきている。
-	近年、食の欧米化が進み、栄養バランスの欠けた食事をとる機会が多くなったことで、生活習慣病などの健康問題を抱えた日本国民が増加している。
-	近年、生体認証がスマートフォンのロック解除の方法として用いられることもあり、一般化してきている。
-	近年、昼食をコンビニ弁当ですませる人が多くなっている。
-	近年、超高齢化社会の進みにより介護者不足が深刻化している。
-	近年、電子機器などの普及により授業の形態が変わろうとしている。
-	近年、電子書籍の普及により読書環境や学習方法が大きく変わろうとしている。
-	近年ICカードやICチップの普及により購買方法が大きく変わろうとしている時代
-	近年グローバル化の進展や東京オリンピックの開催に伴い、英語をはじめとした外国語の学習がますます重要視されてきている。
-	近年は、e-learningの発達により通信教育が進歩している時代だ。本学でも英語1Dの授業においてe-learningを活用している。
-	近年メディアの多様化により、情報を得る方法が大きく変わろうとしている
-	近年わが国では接種熱量の過剰と運動不足により肥満が増加している
-	携帯あれば大抵のことはできる時代。その分ネットが繋がりにくい場所に行くと不便である。
-	現在、インターネット上では様々なアプリを使って多くの情報を共有することが出来る世の中になっている。
-	現在、スマートフォンは学生にとって大変身近なものとなっている。
-	現在、大学内ではネットワークを使ってコミュニケーションを取る授業が展開されている。
-	現在は、多くの場面でAIが活用され、出社時のエレベーターの混雑緩和にもAIが使われる時代となっている。
-	現在は情報で溢れる時代であり、自分にとって必要な情報や有益な情報、興味のある情報を獲得することが必要であるとされている。
-	現在科学技術の進展により人工知能を持つ機械が人と同じ活躍をできるようになりつつある。
-	現実とネットの時代
-	現代では、タブレットやスマートフォンの発達により、授業の進め方が大きく変わってきている。
-	現代の大学生はほぼ全員が電子機器を所持している
-	現代の日本において、どの大学でも学生による授業中の迷惑行為はよく目にする光景である。「例えば、授業中の逸脱行動の代表 とも言える「私語」は、1960 年代半ば頃から私立の女子短期大学でみられ始め、1980 年代後半には どの大学でも日常化していたという。」(島田博司2001)
-	現代の日本は情報化社会である。多くの人はテレビだけではなくスマートフォンやタブレットでもニュースや天気予報などの日常の情報、趣味の情報等を得ている。
-	現代は、何においてもインターネット上で行うことができる時代であり、スマホやネットがあればなんとかなるという時代になってきている。
-	現代はインターネットや携帯電話が普及しだした頃の「情報化社会」を超えて、膨大な情報量が交差する情報過剰社会になっている。
-	現代はインターネット環境やスマートフォン、タブレット端末の普及により誰もが簡単に情報にアクセスしたり取得したり出来る時代。
-	"現代は情報が溢れておりそここらの取捨選択をする必要がある、そして氾濫する情報のなかで正しい判断をする。
そして情報を得るだけではなく自分から発信する必要がある世の中だ。"
-	個人の影響力がさらに大きくなる必要性
-	個人情報を含める膨大な情報が晒されている時代
-	工場のマシン化や、人口知能やAIのようなロボットが現代社会を担う時代
-	講義でスクリーンなどが使われるようになり受け取る側の情報量が多くなっている。
-	高技術時代
-	高齢化が進み、高齢者の介護をする介護士の需要が高まっている時代
-	高齢社会
-	国内から国外にも目を向けられるグローバル社会とインターネットの利用が頻繁になっている情報社会
-	今、映画のスターウォーズのようなホログラムが実現しようとしている
-	今に限ったことではないが、雨の日に生徒が学校に傘を持ち込むことは珍しくない。
-	今の大学生にとってスマートフォンはもはや自分の体の一部と言っても過言ではないほど、スマートフォンが普及している。
-	今は、大学生のほとんど全員がスマホを持っている時代である。
-	今まで人間が担っていた仕事や活動の一部分の問題をAIやロボットの導入によって解決することができる時代になってきている。
-	根拠のないデマが簡単に広がる時代
-	根強く残る男女差別の時代
-	細かいところまでより正確に求められる時代
-	紙を使わなくなって来た時代
-	自然災害が頻繁に起こる時代
-	自動車の自動運転が一般人にも認知されてきたが、自動運転による問題の解決法を探る必要がある。
-	自分で考えて選択することが求められる時代
-	社会が急速に情報化していることにより、教育や生活などあらゆる面で変化が起き始めている。
-	社会の中で、インターネットが欠かせないものになっている
-	社会人にとってPCを扱うスキルを習得していることが当たり前の時代。
-	若者世代のスマートフォンの普及により、大学教育での出席管理が大きく変わっている。
-	手術現場やクスリの開発など、さまざまな医療の現場での人工知能やロボットの介入の検討が進んでいる。
-	授業の出席をresponで取ることができる。
-	授業の出席をスマートフォンのアプリで行うなど、アナログで行える事をデジタルに置き換えて負担を減らしている時代。
-	授業の席取りをグループで友達に頼んでいる人が多く、席を探すのに苦労する。
-	出席の電子化
-	将来の夢がなく、やりたいことのない人が少なからずいる
-	小樽という立地ゆえに学生は通学が大変な状況である。
-	小樽の急な坂を歩いて登校する時代なので大学を移転する必要性
-	小樽商科大学の出席方法としてはスマホを活用したrespon、紙での出席チェック、点呼での出席チェックがある。
-	少子化
-	少子化の進行により不要大学が淘汰されてきている。この状況は大学独自の強みを出せるように強いる一方で、将来的には都市に大学が一極集中する恐れもある。地域、経済力による教育格差を少なくするためにもより大学に通いやすくする必要がある。
-	少子化等の影響で大学に人が集まりにくい
-	少子高齢化が進んでいるので、高齢者にも使いやすい情報機器を作る必要性がある
-	少子高齢化で、どんどん働く世代が減り、高齢者を支えきれない時代
-	少子高齢化で18歳の人口が今年から減り始めることにより、大学が経営難に陥ることを懸念して経営統合を進めようとしている。
-	少子高齢化社会
-	少子高齢時代
-	情報がインターネットを通して伝えられる時代
-	情報がすぐネットに反映される時代
-	情報がたくさんありふれている時代
-	情報がデジタル化した時代
-	情報がより速く伝わる時代
-	情報が溢れかえった時代。
-	情報が溢れかえってる時代
-	情報が溢れている時代
-	情報が溢れている時代働
-	情報が簡単に手に入り、作業の効率化が求められる時代。
-	情報が錯綜し、便利になった反面どこからでも監視されてしまっている時代
-	情報が錯綜している時代
-	情報が多すぎる
-	情報で溢れている時代
-	情報で溢れる
-	情報ネットワークが広がり、それをいろんなところで活用している
-	情報の発信や受信が誰でも簡単に簡単な時代。
-	情報の良し悪しを見極め正しい読み取りができる必要性を求められている。
-	情報をインターネットを通じて世界中どこからでも探すことができる時代。
-	情報を共有するために人が集まる必要がある
-	情報化が激しく、どこでもすぐに情報が手に入る
-	情報化が進み、それに伴う技術革新が進んでいる。
-	情報化が進むなかで授業でもなにをするにもスマホが必要となってきている時代
-	情報化が進んだ高度な技術社会
-	情報化が進んでいる時代なので、より情報を得やすくする必要がある。
-	情報化が進展し、人の行動の選択肢に幅が広がった時代
-	情報化社会
-	情報化社会、嘘を嘘だと見抜ける力が必要
-	情報化社会になり、インターネットで情報を共有する時代。
-	情報化社会になり、システムも複雑になっていることに反し、社会の高齢化も進んでいる時代
-	情報化社会により、何でもインターネットで調べようとする人が多い。
-	情報化社会の中で、情報をうまく利用できる、主体性のある人を必要としている時代
-	情報過多な時代
-	情報機器が著しく発展している時代
-	情報機器が日に日に小さく、利便性が高くなっている
-	情報技術が発達してきた時代
-	情報技術の発達により、大学図書館の情報化が進んできている。
-	情報社会
-	情報端末の普及が進むにつれて、学習方法が多様化してきた。
-	情報伝達や課題提出などがネット上で行われるようになった。
-	人の仕事がロボットに取って代わる時代
-	人間がやっていた単純作業が、AIや技術の発達により、徐々にロボットが肩代わりする時代
-	人口の高齢化が進んでいる時代。
-	人口減少や少子高齢化の影響によりバス等の公共交通機関利用者減少する一方で、オンデマンド交通のニーズが高まっている。
-	人工知能が高齢者の介護にも使われるようになってきている
-	人工知能が人々の生活に深くかかわりつつある時代。
-	人工知能の時代
-	人工知能を利用したロボットの普及
-	人手不足
-	世界中がインターネットで繋がり、正誤のわからない情報も溢れていて、いつでも誰かと関わりを持っている時代
-	世界中の人と人が、デジタルに繋がる時代なので、インターネット上での対話や、リテラシーを学び、理解する必要性。
-	政治、経済などあらゆる分野のグローバル化に伴い英語教育の必要性が高まっている
-	正しい情報と間違った情報が混ざった時代
-	正しい情報と誤った情報が混じっている時代。
-	正確な情報の必要性
-	節電の時代
-	全ての人が平等に学習するべき時代
-	全員が自由に情報を利用できる
-	多くの若者がスマートフォンに依存している時代。
-	多くの情報が溢れて、取捨選択が迫られる時代
-	多くの情報が錯綜し、正確な情報を得るのが難しい時代
-	多くの情報が有り余っている時代
-	多くの情報をあまり時間をかけずに、どこででも入手することができる時代
-	多くの人がスマートフォンを持っていて、手軽に情報を入手出来る。
-	多くの人がスマートフォンを日常的に使用する中で、目指す地点への移動など様々な目的でスマホを活用することが増えている。
-	多くの人がネットにかかわりほんとの情報がなんなのかわからなくなっている。そして情報をネットに頼りすぎている
-	多くの大学生がスマートフォンなどの常時インターネットに繋ぐことができる端末を持っている時代。
-	多くの大学生がスマートフォンをもち、いつ何時も身につけている時代なので
-	多くの分野でAIが活躍している時代
-	多様性が求められる時代
-	多量の情報の中から取捨選択する必要性
-	大学・短大などへの進学率が50%を上回る時代
-	大学において、学生への連絡やレポートの提出がインターネットを介して行われることが多くなっている。
-	大学において、授業に対するモチベーションが低い生徒が多い。
-	大学の出席確認がデジタルに変わりつつある時代
-	大学進学率が50%を超えている時代
-	大学生が勉強をしない、名ばかり大学生が増えている
-	大学生のほとんどがスマートフォンを所持している。(総合科目毅發銅茲辰織▲鵐院璽箸任禄蟷率が100%)
-	大学生のほとんどがスマホを持っているので、どこでも予習復習できるシステム。
-	大量の情報が飛び交う時代
-	第4次産業革命
-	沢山ある情報を上手く選択し、活用することが求められる時代
-	誰もがインターネットを利用し、情報収集が容易な時代
-	誰もが簡単にスマートフォンなどから情報を入手することが可能になり、大学における学び方が変化しつつある。
-	誰もが自分の知りたい情報を容易に取得できる時代。情報が溢れかえっている。しかし誤った情報も含まれているため判断が難しくなっている。
-	誰もが世界中の人と繋がることが可能な時代。
-	単純な記憶の詰め込みではなく、思考力や創造力を求められている。
-	地球温暖化により、気象異常が起こる時代なので気温に合わせた温度調節が必要
-	地図上のGPS機能により、自分が今どこにいて目的地はどこなのかおおよその方向や距離が分かる。
-	地方国立大学の経営が非常に難しい時代になっている。
-	超高齢化社会かつ情報社会で孤独老人などは特にインターネットに触れないため、リアルタイムの情報を得にくい
-	超高齢社会となり、高齢者の安否確認が困難になってくる。
-	天気や気温がとても不安定な時代。
-	電子機器の発達によって教育の現場においてインターネットを使用する授業が増えてきている。
-	都市化が進みあらゆる所で機械化など、便利で先進的な技術が社会で重要視されており、発展している都市ばかりが注目されやすくなっている。
-	日本では廃棄食品の量が世界でもトップクラスである。
-	日本の大学数は増加し続けており、それに伴い学生の進路選択の幅が広がっている。
-	年金など、国のお金を若い世代が多く負担している
-	変化の多い時代
-	北海道各地で、札幌への人口流入が進んでいる。これは少子高齢化に拍車をかけることになる。
-	本大学に置いてもデジタルサイネージが図書館に設置されるなどデジタル化が進み、情報が多く取りこぼしが生まれる可能性も高くなってきている時代
-	与えられた仕事をこなす時代はもう終わりで、クリエイティブに仕事をしていく時代。
-	様々なものがデジタル化されている時代。
-	様々な場面で、機械化またはインターネットが進んでいる時代
-	様々な情報が飛び交っている時代
-	留学生と日本人学生との交流が一部でしか行われていない。